2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

  • 2011627
無料ブログはココログ

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

教わるということ

仕事のなかで財務会計というのがあって、これがもう苦手でわからなくて。。weep。 全くの初めてというわけでもなかったのです。なかったのですが、比叡や体育館で働いているうちにすっかり忘れていました。 特に物の在り場所・職員の顔名前もわからない4月は、いえ、最近まで、周りの人に尋ねたおしていました。 訊くはいっときの恥、わからないことはどんどん訊くべし、というのが今までの私のモットーでしたので。。。 というか、訊いて少しでも進めなきゃ、全体の仕事(支払いなど)に関わってくるというプレッシャーもありました。 

しかしthink

周りの方達に訊くということは、訊かれた方達の仕事が滞るということで、チョクに言えばまぁメイワクなわけですよね。 メモもとっていたんですけど、気づけば、以前に訊いたことをまた別の方に訊いたりなんかしていてね。 キツイ言い方は誰ひとりとして言われない。 丁寧です。 だけども心中穏やかでないことはもうヒシヒシと伝わってくるわけでしてね。 ただでさえ、年度がわりの仕事があって、みなさん超忙しいときでしたし。 なんでこんなのを雇ってしまったんだろう、と思った方もいたのかもしれないなぁ。

 「毎年、同じ仕事の繰り返しなのだから、昨年の文書を調べてみてください。」とか「それ、もうちょっと後で訊いてもらえますか?」などの言葉も。 なにをどう調べたらいいのか、そこも訊かなくちゃいけない。 みなさんバタバタしておられるから、訊くタイミングもムズカシイ。 待ってたら、その仕事は1歩も前に進まない。 訊けば、他の方の仕事の邪魔になる。 仕事が進まなければ、それはそれでまた他の方達の仕事に影響するわけでして。

つらかったです。 

教えてもらって、なんとかやろうとしていたら、別の(会計じゃない)仕事が入ってきたりなんかする。 これを先にまず片付けてしまおうとすると、また別の仕事が入ってくる。 するともう、アタマの中はグチャグチャです。 次々と何重にもやって来る仕事への対処の仕方にも年齢が関係してくるのかなぁ。 

なさけなかったです。

もともと‘会計’というものには、何故かアタマが拒否反応を起こすタチでしてね。 アタマが閉じてしまうらしいのです。 何度か説明してもらって、わかる。 わかっても、すぐにはできない。 何度かチャレンジしてみて、できる。 てな具合です。 とったメモを家で整理しようと思うのですが、もうアタマもカラダもおまけにココロも、仕事と同じで動きません。 仕方がないから、日曜にぼちぼちやりました。 努力しても頑張ろうと思っていても、わかりづらい苦手なコトはあるのだ、と、この歳になって初めて実感しました。 

これは大きな収穫です。

私は、働かなけりゃ収入がなくなると思うからふんばってますが、これが、学校の子どもだったらどうだろうって思ったりします。 みんなとおなじようにはわからなくて、できなくて、決してサボろうラクしようと思っているのじゃないのだとしたら。 「これ、何度も言ってるでしょ?」なんてキツク言われるのもつらいですけど、周りのたくさんの人達がやさしく時間かけてチカラかしてくれて、自分もやろうわかろうとするのだけれど、それでもダメだったら、、、、相当ツライんじゃないか、って。 

F


まあまあ、

そんなこんなで2か月経ちました。 財務会計も、訊かずに処理できるコトが増えてきました。 研修にも行かせていただけました。 富士通FOMのセミナーです。 写真は、セミナーのあったビルから撮ったもの。 (鴨川と東山が見えてます。) 

おかげさまで、5月は4月よりもすこしばかり早く終わった気がします。  少しづつ進みますrock。 お~~~。

2014年5月24日 (土)

85歳の癌手術。

先月、85歳の父が癌であることが発覚いたしました。 

痛いとか辛いとかしんどいとか、なーーーんも症状はないのですけれど、検診でひっかかったのです。 「ポリープが大腸にできてるからとりましょう」と言われ、とってもらったのですが、奥の方がとりきれない。 「大きな病院で悪性でないか精密検査してもらってください」ということで、国立の医療センターで検査してもらったところ、悪性ということなのでした。

「どうしますか? 手術するなら家族の了解をとってきてください。 すると決まれば、いい先生を紹介しますので。」 と。

私は、手術に反対でした。 年寄りの癌は進行が遅いと聞くし、癌そのものよりも手術によるダメージの方が命に影響すると思いました。 そのうえ父は肺気腫です。 手術したら相当つらいだろう、さらに後の治療もつらいだろう。 もし手術が失敗しても、なにぶん85歳、病院側も言い訳をたくさん見つけることができるだろう。 お・・・・・っと、これはあまりにも病院を信用しなさすぎですね。 あと同じぐらい生きられるのならば、病院で辛い思いをするよりも、なんともないうちは、家で母とこのまま気楽に過ごしたほうがいい時間をすごせるんじゃないかと思います。 

手術するっていうことは、大ケガするのとおんなじや。 しばらく入院なんてしたら、すぐに歩けなくなるし体力も気力もいっぺんに無くなって、ボケる! という母の手術反対論は、実にメイカイでした。 

そういう母も、弟(母の息子、ですね)を実家に呼ぶつもりが間違えて孫(つまり私の息子)に電話してしまいました。 アブナイアブナイ。 母はそんな自分にちょっと落ち込んだみたいですけど、私は息子に会えてうれしかった。 後で弟もやって来て、思いがけず、実家がにぎわいました。

弟も、うちの子も、病院の先生(専門家)の言うとおりにした方がいい、という手術賛成論でしたが、結局、父は手術せずに余生を送ると決め、かかりつけの病院に伝えました。

すると、その先生は、肝臓に転移してないかだけ調べさせてくれ、と言われたそうで、CT検査を。 結果、癌は初期で、肝転移もなしでした。 その時、父はかかりつけの先生に「いい選択をしはったねぇ。でもな、腎臓に動脈瘤があるよ。先日のCTでわかった。」と言われたのだそうです。 

私は父から話を報告してもらっただけなので、病院の先生の言葉のニュアンスなどわかりませんが、検査すればするほど小出しに異常が出てくるかんじを受けています。 なんとか検査をふやして、なんか見つけて、治療を増やして、なのだったらなんだか理不尽。 それで不安が増すのもくやしい。 でも私は素人です。 どうするのがベストなのか、わかりません。 

父が、癌や動脈瘤や肺気腫とうまくつきあって、 検査や病院の言葉に振り回されないように、穏やかにできれば楽しく、あるべき寿命を全うしてほしいと思います。 もちろん母も。 

 

2014年5月17日 (土)

見られていたとは (^_^;)

「地下鉄の階段を 2段とばしで走って下りてたやろ~happy01
と、ある部長に声かけられました。 職場にて。 必死の形相で(たぶん)PCに向かってたときのこと。 

いいえ。 ( ゚д゚)ポカーン

「いーや。  **駅で見た。 急いで下りてたrun。 2段とばしで駆け下りるなんて、元気やな~。」

そんな。 なんぼなんでも2段とばしで、走るやなんて。下りるやなんて、、、、、

「いやいやいやいや。 まちがいないっrock。」

ちゃいますって。 走ってるときもありますけど、、、あ、それやったら1段とばしやったかも。。。。

「2段やった。」

1段でしょう。

「にだん。」

いちだん!

.

・・・・・・・・・・って、

なんやねん、仕事中にこの会話sweat02。 

2014年5月13日 (火)

豆腐屋で立ち飲み。

先週だったか、仕事が終わらず、でも私がやらねばならず、遅くまで仕事をした日がありました。 連休と言うのは休みがあっていいのですが、その分仕事はたまってしまいます。そのうえ私はまだ初心者。なにをするにも他の方の3~4倍は時間がかかるので、コーヒーをカップに注ぐ時間もお菓子の個包装を開ける時間も惜しい! そんなこんなで何故か残業。

庁舎を出た時はまだ外は明るかったのですが、なんせお腹が空いておりました。喉も乾いておりました。家までのはるかな道。とても1時間以上は持つまい。。。と、へとへとで歩いておりますと、豆腐屋を発見! もう店を片付け始められていました。 

横目で見つけた豆乳。 よろよろと店にすいよせられ、

すんませぇぇぇぇ・・・・・ん。と、とうにゅういっぱいください。

「おおきにっ。 豆乳やな。 カップに入れてええか?」

はい。 おなかが空いて。。。 駅まで歩きながら飲みます。

「ほんなら。」Photo_2

と、カップぎりぎりいっぱいに注いでくださいました。 

「フタつけたげよか。」

   はい。

「けど今ちょっとだけ飲んだほうがええで。こぼれるし。」

はい。 と、飲んだら美味しくて、ごくごくごくとカップ半分を一気飲み。 
ほんま、美味しかった。 私はね、調整豆乳よりも牛乳よりもジュースよりも、この無調整豆乳がええのです。

おいしいわーーーーおおきに! と言い、店のご夫婦にも「おおきに。またおいで。」と言うていただき、元気を回復して駅まで向かいました。 

帰り道、店に立ち寄り、お店の人としゃべったら、疲れが少しとれます。 なんでやろね。 その日1日夕方まで、仕事の話以外はせぇへんかった、っちゅうことやろね。 豆乳の立ち飲みで帰りの電車は1本乗り遅れたけど、心はほんわかにフッカツしました。

ちなみに、昼も時間がもったいないから(いや、他の人よりかかった時間を取り戻すべく)、弁当食べたらすぐに仕事しております。 そうしないと、どんどん仕事が遅れて、他の方々の迷惑になってしまうのです。 この仕事は私に合わないと言うてても仕方がない(辞めたらまた無収入になる)ので、期間限定とは言え、早く仕事を覚えたい今日この頃です。 はへぇぇ。 

2014年5月11日 (日)

南吉村から、ただいま。

新見南吉村から帰ってまいりました。 ただいまhappy01Pact

思いのほか沢山の人に来ていただき、満席。 会場の4面が座席で、お客さまのあいだに座り、つぎつぎと南吉の話を披露するというカタチ。360度から見られている、360度すべての人達に語りかけるというカタチ。

むずかしいチャレンジをさせていただきました。

季節の移り変わりとともに、山や里の生き物たちがあれやこれやなんやかんやと生きている。そんなほのぼのとした小さな話がいくつか行き交いました。 ちょっとしたオチがそれぞれあって、それがまたかわいいのです。Pact3

ご来場の、いえ、ご来村のみなさま、ありがとうございました。

補聴器つけた母も来てくれたのですが、語り手があちこち動いたり向いたりしたから聞こえにくく、話がわからない1時間だったのかもしれません。 私は母にも会えてうれしかったけど。

. 

一生懸命力を込めたあとの‘抜け感’が、好きです。 ほわほわしながら、1部と2部の間に、建物の写真を撮Pqct2_2りました。 ここの雰 囲気も、私はなぜか懐かしくて、好きです。

この2枚目の写真。 廊下を歩いてつきあたりは階段なのですが、その左手前の部屋が、会場であるP-actです。 その隣(手前)には、注文してから豆をひくコーヒー屋さんがあります。 あと、なにかのテーマで展示されてる部屋とか、レコード置いてある部屋でなにか黙々と作業されてる部屋とか。。。。。 おもしろいでしょ?

3枚目は中から出入り口を撮ったところ。 表は河原町通りです。

.Photo

ついでに、最近行かないようにしているコンビニで、アイスを買いました。 自分へのご褒美です~。 ふ・ふ・ふ。

.

.

私の出演はしばらくないけれど、このP-act、毎月(毎週?)なにか催されています。 機会あれば是非どうぞheart04

2014年5月 7日 (水)

台詞を想像する。

.2

.

.

.

  なんか ええもん 

 落ちてへんかな~。

.

.

.

.Photo

.

  きれいさっぱり。

.

 な~んもないわ。

.

.

.

 苺を瓶に入れて、流しに置き、皿洗いながらぼんやり考えます。 こいつがもししゃべれるとしたら、今いったいなにを言ってるんだろうか、、、、、、、、って。

 日によってこいつの台詞は変わるんですけどねー。
今日はまァ、こんなところです。

 

2014年5月 5日 (月)

南吉村へのはるかな道

連休1日目。

朗読レッスンに行きました。
「南吉(なんきち)村の住民になって、村に来てくださったお客さまにいろんな話をしてもてなす。そんなつもりで語るんですよ。」と、先生にアドバイスしていただき、よし!rockと、気持ちをひきしめました。 だって次の土曜日は、朗読会book『新見南吉WORLD』の本番です。

実際、平日は、朝7時に家を出て、夕方6時半へろへろになって帰宅する最近の私としましては、この4連休しか稽古するときがない。 なので決めていたのです。 洗濯・掃除・おかずの作り溜めをしたその後は、すべて朗読稽古に使おうpunchと。 (ちなみに、4月の土日はなんと、仕事中にとった仕事メモをまとめるのに費やしておりました。 そうしないと今回の仕事は、私にとっちゃぁついていけない仕事なんです。weepトホホホホ。) Photo_3

チャリでレッスンから帰ってきたらば、我が家の周りだけ道が落葉、いえ、落ち 花だらけ。 ざっと掃きましょ。 と竹箒を出してみたら、、、、、あら~~~。 いつの間にかこんなふうにパッツンパッツン状態になっていました。 これじゃあ掃けませぬ。 この切り口、なんだかハサミで切ったみたい(???)、と一瞬思ったけど、深く追求すると不安にもなり時間ももったいないので、ともかくは気づかなかったということにして、竹箒を買いにコーナンヘ~。 6年前にしっかりしたのを買ったけど、一度も私を空へ飛ばせてくれないまま(?)その役目を終えました。 そして、私の連休1日目も終わりました。 

きのう。 2日目。

南吉村の住民権を得るべく修行しておったのです。 おったのですよ。

おりしも昨日はめちゃいい天気sun。 休みの日に、この、いい天気。 ・  ・  ・  。
そうだ! 冬物も洗濯だ! と、2度目の洗濯をしてしましました。 セーターを2枚coldsweats01

今日。 3日目。

掃除も洗濯も今日はするまい、とカタク心に決めました。 そして、南吉村の住民権を得るべく修行しておったのです。 おったのですよ。 そのうえ今日は雨rain。 こもって修行するにはもってこいじゃないですか。 

部屋の中を会場に見立て、動きを(‘動く朗読’ですpaper)確かめながら、話を追うことに。

と、

と、目の隅にチラチラするのが、埃をかぶったストーブ2台。 気になる。 気になる。 think。 気になる。 気になる。  bearingsign04

灯油ストーブ2台。 片付けました。 カラ炊きをして、外側を拭いて、残った灯油を抜いて、中のお皿みたいな部品を灯油で洗って、そして梱包。

ふひーーーーdash。 

なにやってんだぁぁぁーーー。

連休最後の明日こそ、こそっ、南吉村への道を、ひたすら歩みましょうぞbook。 だって楽しい村にしたいもの。

.

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆‥…━━━

          「 新見南吉 WORLD 」

日時 : 5月10日(土) 13時の部 & 16時の部 (約1時間)

場所 : P-act 
     (河原町今出川下る東側 
        ひとつめ信号南 白い建物の2階)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆‥…━━━

                      13時の部は、まだ空席があります。

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »