2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

  • 2011627

« ベトナムのカケラ | トップページ | マユ太郎を帰してやらなきゃ。 »

2013年8月26日 (月)

「P-act文庫 8月」

きのう、25日はP-act文庫8月公演の本番でした

Pact

ラスト出演の方が急遽入院することになり、手術後まだひと月たってない飛鳥井先生が代わりにゲネから参加!び・・・・・っくりです。歩くのもまだそろりそろり状態なのに、舞台に立つとシャキーーーン。おなか切ったとは思えない声量。 

プロです。

とっても心配でしたが、私は素人なりに私の集中をとぎらさないのが来ていただくお客様とスタッフの方達への礼儀と思い、がんばりました。

劇ではなく、ひとり朗読で一日に2回の本番は初めて。 短い朗読に完全燃焼してしまうという、いつもの力加減で1回目を過ごしたら、とっても疲れてしまって、2回目までにフッカツするのにオージョ―しました~coldsweats01

今回、私が朗読したのは知人作の「マユコの最期のお願い」。老犬マユコが、その一生を振り返り、幸せとはなんだ?に思いを馳せるという話。 突然現れたマルチーズのおじいさんが教えてくれたこと。それは

___ 自分で選んだ御主人といっしょに暮らすことが、一番幸せなことなんじゃ。

私も、自分で選んでいくこと。 やりたいこと・やりたくないこと。 これが大事。
そう思いながら、読みました。

暑い中、雨の中、8月最後の日曜日に足を運んでいただいた朗読仲間やじゃり研ナベchan。 同じ話の世界に入りに来てもらって、ほんととっても嬉しかったです。

ありがとう。

今年は、2か月に1度の割で朗読公演に参加してきまして、仕事の合間時間を稽古にあててきたのですが、公演参加はここで少しひと休みしようかと思っております。 仕事の合間時間は、しばらく家や庭や身体のメンテなぞに使う所存。

打ち上げ会の帰り道、出町柳の河原でコオロギが合唱していました。

季節は、ちゃんと、変わります。

« ベトナムのカケラ | トップページ | マユ太郎を帰してやらなきゃ。 »

朗読・語り・劇」カテゴリの記事

コメント

もりりんさんへ_____。

チンチロリンの合唱は、聞いたことない!
たぶんconfident
聞いてみたい気がします~

カタタタキと違う…カネタタキです!
チン、チン、チン…とかわゆい音がします。
クツワムシはガシャ、ガシャ、ガシャって感じですね。
ちなみに今夜は、チンチロリンのマツムシさんの大合唱でした。

もりりんさんへ_____。

動物イベント、好評でしたか~?

カタタタキっていうのは、、、、
♪カンッカンッカン♪ って鳴いてるやつ?
クツワムシっていうのは、、、、
♪ガチャガチャガチャ♪ かなぁ?

P-act文庫のステージ、おつかれさん!
私は、動物関係のイベントで行けへんかったけど…。
公演活動は一休みかぁ…。ちょっと離れてみることで
見えてくるものがあるかもなぁ。これまでとは違う時間の
使い方、楽しんでください。
私も自転車で通る仕事の帰り道に、虫の声楽しんでます、
桂川の堤防で。お気に入りはカネタタキとクツワムシ!

かゞり猫さんへ_____。

貴重な(?)体験をさせていただき、ありがとうございました。

ほんと、健康が一番ですよ!!
元気な先生に教えていただきたいこと、沢山あるんですから~。

お疲れ様でした。
出演者が二転三転するわ、2人も入院するわで、いろいろご心配かけて、ほんとにすみませんでした。
私が聞いた感想では、おおむね3作とも好評でしたよ。風さんは、よく声も出ていたし、きっちり段落分けもできていました。
またぜひ来年にでも、ご出演ください。
それまでしっかり英気を養って!
健康が一番! 今、私が言うと説得力あるでしょ(=^・^=)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ベトナムのカケラ | トップページ | マユ太郎を帰してやらなきゃ。 »