2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 宇治川・雲ぽっかり。oO○ | トップページ | 『とべバッタ』 »

2010年10月 9日 (土)

「あなたが思い出を売るとき」

えーーーっとなんだったっけsign05sign05sign05sign05sign05、なんかめっちゃ大事なことを忘れてる気がする! なにか人と約束してたんだったよなあ。 それもふたつあったような気がする。 なんだったっけ。なんだったっけ。 早く思い出さなきゃあsweat01。 やっぱり脳ドックを受けたほうがいいのかーーーっ。と、スケジュール表memoをじっと見ながらひたすら悩んでる夢を見ました。

目覚めた今日は、朗読会で「あなたが思い出を売るとき」bookをする日。

ある男が、久しぶりに日本に帰ってくる恋人を出迎えに行きたいのだけれどお金がない。そこで、古道具屋に行って自分の思い出とお金を交換する、という話。でも、思い出を売ってしまったから、自分の恋人がだれだったかがわからなくなるんです。哀しい話でしょ? でもそこがオチになってるという。

で、起きたときのいやな予感。 

さっきの夢が正夢で、たとえば台本を忘れて会場に着くとか、そんでもって話をぽっかり忘れてしまったままお客さまの前で立ち往生するとか、ONしていただいたCDからはとんでもない場違いの浪曲なんぞが流れてくるとか。とか。とか。とか。

おっと、いかんいかん。 夢は夢。 さ、本番だpunch。 と気持ちを切り替えて朗Photo_4 読サロン‘響’へ。  

10時集合。 準備・打ち合わせ・音合わせ兼リハーサル。 すべて当日のみ。 ひゃーーーっ。 あっという間に13時半の開場時刻となりました。

本降りの雨でしたsprinkle。 室内にいても雨の音が聞こえてくるぐらいの。 そう言えば、7月にこれを朗読した時もどしゃ降りでした。 雨降らすんか、この話?

雨なのに、たくさんの方々が聴きに来てくださいました。 バス停からも地下鉄の駅からも、雨にぬれながら(傘さしてても!)けっこう歩かなければならなかったでしょうに。 客席がほとんど埋まっていました。 30人弱ぐらいかしら。 有難いです。 m( _  _ )m

めちゃ緊張しました。 登場するまではそんなでもなかったのですが、話し始めたら、身体が勝手に緊張してくるのです。 震えてくるんです。 なんででしょうね。 緊張してないつもりなのに、緊張してくる。 文芸会館の舞台は大丈夫だったのになあ。

朗読の先生や ‘京見つ’の仲間や いくつかの朗読の場で知り合った人達や 両親(来たーーーーっ)。 今日、目の前に座ってくださっている人達の顔を、頭の中において話をするようにしました。 ん? 頭の中におくのは、話のなかの景色とか人のほうがよかったのかなあ。 それもあったんですけど。 半々。 話してる自分自身を どの位置においておくのがいいのか、むずかしいです。

今回はBGMを流そうかと1週間前ぐらいから思い始めました。 話すとき、自分がリラックスできるかなぁという期待から。 それと、こんな短い話で、目の前で聴いている人達が退屈したらどうしようという怖さから。 

ラテン系の曲です。 この曲、ソロでラッパがメロディを奏でるんですけど、このラッパ、なんかしゃべってるみたいなんですよね。 私の語りとラッパの語りがからまって何が何だか分からなくなるかもと思ったんですけどね。 私の中のこの話のイメージと合うので決めました。

話の最後で客席から反応がnote。それと拍手。 うれしかったです。

そして、ほっdash

« 宇治川・雲ぽっかり。oO○ | トップページ | 『とべバッタ』 »

コメント

Lucyさん___。

野暮用・・・・・って、なんやろなんやろ?eye
次は、別のをやります~paper。 来てねnote

いきたかったんやけど、野暮用があり残念。
前聴いたのとどんな風に違うか聴いてみたかったんやけど。

またどこかでやるときは必ず知らせてね^^

まるちゃん・・・・・って、人生 ふかく考えてるんですね。 見習わなくっちゃ! think
美味しい匂い、いいですね~~~。 カレーとか秋刀魚とか味噌汁とか。。。。。notes

いえ・・・、こちらこそ、有難うございます。あらすじだけをみて、私が自分勝手に解釈したことなので、作者の意図されていることとは違うかもしれません。違うだろ~!と思われる方もおられると思います。
でも・・・、同じ本を読んでも、一人ひとり感想が違うように、色んな解釈があっても良いのではないかなぁと思いました。この気持ちは、「あなたが思い出を売るとき」が教えてくれました。世の中には、完全な正解も完全な間違いも無いこと。今の私には必要な啓示でした。救いの言葉でした。
自分自身が感じたこと気づいたことから発信していけばいい。日々の暮らしの大切さ等・・・、風さんの「風のうわさ」で教えてもらった気がします。有難うございます。
ちなみに・・・、私が好きな風のひとつには、散歩をしている時に近くの家から美味しい匂いがのってくる風があります。一瞬、幸せな気分になります~。

手段と目的が入れ替わってしまう!! そーだったんだ! この話にはそういう意味があったんだ!・・・・と、まるちゃんのコメント読んで初めて気づきました。。。。。語り手がこれじゃあ、、、だめですねえ。 まるちゃん、ありがとう。

土曜日、私は久しぶりに夢を見ました。夢の中で、胸が息苦しくなる出来事が起こるのだけど、誰かと夕日を見ながら歩いている夢。目を覚まして時計を見たら昼の12時でした。頭の中が真っ白になりました・・・。「あなたが思い出を売るとき」、このフレーズ、ずっと気になっていました。あらすじを見て、ショックを受けました。いつの間にか手段と目的が入れ替わってしまうというか、本末転倒になってしまう。(求めているのに)途中で進みたい道を見失ってしまうこと。身に覚えがあります。何処で間違ったのか、気づかないうちによく迷子になっています。自分の(人生の)羅針盤と地図をしっかり持っているか確認しなさい、と言われてる気がしました。有難うございます。気をつけなくちゃ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425845/37157370

この記事へのトラックバック一覧です: 「あなたが思い出を売るとき」:

« 宇治川・雲ぽっかり。oO○ | トップページ | 『とべバッタ』 »