« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

取ったどぉぉぉーーーーっ!

マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト(MOS)の ‘Word2007’

合格しました。 

入校してから7週間。 日々、PCの画面を5時間ほど見つめ続けた7週間! PCの前に座り続けた7週間。

当然、試験はPC相手。 試験終了して数秒後、同じ画面に合否が出てきました。 その数秒のドキドキ感ったらありません。 

はあ~~~

これでひと段落です。 履歴書に書く資格がひとつ増えました。

今夜は発泡酒じゃありませんぞ。 合格祝してビーーーールですーー。 で、明日の昼食は、これまた合格祝して自分にご褒美。 

なんやと思いますぅ?Word_2

ふっ。

ふっ。

ふふっ。

それは、

スクール隣にあるたこ焼き屋のたこ焼き。 

ずっと隣のたこ焼き達に手招きされていたのです。 明日は はれて500円使います。 

(*^ω^*)ノ彡 た、たのしみだーーー。 弁当作らなくてもいいのも、うれしいわぁ。

明日からは、Wordからいったん頭を切り離し、授業はExcel応用編に入ります。  

で、Excel合格したら、ら、、、、、なに食べようかな~~~~~~。  

た、たのしみだーーーーーー

 ☆ 当選 ☆

当選晙
.

越前・日帰り旅が当たりました

今、敦賀湾が私の前にけぶっています。 波音もせず菜の花の後ろにただどんよりと。

カーニバルというクリーニング店の応募用紙に記入して出したら、、、当たったんですー。 ばんざー--い

今日はパソコン勉強をいったん休み、私もただぼんやりと。。。。。 バスの窓いっぱいに海を眺めながら、昼食後の満腹感でうつらうつらするのはいいもんです。 田植え前の水に、雪の残った山々がうつりこんでいるのも美しい。

2011424 お店めぐりのようなツアーですし、自分で運転したほうが時間効率もいいのですが、なにせタダ。 ぁ、ちがった。休日だから1000円。

岐阜の毛皮屋でいい毛皮の見分け方を聞き、‘いかあさり陶板と越前若狭味覚膳’を食べ、竹輪作り体験・和紙漉き体験・蕎麦がき体験をし、お土産に蒲鉾ひとつと蕎麦ひとたまをもらいましたー。 

もちろん自分で作ったほくほくの焼きたて竹輪も、できたて蕎麦がきも美味しかったー。 写真はマイ竹輪でありんす。 ひとくちかじったところで気がついた。 証拠写真、撮っとかなきゃあ。 ちょっと太めの竹輪になりました。 ま、私としては上出来です、うん。 

エネルギー補給できましたよん。

ドッデーーーン !! \(◎o◎)/!

コトの起こりは信号待ち。

朝。

職業訓練へ行く道すがら、赤信号で待っておりました。 もうすぐ青になるぞーーという時に、横にいたチャリ兄さんが見切り発進。この交差点を渡ったら、その先の歩道は人どうしがすれ違うのがやっとの狭い道幅。 このとき信号待ちのチャリ人は、私を含め、そのチャリ兄さんを含めて4~5人はおりましたから、先に出たほうが走りやすいな~~~。私も先に出ようカナ~~、と私も赤で見切り発進

信号を渡り、びゅーーーーんととばしていきますと、なんと春風に帽子が飛ばされそうになりましてね。 顔をおおった帽子を右手でおさえ、左手でハンドル操作。

当然のことながら、ぐらぐら運転です。 はい。わかっております。 私、春風のせいにしない良識ぐらいは持ち合わせております。 が、

おーーーーっと。 

ぐらぐら。 ゆらゆら。

おいおい~~~。

ぐらぐら。ゆらゆら。

も・もしかしてっ 私、こける 転倒

と、思ったとたん、

とんでもなくハデにこけておりました。 まるで、スキー場の斜面で転がるときのように。 両足を春の空に向けて。 いえ。 こけるときは、思いきってこけたほうがダメージが少ないのです。 

なにげないふりをして起き上がろうとした時は、青信号を待ってちゃんと安全運転してきたチャリ人方が私の横を通り過ぎるとき

「だいじょ~ぶですかぁ~。」

の優しい声かけに

「はいっ。ダイジョーブですっ。どーぞお先に

と気丈にも答える私。

痛いよりもなによりも、恥ずかしい気持ちが先にたち、とにかくこの場を立ち去りたい。 

考えてもみてください。 京都の街なかで、スキー場のように派手に転がる人がどこにいます?

しかし

何事もなかったかのように私はすっくと立ち上がり、こんなもん、よくあることよと自転車に足をかけましたならば・・・・・・・、

ば・・・・、

チェーンがはずれて自転車が動かない。 すぐ目の前にある自転車屋は開店前。 

素手でチェーンをギアに戻すべく、せまい歩道で格闘しましたわ。。。 一刻もはやくここを立ち去りたいのに・・・・。 あ、遅刻したらどうしようという気持ちもあり、もう必死のパッチでありました。

え?なんですと? ‘必死のパッチ’なんて表現が古すぎる、ですと? まあまあ。

とにもかくにもチェーンはギアのひとつにどうにかおさまり、スクールに到着。ほっ

安心したとたん気がつきました

手指はチャリの油で黒々。 手足から血が。 

「せっかくチャラチャラした服着てきたのになぁ~~。」と、訓練仲間にチュニックについた桜の花柄をひとつづつ取ってもらい、バンドエイドやらメンソレやら裁縫針(刺さった棘などとるため)やらを貸してもらい、

「私の母は看護師なんですよ。」と、PCの先生には指にささった自転車の錆をとってもらい、始業時間を待ってもらい。。。。。。

もうほんとに面目ないことでして。。。。。

はァ。。。。 

きっとこれは、どこかのなにかの神様が「ええとしして、交通ルールぐらい守らな、命亡くすで!」と警告してくれたのだと思います。

ほんとに、あのとき、車道に転倒していたならば、交通事故になっていたこと必至。 巻き込まれた誰かが怪我していたかもしれません。 交通量の多い川端通りゆえ。 骨も折らず頭も打たず、手足腰の傷・打撲で済んだことは、本当に有難いことです。 

信号は青で渡りますー

電話は主張する。

家計節約のため固定電話をなくすと決めたのに、結局、我が家の固定電話がリタイヤしたのはごく最近。

思い立ってすぐ手続きすればよかったのに、ぐずぐず。ぐずぐず。 明日にしよう。 来週になったら。 職業訓練できると決まったら。 そして地震。

結局、106へ電話したのが年度末でした。 

ところが

全くかからない。 「ただいま、電話がタイヘン込み合っております。しばらくこのままでお待ちください。」が延々と。。。 10分待ってもつながらない。 固定電話でかけても、ケータイでかけてもつながらない。  毎日かけてもつながらない。 時間帯を変えてかけてもつながらない。 あろうことか、あ・やっとかかったと思ったとたんガチャ。 ガチャ、、、、って? ガチャ、って  と、怒ること数回。 

そうや。 電話で手続きしようとするからあかんのや。 店に行けばいいのや。 と、高野のNTTへ行けばそこはケータイショップになっており。 忙しい店員さんをつかまえて訊くと、固定電話解約の手続きをする店は、京都にはない。と。 とほほ・・・・・。  

そしてひと月。 やっぱり電話をかけ続け、、、、、

やっとこさ手続き完了のはこびとなり、ついに、どきどきしながら電話の線を抜きました。 

何分か後。

ぬいた(切った)はずの固定電話から音がする。

な、なんなんやーーー、これはっ  

定期的に、数分おきに、ピーーー。  ピーーー。  ピーーー。

電話をひっくり返し、置き場所を変え。 ピーーー。 ピーーー。 ピーーー。

なんか訴えてるんやろかぁ。

まだリタイヤしたくない、とか~。  キャーーーー

よくよく調べてみましたら、電話についているスキャナーが充電切れを訴えていたのでした。 

しかしなにもするすべはなく、電話は、いえ、電話についてるスキャナーは、ひと晩訴えつづけたのでありました。

チョンッ。

  来   世

もしも、生まれ変われるとしたら、なにに生まれ変わりたいか? 

2011413_2ひょんなことからある人とそんな話になりまして、、、、、。

「え~~~っ、生まれ変わらなあかんのかあ?」

と、その方。

「そうやなあ。。。。  モグラ、とか、スズメ、とか。」

人間には?

「なりとうない。」

モグラ、ですかぁ。 短いですねぇ、寿命。 

「あ、蚊ぁでええ2011413わ。」

そんなん、一瞬で一生が終わるかもしれないじゃないですかっ。 私は、木ィがいいなあ。♪このー木なんの木 木になる木~♪ っていう大きな木。 300年ぐらい生きて世の中をじっとだまって見とく。

と言うと、

「ひぇーーーー。 しんどそう~~~。」

ですと。

桜満開の加茂川沿いで。 写真は、TVドラマ「京都事件***」なぞによく出てくる場面ですね。

  桜

201148あっというまに満開になった今日は小雨でした。 青空背景じゃなくて残念だけれど、薄曇りな空に薄桃の桜もまた一興。 幹の濃い茶と薄い花桃のコラボが、とても美しい。

通り道、車の中から写真を。 銀閣寺近くの哲学の道入り口。 そして、高野川。  

ほんまにきれいやわぁ。 桜を見ると、毎年、あ~春まで生きててよか・・・・ったって思うねん。

と言うと、

なんやなんや、どんな病気あるんやっ

と心配して下さる方も。

201148_2命にかかわる病気はないんですけど。 

天災とか事故とか、そんなこんなをすり抜けてつながった自分の一年がとても貴重に思えます。 

「悪性ではないと思うんですが・・・・。」と病院で聞いたときの気持ちを思い出して、あ~よかった、あれから何度も桜にため息つけて、と思うのです。

今年も、有難く、桜を享受したいと思います。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

無料ブログはココログ