« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月30日 (水)

♪ときめきはきみのとなりで♪

毎週、決まった曜日決まった時刻にラジオから流れてくる曲がある。

水曜日。 朝6時前。2012530

♪忘れてた 忘れかけてた 記憶のレールを 今も僕は歩いている♪

CHEMISTORY の  ‘Long Long Way’

私は朝食を食べはじめたところ。

.

金曜日。朝6時前。

♪ときめきは君のとなりで くりかえしあふれるから♪

CHEMISTORY の ‘almost  in  love’

私はやはり朝食を食べはじめたところ。

.

2012530_2だれかがだれかに届けようとして毎週ながしている曲だとしたら、すてきだなぁconfident

水曜日メッセージの返信が金曜日曲なのだとしたら?

水曜日に会って金曜日に別れるくりかえしの2人の合言葉がわりだとしたら?

そんなことを思いながら、私はトーストにマーガリンと蜂蜜をぬっている。

.

早朝用に組み込まれた単なるラジオプログラムなのかもしれないけどthink

.

さて、

いつまでも仕事ができない自分に落ち込んだ私の水曜日も終わり。 夕日はきれいだ! あしたもがんばろ。

| | コメント (8)

2012年5月28日 (月)

赤いシャワー

赤いシャワー
.

赤いシャワー!
じゃないですよ。(b^-゜)

花火です、打ち上げ。今年初めてかなぁ。場所は宝ヶ池。国際会館でなにか会議とか行事があると、花火が打ち上げられることが多いです。

そう言やぁ、こないだ回覧板で回ってきたかも、この花火情報。

でもすぐに忘れちゃってー。(^_^;) ここいらでは、外からポーンとかバーンとか音がしてきたら、みんな外に飛び出して花火の見える所まで夜道を走ります。小学校の裏山でちょっと隠れるんですけどね。

この写真はうちの2階から撮りました。思いのほか今日は花火がすぐに終わり、シャッターチャンスを逃してしまいましたー。
(≧▽≦)
やっぱりカメラぐらい持つべき?

| | コメント (0)

2012年5月26日 (土)

大根持ってほ~いほい。

私が育った伏見は、今住んでるところから車で40分ほどのところにあるのですが、なんと同じ小学校・同じ学年だった人が近所に住んでいます。 おとなになってから偶然おなじところに所帯をかまえたのですねぇ。 

小学生の頃は同じクラスになったことはなく、たぶん1度も話したことはなかったのに、お互いを知っていて、覚えていました。ふしぎです~。だってね、42人ぐらいのクラスが5クラスあったのです、同学年で。 全校にすると1200人ぐらいの児童がいたでしょうか? 私は1200分の1でした~~。 6年生の時、私は1組で彼女は4組。 彼女は私の当時のニックネームも覚えていました。 ヘンな呼び名だったから、案外みんなに知れわたっていた? 私、おとなしいボォーーーーーっとした子だったんですけどね。

その彼女が、先日話してくれた話。 ケーブルの通勤途中に、彼女の家はあります。

___ あんな、ここ、あんまりひとりで通らんほうがいいで。 サル出るし。

うんうん。 こないだ朝、5匹とすれ違うたわ。 チャリのベルをチリンチリン♪て鳴らしたら、道を譲ってくれたで。

___  それやったらええんやけどな。 うちなんか、このとおり、隣りも山・川を隔てて向かいも山やろ? よう来るねん、サル! 

うちも来るで。 無花果を植えたのにぜんぶ食べられてしまうねん。 近所の畑も、作物を抜きとられて食べられてしまうそうや。

___  そうかー。 あ。 畑で思い出したわ。 まえな、大きいサルが一匹、うちの屋根に登ってきてん。そのサルな、大根を一本持ってたんやけど、その大根を空に向けて持ち上げてな、ほ~いほ~い・・・・・って向かいの山にむかって叫ぶんや。 ほ~い ほ~い、って。 そしたらあんた、どうなったと思う?

どうなったん?!

___  向かいの山から川と線路を越えて、ぎょうさんのサルがうちの屋根に集まってきたんやで! うちの屋根にやで!

.

彼女の屋根は集合場所。 大根持ってほ~いほ~いは、集合の合図だったんでしょかぁ。 1匹だけでも、サルが屋根の上に乗ったらドサッと重い音がします。 それが、集合場所になった日にゃあ、、、、 。  お察しいたします。  その日の集会目的は何だったのでしょうね。

ちなみに、

サルはキャッキャッとあまり鳴(?)きません。 ほ~いほ~いです。 鳥でもない、獣でもない独特の声で呼び合ってます。 なにか言ってるように聞こえます。 

| | コメント (4)

2012年5月23日 (水)

『天皇の影法師』

仕事場である八瀬は、うちから山ひとつ隔てただけの近場ですが、その雰囲気は大分と違います。八瀬のことが書かれた本がないかなぁと検索したらば、book『天皇の影法師』というのにヒットしました。 で、図書館で借りてみました。 私にとって、八瀬のイメージはケーブル・比叡・釜風呂。 なのになぜ天皇?という興味もありました。

え?なに? 今日の話題はなんだかめんどくさそう~~、ですって? 

うんまぁそーかもしれないthink。 でもまあ、、、読むだけ読んでみてくだされ。

でね。 近場の八瀬がらみで借りた本なのに、その文章の出だしに登場したのはなんと太宰治sign02。 いえ正しくは、太宰の墓、の向かいにある森鴎外の墓。 森鴎外は、晩年、元号と天皇についての考察をしていたとのこと。 ここで森鴎外と天皇とはつながってきます。

でもなぜ八瀬と天皇?

この本は、‘大正’の次が‘昭和’になったときの新聞報道についても書かれていました。大正天皇が亡くなったとき、次の元号は‘光文’だ、という誤報(?)を伝えた新聞があったと。 光文事件というのだそうです。 この章も、今まで私が知らなかった事なのでとても興味深かったですeye

これも八瀬と関係ないじゃないかっannoyですと? お・お・お怒りはごもっとも。 そうそう。 今日のテーマは‘でもなぜ八瀬と天皇?’でした。 ま・ま・ま。

ごくごくおおざっぱに申しますと、

後醍醐天皇の時代、八瀬の人達は、八瀬童子と称して朝廷の駕輿(かよ)丁を勤め___つまり朝廷の人達の乗る駕籠をかついだりしていたということだと思うのですが___、課役免除の特権を得ていたのだそうです。 
どうです。 出てきましたねぇ、八瀬と天皇。 φ(・ω・ )メモメモ
もっとも、こういった八瀬童子と朝廷との関わりが深まった時期は以外と浅く、信長による比叡山の焼き討ちより後なんだそうですが。

その後いろいろあったようです。

まず課役免除につきまして。

徳川綱吉のとき、延暦寺は日光東照宮の系列下でした。 その力のもと、「八瀬の民は比叡山に薪を採りに入るな」というお達しが出たとか。 なんかすごいですよねぇ。いえね、新幹線も飛行機もない時代に、いくら力があるとはいえ、はるか東方の日光から八瀬にお達しがくだるなんて。 ところで、八瀬に行ったことのある方ならばお分かりかと思いますが、八瀬は川沿いの渓谷地ΔΔ。耕地にできる土地が少ないので、生活の糧となる薪を採りに山へ入れないということは死活問題であったようです。 けれど綱吉の死後、山は延暦寺のものだけど、八瀬の人達は山の薪・柴をとりに入ってもよいということになり、さらに再び年貢・諸役がいっさい免除されたのだそう。 これはなんと新井白石の案! きゃー、教科書に出てくる人がとなり村とかかわっていたとは。。。 それを、6代将軍家宣が、八瀬の人達のため仮名交じり文に書き直したというのも驚きですeye

だ・か・らーーー、でもだからなぜこれが八瀬と天皇に関係あるのかsign02 ですよねですよね。 私、言いたいことはわかっております。

そうそう天皇。 知りたかったのは、八瀬と天皇がなんで関係あるのか、でした。

明治維新後、課役免除は一応なくなりましたが、‘朝廷の駕籠をかつぐ’という点で八瀬と天皇はつながっておりました。 明治天皇と大正天皇の‘棺をかつぐ’という役を八瀬童子がになっていたのです。 
フタタビ φ(・ω・ )メモメモ
なお、昭和天皇の時は車での護送だったため、言わば付添役としての参加だったもよう。)

だから‘八瀬’で検索して出てきた本の題名が『天皇の影法師』ということなのでした。 

ここで、八瀬と天皇が、無理につなぐと八瀬と鴎外も、やっとつながったわけでして (^-^;。。。。。 ふぅdash。 

以上、私のたよりない読解力で読み、アバウトな文章力で書いてみましたpaper。細かくは、「えぇぇぇーーっ、ちがうやん!」ってこともあるかとは思いますが、そこはひらにご容赦のほどを。。。 え? それよりなにより今回はややこしい?

はい。みとめます。 自分の頭を整理するためにブログつかってすみません。
<(_  _)>

この『天皇の影法師』、作者は誰だろうとみてみると、、、、猪瀬直樹氏。 

東京都の副知事さんや~ん。東電のことでこないだテレビに出たはった人やんtv

| | コメント (2)

2012年5月21日 (月)

金環日食な影 ☀

2012521朝起きたらラジオが、だんだん妙に暗くなってきましたと言っていた。

そうだった。 今日は金環日食の日だった。 時は朝だったのね。

東の窓開けて木洩れ日を入れたら、畳の上の影がこ~んなカタチにくりぬかれていました。

これって、金環日食だからできた影だよね。 

だって葉と葉のあいだがすべてこんなカタチなわけないもん。

理科支援員を今年もやっていたら、いまごろ学校で子ども達と空を見てるのかなぁなんて思いながら写真撮りましたー。 

晴れてよかったね。

日本の多くの人達が、同じ時間に、空見上げてるのって、

いいですね。

| | コメント (7)

2012年5月20日 (日)

つよしくん開花 !

つよしくん開花!
.

まだ背が伸びてないのに、花が咲きました。

グリーンカーテンの人生、いや、植生を送らないんだろうか、君は。

けれどそれは君が選んで行く道だthink

.

おいしいキュウリになるんだぞ。

ちょうど泡盛買ったことだし、

味噌つけて味わって食べてあげるよ~。

| | コメント (2)

2012年5月15日 (火)

自主研修をば、

.

Photo_5.

先日、いつもお客さまに案内している所を再確認しようと、実際に足を運んでGm みました。 (o^-^o)

比叡山頂駅すぐにあるガーデンミュージアム比叡。

琵琶湖を見下ろしながら楽しむ足湯はとてもいい気分。

モネの「睡蓮」を模して作られた水辺も素敵。 

アロマ・ハーブ・美味しそうなお菓子・印象派絵画関連グッズなどなど誘惑いっぱいのショップ♪ ランチには1日30食限定のビーフシチューセット&カブのスープを。 

.Photo_2

そこから少し下った所にあるつつじヶ丘。

五分咲き。 

山道を歩きながら、赤や紫に染まった山肌を眺めるのも快適。

.

.

麓の八瀬駅近くにある瑠璃光院。 ここは今月いっぱいの特別公開中。

人がたくさんいても、とても森閑とした場所。Photo_3

手入れの行き届いた庭に圧倒されました。家に帰ってすぐに、思わず我が家の庭で草抜きをば。

.

そのまた近くのルイ・イカール美術館もなかなかでした。(写真は、瑠璃光院)

瑠璃光院で入館チケットをもらったんですけどもね。 

名前のつけられたそれぞれの部屋に、絵。 庭は、和。 作品だけでなく、その作品を取り囲む空間も、表現の大切な要素なんだと感じました。

.Photo_4

それから、帰り道にある御陰神社。 

ここには下鴨神社の御霊があり、去る12日、葵祭のために御霊は軽トラックに乗って下鴨神社へと向かったのでした。 

この葵祭、本当は今日ある予定だったのですけれど、雨のため延期になりました。

御陰神社への曲がり角には『このあたりの一切の狩猟禁止』と書かれた看板が杉の木に立てかけられておりました。

.

| | コメント (2)

2012年5月11日 (金)

朗読サロン【響】3周年記念祭

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

   6月9日(土) 開演13時 (開場12時半)

  ハートピア京都 3F大会議室 にて (烏丸丸太町)

                ~ 無料 ~

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

.

タイヘンだぁ~~~~sweat01

朗読会本番まであとひと月もないことに気づきました~~~sweat01sweat01

頭や心や体をケーブル仕事にフル回転させているうちに、まるっきり忘れておりました。

21人の朗読会。 途中2回休憩があります。その時だけじゃなく、朗読中じゃなければ入っていただけます。Photo

私は20番目、最後から2番目に出場します。 5時20分頃でしょうか。 

   谷川俊太郎

       「かさをささないシランさん」

というのをやります。

こどもみらい館で見つけました。ご覧のとおり、およそ子Photo_2どもへの読み語りには縁のないような絵に 目が釘付けになってしまいました。

難しそうですが、トライしてみますrock

.

.

*昨日アップして朝起きてみたら、本文がほとんど消えていました! なぜsign02

| | コメント (2)

2012年5月10日 (木)

うどんこつよし

Photo今年こそグリーンカーテンをつくりたいなあ、南のサッシ窓。 ゴーヤ、ナタ豆、ふうせんかずら。 毎年植えてみるのだけれど、毎年しょぼくれカーテンになっちゃいます。 

プランターで仕立てようと思ってるんですけど。

今年は、‘うどんこつよし’。

キュウリです。

うどんこ病につよい品種なのだそう。 面白い名前につられて買っちゃった。

繁るかな~。

Photo_2大量に剪定したローズマリーを乾燥しています。 入浴剤としてつかうつもり。 

| | コメント (2)

2012年5月 6日 (日)

山頂からの夕日だ! (そしてタネアカシ)

201256

やっほーい。  ゴールデンウィーク終わったぞ~いnote。 仕事に慣れ切っていないまま、なんだかわからんまま、初めての多客期を勤めました。 

とは言え、このGWは天候不順。 昨日はさすがに多くのお客様でしたが、今日は雷のためロープウェイの運行を見合わせるという時もあり、雨で寒くもあり(山頂駅は昼12時で9℃)、‘多客’とまではいかなかったもよう。

仕事終わって車で街へ降りる途中、ロープウェイスタッフを拾いに寄った比叡山頂駅で、西向かいの夕日を望みました。 なんてスカーーーっとする風景だったことでしょう。 思わず写真だけをアップ。 下の街並は、岩倉です。

明日は休みだワ~~~~~~イnote

.

Photoお、そうでしたそうでした。

ミステリーの真相はっ。 犯人はっ?

.

烏です。 

どでかい、頑丈そうな。

.

では、烏はいつどのようにして最後の扉から最後の部屋へと忍び込んだのでありましょう。

それは扉を閉める前。 前日のうちに、開かれた扉から。

実は、いつも開け放っている最後の扉から、前日の昼間、客や従業員が表で出入りするその裏で、そやつは忍び込みゴミ袋を漁っておったのでした。 なのにその日、私達人間は忙しさのあまりその最後の部屋の惨状を知らないまま営業終了時刻となったのであります。 そして、遅くなった仕事終わりに、さあ扉を閉めようとしたその時になって初めて、

モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

ということになったそうなのですが、仕事が遅くなったうえロープウェイスタッフが山頂駅で待っておられることでもあるし、

これ、あしたにしようflair

ということで鍵だけ閉めて、次の朝行く私達へメモをする間もなく、帰路へついたのでした。

そして、 

ひと晩明けた朝7時半、私の ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ場面へつながったというわけでありました。 以来、GWの間中、その扉は昼間も開かれず、最後の部屋にはゴミ袋を置かなくなりましたとさ。

チョーン(拍子木の音だよ) happy01

 

| | コメント (6)

2012年5月 3日 (木)

山の駅・密室ミステリー (@ 0 @;)

山上の駅始まりの日、仕事は駅舎の開錠から始まる。 中の部屋にある扉をひとつずつ開けて留めていき、最後の扉を内側から開けるとまた外へ出る。 そしてケーブルカーtrainの電源を入れるのである。

ある朝。

最後の扉を開けるべく、最後の部屋へ入ると、、、、、

な・な・な・な・なんということかっ。

最後の部屋の中は、大混乱wobbly。 

いや。

大散乱、                   ゴミがshock

そう。 

最後の部屋は、溜まったゴミ袋を、ふもとへ運ぶ前に一旦留め置く部屋でもあるのだが。 

鍵はかかっていたのだ。 

前日の夕方、担当の者がきっちりと、確認しながら、扉をひとつずつ施錠して、山からおりたはずなのだ。 

猿か? 猪か? はたまた鼬(イタチ)か狸か烏か鼠かsign02 

sign02

もしや人間かっsign02 

い~~~~~~やthink

昔の建物とはいえ(大正14年完成)、そんなに大きな隙間は見あたらない。

だれだだれだっpout

夜のあいだに、この、鍵のかかった山の部屋でゴミを散乱させたのは。

ミステリーだsign01 しかも密室だsign03 ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

犯人はだれだぁぁぁぁ。

.

さて、みなさん。

あなたならこの謎、どう解きます? 

.

真相は次回。 

.

PS. ええ、ええ。 犯人はだれだぁぁぁぁ、と思いながらも片付けましたぞよ私、部屋じゅうの散乱ゴミ。think  紙屑・お菓子の包み紙・即席ラーメンのカップ・吸い殻・ボロ布etc.etc.

| | コメント (6)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »