« 旬彩ダイニング‘葵匠’ | トップページ | 食事バランスご膳 »

おためしパントマイム

木原アルミ氏によるパントマイム講座がリビングカルチャーであるというので、お試しに行ってきました。 6時半から始まるのに、6時半まで塾仕事があったのでもう必死。 地下鉄駅までチャリをかっとばしました。 暮れかかる今日を追いかけるつもりで。 カルチャーの教室は四条烏丸にあります。

たどり着くともうストレッチやリズム体操(?)や立ち方などは終わっていて、さ、今から‘カベ’をやってみましょう、というところでした。

‘カベ’というのは、壁を手さぐりする、あの動きです。 私も知ってた定番です。それがまたできなくてねぇ。パーの手を空中にパッパカただ広げているって感じにしかならない。 同じ垂直面に手を止められないんです。 でも楽しい。

どんな壁を思い描いてもいいし、どんな動きをしても自由なのだけれど、それを人に伝えようとするときには、大多数の人達に理解できるような最大公約数の動きであるほうがよい。 目の表情は大切。 何もないところで表現するのだから、目の前に壁しかないときの目と 何か見ているときの目は違う。 目の動きがちがうのですかと訊いたらば、いやいやそうじゃなくて、目の焦点が違うのだと。 へーーーっ、むずかしいよ

試行錯誤・七転八起。 チャレンジすることをまたまた増やしてしまってどーすんねん!と自分でも思うのだけれど、前に進みたい・できるようになりたい・うまくなりたいと思い続けてしまう。 で、そんな自分が好きだったりする。 朗読に生かせないかと思うのです。 声と言葉で表現する朗読と 声・言葉のないところで表現するマイムと。 なんだか真逆のようで、その真逆レッスンを同時期にしたら、私はいったいどうするのだろうという、自分への興味もあります。 

まあぁ、、、、たしかにからだはしんどいですけれど。 

次回のお試しは24日。 15時半~ と 18時半~の2回あります。 今から申し込んでもよさげなかんじでした。 こんどは‘ロボット’をするのだそうですよ。 楽しみ楽しみ。わくわく。 

« 旬彩ダイニング‘葵匠’ | トップページ | 食事バランスご膳 »

朗読・語り・劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おためしパントマイム:

« 旬彩ダイニング‘葵匠’ | トップページ | 食事バランスご膳 »

無料ブログはココログ