2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

  • 2011627

« 駅前の駄菓子屋さん | トップページ | ‘響’四周年記念祭・プチ変更のお知らせ »

2013年6月 4日 (火)

母の耳が、

母の耳が、両方、聞こえなくなりました。 母、もうじき81歳。 

それなりに衰えてきてはいましたが、元気に自活していたので、母はまだ齢をとらないのだと勘違いしていました。

父が、聞こえない母にずっとついて、ふたりで伯父(父の兄)の四十九日に行きました。 父、今年83歳。

それなりに衰えてきてはいましたが、訪ねるたびPC相手に碁をうっていたから、父はまだ齢をとらないのだと勘違いしてました。 「老老介護や。」と笑う父も、そろそろ疲れてくることでしょう。

今朝なにげなく実家にかけた電話で知りました。
母とはもう電話できません。

「今月は朗読公演の稽古があるから、帰るのは公演の後になる。」などというピントはずれな私の言葉に、父は「聞こえへんけど、顔を見に公演へふたりで行く。」と言いました。

いつもよりかはすこしボォーーっとして仕事を終えて帰ってきてから、弟にTEL報告しました。 8時なのにまだ仕事中でした。 私の方が遅く仕事を終わったのかと勘違いしてました。

.

私は、退職・離婚なんていう大きなワガママを通してきました。 結果、自分の意思で、いろんな人達と縁を切ってきました。
2年前離婚した時は、さあこれからやと思いました。   
ちがいました。
去年、なかなか仕事が見つからなくてお金がなくなった時は、ここが正念場やと思いました。
ちがいました。

母の両耳が聞こえなくなったのは、先日の、私が自転車からぶっとんだ頃でした。 アスファルトとぶつかったとき全身が燃えるように痛かったのに、数か所の打撲と傷で済んだかわりに、母の耳が聞こえなくなったのかとも思ってしまいます。

私は、

これから、なんやね。

.

かつて、息子が、お父さんとお母さんが離婚することを受け止める、
と言ったように (まだ完結してはいないのかもしれないけど)、
私は、
両親が老いていくことを、受け止め、見届けよう。
明日仕事に行ったら、近々休めないか、確かめることにします。

.

*今日はなんかすみません。 聞いてほしかったんで。 m( _   _ )m
 しばらく新規投稿を休みます。

« 駅前の駄菓子屋さん | トップページ | ‘響’四周年記念祭・プチ変更のお知らせ »

えとせとら」カテゴリの記事

コメント

よさこいっこさんへ_____。

ありがとう。 

いつまでも元気でいてほしいと、信じたい気持ちが
どうしてだか
いつまでも元気でいてくれるにちがいない、に すりまわってるのかも。
心の片隅に、起こるかもしれないことを幾通りか用意しておかなくてはと思っています。 

ありがとう。

いつまでもあると思うな親と…なんだっけ?
音を失うのは本当に辛いことでしょうね。
いつまでも元気でいてくれるものと一度も疑いもしなかった父が、4年前あっという間に亡くなって、あの時、しっかり勉強したはずなのに、やっぱり私は今も、母はいつまでも元気でいてくれるものと思い込んでいる。
心の中でだけは、いつでもある覚悟を持っていなければいけない歳になってるんだよね。
お母さん、大事にしてあげてください。

おひるねおかんさんへ_____。

ありがとう。
ちゃんと、親の今を見なきゃぁ。
でも、ずっと元気でいますように。。。。confident

ところんさんへ_____。

ありがとう。
明日、午後に休みをとれました。
笑顔、ですね。 (#^.^#)/

pegaさんへ_____。

ありがとう。
書き言葉。
目と手で、会話しようflair

チヌ太郎さんへ_____。

ありがとう。
みんな、会う時期。
自分の体力・気力も残して、ぼちぼちいきます。
(  ̄^ ̄)ゞ

うん
もう 親の体調を心配する年頃になってきました。。。。
親っていっつも 元気やって
勝手に 思い込んでるもんね。。。

風さん大丈夫ですか?
心配ですね  いろんなことが頭に浮かんでいるでしょうね。
ご両親、風さんに心配かけたくはないでしょうが、きっと風さんのお顔みたら少し気持ちが安らぐでしょうね。
自分の子どもの笑顔ってホッとしますもんね。

そういう年代に入ってきましたね~~~。
電話がダメならメールを覚えてほしいなあって思いますが…。無理なら手紙ですね^^

お父様は、PCで囲碁を打たれるのですか! お仲間です^^

お母さん大変ですね。
お大事になさって下さい。

うちも近所に住む義母がアルツハイマーになりまして介護生活となっています。
嫁は一人っ子なもので私もかり出されます。

そうこうしているうちに今度は橿原に住むうちの実家の父が認知症と診断されました。
今日も仕事で近くまで行ったので少しだけ寄ってきましたが、こっちは母が面倒を見ています。
東大阪に住む私の妹も体調を崩しているらしく、なかなか大変です。

ああ、もうそんな歳になったんだなあとしみじみ考えます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 駅前の駄菓子屋さん | トップページ | ‘響’四周年記念祭・プチ変更のお知らせ »