2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 金環日食な影 ☀ | トップページ | 大根持ってほ~いほい。 »

2012年5月23日 (水)

『天皇の影法師』

仕事場である八瀬は、うちから山ひとつ隔てただけの近場ですが、その雰囲気は大分と違います。八瀬のことが書かれた本がないかなぁと検索したらば、book『天皇の影法師』というのにヒットしました。 で、図書館で借りてみました。 私にとって、八瀬のイメージはケーブル・比叡・釜風呂。 なのになぜ天皇?という興味もありました。

え?なに? 今日の話題はなんだかめんどくさそう~~、ですって? 

うんまぁそーかもしれないthink。 でもまあ、、、読むだけ読んでみてくだされ。

でね。 近場の八瀬がらみで借りた本なのに、その文章の出だしに登場したのはなんと太宰治sign02。 いえ正しくは、太宰の墓、の向かいにある森鴎外の墓。 森鴎外は、晩年、元号と天皇についての考察をしていたとのこと。 ここで森鴎外と天皇とはつながってきます。

でもなぜ八瀬と天皇?

この本は、‘大正’の次が‘昭和’になったときの新聞報道についても書かれていました。大正天皇が亡くなったとき、次の元号は‘光文’だ、という誤報(?)を伝えた新聞があったと。 光文事件というのだそうです。 この章も、今まで私が知らなかった事なのでとても興味深かったですeye

これも八瀬と関係ないじゃないかっannoyですと? お・お・お怒りはごもっとも。 そうそう。 今日のテーマは‘でもなぜ八瀬と天皇?’でした。 ま・ま・ま。

ごくごくおおざっぱに申しますと、

後醍醐天皇の時代、八瀬の人達は、八瀬童子と称して朝廷の駕輿(かよ)丁を勤め___つまり朝廷の人達の乗る駕籠をかついだりしていたということだと思うのですが___、課役免除の特権を得ていたのだそうです。 
どうです。 出てきましたねぇ、八瀬と天皇。 φ(・ω・ )メモメモ
もっとも、こういった八瀬童子と朝廷との関わりが深まった時期は以外と浅く、信長による比叡山の焼き討ちより後なんだそうですが。

その後いろいろあったようです。

まず課役免除につきまして。

徳川綱吉のとき、延暦寺は日光東照宮の系列下でした。 その力のもと、「八瀬の民は比叡山に薪を採りに入るな」というお達しが出たとか。 なんかすごいですよねぇ。いえね、新幹線も飛行機もない時代に、いくら力があるとはいえ、はるか東方の日光から八瀬にお達しがくだるなんて。 ところで、八瀬に行ったことのある方ならばお分かりかと思いますが、八瀬は川沿いの渓谷地ΔΔ。耕地にできる土地が少ないので、生活の糧となる薪を採りに山へ入れないということは死活問題であったようです。 けれど綱吉の死後、山は延暦寺のものだけど、八瀬の人達は山の薪・柴をとりに入ってもよいということになり、さらに再び年貢・諸役がいっさい免除されたのだそう。 これはなんと新井白石の案! きゃー、教科書に出てくる人がとなり村とかかわっていたとは。。。 それを、6代将軍家宣が、八瀬の人達のため仮名交じり文に書き直したというのも驚きですeye

だ・か・らーーー、でもだからなぜこれが八瀬と天皇に関係あるのかsign02 ですよねですよね。 私、言いたいことはわかっております。

そうそう天皇。 知りたかったのは、八瀬と天皇がなんで関係あるのか、でした。

明治維新後、課役免除は一応なくなりましたが、‘朝廷の駕籠をかつぐ’という点で八瀬と天皇はつながっておりました。 明治天皇と大正天皇の‘棺をかつぐ’という役を八瀬童子がになっていたのです。 
フタタビ φ(・ω・ )メモメモ
なお、昭和天皇の時は車での護送だったため、言わば付添役としての参加だったもよう。)

だから‘八瀬’で検索して出てきた本の題名が『天皇の影法師』ということなのでした。 

ここで、八瀬と天皇が、無理につなぐと八瀬と鴎外も、やっとつながったわけでして (^-^;。。。。。 ふぅdash。 

以上、私のたよりない読解力で読み、アバウトな文章力で書いてみましたpaper。細かくは、「えぇぇぇーーっ、ちがうやん!」ってこともあるかとは思いますが、そこはひらにご容赦のほどを。。。 え? それよりなにより今回はややこしい?

はい。みとめます。 自分の頭を整理するためにブログつかってすみません。
<(_  _)>

この『天皇の影法師』、作者は誰だろうとみてみると、、、、猪瀬直樹氏。 

東京都の副知事さんや~ん。東電のことでこないだテレビに出たはった人やんtv

« 金環日食な影 ☀ | トップページ | 大根持ってほ~いほい。 »

コメント

musashiさんへ_____。

ありがとうございます。
ぜひおいでくださいませhappy01
京都の洛北・八瀬は、ほっと落ち着けるところですよ~。

おはよう。
はい、とっても興味深く
とっても良くわかりました~happy01
ありがとうございます。
そちらへはまだ行ったことがないのですが
必ず訪れたいところなので
いつかきっと…happy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 金環日食な影 ☀ | トップページ | 大根持ってほ~いほい。 »