2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« ウリ坊を救出せよ! | トップページ | 淡路島へ 271.7 キロ  »

2012年9月15日 (土)

『100歳の金言』

Photo.

101歳でしたっけ、日野原さん。 日野原重明さんですよ。 そう、今もまだ現役医師という。。。 『100歳の金言』という本を読みました。

88歳のとき、『葉っぱのフレディ』に感銘を受けてミュージカルを脚本に起こし、それを90歳で上演。 それから98歳で俳句を始めたのだとか。 すごいです~~。 w(゚o゚)w

あとね。 70歳で油絵を始め、108歳の時にニューヨークで個展ひらいた女性も本の中で紹介されていました。  すごい~~~。 w(゚o゚)w

‘余生’なんて、ないそうです。 いつも現役。

時間の使い方によっていのちの質は変わってくる、と彼は書いています。 今までやったことのないことを始め、自分の手で人生を創っていく。 これが、若くある秘訣だとか。

ふっ。 ワタクシ、今年は、改札&乗務員(アテンダント)っちゅうもんを、生まれて初めてやりましたぞよ。 心身ともにかなりきつぅございましたが、今年はまぁ、すこぉ~しは、自らの手で人生に色をつけられたんじゃあ。。。。。なんて思っとりますconfident。 え?まだ今年は終わってない? そ・そーでした。 (^-^;)ゞ

けどもね。 自分の頑張りだけではなんともうまくいかないこともあるんですよね。 なんだかわからず、なにをどうやっても、心や自分を取りまく状況が、どんどんどんどんスパイラルを下へ下へとくるくるくるsign05sign05sign05

こんな文もありました。

___ ‘辛抱する’とは、辛い気持ちで耐えること。ツライ心を自分で抱きしめながら、再起する日をじっと待っていれば、心が元通りになる日は、きっと来ます。

___ 思わざる敗北は、とても残念なことだけれども、その苦い経験もまた、あなたの人生にとって非常に大切なことです。同じように何かに失敗した悲しい友達の心が充分にわかるようになるからです。心からの同情、折れた心を支える力が、自らつらい経験をすることによって与えられたのです。人生の失敗も屈辱も悲しみも、すべての体験から、大切な何かを得ることができる。 災いは、いつか必ず、プラスに転じます。

自分が歩き続けている人生のただなかで、じっと待つってことも大切なんだなあ。 つらくてなさけなくてかなしくてしかたないけど。 大切な何か、なんてイラナイから、もーいやだ!って思たりするけど。

あ。そうそう。 身体のことですけど。 

年齢が一番現われるのは、首だそうですよ~。 若い人は、後ろから誰かに呼びとめられた時、首だけをまわして振り向けるんだそうです。 わたしゃ、無理です。 腰から、こう、ぐるっとねじらないと、私を呼びとめた御仁を見ることができませぬ。 (´・ω・`)ショボーン

しか~し。 日野原さんは詠みました。

        ____ 100歳は ゴールではなく 関所だよ

はい。

 

« ウリ坊を救出せよ! | トップページ | 淡路島へ 271.7 キロ  »

コメント

tutatyanさんへ_____。

ニャァくんは、人生、いえ、猫生経験つんで、人間味、いや、猫味が増し、シブイ男前になったんですねheart04
ニャアくんを思いやるtutatyanさんの心遣いを感じて、彼もきっと思っていたにちがいありません。
「tutatyanが猫だったら、きっと惚れていたのに。」
happy01

(^_^)/おはよーございます。
ご心配掛けたままで申し訳ありません o(_ _)oペコッ
その猫さん一週間程で回復しました♪ヨカッタヨカッタgood
顔に傷は残ったけど(もともとは可愛かったんですが)、その傷のお陰で、今度は男前のかっこイイ猫さんになりました(笑)cat
性格も男前で、外で自分より小さな猫を連れてきてご飯を食べさせたりするんです(そのご飯は、私持ちですが)
メスかな、と思ったんですが、オスメス関係無くだったんで、単に奢ってるんだろうと
いろんな事を、その猫さんから教えてもらいました
もし、人間だったら絶対惚れてました㋧heart04
名前は、特に付けなかったんです、なんか自分のものっていう感じが嫌で
なので、猫の鳴き真似でよんでました、ニャァ~bleah


tutatyanさんへ___。

その猫、じっと傷口を舐めて、回復したんでしょか(=^・^=)。 したんでしょね。 ジタバタしても、しなくても、回復するときは回復する。 
そうなんですよね。

その猫(こ)、なんて名前だったのかなぁ、なんて、
tutatyanのコメント読みながら、思っちゃいましたhappy01

musashiさんへ___。

定年退職は、人生の義務教育の終了。
なんて素敵な言葉でしょheart04
その言葉、いただきます~。

ちなみに、
私の幼い頃のことですが、
「ぼんさんが屁をこいだ」の次は
「においだらくさかった」です。
首の鍛錬に、ご参考あれhappy01

おひるねおかんさんへ___。

お。講習会の申し込みですか~?
なんだろなんだろ? ひとごとながら、興味津々note
おかんさんなら大丈夫!
試験、がむばってくださいませpunch。 

おはよう。
素敵な本に出会えたみたいですね~happy01
若いとか老いは人から見たらの基準で
自分自身で、気にすることは無いと思いますhappy01
定年退職、僕は人生の義務教育?の終了だとも思うので
卒業したら、何しよっかな~って
今からワクワクしてますよ~happy01
「坊さんが屁をこいた」で首を鍛えようかな~happy01

おっは~
何か
挑戦したい。。。といつも思うのですが
だらだら。。。と過ごす日が続いています。。。
あか~ん!

でも
基本
波乱万丈よりも
平穏を望んでいます。

今年はスキルアップの年にしようと
講習会の申し込みをしました。
意気込みだけで
行動してしまった。。。
試験もあるんだよぉ。。。
大丈夫か?
あたし。。。

(^_^)/おはよーございます
心に染み入る言葉です㋧confident
歳をとっていくことを、もっと素直に受け入れていけばいいんだな、と思いますclock
身体能力も落ちて、もの覚えも悪くなって、っていくけどそれまでに培ったものは沢山あって、
その上これからまだ、やれる事があるんだって思うと、少しは上を向けるかもup
いろんな事に自然体で、と云うのは大切だろうと思います
昔、猫を飼ってて、外でとてもひどいケガをして帰ってきたんですが、動物病院も近くにないし、
捜す手立ても知らなくて、可哀想でしたが、部屋の隅でジッとして時々傷口を舐めながら、三日程そうしてましたcat
痛いとも苦しいとも言わないんだな、ただただ身体の回復を待ってるんだな、って・・・
私はジタバタしすぎだと、そんなことを思い知りましたthink
少し違うかもしれませんが、通じるところはあると思います


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウリ坊を救出せよ! | トップページ | 淡路島へ 271.7 キロ  »