« 『雪とパイナップル』 | トップページ | ♪ポーリュシカポーレ♪ »

どくのカニ?

なぁ。そんな道のまんなかを歩いてたら、轢かれるで踏まれるでカニ煎餅になるで

「ほっといてんか。どこを歩こうが、カニの勝手や。」

いやいや。端っこを歩くとか・・・。

「蟹は遠慮してあるかなあかんのカニ?」

うーん、ま、正直、じゃまでもある。歩きにくい。どいてほしい

「ほなマンホールの中にでも。」

Photo

.

ちょ、ちょ、ちょっと、写真撮るまで待って!

「なんやねんどっちやねん! どくのカニ? どかなくてもいいのカニ?」

.

*‘どく’= 行く手を阻まないように、よける。のく。 

« 『雪とパイナップル』 | トップページ | ♪ポーリュシカポーレ♪ »

えとせとら」カテゴリの記事

コメント

ヒロさんへ_____。

雨上がりには、かわいそうに煎餅化したやつが・・・・・。
‘生きてるガニ’という使い方もあった

tutatyanさんへ_____。

つやのある、いいカニでしょ?
‘ケガニ’のくだり、わらっちゃいました~

カニだって一生懸命生きてるガニ!

・・・って言ってるかもね

(^^)おはようございます
カニさん、かわいい
確かに人の社会では邪魔だけど、カニさんたちにすれば我が地、ですもんね
でも、ケガして、“ケガニ”になってもね~(^^ゞ
危険がいっぱいの世界ですが、無事に過ごされることを願うのみです(*^^)v

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『雪とパイナップル』 | トップページ | ♪ポーリュシカポーレ♪ »

無料ブログはココログ