« なぜかいま椿 | トップページ | 向かい風のわけ »

2014年4月23日 (水)

覚えてるで。

‘我が子の後輩 = 教え子の妹’ということが発覚(?)いたしました。 

人のつながりというものは、知らないうちに網の目のようにつながってるんだなぁ。私達(本人)の知らないうちに、というところが、ほんとうに面白いと思います。

今回は、我が子の後輩(妹)と 私の教え子(兄) のお父さんが、覚えていてくださっていたのでした。私が家庭訪問した時にお父さんが対応して下さって、その時の会話から授業へのヒントを得たことがあったのです。 高校や中学ならば、けっこう先生のことを覚えているのでしょうけど、小学校でもこんなことがあるんですねぇ。

メールの転送で‘先生は、覚えておられないかもしれないけれど’と書いてありましたが、覚えています。

偶然、教え子に出会ったときなど「先生、わたしのこと、覚えてる?」ともよく言われますが、覚えています。受け持ちの子ども達はたくさんいましたが、覚えているんですよ。おととい食べた夕食メニューは思い出せない時がたまにありますけど。。。。(ヤバイ!) 

ただね。今、町で会ってもわかりません。覚えてるけれども、わかりません。

なぜって、覚えてるのは、子どもの時の顔・姿だからです。おとなになった‘元子ども’には、会ったことがないから、気づけないんですよねぇ、悲しいことに。

わからないけど、
覚えてるから、
つながってるんですよね。

|

« なぜかいま椿 | トップページ | 向かい風のわけ »

えとせとら」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なぜかいま椿 | トップページ | 向かい風のわけ »