2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« フォネティックコード | トップページ | 0.07% »

2011年1月29日 (土)

綱 ∞ 引 ∞ き

Photoやっぱりなあ、塾仕事終えてから急行しても遅刻だぁーーーっと教室にかけこむと・・・・・、先生がおひとりで待っておられました。 パントマイム教室です。 なんと他の方達はみな欠席。(゚0゚) 

おかげで私はアルミ先生のマンツーマン指導をうけられることに。 2方向ある壁一面の鏡もひとりじめ。いえ、ふたりじめ。 (*^m^)

ただ今、2期目。 前期は‘かべ’を教えていただきました。 今期は‘固定と点動(ポイントムーヴ)’です。 

今日やったのはね、まずは‘綱引き’。 見えない綱を引っぱる、相手チームに引っぱられる。 綱の位置が知らんまに高くなってたりして。 こんなに高い位置じゃあ味方も相手も綱ひっぱれないやん、とつっこまれそう。(^-^; 右手と左手の間隔が縮まったら綱が両手のあいだでたるんでるってことだし、左右の間隔が開いていったらそれは綱じゃなくってゴムだし~。 自分の体なのになんて思うように動かないんだろうかと、自分で自分にあきれつつ、先生とタイミング合ってるのを鏡の中に見るとなんだか楽しい。

次は、小さなボールを使って。 見える具体物を使うというのが、正月にTVで見たクリスタルなんとかと言うジャグリングのようで、これまた楽しい。 うまくできないんですけどね。 持ったボールがあたかも空中の一点で固定されて動かないみたいに、押す・引く。 ぼよ~んとただ押したり引いたりするのじゃなくて、手→胸→腰と体を連動させたり、見ている人達(今日は鏡だけど)のほうに体を少しひらけたり。。。 ふむふむ。 

休憩時間には、マイム発祥の話とか ピエロとクラウンの違いとか、いろいろ話していただきました。 遅刻して時間は少なくなったのに、濃いレッスンでしたー。 でもやっぱり仲間がいるともっと楽しかったかな。。。。(o^-^o)  

« フォネティックコード | トップページ | 0.07% »

コメント

こびとさんへ___。

そうかぁ。そうなんですよね。パントマイムは、演じる側・見る側ともに「視」だけがあって「聴」のない世界を共有するだけかと思ってました。あとの「味」「嗅」そして「触」は、演じる側がつくるものなんですよね。 そのとき、演じる側と見る側のあいだにあるのが、想像力flair。 発見だぁー。 こびとさん、ありがとう!


スミレココさんへ___。

国鉄も電信つかって言葉を伝えていたんですねぇ。 コメントしていただくと、いろいろ知らなかった話が出てきて、面白いですnote。 むかしは「○○のァ」とか「○○のィ」とかが たくさん飛びかっていたんですねー、地球の上confident。 

風さんのマイムみてみたいな~
パントマイムは見えないものを観えるようにするんですよね
時々見かけますがいつもTVの画面にかぶりつきです
どうしたらそうなるんだろう?と真似してみたけど・・^^;
風さんいろんなことに挑戦して楽しそう♪

フォネティックコードっていうんですね
昔むかし父が国鉄の電信を打つのに使っていたと 
『アジアのア』とか言っていましたよ

 パントマイムって演じる方にとっては、多分、五感のうちの「触」の無い世界なんですよね~。
 なのに見ている側には、物が存在していて「触」が存在するという不思議な世界ですよね~。
 大学の演劇部にいた頃、面白半分にやったことあるけれど想像力に頼る「触」感を全くつかめずでした…coldsweats02

 頑張ってくださいねsign01
 でもって、そのうち「風さんパントマイム劇場」がupされるのを楽しみにしておりまするheart04

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425845/38649209

この記事へのトラックバック一覧です: 綱 ∞ 引 ∞ き:

« フォネティックコード | トップページ | 0.07% »