« ピンクごはん | トップページ | なが~い急階段とピロティは、今。 »

2012年1月20日 (金)

『心がふっと軽くなる「瞬間の心理学」』

ある店の待合室に、本がたくさん並んでいましたbook book book。 私、たくさん並んでいる本をながめるのが好きです。 読書もいいのですけれど、どっちかっていうと、ズラーーっと居並ぶ本たちを眺めているのが好き。 なんなんでしょうね。 本を見ているうちに、読書した気になっちゃうんでしょうかね。

で、待合の椅子にも座らず、その店の本たちをワクワクしながらながめておりますと、店の方に声かけていただきました。 

Photo 「もしよかったら、借りて帰っていただいてもいいですよ~happy01。」

じゃあ、お言葉に甘えて一冊。

「なんなら2~3冊、どーぞ。」

いや、そんなにたくさん読めないですから。。。。

と、借りてきたのがこの一冊。 以前も、行きつけ、あ、ちがったsweat01、かかりつけの耳鼻科医院で本を借りてきたことがあったっけ。

偶然なのか、自分が必要としているから無意識にこの本を選んでしまったのかわかりませんが、けっこう、フぅ~~~ンそっかぁ~~って思うところがあったから、まぁ筆者の意図とは違った受け取り方かもしれませんが、得たものを書いてみますーpaper

イライラ・不安・恐怖・落ち込みなどからくるネガティブな考えは、頭(心)の中でつくられたものであって現実とイコールではない。 ほっておくとどんどんふくらんで止まらなくなくなる。 自分で思ってしまった不安なことを、現実のものだと思い込んでしまう。 体のエネルギーが低い時はなおさらである。 これを‘思考の暴走’ なのだと、筆者は書かれています。  この思考の暴走は、頭(心)を意志の力で「今、ここ」に集中することで止めるしかない。

これね、似たような話題を、このあいだNHKのTVtvでもやってました。「ためしてガッテン」だったかなぁ。

【自分が思っていること・悩み≠現実・事実】 のようなことを言うてはりました。 で、TVでは、心を軽くするため(?)に、目を閉じて水の流れをイメージするという方法が紹介されました。 あ。見てたひと、います? 

よいですか? 目を閉じて下さいよォ。 

水が流れているところを想像します。 そこへ木の葉が落ちてきて水に流されていきます。 その葉っぱに、自分の思っていること・不安なコトをひとつ乗せます。すると、自分の思いがひとつ、葉っぱといっしょに流れて行っちゃいます。 自分の頭の中のモノを、ひとつずつ、どんどん葉っぱにのせて流していくと、目を開けた時にちょっと心が軽くなるのだそうです。 あとね、ネガティブな思い・考えが頭の中に出てきたら、すかさず「・・・と思った。」という言葉を付け加えるとよいのだそうです。すると、それを考えている自分を客観視できるのだとか。 

この本では別の方法が紹介されていました。

目を閉じて(お、これは同じだ!)、自分や自分を取りまく状況(苦手な相手とか)を地上3万メートルぐらいの高いところから見てると想像するのだそうです。 そんなに高いところからだと、実際、人間など見えるはずないから双眼鏡とかでまぁ人間が10センチぐらいに見える、として眺める気持ちで。 でね、自分を含めその人達が、愛想いい顔してるとか、赤ん坊みたいに無垢な顔してるとかのシーンを思い浮かべる。何十回もやって「あの人達、ちょっと可愛いかも」と1秒でも思えたら、見方が変わってくるのだそうです。

この本のキーワードは「今、ここ」。 

_____  「今、ここ」のことだけに集中していると、心に湧いてくる暗くて重い思考が締め出されて、フッと楽になる。「今を生きよう」ということにもっとエネルギーを費やすと、仕事にも集中できるし、自分も瞬間瞬間で充実する。

あと、あ~そーなんやぁ、と思った箇所ひとつ。

_____ ブレーキを踏み(嫌だと思い)ながらアクセルを入れるのは「頑張る」ということではない。ブレーキをフリーにしてアクセルを踏めばスッと走る。一生懸命頑張ってもどこか力が出切らないと感じた時、「アクセルと同時にブレーキを踏んでいるんじゃないか」と思ってみるとかなりブレーキが緩まる。行動を意識化するだけで、心の持ちようが変わる。

7つ出した履歴書のうち 4つがボツになったのは、‘私’が役に立たない人間だからじゃなくって、‘私’と‘職場としての相手方’の交渉が成立しなかったからだと思い、葉っぱにのせて川に流すことにしまーす。 採用人事担当の方々も、忙しく毎日ガンバッテはるんや。 私も相手(採用担当者)も一生懸命なんやん。 あと3つの結果を待ち、思考が暴走せぬようふんだんに睡眠をとりまするsleepy。 とりあえず明日は、大掃除の続きをば。。shine。 今、ここ。 今、ここ、です。

   *『心がふっと軽くなる「瞬間の心理学』」 by名越康文 (角川SSC新書)

|

« ピンクごはん | トップページ | なが~い急階段とピロティは、今。 »

本・映画・ドラマ」カテゴリの記事

コメント

おひるねおかんさんへ___。

でしょ? 
しんどいことをしんどくても頑張るのは、ブレーキとアクセルの同時使用bomb。なるほど~ってね。

投稿: 風 | 2012年1月23日 (月) 21時53分

おおお~
そうかぁ
ブレーキ踏みながら
アクセル踏んでたら。。。
そりゃ  がっくんがっくん  しちゃうなぁ。。。

投稿: おひるねおかん | 2012年1月23日 (月) 21時32分

milkさんへ___。

こちらこそ、milkさんの言葉が力になります。
ありがとうございますhappy01
ちょっとずつちょっとずつ、前へ行こう、と思っていましょうよ、お互いに。

投稿: 風 | 2012年1月23日 (月) 21時25分

こんにちは・・素敵な話ですね・・たしかに流しても流しても・・いろいろなことがわき起こってくるのが現実だけど・・でも、ブレーキかけずにそのつど流して・・アクセルを踏んで前に進みたいと思いました・・ありがとうございます。

投稿: milk | 2012年1月22日 (日) 16時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピンクごはん | トップページ | なが~い急階段とピロティは、今。 »