«   拍   手 | トップページ | 凍える! »

2013年1月14日 (月)

アイソレーション

昨日はパントマイム教室へ。都道府県別女子駅伝の応援人垣をすりぬけ、渋滞する(停止させられている)車の列を横目で見ながらeye

京都ではこの時期、駅伝がたくさんありますが、空を仰いで撮影ヘリのホバリング場所を見ると、先頭の選手がどのあたりを走っているのかがけっこうわかります。また、うちでTV観戦しておりますと、TVの中から聞こえてくるヘリ音と実際に窓の外から聞こえてくるヘリ音とがハモって聞こえてきたりします。

お・・・・・・っと、

そうそう。パントマイム教室、でしたそうでした。

‘チョウチョ’という表現を、初めてしました。 

.

20131.

牛蒡のようなアカギレ気味の手で失礼します。 o(_ _)oペコッ
チョウチョ、の手です。 この手の手首をクルクルと小刻みに動かしながら、さらに立てている3本の指を羽に見立ててパタパタとこれまた小刻みに動かします。

こ・れ・が、私にはできない。 気がつくとこの手がなぜかキツネの手(影絵でつくる手)になっているcoldsweats01。コンっ。 キツネは飛ばないよなぁ、ひらひらと。。。。。。 手首から先だけがチョウチョなのです。他の身体は、ワタシ。 動きを分離させるのだそうです。 チョウチョはチョウチョとして動かし、全くべつのものとしてワタシが動く。

こんなのを、アイソレーション(独立)というのだとか。 体の各部分を単独で動かすことだそう。

初耳ear

できませぬ、私。 うまく思うように動かないんです、チョウチョくん。 今までそんな動きをしたことがなかったから、身体がとまどってるだけだよ。と、アルミ先生。 チョウチョの練習をする前に、手と足と首を別々に同時に動かす、というのもやったのですが、、、、、、、はぁdash、できませぬ。 各部分を動かすのはなんとムズカシイことか~~~。Photo_3

秋にこんな本を読みました。

『はじめてのきくち体操』

身体というのは、それぞれが単独に動いているのではなくて連動して動いていること。 動きにくいのは(例えば、手の小指だけを曲げる、とか)、生まれてから今までにそんな動きをしてこなかったからで、脳と筋肉がうまくつながってないからだ、って書いてあったような。 

なんだかアイソレーションと関係ありそうでしょ? ヨガや朗読の稽古でも、肩甲骨をもっと下げてーなんてよく指摘されるんですけど、これも同じなんでしょうね。 自分の体なのにままならない私です。Photo

今日の生徒はなんと私ひとり。 先生はふたりsign01。 朗読舞台にマイムを組み込む相談にのってもらったりもして、なんとも贅沢な時間。 日常とは違うコトをして、身体は心地よい疲れ・頭はスッキリして帰ってきました。 

冬の日も暮れ、駅伝応援の人垣はもう解散していました。

次のマイム教室は、2月3日だそうですよ。場所は、河原町今出川ちょいと下ル、です。

|

«   拍   手 | トップページ | 凍える! »

朗読・語り・劇」カテゴリの記事

コメント

ところんさんへ_____。

むずかしいでしょぉ~~~?
顔までこわばっちゃうっての、よぉ~くわかります。うんうん。

投稿: 風 | 2013年1月16日 (水) 21時11分

チョウチョ、風さんの説明を読みながらやってみましたが、こりゃ難しいですねcoldsweats01
手がなめらかに動かないのはもちろんだけど、
顔までこわばっちゃいますcoldsweats01

投稿: ところん | 2013年1月16日 (水) 19時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




«   拍   手 | トップページ | 凍える! »