2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

  • 2011627
無料ブログはココログ

« 三日目の『八日目の蝉』 | トップページ | 電波時計なるもの。 »

2012年3月 4日 (日)

文楽三昧。

201234_2若い頃、人形劇をちょっぴりやってたことがあって、ほんじゃあ昔の人形劇はどんなもんかいなと見に行ったのが、文楽とのお付き合いの始まりです。 いまだに詳しくはないんですけれど。初めて文楽を観たのは京都文芸会館。 

今日はその会館で文楽があるということで、お手伝いさせていただけることに。 夜の部の影アナだったのですけれど、せっかくなので昼の部から参上!

昼の部はロビーで、荷物・差し入れ預かりのk-chan、の補佐。 「これ、何時ぐらいに終わるん?」というお客さまの問いかけに、「休憩をはさみまして、ふたつめが終わりますのは夕方の4時20分でございます。」と案内したりなんか。 ひとつめの『双蝶々曲輪(ふたつちょうちょうくるわ)日記・八幡里引窓(やわたさとひきまど)の段』は、後ろの方でそっと観させていただきました。

いやぁ~、よいですshine。 人形なのに、私を含めそこらの人間よりも‘いろ’がある。 男の人形も女の人形も齢とった人形にも、‘いろ’がある。 人形のしぐさ、でしょうか? 義太夫の語り、でしょうか?  

昼の部終わりの少し前から舞台袖にIN。 横から文楽を見せてもらえる機会なんてそうないからもう私の目は皿のよう。 キョロ(・_・ )( ・_・)キョロ

昼と夜あわせて演目が4つ。 その変わり目に、ざざーーーーっとね、変わるんです、セット(場面)が。 店・部屋・障子・暖簾・竹林・水辺etc.  ハヤワザです。

客席から見えているのは舞台の前半分ぐらい。場面によってはもPhotoう少し狭かったかも。 文楽は、ひとつの人形を3人で動かすから、登場人物が4人(体) ぐらいになるともう、横から見ると足・あし・足! 3人のうち、メインの方は履物が違っていました。 高い下駄の下に草鞋を履かせたようなもの。舞台下駄というのだそうです。 ドンっと床を踏んで音を立てるのは、この下駄じゃありませんでした。 

プロの方々の影アナをするのは初めてなもんで、今日はメチャ緊張しました。 何回も練習したのですけれど、、、、滑舌わるくてdown。 何回も練習したつもりが、やはり練習不足だったのですよね。 でも、あなたの影アナは‘落ち着く’と言うて下さった方がありました。 有難いです。 ゚.+:。(・ ∇ ・)b゚.+:。

私は、舞台の薄暗いソデにいると落ち着きます、最近confident

« 三日目の『八日目の蝉』 | トップページ | 電波時計なるもの。 »

朗読・語り・劇」カテゴリの記事

コメント

おひるねおかんさんへ_____。

人形使いの体験! いいですねぇshine。 
そんな勉強会もあるんですね。 
ほんとうに、置いてある時は他の人形と同じタダの人形なのに、人形使いの人達によって、彼らは何回も生きられるように思いますー。

まああぁ!
お疲れ様です。
文楽は
新聞の勉強会みたいなのに
応募して 家族で 見に行きました。
でも。。。
だんな様もおかんもちょっと寝ちゃったよお。。。
ごめんヾ(_ _*)ハンセイ・・・
人形遣いの説明とか体験とかもしてもらいました。
無表情の人形に表情をつけるんだもんね。
すごいよ

もっと
日本の文化に興味を持とうと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三日目の『八日目の蝉』 | トップページ | 電波時計なるもの。 »