2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« こ∞ど∞も∞つ∞な∞が∞り | トップページ | 名月に願かけても、 »

2010年9月21日 (火)

「ヘブンズ・サイン」

Photo.

ヴォイストレーニングを一緒にしているshadow君出演の「ヘブンズサイン」というのを観てきました。 きのう。 東山青少年活動センターにて。 

演劇ビギナーズユニット2010・劇団十七番という16人のお芝居です。 演劇ビギナーズユニットというのは、ワークショップみたいなもんなんだろうか。30歳までの参加、って もらったチラシには書いてありました。(残念!) shadow君は、学生なんだろうか。 う~ん。 ま、20歳代であることは間違いないでしょ。

16人の個性がつぶつぶで、エネルギーが会場から外に飛び出して行きそうでbomb、彼らにしか作れない空気が飽和していました。 この話は、全員で作っていったんだろうか。 言葉がたくさんあって、ポップコーンみたいに客席にはじけてきました。 あれも。これも。入れたい言葉がたくさんあったのかもしれないなあ、と。 まるで、彼らがフルに持ってる未来の時間のように。 なかでも‘死ぬ’というキーワードが何度も。 この、‘生’が峠を越えたと感じている人間には、とてもあんなにたくさん使えない言葉です。 パワーも言葉も時間も、存分に使える彼らがうらやましくもありますshine

このパワフルな120分の劇を3公演sign01。 すごいなーー。

ただ、ごめんなさい。 個性のつぶが大きく多すぎて、言葉に色がありすぎて、私には(私には、ですよ)話の尾根が見えませんでした。 どんな劇だったのかは言えるのだけれど、どんな話だったのかを知り合いに報告できないのです。

演劇ビギナーズ、というぐらいだから、このつぶつぶ達がこれからいろんな場所で尾根を作っていくということなのでしょうか。

以上、演劇まったく素人の感想でしたーーpaper

いやーー、若い人達っていいなあ。 いるだけで、エネルギーを分けられるんだもん。

ってなことを言うててもしょうがないから、私も、来月の朗読会、ガンバローpunch

« こ∞ど∞も∞つ∞な∞が∞り | トップページ | 名月に願かけても、 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425845/36860555

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヘブンズ・サイン」:

« こ∞ど∞も∞つ∞な∞が∞り | トップページ | 名月に願かけても、 »