« 黒い糸の正体 | トップページ | 『らくだくん』 »

2013年10月 6日 (日)

耳と耳のあいだ

身体の仕組みを知ることももちろん大切だけど、身体が今どういう状態かということを感じたり、イメージ化して体を動かすことも大切です。

と、久しぶりに行ったYoga 教室の先生が言うておられました。

「足の裏から大地の水を吸い込み、その水が両肩先を通り、両手の指先からどんどん落ちていくつもりで、呼吸しましょう。」

とか。

「自分が粘土できていると思って、身体をじんわりひねってみましょう。」

とか。

すると不思議なことに、身体がスムーズに動くのです。 身体って理屈や知識だけじゃないんだなぁconfident。 実感。

先日は、「家でストレッチするときに、自分の背骨が耳と耳の間まであると思って身体を伸ばしてごらん。」とアドバイスしていただきました。 なるほど、うまいぐあいに背中側の力が抜けます。

そうそう。 ‘感じる’ときには、大脳皮質ではなくて、その中にある脳を使うので、脳の中枢に働きかけることができるのだそうです。 ネットで詳しく調べてみようとしたんですが、うまくサイトを見つけられませんでした。 ざんねん。

.

‘イメージが大切’ということは、朗読でもマイムでもしょっちゅう先生に言われています。 イメージすることによって朗読するときの声が変わり、表現しようとしていることも変わる、とか。 でも、むずかしいんだな~これが。 私はすぐに‘考えて’しまうらしいthink

flair 

そうか。 なにも考えなくて、いいんやなnote

|

« 黒い糸の正体 | トップページ | 『らくだくん』 »

スポーツかな?」カテゴリの記事

コメント

ヒロさんへ_____。

なるほど。
考えないで感じる、は
修行のひとつでもあったのですなconfident

投稿: 風 | 2013年10月 6日 (日) 21時19分

昔ドラゴンシリーズのカンフー映画の中でブルース・リーが
修業中の弟子に向かって言ってましたね。

「考えるな!感じるんだ!」・・・ってhappy01

投稿: ヒロ | 2013年10月 6日 (日) 18時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黒い糸の正体 | トップページ | 『らくだくん』 »