2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

  • 2011627
無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

ぼこ凹だし。

          ぼこ。

.

.

.

へこんでいます。

.

またチャリで転倒するしsad。 

それも、国道にある横断歩道のまんなかで。

雨上がりのジャリ石にタイヤがすべって。

.

アスファルトで打った頬骨が今になって腫れてくるしwobbly

あした朝、腫れで目がかくれていたらどうしよう。

膝も青あざ。膝つくたびに痛いしcrying

.

毎日奮闘しているバイト研修。

真剣に頑張ってるのになかなか覚えられないしdespair

こんなに覚えることがいっぱいあるのに研修が毎日はない、ということは

私の予想では、人件費が少ないということで、

研修生のうち誰かは採用してもらえないということで。。。。。

.

もしかしたらわたしかもcoldsweats02

でもこの仕事、やりたいのです。

.

収入が無いということも、

私が役に立つ場所が見つからないということも、

すべて自分で選んだ結果だしthink2012228

.

さらに

バイト先の猫からも相手にされないしpout

.

すみませんねぇ、今日は愚痴っちゃってsmile

たまにはこういうのも許してくだされ。

ま、今日は寝ますsleepy

今のところよく眠れますので、ご心配なきようwink

2012年2月25日 (土)

こわぁwwwwwww ! \ (>。<)/

リハーサルで。

「えーーーっと、あなたの順番は2番目ね。 あした、よろしくお願いしますね。」

そうかぁ、わたし、2番目なんや。 ちゃんと稽古しとかなくっちゃーーー。

と、思ったとたん、次の日になっておりました。 

「2番目ですよ。」

はい。

「今回は、落語をやっていただくんでしたよね。じゃよろしく。」

と、立ち去る係の方。 

えっsign01、えーーーーーーっsign03  わたし、落語じゃありませんっ。 わたしは、落語なんてしたことありませんっcoldsweats02。 いつものようにロードクです、朗読っsweat01

と言おうとしたけど係の方はすでに立ち去った後。 他の方との打ち合わせ中。 すでにもう1番目の朗読が始まっています。

どーーーーーしよーーーーー。 ドースレバsign02。。。。

頭の中、まっしろ。 いや。 頭から白い煙が立ち上ってる。 

焦ってるうちに1番目の朗読が終わり、その方は舞台袖に帰ってこられます。

次は、私やcoldsweats02。 

落語のお囃子が鳴り始めました。

どーしよーどーしよー。 とりあえず舞台に出なくっちゃ。 落ちつけわたし! 真ん中に座るまでに考えるんだ! なんか覚えてる話はないか。 愛宕山の話にするか、「おまはん、鯉のあらい、食べてか?」っちゅうやつもあったな、兄弟犬の話ってどんなんやったっけーー、いっそ「アルミ缶の上にあるミカン」「布団がふっとんだ」「隣の家に囲いができたってね。へーー。」とかのダジャレシリーズでいくかーーーっ。 あーーもーーーどーしよーーーbomb。 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

というところで、助かりました。 ほわえよぉ~~~dash。 

目が覚めてよかったわぁ。 

夢やってんthink

こんな夢みたのは、こないだの朗読教室、あるのを忘れて欠席したからやろか。

Photo稽古もせんうちに、6月朗読会の、こんな台本を先に作ったからやろか。(カタチから入ろうと思って。。。coldsweats01

けど、

ほんまによかった。

ほんまに、夢でよかった。

自分に喝いれるために(?)、これから、京都放送劇団の朗読を聴きに(観に)いってきま~す。

2012年2月21日 (火)

甘いもんがほしい!

今要らない物はできるだけ買わないようにしております。 アルバイト研修も始まった時間的なもんもありまして、ある日気づけば、冷蔵庫の中も床下収納庫の中もテーブルの上もお菓子箱の中も、のこりわずか。 広々とした空間。 

それはそれでスッキリと気持ちがよいのですが、ないと思えば食べたくなるのが人情。 特になんだかむしょうに甘いもんが食べたくなりました。 

しかしっ。 ここで買いに行っては無収入の名がすたる! 買わないと決めたからには、買わないっ! 菓子というのは嗜好品。 んなものなくても死にはせんのです、ビールは別としてthink。 

がしかし。 そう思えば思うほど、食べたくなるんですよねぇ。。。。。。

もいちど食材の再点検paper。 

なんかないかeye

なんかないかeye

flair

流し台の下に、梅酒の梅。 冷蔵庫の中に、林檎。 賞味期限が切れていた小麦粉。 調味料入れの場所に、ヨーグルトについていた砂糖。

2012214これで蒸しパンを作りました~。 

まずは、ミキサーにかけた梅と林檎をジャムに。2瓶できました。 

そのジャムと小麦粉で蒸しパンに。 卵も入れなかったので、ふんわりパンじゃなくて、もっちりパン。

ほんのり甘く、おとなな味になったのではないかと。

それに、のこり食材が整理できて、またまた空間ふえてスッキリ~~shine

2012年2月19日 (日)

影アナ Ⅱ

Photo2年ぶりに影アナをさせていただくことになりました。

写真の、手前がアナウンス席です。

ただいま京都では演劇フェスティバルの真っ最中。 劇と劇のあいだに 

「まもなく***によります*****を開演いたします。携帯電話など音の出る機器のスイッチは、どうぞお切りになってご観劇ください。」

などなど言う役です。 舞台に姿は現さず影で声だけ出演するから、‘影アナ’。 miちゃんと2人で担当したのですけど、なんと最後のカーテンコールではMCまでさせていただきましたーnote。 マイク持って2人で舞台登場。出演者の方々に順にひとことづつコメントしていただいて、Photo_2

「来週も、ぜひ、この場所でお会いしましょう。。。。」

なーんてね、言うんです。 

楽しかったです~~~happy01。 

待ち時間に舞台監督さんのアクセント辞典借りて調べたり、‘シャ幕’とかいう幕のことを大道具さんに尋ねたり、アナウンス中に出演小学生に興味津津取り囲まれて間違ったり(修行が足らんなぁ)、時間を間違えて皆さんに迷惑かけて落ち込んだりdown

いい勉強にもなりました。 Photo_3

それにね。ギャラはないけど(素人なもんでwink)、昼食付。(オムライス弁当notes) 差し入れのお菓子もいただ いちゃって~happy01。(ミスドのドーナツnotes) それに、家から出ると光熱費を消費しなくてすむしぃconfident。 (もちろんチャリbicycleで往復。)

たまにはこんな、安くて楽しい一日があっても、いいでしょ。 

またやってみたいな。

2012年2月18日 (土)

待ちどおしい、ね。

朝、池に行こうと扉を開けたら雪景色。 w(゚o゚)w  

2012218 .2

ウォーキングあきらめて部屋着にもどりました。(軟弱bleah) 

ずーーーーっと降っています。 晴れても降っています。 

なにが嫁入りしてるんだか。。。  ┐( ̄o ̄)┌

.

窓際に活けていたローズマリーが咲き、沈丁花がつぼみをつけました。 

2_2もう何年も活けたままなだから、ボトルの中に根がいっぱい! 

暖かくなったら、今年こそ土に引っ越してもらうからね。

.

待ちどおしいよね、

bud

2012年2月15日 (水)

遠近両用デビュー (^_-)☆

遠近両用デビュー(^_-)☆

つっついにっ、遠近両用を取り入れましたpaper!  コンタクトレンズですー。

まあ聞いておくれやす。 ここ数日の私の葛藤を。 

私はずっとメルスプランっちゅうのに入っております。 月々に定額ずつ私の口座よりワンデイコンタクト代が引き落とされます。レンズがなくなるたんびに購入するよりも、定額引き落としにした方がいくらかオトクってシステムであります。 店頭で払うのは診察代のみ。ワンデイコンタクトっていうのはつまり、使い捨てコンタクトのことであります。 

しかししかし、昨今のオサイフ事情の折moneybag、もうこのプランを退会しようかなと思っておりました。まぁ言うたら、家計仕分けですわ。

けどなぁ、

毎日つかうコンタクト、毎月引き落としをやめたところで、店頭でお金払って買うんだから同じことなんやなぁ。。。 外出しない日でも(そんな日はめったにないけど)やっぱり家でコンタクトやもんなぁ。 だってメガネeyeglassよりもコンタクトの方が見やすいし、遠くは。 

いやいや。近くを見る時は、どーせコンタクト目の上から老眼メガネeyeglassをかけるんやから、いっしょかぁ。 いっそのこと、普段は近視用メガネeyeglassをかけて生活し、近くを見る時だけメガネeyeglassはずして裸眼eyeで見る、というのにしようかなぁ。 

いやいや。 近視用メガネeyeglassはたいぶガタがきてる。 細かいキズいっぱいやし、何回も踏んでいがんでるし。。。。 今、新たにメガネeyeglassを買う予算はない。

と、日々悩んでるうちにワンデイコンタクトがなくなってきました。 とりあえず、買いに行くことに。 順番待ちながらいろんなパンフ見てるうち、2ウィークコンタクトっちゅうのがあるのを思い出しましたーflair。 料金はワンデイより2ウィークの方が安い! 月yen2415円も安い! しかも、遠近両用レンズなるものもある。 

っちゅうことで、遠近両用2週間レンズを使うこととあいなりました。 ま、使い捨てとちがって多少の手入れは必要ですが、昔みたいに煮沸消毒なんてしなくていいようだし。 なによりまったくもって見え具合がよろしいshine。メガネをかけずに本が読めるbook、ケータイのアドレスが読めるmobilephone、レシートの数字が読めるeye! イライラが減りましたhappy01。 

なんと言っても出費が月yen2415減だ! 1年たてば、yen28980減だnote やっほ~~いbeer

2012年2月14日 (火)

『総理の原稿』

.Photo_2.

鳩山元総理の演説原稿を作るのに、演劇人である平田オリザもかかわっていたと知って(遅い?)興味津津。 書く前に言うときます。私には支持政党はありません。さらに政治知識は、とても浅いです。

当時の官房副長官である松井孝治と平田オリザの、「政治のことば」についての対談集。 けっこう読みやすかった。

総理の演説っちゅうもんは、大概は、各省から出てきた文(総理に言ってもらいたいこと)を継ぎ接ぎに羅列した演説なのらしい。 それを、クリーニング屋さんがプレスしていても、スーパーのおばちゃんが店のBGMで、あるいはタクシーの運転手さんやお客さんが車の中のラジオで聞いていても、耳から入ってわかるようなものにしないといけない、として、鳩山総理の施政方針演説とか所信表明演説とかを、本人も入って作ったものらしい。

そうやったんやぁ。 

私はけっこうわかりやすかったし、おもしろかったです、鳩山元総理の演説。 (この本には関係ないけど、土井さんの話もわかりやすかった。)

_____ スピーチライターというのは、その人が過去に何を言ってきたか、何が言いたいのか、その人の身になって、その人と呼吸をするようにコミュニケーションをとらなければ、その人の思いを国民に伝えることができないと、私は思う。

本文中のこんな言葉は、なんだか朗読のヒントにもなりそうな気がして、メモしときました。

それから、松井氏のあとがきにはこんな文も。

_____ このような大災害(東北の震災)を前にしては、「ことば」は、やはりむなしく響きます。しかし、「ことば」によって救われる命もある、癒される心もあることを信じて、私たちは新しい政治の言葉を求め続けて、小さくはあっても着実な歩みを進めていきたいと思います。

わたしは、ことばを信じますpaper

2012年2月12日 (日)

小   吉

初詣に行ってないことに気づきました。2012211

立春も過ぎてから詣るのを、はたして初詣というのかどうかわかりませんけど。

三宅八幡。 子どもの神様です。 

守り神(?)は鳩。 

狛犬のかわりに、鳩。 

絵馬の絵も、鳩。 

Photo 名物は、鳩餅。 

.

おみくじは、小吉でした。

___________万事なりゆきのままに身をゆだねる時。運気は今のところ停滞しているので、下手に動いたり小細工は避けること。流れに自然に従えば、物事はひとりでに発展していく。ここは心にゆとりを持って将来の方針をじっくりたてる時。短気を起こして自ら事の成り立ちを破らぬよう2012211_2 に。

はい。私もそうしたほうがよい気がします。研修までおとなしく過ごします。研修先のことをWEBで調べるぐらいかな。 確定申告の準備もしなきゃだし。 6月朗読会の準備もしなきゃだし。 

ここのおみくじの中には、天然石が入っています。 水晶か虎目石か紫水晶か翡翠か瑪瑙か紅水晶かソーダライト。 この石がお守りになります。 私Photo_2 がひいたおみくじの中には紫水晶が入っていました。恋愛成就・学力増進のお守りだそうです~note

市川団十郎の井桁というのがありました。

今まで、こんなものがあったなんて気づきませんでした。通り過ぎてたのかな。由来の説明を読んだのだけれど、、、忘れちゃいました。ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

2012年2月11日 (土)

『ねむりいす』

2か月ぶりかな、お話会book。 今日は、紙芝居ふたつ・大型絵本2冊・手のひら絵本2冊。 やっぱり手遊びも入れないでドドーーーっと進行punch。 そのかわり、1冊は、子ども達に「お~い、**く~ん。」っていう言葉かけを絵本の中の登場人物にしてもらう、という参加型にしました。

ちょうどいま朗読教室で練習している『ひさのほし』を大型絵本コーナーで見っけnote。 集まった子ども達は2~5才ぐらいなんだけど、練習途中の『ひさのほし』、無性にやってみたくなりました。 順番を最後にして、「この話いや~。」っていう子は帰れるようにしました。 アンパンマン紙芝居のあとで急に雰囲気かわったからか、案の定、半分ぐらいはウロウロしだしたりぐずりだしたり・・・・。 でも、はじめその雰囲気にごろんと横になって見てた子が2人ほど、政吉のお父うがカンカンに怒るあたりから正座して話に入ってきてくれたのは、ちょっと嬉しいconfident。 「ああ、今日もひさのほしが出てる。」は、心が決まらないまま読んじゃいました。 中途半端な「ああ。」でしたbleah。 どうPhotoしたらいいんでしょう、あの部分。。。。。

.

『ねむりいす』は、今日読もうと思ってリストインしたのだけれど、結局読まなかった話。 見開き2ページの中に、いくつもの場面が描いてあると、私、読み語りをしにくいんです。 読み言葉としての話の進行と 見る絵としての話の進行がずれちゃうような気がして。 

でも面白いんですよ~。Photo_2

. 

なんでもかんでも拾ってくるのが好きなお父さん、「まだ使える。」と、林の中で木製の椅子を見つけて帰ってきた。

この椅子は不思議な椅子で、座ったら誰でも眠ってしまう。

だから、ねむりいす。

「きみがわるいわ。」とお母さんに捨てられるのだけれど、捨てて家に帰ったらPhoto_3ば、その椅子はなんと先に帰宅しております。

けれどこの椅子、逆にいいところもある。 

どろぼうが入ってしまっても、そのどろぼうが座ったら眠ってしまって逃げら れない。 

しつこいセールスマンも、その椅子に座らせて眠らせてしまえばいい。 

泣き続ける赤ちゃんも、その椅子の上だと眠ってしまう。Photo_4

そうこうしちるうち、この椅子、知らんまに家の中でも移動できなくなってしまってた。

なんとなんと椅子から根っこが生えてたんだって。 

そし て、屋根をやぶり、家をおおう大木に育ちましたとさ。

おしまい。

. Photo_6

2012年2月10日 (金)

辞退、って?!

あんなぁ、いろんな理由で不採用になるんやけどなぁ。こないだ、こんなん言うてきはったとこあってんで、電話で。

履歴書を見させていただきましたが、あなたの経歴からすると、あなたはここの職場や私とは合わないように思います。うちのHP、見ていただけました? って。 HP見ていただいたらそういうことをわかる頭は、あなたはお持ちかと思います、って。

ちょっと相手の言い方にひっかかったんやけども、なんせ私は雇ってもらう身や。HPも見んと応募するやなんて失礼やった、って思ってな。 あわててそこのHP見たんやけど、わからんねん。  で、電話を折り返しかけて言うてん。 私がそちらの職場と合わないことが、まだちょっとピンとこないでいます、って。 こういうのが、私のあかんとこなんやろか。

そしたらな。

学校や役所で働いて来られたあなたは、他の職員が「え?!」とひくような思いがけないことをすると思います。 法律や規則できちきちと進む仕事ではないんです、ここは。 今あなたがこの電話でしゃべってるのを聞いてましてもね、そうい言う気がします。

ってな。 ほとんど公務しかしてない人間(しかもこの歳)が入ったら、仕事がやりにくくなるってことなんかなぁ。。。。って思ってるうちに、どんどんそういうことを言うてきはるねん。 私は言葉をはさめへんぐらい。 ちょっと待てよ。 これ、万が一、億が一、採用されたとしても、最初から私をそういう目で見られている職場では働きづらいんだろうな~~、って、思ってきてな。 思ってるうちにも、電話の向こうからどんどんどんどん言うてきはるねん。 私に、応募をあきらめさせようとしたはるんかなぁ。

で、相手の言葉がとぎれたときに思わず出た言葉。

あの、だんだん採用試験を受ける気が、、、、(この時はその方、黙って聞いたはった)、、、しなくなってきました。

すると、

そうですか。じゃあ、履歴書はお返ししていいですか?

やって。。。。。sweat02

次の日の午前に届いたんやで、履歴書。ほんでな、手紙が添えてあったんや。「ご辞退されましたので、履歴書をおかえしします。」って。

こんなん‘辞退’って言うんかなぁ。 ま、辞退したにはちがいないんやけど。

.

と実家の母に言うと、

「そやなぁ。あんたの言い方、カタイしキツイもんなぁ。やってた仕事も仕事やし、まあ育った環境にもよるんかなぁ。私の言い方もカタイしキツイ。」

(おいおい、そこかい!)

えーーー、ほんならどーしたらええん?

「しゃあないなぁ。」

やってーーcoldsweats02

気をつけよう、しゃべりかた。 

母に聞いてもらってちょっとすっきりしたのだけれど、母には心配かけることになったかな。言わなけりゃよかったな。 とまた気落ちしてると、別のところから電話。 

「研修に来てもらうことになりました。」

やっほー。うれしいhappy01

いやthink。 でも、研修まで行って不採用になったところも今までにあったし、まだ喜ぶのは やめときます。 そこで働けますように! なむ。

しかし、

今になって気がついたんやけど、

なんであの時、電話ですっきりと「不採用です。」とか「ご希望にそいかねます。」とか言わはらへんかったんやろ。

2012年2月 9日 (木)

自由を使う。

ラジオの中でアナウンサーが言っていた。 今は何でも自販機で買える時代ですねぇ、自由までも自販機で買えちゃったりして。 ‘自由’の自販機にお金を入れたらね、紙が一枚出てくるんだって。でね、その紙にこう書いてあるの。 

「あなたは自由です。けれど、自由を使いこなせないあなたは不自由です。」

ふむふむ。

そこでわたしは思ったね。

そーだflair。 ないものを数えないで、あるものを見て一日を過ごそうrock

今、わたしが持っているものは、時間。空間。 超忙しかった頃、とっても欲しかったものだった。 211229

そうだった、そうだった。 これを今つかわないでなんとする。

で、今日は早朝散歩から始めることに。

.

雪の西山に月の入りを見送って、川沿いを歩く。 

川の流れを聞きながら、歩く。 

.

比叡のきわに染まる朝の朱をながめて歩く。 

鴨の配色を、やっぱり不思議だと思いながら歩く。 

211229_2凍ったぬかるみを踵でトンとたたいてみる。 

マイナス4度の池の端。 

. 

おはようと、ひとり言うたびに、

空が一枚づつはがれていく気がした。

ロウバイの香りが来た。 

肺に空気がやっといっぱい入ってきた。

.

そうして今朝も、ラジオを聞きながらゆったりトーストをほおばった。

2012年2月 8日 (水)

そらをみてますビエンチャン行き

図書館に予約していた本が今になって順番まわってきました、どっどっていちどきに。 履歴書書いて面接し1週間ほど待ち不採用、履歴書書いて面接し1週間ほど待ち不採用、、、、、の連続でやたらと日が過ぎておりますゆえ、読書タイムはちょうどけっこうあります。 

Photo 本2冊、読み終わりましたpaper

book「そらをみてます ないてます」

作者の、二十歳前後の頃の話と 今の仕事をするようになってからの旅話。 ふたつの話が並行して進む構成が面白かったです。 若い頃の話は時間の流れにしたがって、旅話は時間の流れに逆行して、それぞれの話の切れ端が並んでいました。 それで最後にふたつの話の時間がほぼつながるのです。

この冬はほぼ毎日雪がちらつく京都、いえ、京都のちょっと北。 こないだは、朝起きたら窓が凍って開かず、ガスの湯も出ないsweat02という冬であります。そんななかで、家の中にこもってこんな文章を読めるっていうのは、シアワセなことだなぁって思います。 

_____ ヤクーツクには午前九時に到着した。飛行機が所定の位置についてもドアは開かなかった。極寒のシベリア上空をつっきってきたイリューシュンのドアは固く凍りついていて、そのドアをあけるためにはガスバーナーのついた自動車がやってきてドアの周囲をそっくりガスの火で溶かす必要があったからだ。 ・・・ いきなり入り込んできたマイナス四十二度の大気に肺の細胞がすぐには対応できず、それが咳になっていたらしい。視界が悪くなったのは、上と下のマツゲに自分の呼吸の湿気が付着してすぐに凍ったからのようだった。 ・・・ どのクルマもタイヤにチェーンなどつけていなかった。ここまで温度が下がってしまうと溝のとれたボウズのようなタイヤでもスリップすることはないのだそうだ。それよりも霧が濃く、視界は常に五、六メートル程度だったから、人もクルマもノロノロとしか進めなかった。「居住霧」と言って、人間の呼吸や、生活のために煮炊きする際の湯気や煙、クルマの排気ガス、そして犬やネコ、馬などが吐く息なども全部空中で凍ってしまい、・・・・

どうです? 超寒そうだけど、平日に、コタツに入ってこんな本読めるのは、考えてみればシアワセなことだと思いつつ。。。 まぁ、こんな平日を過ごしてしまってもいいか。 と言い分けしつつ、灯油ファンヒーターの設定を16℃にしました、はい。

.

book「長春発ビエンチャン行き」Photo_2

副題は、‘青春各駅停車’。 作者のお父さんは中国残留孤児なのだそうで、日中国交回復前に帰国されたのだそうです。 そのお父さんの中国での半生を知りたいと、大学時代に中国へ留学した時の話。 留学先で、ラオス系ベトナム人の彼に恋い焦がれた話。 留学後も、彼を東京へ呼んだり自分がベトナムの実家へ行ったり。。。。 でも片想いだった、のかなぁ。 お互い片想い(?)のまま、ゆらゆらと想いが広い空間とけっこう長い時間を浮かんでた、みたいな。 学生時代の友達から、あの時こんなことあったんやぁ、って何年かしてから聞いたような、そんな感じでした。 

若い頃って、心の中でとっても大きな割合を占めてるんだけど、

もどれないんだよねぇ。

.

偶然にも今年になって読んだ2冊の本のなかに、お隣の国・中国が出てきました。 「そらを・・・」ではタクラマカン砂漠。 隣の国なのに、行ったことないな。 行ってみたいけどな。

.

*「そらをみてますないてます」  by 椎名誠 (文藝春秋)

*「長春発ビエンチャン行き」   by 城戸久枝 (文藝春秋)

.

明日は、返却期限過ぎてる本を返しにいかなければっsweat01。 

2012年2月 1日 (水)

足がぁぁぁぁぁーーー(焦)!

なんと、ひと月も無職無収入で終わってしまったsad。 これはいったいなんとしたことだー。 7つ送った履歴書のうち、採用されたのは短期バイトのみ。 これは来たる市長選挙投票所のバイトなので1日半で終わる。 これじゃひと月食べていけない。

書類選考で落とされた所あり。面接で落とされた所あり。面接の次の研修会でふるい落とされた所あり。 これは年齢のせいばかりじゃない、か? 仕事力が劣るとみなされた、ということですねぇ。 

私は、いわゆるリクルート用スーツ(黒いやつ)を持っていなかったので、入学式・始業式用に買った肩パッド入りのスーツをずっと来て面接に通っておりました。 うぐいす色のスーツです。 しかし今回これだけ落ち続けますと、いろいろと原因を考えます。あーでもない、こーでもないと。 せめてスーツでも就活らしくしたほうがよいのではないか、と。 昨夕ふと思いつきまして、スーツ4点セット1万円也を買いました。 スーツ4点セットが1万円なのは安いのだけれど、今の私の生活費の中からの1万円は高いです。 ま、しょうがない。 縁起物の自己投資です。

明日(つまり今日)の面接はこのパンツスーツを着てチャリbicycleで行こうと決め、まずは帰宅後8つめと9つめの履歴書作成pen。 書き終わったのが夜の8時。 あとは職務経歴書とパンツの裾上げが残ってたけど、晩御飯beerも食べたかったので明朝まわしに~。 

さて朝。 

窓を開けて雪が積もってないことを確認。 今年は多いです、朝の積雪。

6時前に起きてしっかり朝食。なにせ今日は(今日も)面接だー。 で、久しぶりに化粧。なにせ今日は面接だー。 で、職務経歴書を作成。 ま、これはPC作業なので早い。

で、裾上げ。 パンプスを履いてどれぐらいの長さにすればいいのか、鏡の前でマチ針くわえて悩み、チャコペンで印をつけ、縫いしろを4cmつけてザックリ切る。 そこで大分時間が迫ってきておりまして、焦り少々sweat01、ざくざく縫う。 言うときます。手縫いですpaper。 ミシンは、私よりもたくさんミシンを使っていた元夫に進呈いたしました。 とこんなことはさておいて、ざくざく縫う。 もうこれは安全ピンの代わり。 帰ってきてから丁寧に縫い直すことにしよう。 よしよし右足完成だrock。 

つ、つぎは左足。 これが終わったら、両裾をアイロンの代わりに爪でスジをつけて(つくか?)、いざ出陣だー。 急がねば。 でも落ち着いて落ち着いて・・・・、この期におよんで失敗なぞしたら元も子もない。 落ち着いて落ち着いて・・・・、縫いしろを4cmつけてザックリ切る・ ・ ・ ・ ・ ? 

・ ・ ・ ・ ・  あぁぁぁぁーーーーーーっ。 と、そのとき、元も子もなくしてしまった馬鹿な私punch

足がぁぁぁぁーーー、左右で長さがちがう! 縫いしろを、裾の方じゃなくて反対側にとってしまった、つまり、左足が4cm短くなってしまった。。。。。。crying。 と時計を見るとあと10分しかないsweat01

いざぎよくパンツスーツをあきらめ、寒風きってチャリで30分。 スカートスーツで面接へ行きましたとさ。 

すっかりチャリ冷えした私に、今日の面接官は言ったもんです。

「窓口業務も お金を直接扱う仕事もしたことないヒトに、仕事を任せるのは正直言って不安です。 あなたはこの仕事を間違わずにする自信がありますか?」

歳を重ねてから新しい分野で仕事をさせていただくっていうのは、だめなんでしょうかね。 

今日の夕方は、10こめと11こめの履歴書を書きました。 

はやくまとまった現金収入がほしいでやんすdollar。 老後のいざという時のためにとってある貯金がじわりじわりと減っていくのは、ドライアイスのもやが足元からうわぁ~~ってまとわりついてくるようなかんじです。  

.

【今日のおまけ】 余りぬので作ったカーテン

Photo_3

 ←靴箱の上Photo_5     裏戸の寒気よけ↓

.

.

.

.                                          

          

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »