2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

  • 2011627
無料ブログはココログ

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月29日 (火)

‘音だけ言葉’の勘ちがいぃぃぃ。

職場が変わると、‘よく使う言葉’っていうのも変わってきたりしますよね。 いま、私はまた役所仕事をしておりますが、同じ公務でも、学校とはまた‘よく使う言葉’がちがうんです。ま、あたりまえ、っちゃああたりまえなんですけど。 業界用語、っていうほどでもないんですけど。

私は、そのために、会話の中でよく勘ちがいをしてしまいます。 

たとえば「コーローショー」という言葉。

近くにいる職員さんが他の人との会話の中で「コーローショー」って言ってるとします。 みなさん、「コーローショー」ってふと耳で聞いたとき、どんな漢字を思い浮かべます?

私はね、初めて職場で「コーローショー」って聞いた時、思い浮かべたのは、

「功労賞」 でした。 よくクラスの子ども達向けに「がんばったで賞」なんてのを作ってたもんで。 てっきり私は、勤務へのモチベーションをあげるために、職場でもこんな取り組みをしておられるんだなー、って。 でもね、違いました。 「コーローショー」ってぇのは、ホントは、

「厚労省」のことでした。 チャンチャン。 ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

.

あるときは、
「ショクローの書類はね、」と言われたのを「食堂への書類」と聞き間違え、へー食堂関係の書類も扱ってるんだ―なんて思ってたならば、いかんせん、それは「職労の書類」だったり。。。 (*´v゚*)ゞ

またあるときは、
「カンポーを綴じておいてくれる?」と言われたのを「漢方を綴じる、ってなんなんだ?!」と混乱してしまいました。 実は、「官報を綴じておいてくれる?」なのでした。いやぁ、 悩みましたよこの時は。 漢方薬を‘綴じる’ には、草や実のを押し花状態にして紙に貼り、そして表紙を付けて綴じておくのか、と。 そんなものが、ここの職場とどんな関係があるのか、~(°°;)))オロオロ(((;°°)~ と。 

そして先日などは、
「ボサツに入れといて。」と言われたのを、「菩薩に入れる」と聞きとってしまいましてね。 この役所に菩薩を安置してある場所があって、その菩薩の本体にヒミツのフタのようなものがあって、そこに何かを保管しておくのかっ? ∑q|゚Д゚|p と、頭の中が?・?・?でした。 
本当は、「簿冊に入れる」でした。 

.

このようなカンチガイは、今まで生きてきた環境の違いによるものですよね。 ね。

ね。

それとも、、、やはり老化によるものなのでしょうか? 

そっ、それともっ、、、、、、私の想像力の個性によるんでしょうかぁdown。  (;´д`)トホホ…

  

2014年4月26日 (土)

向かい風のわけ

チャリで移動するとき、いつも不思議に思っていた。

南の街のほうへ下るとき、風が南から私に向かって吹いてくる。 まあ、南方向へはゆるゆると下り坂なので、少しぐらいの風なら向かってきてもゆるしてあげよう。 ペダル踏まないでも進んでいける。 

で、帰り道。 今度は北へ向かう。 すると、

するとである。

風は、なんと今度は北から私に向かって吹いてくるのである。 帰りの北向きは延々と上っていくことになるので、これは少々つらい。家に帰るまでの、足腰の鍛錬タイムかい?

時刻によって風の向きが変わっているのだとすれば、私はマの悪いことに向かい風のときにばかり移動しているのかっ?Photo

と、

ずっと不思議に思っていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

じゃなくてflair

そうだよなぁ。

空気を割って、私が、チャリで移動しているのだから、私からみたら、相対的に空気が後ろに行くんだねぇ。
空気が私に向かってくるのじゃなくて、私が、空気に向かっていたのだ。

向かい風は、
私が動いている証拠だー。

午後、朗読稽古の帰り、チャリ止めて写真撮りました。 出町柳から見た加茂川。 高野川と合流して‘鴨’川とその名の字を変える寸前の流れです。 いい気候になりました。

2014年4月23日 (水)

覚えてるで。

‘我が子の後輩 = 教え子の妹’ということが発覚(?)いたしました。 

人のつながりというものは、知らないうちに網の目のようにつながってるんだなぁ。私達(本人)の知らないうちに、というところが、ほんとうに面白いと思います。

今回は、我が子の後輩(妹)と 私の教え子(兄) のお父さんが、覚えていてくださっていたのでした。私が家庭訪問した時にお父さんが対応して下さって、その時の会話から授業へのヒントを得たことがあったのです。 高校や中学ならば、けっこう先生のことを覚えているのでしょうけど、小学校でもこんなことがあるんですねぇ。

メールの転送で‘先生は、覚えておられないかもしれないけれど’と書いてありましたが、覚えています。

偶然、教え子に出会ったときなど「先生、わたしのこと、覚えてる?」ともよく言われますが、覚えています。受け持ちの子ども達はたくさんいましたが、覚えているんですよ。おととい食べた夕食メニューは思い出せない時がたまにありますけど。。。。(ヤバイ!) 

ただね。今、町で会ってもわかりません。覚えてるけれども、わかりません。

なぜって、覚えてるのは、子どもの時の顔・姿だからです。おとなになった‘元子ども’には、会ったことがないから、気づけないんですよねぇ、悲しいことに。

わからないけど、
覚えてるから、
つながってるんですよね。

2014年4月20日 (日)

なぜかいま椿

春欄満の今日この頃。Photo

お愛想に植えたチューリップも咲きそろい(?)、例年通りジャスミンもいい香りでさいています。 グミの花は散り始め、地面を白い花模様に染めています。

.

.

.

.

このタイミングでなぜかいま椿が満開です。

.20144

実家の、家屋と塀の間に椿の木があるのですが、その実を何年か前、うちの土にうずめましたpaper。 我が子がまだ小さかった頃。

はじめは、これを椿の木だとはてっきり忘れておりました。 葉っぱツヤツヤのその木を見るたび、これ、なんの木だったっけーー、って。

そのうち、ひと冬に1輪、ことしは2輪とほそぼそと咲きつづけ、

そして今年、ゴールデンウィーク直前の満開です。

自分も春の花だと思ってるんでしょうかねぇconfident
それとも、
ぼけてきてるんでしょうかねぇthink

2014年4月19日 (土)

公演のお知らせ 「新見南吉 WORLD」

Photo

.

 

朗読レッスンしてる仲間といっしょに公演していただけることになりました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆‥…━━━

          「 新見南吉 WORLD 」

日時 : 5月10日(土) 13時の部 & 16時の部 (約1時間)

場所 : P-act 
     (河原町今出川下る東側 
        ひとつめ信号南 白い建物の2階)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆‥…━━━

今回、客席と舞台の区別がありません。 同じ空間で、新見南吉の話を共有しようという試みです。 それぞれ、仕事やワタクシゴトの合間をぬっての稽古に奮闘しております。

私は、13時の部に出演します。 新見南吉の世界を楽しんでいただけるように、と思っています。

ぜひ、おいでください。 

  *今年、私、舞台での朗読はありません。活動縮小中のため。

2014年4月11日 (金)

からし菜100円。

新しい職場は遠いので、仕事が終わると近鉄の駅まですっとんで帰る私です。 先日、リュック背負ってすっ飛んでおりましたところ、目の端に‘食品店’の看板が入ってまいりましたeye

気になり、足が止まってしまいました。

急いでたんやけどなぁ。

どうやらコンビニの個人店、食品限定、みたいな。

店先にひと皿100円と書かれた菜っぱが並べられてありました。 どこで採Photo れた菜っぱ?と訊くと、「地元のやで」。 イキのいいからし菜2わ。 お・い・し・そーーーnote。 写真はひと束。 なのでこの2倍で、100円sign03 お買い得でしょう?

どんな味かな? どーやって食べるのかな? いや、どーやって食べようかな? と、考えるのも楽しいひととき。 

からし菜の葉をリュックからのぞかせて、つまり‘背たろうて’京都駅の人混みをすりぬけすりぬけ帰りました。 なんか、、、、、買い出しに行ったみたい。 でもちがいますよ。 働きに行っておったのですよ。

.

新鮮なからし菜。 美味しかったです~~~。Photo_2

からし味の小松菜ってかんじ。 ちょっとぬめりがあるかな?

お揚げと炊いてみました。

.

.

.

.

.

サニーレタスのかわりにも。Photo_3

豚肉と炒めたのもおいしかったし、

なによりのオススメはインスタントラーメンに入れることです。

いつもはキャベツとかネギを入れるんですけどね。

.

けっこう新鮮さが保てたのも嬉しいオドロキ。  ということは、、、、、? いつもスーパーで買ってる野菜は、収穫してからいったい何日経ってるんでしょね。 

数日後の朝、その店に、土の付いた筍満載のトラックが停まっておりました。 帰りしなには、ボイルされた筍が売られていました。 店で茹でたのでしょうね。 買ってきて若竹に煮たら、これももー美味しいったらありません。 やわらかくて、あまいっ。 

この店の向かいは豆腐屋です。 おから玉や豆乳も売られてます。 

よし。 こんどは、おからの日をつくろうrock。 

2014年4月 6日 (日)

花の笑い方

.Photo.

今日は花冷えですが、満開です。 別のことに気をとられていたのに、ふと気づくと、木枝や素の地に花、✿、はな、happy01。 景色に色がいっきに増えている。オドロキです。 春って、いっせいにやって来るんですねぇ。

鴨川も、高野川も、岩倉川も、投票所である小学校にも、はなやかに桜cherryblossomcherryblossomcherryblossomcherryblossomcherryblossomです。 先週の帰り道では、桜が揺れて、気落ちしている私をなんだか励ましてくれているように感じました。 知ってるよ~。つらいねぇ。でもだいじょうぶだいじょうぶ、とかcoldsweats01。 この時期、桜に励まされ癒されていた人達が、たくさんいたんだろうなぁ。 異動・就職の時期に桜が咲くのは、こういうことのためもあるのかもしれないなぁ。 桜の使命。

花が笑う、って言った人がいたけど、桜はfufufuと涼やかに笑ってるのかしらん。 こんなにたくさんの桜の花があちこちでfufufu、fufufu、fufufu・・・・・・。 笑う声も満開。それを見聞きする人間の顔も笑顔。 

春やあ。

もしも、桜の笑い方がHAHAHAだったなら、

春は、日本中、大爆笑やあ。 

                               *写真は、哲学の道です。

2014年4月 5日 (土)

満員電車の向こう側

任期満了に伴い、新しい職場に就職いたしました。今回のハローワーク通いは、おかげさまで少なくて済みました。 ありがたいことです。Photo

3月31日(月)は、体育館最終日。 今まで通り、見廻りとちゅうに泥団子なぞ見つけ(写真の泥団子はタンポポの花入りのようですョ)、クスノキにあいさつし。。。。。

ところが一転。

一夜あけまして4月1日(火)。

新しい職場でまた新人。ドキドキですheart01
しかも、遠い!runbussubwaytrainrun。 7時に家を出ております。
しかも、何年ふりかの満員電車!(何年ぶりかのマイ定期券、でもあります。)

いったいどこにこんなにたくさんの人がいたのだろう。
目がまわります。ぶつかるから、まっすぐ歩けません。

初日は上層部の人事異動の日で、私のような新人臨時雇いもいて、それでも仕事は前日からの流れが続いている。 みんながバタバタバタバタしておられました。 すこし早い目に出勤したにもかかわらず、いきなり、「わるいんですけど、ちょっと○○してもらえませんか?」から始まり、 気付けば私もバタバタの流れに入っておりました。 でもなにがなんだかわけわからなくて、アタマの中がアタラシイコトで満杯。 他課の人が来られ、「きのう○○って言ってたんだけど、どうなったかなぁ。」、、、、、、、って言われてもsweat02。 ひとつのことを始めたところに、また別の仕事・作業が入り、いろんな仕事が終わらないままというときもあった、ような気がする。

新しいところに行くと、知っていることよりも知らないことの方が圧倒的に多い、ということを身にしみて感じます。

1日目。 なんと、終日おなかがすかなかった。(ビールbeer飲んで寝た。)

2日目。 だんだん吐き気がしてきた。(それでもビールbeer飲んで寝た。)

3日目。 仕事をなかなか覚えられない自分がほとほと嫌になり、どどどどどーーーーーんと落ち込んで帰った。(ヤケ酒、いや、ヤケビールだったbeerbeer。)

そして4日目の昨日は、私と同じく職員代替の仕事をしているセンパイが「私もはじめはほんとにそうだった。気持ちわかるよ。」と声をかけてくださり、すこし心をかるくして帰宅できました。 職員の方々にも、根気よく丁寧に仕事を教えていただいています。ありがたいなあ。ただ、私の仕事能力がっ。。。。。weep。 まあ、今の自分にできることをせいいっぱい、というスタンスでいこうpunch。 Photo_2 私を‘雇う’と決めてくださった方や、忙しいのに時間を削って教えて下さる方達の気持ちに少しでも報いることができますように。今回は8月初めまでですが。

職場付近の写真です。
塔の手前を清掃車の走ってるところが、
よいでしょ?

仕事はまだまだ全然ダメですが、4日通って、上達したことがあります。 

それは、人混みの中をすり抜けるワザ。

どうするか。

走るんです。 

走れば、大概の人は避(よ)けてくれます~~happy01。 みなさん、いちど、おためしあれ。

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »