2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 向かい風のわけ | トップページ | 南吉村へのはるかな道 »

2014年4月29日 (火)

‘音だけ言葉’の勘ちがいぃぃぃ。

職場が変わると、‘よく使う言葉’っていうのも変わってきたりしますよね。 いま、私はまた役所仕事をしておりますが、同じ公務でも、学校とはまた‘よく使う言葉’がちがうんです。ま、あたりまえ、っちゃああたりまえなんですけど。 業界用語、っていうほどでもないんですけど。

私は、そのために、会話の中でよく勘ちがいをしてしまいます。 

たとえば「コーローショー」という言葉。

近くにいる職員さんが他の人との会話の中で「コーローショー」って言ってるとします。 みなさん、「コーローショー」ってふと耳で聞いたとき、どんな漢字を思い浮かべます?

私はね、初めて職場で「コーローショー」って聞いた時、思い浮かべたのは、

「功労賞」 でした。 よくクラスの子ども達向けに「がんばったで賞」なんてのを作ってたもんで。 てっきり私は、勤務へのモチベーションをあげるために、職場でもこんな取り組みをしておられるんだなー、って。 でもね、違いました。 「コーローショー」ってぇのは、ホントは、

「厚労省」のことでした。 チャンチャン。 ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

.

あるときは、
「ショクローの書類はね、」と言われたのを「食堂への書類」と聞き間違え、へー食堂関係の書類も扱ってるんだ―なんて思ってたならば、いかんせん、それは「職労の書類」だったり。。。 (*´v゚*)ゞ

またあるときは、
「カンポーを綴じておいてくれる?」と言われたのを「漢方を綴じる、ってなんなんだ?!」と混乱してしまいました。 実は、「官報を綴じておいてくれる?」なのでした。いやぁ、 悩みましたよこの時は。 漢方薬を‘綴じる’ には、草や実のを押し花状態にして紙に貼り、そして表紙を付けて綴じておくのか、と。 そんなものが、ここの職場とどんな関係があるのか、~(°°;)))オロオロ(((;°°)~ と。 

そして先日などは、
「ボサツに入れといて。」と言われたのを、「菩薩に入れる」と聞きとってしまいましてね。 この役所に菩薩を安置してある場所があって、その菩薩の本体にヒミツのフタのようなものがあって、そこに何かを保管しておくのかっ? ∑q|゚Д゚|p と、頭の中が?・?・?でした。 
本当は、「簿冊に入れる」でした。 

.

このようなカンチガイは、今まで生きてきた環境の違いによるものですよね。 ね。

ね。

それとも、、、やはり老化によるものなのでしょうか? 

そっ、それともっ、、、、、、私の想像力の個性によるんでしょうかぁdown。  (;´д`)トホホ…

  

« 向かい風のわけ | トップページ | 南吉村へのはるかな道 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 向かい風のわけ | トップページ | 南吉村へのはるかな道 »