2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

  • 2011627
無料ブログはココログ

« ダイヤモンドの D | トップページ | 鳩は飛んで行ったかな。 »

2011年12月 7日 (水)

ショパンでいきます。

大好きだった先輩方へ___。

センパイ! いなくなっていたんですってね。 

いつかまた。 そうそう、いつかまた。 そう思っているうちに、思いのほか時間が経ってしまって、もう一緒にビールで乾杯できなってしまっていました。 ぁ、ビールじゃなくってホワイトのロックですかね。

いなくなる、亡くなるっていうのは、不思議です。 知らなかった昨日まで私のなかでは、先輩方は、この地球のどこか、たぶん日本のどこかにいて、だれかと一緒にしゃべったり食べたり怒ったり笑ったりしていたというのに、いなくなっていたと知った瞬間からホントにもういない。 からだがない。声がない。 今まで何十年もことさらに会おうとしなかったというのに、もう会えないとしきりに思ってしまう。

いま、私が朗読やったり朗読劇やったりしているその原点は、何度考えてもジャリ研です。 

こんどの土曜日。 立原えりかを読みます。 

部屋の隅で聞いててくれるといいなぁ。 そうだなぁ。 ハスにかまえてゆるく腕組みして足くんで、ほわぁっと聞いててくれるといいなぁ。 BGMは、ショパンでいきます。 マズルカと夜想曲。 レクイエムじゃありません。

ずっと鳩を飛ばし続けるおばあさんの話なんですけどね。 私も、おばあさんになるまで鳩を飛ばしますよ。 そのあとずっと先に、いつかまた、そうそう、いつかまた、ビールで乾杯しましょうよ。 ぁ、鍋に直接 日本酒入れてあっためた熱燗でしたっけ?

« ダイヤモンドの D | トップページ | 鳩は飛んで行ったかな。 »

えとせとら」カテゴリの記事

朗読・語り・劇」カテゴリの記事

コメント

福岡同級生さんへ___。

もどれない・もどせない・もう会えない、というのは決定的に変更不可。もう絶対。というのが、つらいですよね。

文集、もしじゃまにならなければ、こんどOB会に持ってきてください~。私、見つからなくて。 

写真はまだ見られません。

先輩たちの訃報に打ちのめされました

思い出のフィールドが正方形だとしたら
その一部が欠けて、二度と戻らない、戻せない

夏は暑く、冬は寒い京都の上賀茂で…

一回生の僕にはすごくかっこよく思えたし、そして実際かっこよかった部長Yさん

毎日ホワイトを飲みMさんの下宿でゲロをなんども吐いた、そして笑って許してくれた、そしてまた飲めって

よさこいの夏さんのブログを読んだ日はやっぱり文集を読み返しました

fufufuさんへ___。
ゆめさんへ___。

だんだん悲しくなってきました。
私はあんまり話す機会もなかったけれど。
じゃなくて、話す機会がなかったから、もっどんどん割り込んで話しにいけばよかったなぁ、って。 もう会えないと確認する一刻一刻が残酷です。
身近にいた方達はもっとつらいのでしょうね。

今頃 向こうで二人仲良くお酒飲んでる絵がうかびますbottle

本当に、いつまでもいてくれると信じていました。

どこかで、先輩たちらしく、ほわーっといてくれると信じてました。

いつまでもなんて・・・甘い夢を信じていたのかな。

でも・・・いつか、また会えますよね。

最近、千の風になって・・・の歌詩が心にしみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ダイヤモンドの D | トップページ | 鳩は飛んで行ったかな。 »