« 灼熱夏の効用 | トップページ | 「炎の人」 ~跳ね橋~ »

2010年10月22日 (金)

シアンクレールは今

二十歳の原点新装版シアンクレールは今

.
高野悦子さんの『二十歳の原点』のなかでよく出てきた喫茶・シアンクレール。荒神口にあります。

ひと時代前の学生運動とその頃の学生先輩方を思い浮かべながら、クラシック(1階)やジャズ(2階)聴きながしながら、コーヒー飲んだものです。

今は、こんな駐車場になっちゃいました。こんなに狭いスペースだったんですね。

|

« 灼熱夏の効用 | トップページ | 「炎の人」 ~跳ね橋~ »

その後。。。。。」カテゴリの記事

コメント

サムさん___。

懐かしさをちょっぴり共有できて嬉しいです。 私は高野悦子さんと同じ大学ではありませんでしたけど。
「二十歳の原点」を副読本として使っていた講義の内容って、なんだったんでしょう? 興味あります。 学生運動の時代背景などでしょうか。 居酒屋の‘懐かしい’ももしかしたら重なっているかもしれませんねbottle

お邪魔と言わず、またお立ち寄りくださいませhappy01

投稿: | 2010年10月24日 (日) 21時42分

風さん はじめまして サムといいます
「シアンクレール」やら高野悦子さんやらの、懐かしい名前を見つたので、お邪魔させていただきます

高野さんは、私が卒業した大学の先輩に当たる人です
私が学生時代に受講した一般教養科目の教授は、高野悦子さんの師の一人でした
教授は、高野さんのことを「悦ちゃん」と呼んで、講義中に、高野さんのことや当時のことを、よく話してくれました
また、講義では、「二十歳の原点」を副読本として使っていました
学内には、高野さんをよく知っている教職員が大勢いたので、みなさん、高野さんのことを話すときには、故人としてではなく、まるで、今も生きている人のことを話すようにして、高野さんのことを話してくれたのを記憶しています

学生時代には、友人に誘われて、「シアンクレール」へも何度も足を運びました
私は、どちらかと言えば、赤提灯や縄暖簾へ行きたかったんですが・・・

また、お邪魔するかもしれませんが、よろしくお願いします

では、では m(_ _)m 

投稿: サム | 2010年10月24日 (日) 12時08分

EVAさん___。

そうなんです。 いつのまにかなくなっていました。 さびしいですよねぇ。
思案暮れる、とはーーーーflair またうまいこと漢字がみつかりましたねえ ^__^。

投稿: | 2010年10月22日 (金) 22時59分

今晩は。EVAです。
シアンクレール、今はないのですか。
若い頃何度か行ったモノです。懐かしいです。シアンクレール=思案暮れる、ですね。(爆)

投稿: EVA | 2010年10月22日 (金) 20時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425845/37347573

この記事へのトラックバック一覧です: シアンクレールは今:

« 灼熱夏の効用 | トップページ | 「炎の人」 ~跳ね橋~ »