« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

オンミョウジ、ホルモー ケイオン エーケービー

構成朗読劇「京都で見つける物語」。

たくさんの方々に観に来ていただきました。お忙しいところ、遠いところ、ありがとうございました。 懐かしい友・昔ほんのちょっと御縁のあった方・このブログでいつもコメントいただいている方。。。。 とてもとても嬉しく思いました。 客席から力をいただきました。 人と人とのかかわりというものの不思議さを、いまさらながらに思います。 

今回、本格的な稽古が始まったのは、正味10日前、いえっ、1週間前でした。 くわえて私、日中の頭の中はひたすら‘目の前の仕事をどうこなすか’で満杯。 どんどん寄せてくる仕事の流れをひたすら理解しようとし、正職員の方々の足をなんとか最小限のヒッパリで済むようにしたいと必死。 夜、稽古場に入るまでは全くと言っていいほど京都での話に入れませんでした。 ガンバロウガンバロウと言いながら、ほぼ忘れていたのですsweat01。 一日のうちで、頭と心をを全く違う世界にパリッと転換させるのはエネルギーが要るもんなんだと実感。

観に来ていただいた方はもうご存じでしょうが、今回、京都色をしたいろんな話が入っておりました。 陰陽師(清明神社)に鴨川ホルモー、けいおん(アニメ)、AKB48(秋元康さんは京都造形大の先生)。 出演メンバーの経験話もそれに加わり、まるで街なかの壁にペンキで描かれた大きな落書きのよう。 久しぶりにTSUTAYAへ行きDVDやCDを借りました。 

けれど私。

実際モチベーションが上がってきたのは、前日の夕方。 1日目は10時集合で、おとなだけの通し1回。 続いて、子どもとのゲネプロ。 そして、本番。 で、2日目本番。 2日目の朝に、おとな場面の前にやはり休憩を入れようという変更があり、おとな始まりの演出も変わりました。

モチベーション&テンションの急坂を一気に登りましたぞ。

今日はまた5時半起きでどどどど・・・・っと、現世にもどり、会計・書類作り・ファイリング・新聞チェック!

.

もどってまいりましたpaper

.

呆けておりまする。

.

________ ひとの気持も事情も関係なしに、 季節がながれてんいくやなぁ。

.

今回、私が一番すきだった言葉です。

| | コメント (2)

2011年10月26日 (水)

撮影のお仕事☆

撮影のお仕事☆

.

「忙しいのにわるいんやけど、エキストラの人数が足りひんし、やってくれへんやろか。」
と、隣のシマ からの依頼。

面白そうnote なんの。そーゆーことなら忙しくたってやりますよ。

Leafという雑誌の取材でした。京都の店を紹介する、たぶん月刊誌。(私ゃ、買ったことないからわからない。) その中に、市の広報ページがあるのだそう。(私ゃ、買ったことないからわからない。)

出るかもですよォ~、私、11月25日発売号に、市長と。

| | コメント (6)

2011年10月23日 (日)

桜ふたつ <朗読劇予告編> (#^.^#)/

Photo_2 構成朗読劇「京都で見つける物語」で、桜にまつわる話を6人ですることになりました。 母と最後に見た桜の話。息子を亡くして見た桜の話。実話です。本番では、舞台に1本の桜があるとみたて、このふたつの話が進んでいきます。

今日は稽古前に、この話たちのもとになった桜を見に行くことにしました。 

ひとつめの桜。

平安京のとき大極殿だったところにある2本の桜。桜が植えられたのは昭和の中頃です。 この話の主の家の下を掘ったら、平安京のモノがたっくさんでてきたPhoto_3 のですってeye。彼女は今もその上に住んでいますー。なんだか不思議な気分。

ふたつめの桜。

壬生寺の境内にある桜。ここで新撰組がトレーニング(?)なぞしていたのだなぁ。この話の主のご主人は、小さい頃、そぉ~~っと新撰組隊士の墓所(壬生塚)に入って遊び、こらぁ~~なんて怒られたりしたのだとか。 新撰組も、若かりし頃の彼女も、彼女の小さかったご主人も、みんなこの同じ境内にいたのだなぁ。 ただ時間が違うだけで同じ場所。 

Photo_4 だとしたら、

ただ時間が違うだけで、私達はみな、おなじ京都に‘いる’のだなぁと思えてきます。 

蛇足ですが、

この桜ツアーが終わって稽古へ向かおうとしたら、延期になった時代祭の行列とすれ違いました。 きょう、おまつりや~ん、ラッキー、写真とろ~note、って、ハンドル片手に(あぶな24 いで!と、自分でツッコミいれておくpaper)撮ったのがこの写真。明治維新の馬車かしら。ま、だいたい車はみんなこの調子でのろのろ動くので、車線も半減してることもあって、なんとなんと稽古開始にギリギリセーフdash

充分間に合うと思ったのになあ。

ふう。あぶないあぶない。

| | コメント (4)

2011年10月20日 (木)

ミゾソバ

ミゾソバ
この川。鴨川の横流れてる川。納涼床が作られる川。

なんていう名前の川なんやろう。

ミゾソバの花が、よう咲いてます。金平糖みたいな可愛い花です。

さて。午後からもPC入力がんばるでぇ。

| | コメント (2)

2011年10月17日 (月)

『南極大陸』から。

録画しておいた『南極大陸』を見ております。平均視聴率22.2%なのらしい。

「いつになったら‘戦後’とよばれない時代が来るんでしょう?」

昭和30年のキムタクが言う。

昭和30年は、戦後だったのかeye。 この時まだ私はいないけれど、、、、ビミョーだ。 もはや戦後ではない!と言われてた頃だというから、戦後じゃないよなぁ。

母が、私が子供の頃の作品を残してくれていた。 数年前に譲り受けた(?)のだけれど、なんともヘタな絵や文でして。 断舎利ついでに大処分。 息子にとってはワケノワカランモノの山。処分するのは私しかいない。 

しかし。 ヘタでも愛すべき作品たち。

なつやすみになったら、ゆめのちょうとっきゅうにのせてください。

父の日が近かったある日の私は、そう書いていた。

天板がフタになっている学校の机や、日直の時に運んだ重い石炭や、ティッシュもトイレットペーパーもないトイレにわんわん飛ぶ蠅や、体操で金メダルとったチャフラフスカ選手や、隣家に来たカラーテレビを見せてもらいにいったその画面が赤かったことや、溶かして飲む粉ジュースやらを思い出した。

いかんsweat01 いかんsweat01 後ろを見ちゃいかんsweat01

果てしない夢をだきしめて、まだ未来をみなくっちゃ。

ふ。

これ、EXILEの歌だよnote

つづきの『南極大陸』は、明日見ることにするthink

| | コメント (0)

2011年10月14日 (金)

ソウルみやげ♪

Photoアルバイト仲間からソウルのお土産をいただきましたー♪

フェイスマスク(シートパック)とマッコリチョコです。

フェイスマスクは、イチゴの香りがするのかなぁ。

チョコは食べた後で焼酎のような香り、いや匂いが。。。 午後しばらくはこの香り、いや匂いを楽しみながら、パソコン仕事に精を出しました。

そういやぁ、

今年の夏はどこにも行かなかったなぁ。

ってか、福井以来京都から出てない気がする。

ううぅぅ。

Photo_2右のは「韓国のお土産もらったから、おすそわけ~。」といただいた、これまた韓国の五味茶。

トルコとか、バリとか、タイとか、

お土産はいっぱいいただいたのですけれど。。。。。

ううぅぅぅ。

こんなの何年ぶりだろう。

大学受験の年以来やぁ。

‘気’が‘体’の中にこもっている秋ですbomb

| | コメント (0)

2011年10月12日 (水)

パトカーいっぱい

パトカーいっぱい
.

  昼休み。

  歩く町京都めざしましょう、

  と警察たくさん集まっていますー。

  パトカー、

  白バイ、

  いっぱいを上から見下ろす、

  ひとときの

  ちょっとした気分。

| | コメント (2)

2011年10月10日 (月)

『はらぺこおおかみとぶたのまち』

Photonoteお話会が 始まるよnote 大きな絵本に紙芝居note アンパンマンもあるんだよnote
と、拍子木鳴らしながら1階で呼び込みしたお話会。 拍子木初体験だったから上手く鳴らなくて~sweat02 後で訊くと、拍子木というモノは面と面を打ち合わすのだそうで、私はばってんにしてドラムスティックのように(これもやったことないけど)打っていたのでした。なるほど。

小さな絵本「あっぱれ ぱんつ」の紹介もしつつ。 

みんな、今日はどんなパンツ履いてるかな~。 と言うと、会場のあちこちで小さな子が自分のパンツをのぞいて確かめているのです。 どこかのクリーニング店の絵のようで、かわいいかわいい。。。ふ。ふ。ふ。 そして、「にんじんのぱんつやった。」ですとか、「ぴんくやねん。」ですとか、「どぼっとPhoto_2 (ロボットだろう、たぶん)--。」ですとか、小さな声で教えてくれるのもかわいいかわいい。。。 ふ。ふ。ふ。

読んでて面白かったのは、「はらぺこおおかみとぶたのまち」。大型絵本です。オオカミがブタに食べられちゃいそうになる話です。

「はらへった~~~。」とばったり倒れたオオカミの目の前にブタの街heart04 やったーーと街へ入ってみますれば、中華料理屋にはオオカミラーメン・オオカミ餃子・オオカミシュウマイsign01 本屋へ行ってみると売ってる本は「オオカミの美味しい食べ方」とか、電気店では オオカミがまるごと一匹入る冷蔵庫だとかを売っている。 

もしかしたら、見つかれば、オレはブタに食べられてしまうかPhoto_3 も~~~sweat02。 と、その場に干してあったよそ様の洗濯物で変装し、歩き始めたところへブタの集団crying。 

「おれ、いや、ボクは、おおかみじゃないっ。ブタだ。」

「ブタならブヒーーーと啼いてみろ。」

とせめたてられるオオカミ。 ブヒーーブヒーーと言いながら、なんだか本当にブタになった気になりながら、ブタの街からでていきましたとさ。

おしまい。

終了後、今日は同じこどもみらい館4階で、もりりんさんが人Photo_4形劇「くまごろうものがたり」をしていたので見に行きました。 子どもグマの指人形に、母グマの棒使い人形。 なんだかこういうのをみるのもワクワクします。ひとりお話会になにか使 えないか・・・と考えるのは結構たのしいです。

それにしても、

ほしいなぁ、

マイ拍子木。 チョーーーン。

| | コメント (0)

2011年10月 9日 (日)

整理券ーー「京都で見つける物語」

  10月29日(土)19:00~約2時間

      30日(日)14:00~約2時間

   構成朗読劇「京都で見つける物語」

今回も行くよ~paper、っていう嬉しい連絡を何人かの人達よりいただいています。

ありがとうございますsign01happy01

例年とは違う点がありますので、ここでお知らせ。

今回も前半・子ども編と後半・おとな編があるのですけれど、間の休憩はございません。すーーーっと子どもワールドからおとなワールドへ移行するもようです。 なので、最初‘立ち見’でもあとで座れるだろうという確率は、去年に比べますると低いように思います。

そしてややこしいのが‘整理券’。何人かの方達から、お問い合わせをいただいております。 

今回、入場観劇は無料なのですが、整理券がないと入れなそうです。整理券は、当日も(たぶん受付あたりで)もらえるのですが、それでは(入場者数が多い場合)整理券をもらうために並び、さらに入場するために並ばねばならないこともある、と聞きました。 最初の予想とはうらはらに、なんだか満席になるかもしれないらしいです。

かもしれないらしい・・・・・、って、

すみませんねぇ。ヾ(_ _*)・・・  不確かなことで。。。。 なにせ無料ですので、これはもう当日にならないとわからないことでして、私にはなんとも断言できません。 

しかし、噂はいちおう心にとめ置きまして。

今回も行くよ~、って日時・人数も含めて連絡をいただいた方には、整理券を送らせていただこうと思っていますmail。連絡をいただいているのに、私の方から返信していない方、タイヘン失礼をしておりますsweat01。 いったい自分の連絡は届いているのかと、ご心配のむきもございましょう。整理券といっしょにお礼のひとことを添えようと思っておりまして・・・・。 すみません。 もう少しお待ちくださいませ。 m(_  _)m

しかし、

こういった関係者用の‘整理券’がまだできていない模様sad

お急ぎの方・ご心配の方・比較的文芸会館のお近くにお住まいの方は、直接文芸会館へ出向いていただければ、今、もらえます。 お客様が取りに行く‘整理券’ぐらいは枚数確保できているようです。

なんだか。。。sweat02

ややこしいでしょ?

うん。

私達のアタマも混乱しております。

で、整理券を持っていても、入場は先着順です。 整理券を持っていても、遅くに行けば、思うような座席に座ることができないかも、だとか。最悪、整理券を持っていても、立ち見席になる可能性もあるらしい。 

なので、早めにお越しくださいね。

(なお、整理券にはNOが書いてあるのだそうですが、それは、席の番号でも、入場順でもなく、抽選番号なのだそうです。 その抽選は、当日ではなく11月5・6日です。 あーややこしいーwobbly。)

蛇足ですが、

台本をまだ最後までもらっておりません。 私はまだ、「京都で見つける物語」世界の全体を見渡せずにいますcoldsweats01

しかしこれは、ある意味‘みどころ’であります。 本番3週間前に台本bookが完成していない素人の劇、本番にはどうなっているのか? ね、興味ありません?

とにもかくにも、あと3週間で私ができることを精一杯がんばりますっrock。 

| | コメント (2)

2011年10月 4日 (火)

科捜研のtakeちゃん

2011104朗読教室に行きたくて、後半休をとりました。

始まるまで時間に余裕があったので、構成朗読劇「京都で見つける物語」の最初の設定場所である(今のところ)鴨川岸を歩いてみることにrun。 荒神橋から加茂大橋へ西の岸run。たしか小さな公園があるって聞いたけど、、、。 ないやん、公園despair。 

ぁ、あそこかな?と近づいていくと、

パトカーに青いビニールシート!  

事件やろかbomb  

さらに近づきますと、、、TVの撮影でしたmovie。 

2011104_2まだ通ってもよいかんじだったからその公園をナナメに横切って今出川通りへあがったところで立ちどまる・・・・・。 

まてよflair

写真撮らなあかんやんcamera

ブログネタブログネタpencil。 と、Uターン。 すると・・・、なんとひょいと河川敷からtakeちゃん登場! takeちゃんも「京都で見つける物語」に出はります。 

こ・れ・は・な・に・かと訊きますれば、ベンベンnote 「科捜研の女」の収録やそうで。 

で、takeちゃ2011104_3んはなにをするのかと訊きますれば、 ベンベンnote 今から川底をさぐる鑑識、のリハーサル(?)なのだそうで。

朗読教室終わってまた通りかかると、人だかりが増えていました。 そうだ写真を~~~~。 

「通るなら今のうちですよ~。」

「これから本番だから静かにして下さいね~。」

と言われながら撮ったのが、この写真達です~。 囲いの中で、どなたかの、ライトに照らされての本番カットは、あっという間に終わりました。

そやflair。 私は「京都で見つける物語」や。 この加茂大橋あたりの飛び石(亀石)をピョンピョンと跳ぶPhoto_2 役なのでいっぺん跳んでみるためにも、ここへ寄ったのでした。

ぴょん。ぴょん。ぴょーんのぴょん。

向こう岸は意外と遠いっ。

ふむふむ。こんなかんじかぁ。 これで、演出の務川さんに「そないに一生懸命跳ばんでも・・・・・・・sweat01。」と言われずに済むかしらcoldsweats01

快晴の秋空の下。 出町柳駅までぴょんぴょんと川を渡った午後でありました。

| | コメント (2)

2011年10月 2日 (日)

カエルになれないモリアオガエル

2011102.

Photo1年ぶり、薬草に親しむ会に参加しました。ちょうどよい曇り空。汗に、金木犀の香をふくんだ風が心地よかった。 山中では森の香です。 檜かな? 

大文字山(如意ヶ岳)の三角点から南方に、青グレーのビル群の影。あれは、梅田あたりかな? 自分より下に飛ぶ鳥を見降ろすのも新鮮。

薬草園では、あったかい善哉を作って待っていて下さいました。 それと、リポビタンの試供品note この会、京都府が薬種協会に委託して行っているのだそうで、だから要するに、薬会社からのご参考品です。 昼食の後では、青空教室。もちろん薬草の。 秋の七草は、すべて薬草なのだそうですよ。

Photo_2 芽が出る前に掘り起こしたススキは咳止めや解熱に。クズは葛根湯としてだけでなく、豆科なのでイソフラボンが入ってるのだとか。。 フジバカマは絶滅危惧植物。 いろいろいろいろ。

薬草園にオタマジャクシがいました。 木の枝に産卵するモリアオガエルのオタマジャクシなのだって。 なんで今オタマジャクシ? 6月頃に孵化したのだけれど、夏を越して秋になっても黒いオタマジャクシのまま、カエルにならないのだそうです。 ならない、じゃなくて、なれないのかもしれませんねぇ。 最近の異常気象の影響かなぁと、薬草園の方がおっしゃってました。 カエルになって、木の上に登ってみたかっただろうになぁ。

Photo_3地蔵尊のきわに掲示板。

彼岸花 大悲の風に 身をゆだね

往復10kmほど歩いて下界(?)へ下り、朗読劇のチラシをこどもみらい館へ置きに行ってから、稽古へ行きました。 舞台で声出せて、これまたスカっとしましたー。

さてまた明日からPCワークです。 がむばりまする。

| | コメント (2)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »