« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月30日 (木)

カレーラムネ☆

        先日、高速のパーキング売店parkingで見つけました。

.

        カレーとラムネのコラボ。 

        異色の組み合わせeye

        どんな味やろ。 

        甘いんやろか、塩気がつよいんやろか。

        となりの緑色のボトルは何のラムネやったやろ。

        わさび、、、、、、、やったかな。

        話のタネにいっぺん買って飲んでみよかと思ったけれど、

        やめといた。

        代わりに写真だけ。

        店ん中で品物の写真撮るのは、ちょい勇気いるな。うん。 

Photo

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月29日 (水)

エピソードⅡ ~忘却編~

彼女のくつろぎ着はいつもだぼだぼのTシャツにゆるゆるのジャージだ。 旅に出た時もそれは変わらない。 湯あがりに浴衣をつかうぐらいである。 しかしそれも、部屋に戻るとやはりだぼだぼのTシャツにゆるゆるのジャージへともどってしまう。 格好を気にしなくてもいいし、動きやすい。 要はラクなのである。

宿を立つ朝。 食事を終え、化粧も済み、荷物も詰め込み、彼女はそのだぼだぼTシャツとゆるゆるジャージを 外歩き用のGパン姿に変えようとしていた。 しかし、

ない。

ないのである!

たしかに昨日ここへ来るときに来ていたGパンセットが、どこにも見あたらない。 

どこだ? 

ハンガーには、かけてない。 たんすの中、入れてないし。 バッグの中、、、、ないなあ。 布団の下か? ない。 確率ひくいけど洗面所? ちがうよなあ。 どうしよう。 ジャージ姿で帰らねばならないのか? 地下鉄に、この、だぼTとゆるジャーで乗るのか? 

どうしたのかと友人も捜し始める。 旅の朝に黙々と3人で捜す。 窓いっぱいの快晴の空には目もくれず、捜す。 しかし、部屋中捜しても、彼女のGパンセットは現れないのだ。 呼べど答えるものでなし。。。。

最後に脱いだのは、どこ? 

友人の問いに、彼女は記憶の糸をたどった。 宿へ着いて、昼ごはん食べて、散策して、、、、、、。

          flair  

そうだ。 風呂場だ。 浴衣に着替えたまま、脱いだGパンセットをそっくり脱衣籠へ置いてきてしまったのだ。 

しかしである。

今朝は、男湯と女湯が昨晩と入れ替わっている。 捜しにゆくことはできない。 彼女はしかたなくフロントに問い合わせに行った。 

しばらくのち、ビニール袋に入ったGパンセットをかかえて部屋にもどってきた彼女とは、なにをかくそうこの私。 ビニール袋には‘おふろ’と油性マジックで書かれていたのであった。

チョン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月28日 (火)

緊急応援!

阪神が巨人に負けてしもたやんsign01Photo

残り8試合で、マジック8やんbaseball

もーぎりぎり崖っぷちの阪神タイガースやんsign03

あかんやんあかんやん。

ぎりぎり崖っぷちの阪神タイガースへ、

この

阪神タイガースマヨおかきの写真で応援やーーーーpunch

あんとき、

カラオケで六甲おろしを歌ったらよかったわーkaraoke

てなことで、

エピソードⅡは、またあした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月27日 (月)

エピソードⅠ~怪奇編~

山中温泉spaでの一夜night。 カラオケkaraokeの疲れもあって爆睡sleepyしたのですが、明け方、不思議なことが・・・・・・・・・・。 友達と3人で枕を並べて寝ていました。 布団位置は、トイレ(部屋の入り口)に一番近いところが私、真ん中にNさん、そして窓際がKさんでした。

証言 【私】

え~~っと、あの朝は6時半にケータイ目覚ましをかけていたんですね。 でも明け方に眠りがあさくなってたと思うんですけど、だれかがトイレに行く気配がしたんです。目は開けずにウトウトしてると、トイレ水洗の音。 で、また部屋を入ってきて畳をはだしで歩く音がして部屋の奥へ。 足音が長くしていたから、私は、てっきりKさんがトイレに起きたのだとばっかし。 で、しばらくそのままウトウトしてたら私も行きたくなって、トイレへ。 その時、ケータイで時刻を確認すると5時半でした。 もうちょっと寝られるなあと思って、目覚まし曲‘アジエンス’が鳴るまでそのまま布団の中でウトウトしてました。

証言 【Nさん】

よう寝たわぁ。 そやけど、明け方に、風さんが何回かトイレに行ったのは知ってますよ。 早くに目が覚めて寝られへんのかと思ってました。

証言 【Kさん】

私、6時半に起きるまで、いっかいも布団から出てません。 起きてからはすぐに風呂に行ったし、トイレには行ってないんです。

.

ギョギョギョeyesign03だと思いませんか? 明け方トイレに行ったのは私ひとり。しかも1回。 

だったら、

私とNさんが聞いた別のトイレ音は・ ・ ・ ・ ・ ・ 

いったい 

だれ?

しかしまあ、トイレに行った音だけで害はなかったのですけれどthink。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月26日 (日)

山中座前 食まつり

Photo.

こおろぎ橋を渡って川沿いの道を散策し、あやとり橋を渡りもどると芭蕉館。そのさきに山中座があります。

.

.

いちばん上の写真は、あやとり橋。 遠くから見ると、赤い毛糸のあやとりでつくった橋を、両手でちょっとねじまげたよう。

.

. 

Photo_2.

2番目の写真は、山中座。 

建物に入って、会場入り口へ向かう階段です。 

扉を開けると客席の一番上の段。 

ざっと数えただけだけど、ここ、150人は入りそうかな。 

下向こうの舞台の上では、今日は、中国と日本の漆についてパネルディスカッションしてはりました。

.

.

Photo_3山中座の横が、山中温泉。

座と温泉が囲んだ広場で賑わっていたのが、シルバー元気まつりです。(^O^)/

もちつき、地場の野菜や甘いもん・飲み物などを売ってる屋台など。安くて美味しそうで、買って帰りたい! でも今日は車じゃないから、最後チャリで帰らなくてはならないから、がまんがまんのまつりです。 

.

加賀料理の試食コーナーにも、ためらわず足を運びます。 柿の葉寿司・ミョウガのサワー漬け・冬瓜の葛引き。 無料でしたゴチでした。

.

Photo_4.

ぶらぶら歩いた後の昼食には、蕎麦を。 

そう言えば、きのう来るとき車窓から小さい花をつけた蕎麦畑がたくさん見えました。 

入った店は、十割蕎麦を食べられるところ。そばがきも注文。 こしがあってつるつるしてて満足満足。

こんどはみんなで、讃岐うどん食べに行きたいな~などとしゃべりながら。

以上、宴会話くらぶ・湯快リゾートツアーの報告でしたーpaper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月25日 (土)

湯快リゾート

2010925 .

山中温泉spaに来ています。 先週にひきつづき、今週末も福井です。 よう遊ぶなあって思ってるひと、いるやろなぁ。

湯快リゾートに行く? 行かへん? いつ行ける? あなたの都合いい日に行こう!と、誘われたら断れませんがなーnote。 しゃーないや~ん。

.

9時45分京都駅発。 あいだ2~3回休憩して、1時半頃山中温泉の宿spa着。

.

.

Photo_5.

窓の外を眺めてたら、途中で‘越前竹人形の里’っていうところがありました。

.

こんど来たら行ってみたいとチェックしつつ写真とりました。 なにがあるんやろ。

.

.

.

.

Photo_6.

宿の部屋は広く、改装されて気持ちいい。 ワンルームマンションよりも広い部屋。 

.

お風呂からはいい景色がながめられます。 入らへんかったけど。 

紅葉の時期は絶景でしょうね。

大浴場には露天風呂。 これもゴクラクゴクラク。

.

.

. 

Photo_7.

昼食後、散策。 

こおろぎ橋から川をみたところ。 

たっかーーー。 

けど、私は好きです、高いとこ。 

川のせせらぎが、癒しです~~。 

.

.

.

Photo_8明日はどこで昼を食べるか。 この散策は、その下見を兼ねております。 新旧入り混じった道。 懐かしさと、今ふう興味と。

京都駅と宿の往復バス代busと一泊2食restaurantbeerで12000円ぐらい。 らくやわぁ。 食事は2回ともバイキングです。 ある意味、気楽です。 欲しいもの・食べられる量だけ食べればよいのです。 なんといっても作ってもらえる後片付けしてもらえることのありがたさ! 

夕食の後は、部屋でごろりと休憩した後、カラオケしました。 カラオケボックスがある宿でした。 1時間ひとり500円。 キャーーー。 ひっさしぶりだカラオケだ。 私って何が歌えるのかをさぐりながらのカラオケタイムでしたー。 カラオケ後は、帰るのに終電を気にせんでもええし、タクシーもいらん。 エレベーターでふらふらへらへら帰るのみ。 

ごくらくやわ^^~~~~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月24日 (金)

赤い花 ✿ さかり

今年の夏花壇は赤い花がよく咲きましたsun。 花壇まで燃えとりました。 日々草・松葉ボタン・ウキツリボク・センニチコウ・サルビア。

彼岸まで、とはよく言ったもので、ようやく空気が落ち着いてきましたね。 私、昨深夜、羽毛布団をごそごそと出しましたpaper。 

Photo.

涼しくなってきて、チェリーセージが咲き始めました。

この匂い、好きです。 い~い匂いshine。 

なんていうかなあ。。。。。 

新三共胃腸薬の匂い。 

え? そんな匂い、いややってかーーup。 

魚をおろしたあとで、この葉っぱcloverで手をこすると魚の生臭さが消えるんだよ。 あとに残るは、新三共胃腸薬の匂い。 

ふっ。 (^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月23日 (木)

煮もの和えもの

和え物煮物が好きでね、よく作ります。

.Photo_6

≪ズイキと おあげの炊いたん≫

ズイキっていうのは里芋の茎です。赤いのと緑色のがあるんですけど、ここらへんでは赤いのをこうやって食べます。 高知では緑色のを食べるのだそうです。刺身のつまに、生で。 ところ変われば、ですねえ。

ズイキの皮をむいて酢水に漬け(あく抜き)、さっと塩ゆでしてから、だし汁で煮ます。  

.

.

.

Photo_7 ≪ミョウガの甘酢漬け≫

かためのジャコと和えました。 いつもは梅酢で漬けて、紅ショウガのように使うんですけど。 ま、たまには甘味もご招待。

.

.

.

.

.

.

Photo_8 ≪ゴーヤのおかか和え≫

好きやわあ、ゴーヤ。 チャンプルも美味しいけど、今回はシンプルに。 薄切りにしたゴーヤを塩茹でして、醤油・すりゴマ・鰹節で和えます。 最近のゴーヤは苦くなくてたよりなかったけど、今回のはチョイ二ガnote。 おいしいよ~ん。 焼酎に合うかんじ。

.

.

.

.

.

Photo_9 ≪うざく≫

鰻の白焼きを細めに切り、酢の物にしたのを‘うざく’って言うんだよね。 ‘ざく’って、なんだろう? 鰻をざくっと切るからだろうか。 キュウリの塩もみ・みょうが・ごま・黒酢・醤油で和えました。 私、砂糖は使いません。 

.

.

.

.

.

こんなんを薄味でたくさん作って、バクバク食べるのが好きやねん。

今日も一日 終わりましたえ。2010923

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月22日 (水)

名月に願かけても、

御池新町の信号待ちしてるときrvcar、ふと窓の外を見たら、こう書いてありました。

Photo .

今日は中秋の名月fullmoon。 そのための臨時営業か、粋な店やと思いきやーーーっ。 信号を気にしながら読み進めていくと、トラbaseballをみるためでした。 え? ウサギもいらんとな~。

こらいっちょ、わたしも、はよ帰って阪神タイガース態勢をつくらなあかんrock

と、TVの前で応援してたら・・・・・・負けたがなsweat02。 さよなら負け。 

あの瞬間、この店の中はどうなっていたことやら。。。。bomb。 いつみられる、トラの意地sign01。 たのむでしかしpunchたのむでしかしpunch。  

そやけど、まだいけるんやろ? 

なあ。 なんでだあれも返事しいひんのんsweat01

雲に隠れた月に願かけとこ。 

おっつきさん、どーか、タイガースをよろしゅうに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月21日 (火)

「ヘブンズ・サイン」

Photo.

ヴォイストレーニングを一緒にしているshadow君出演の「ヘブンズサイン」というのを観てきました。 きのう。 東山青少年活動センターにて。 

演劇ビギナーズユニット2010・劇団十七番という16人のお芝居です。 演劇ビギナーズユニットというのは、ワークショップみたいなもんなんだろうか。30歳までの参加、って もらったチラシには書いてありました。(残念!) shadow君は、学生なんだろうか。 う~ん。 ま、20歳代であることは間違いないでしょ。

16人の個性がつぶつぶで、エネルギーが会場から外に飛び出して行きそうでbomb、彼らにしか作れない空気が飽和していました。 この話は、全員で作っていったんだろうか。 言葉がたくさんあって、ポップコーンみたいに客席にはじけてきました。 あれも。これも。入れたい言葉がたくさんあったのかもしれないなあ、と。 まるで、彼らがフルに持ってる未来の時間のように。 なかでも‘死ぬ’というキーワードが何度も。 この、‘生’が峠を越えたと感じている人間には、とてもあんなにたくさん使えない言葉です。 パワーも言葉も時間も、存分に使える彼らがうらやましくもありますshine

このパワフルな120分の劇を3公演sign01。 すごいなーー。

ただ、ごめんなさい。 個性のつぶが大きく多すぎて、言葉に色がありすぎて、私には(私には、ですよ)話の尾根が見えませんでした。 どんな劇だったのかは言えるのだけれど、どんな話だったのかを知り合いに報告できないのです。

演劇ビギナーズ、というぐらいだから、このつぶつぶ達がこれからいろんな場所で尾根を作っていくということなのでしょうか。

以上、演劇まったく素人の感想でしたーーpaper

いやーー、若い人達っていいなあ。 いるだけで、エネルギーを分けられるんだもん。

ってなことを言うててもしょうがないから、私も、来月の朗読会、ガンバローpunch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月20日 (月)

こ∞ど∞も∞つ∞な∞が∞り

この夏、pegaさんのお子さんがうちの塾に来てくれました。で、その子の学校の席の隣に、以前 うちの塾に来ていた子が座ってると聞いて、びっくりしたことでした。 その子は引っ越しのためpega小学校へ転校。塾もやめたわけですが、まあなんという偶然!

先日は、pegaさんのお子さんと保育園が一緒だったという子が塾へおためし学習にやってきました。 pegaさんの紹介です。ありがたや~。 でも、その子が通っているのはpega小学校ではありません。 

学校のことなどいろいろ話を聞いてるうちに、先生の話に。 岩倉から来られているchick先生がその学校におられるんやけど知ってる? と聞きました。 chick先生は、私の教え子です。 

penguin先生やったら知ってる。その先生も岩倉に住んではるよ。」

penguin先生ねえ。 penguin先生? 

flair。 

そのpenguin先生のお子さんも私の教え子で、chick先生と同じクラスなのでした。

つまり、

pegaさんのお子さんの幼馴染みの子の小学校のpenguin先生のお子さんは、chick先生と同級生なのでした。 

。。。。。。。。 って、わかるかなあ?

ようするに、

pegaさんも、pegaさんのお子さんも、pegaさんのお子さんの幼馴染みも、その学校のpenguin先生も、同じ学校のchick先生も、penguin先生のお子さんも、私は知っているrock、ということであります。

ま、

それがどーしたって言われるとどーもしないんやけど。 でも、すごいや~ん。 つながってるんですもん、ひとが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月19日 (日)

「五番町夕霧楼」

Photo_5.

春にひきつづき、またまた行ってきましたpaper。 福井の若州(じゃくしゅう)一滴文庫。 若州人形座による今回の公演は「五番町夕霧楼」。 原作は、ご存じのとおり、水上勉です。 

竹人形(夕子・正順・敬子)と 役者さん(かつ枝・片桐・竹松・語り)との掛け合い。 飛鳥井先生は、夕子・敬子の声とかつ枝・語りを。 あれ? 正順の声もやったっけー。 かつ枝は演技もしなければならないし、次々とテンポよく他役の声も 語りも入れなければならないから、前回(越前竹人形)にもまして、気持ちの切り替えが難しそうでした。 ひゃ~~っ、すごいなPhoto_2shine。 

1時間20分のほとんどの役を先生がするということは、のどが休む間がないということですよねえ。 先生は、この、ながいながい声出し(?)の どの部分で、いつ、息を吸うのかとじ・・・・・・・っと見ていたのですが、わかりませんでした。。。 話の流れにひきこまれてしまうというのもあったのですけれど。 ふつうの劇なら、いくらひとセリフが長くても、相手役がセリフを言ってる間にのど休めもできるのでしょうけど。 いったいいつ、息を、空気を、吸ってられたんでしょうか。

開場前の待ち時間、入り口近くに座り順番を待っておりました。 

「ぼくはねぇ、この五番町のあたりに住んでるんですよ、西陣。あなPhoto_3たはどこから?」と話しかけてこられた方がありました。

私は、修学院と八瀬のあいだぐらいから。

「へえ、同じ京都ですね。 ぼくはこの、演出をされている幸(さいわい)さんに教えていただきましてね、それで今日ここへやって来たというわけですわ。」

そうですかぁー。 お知り合いなんですか?

「‘お知り合い’というほどでもないんですよ。 宇治の***教室に行ったときにお会いしましてね、それで。」

という会話もあり。 **教室って、なんの教室だったかなあ。 わすれてしまった。 Photo_4

縁というのは不思議です。

一滴文庫の佇まいが好きです。

中に入って、本がいっぱい並んでいる中に身を置くのも好き。

飛鳥井先生の声が漁師網みたいにどーんと飛ぶのを聞くのも好き。

海を横目に、車の往復を友と存分に話せもしたし、濃い一日でありました。 

| | コメント (0)

2010年9月18日 (土)

セルフ・レジ

Photoセルフレジってもんが、あるんですね。

普通のレジに長蛇の列ができているときなど、急ぐときなど、自分で商品のバーコードをピッとして料金を支払う、つまりレジのセルフサービス。

私、レジの仕事をしたことがないもんで、いっぺんやってみようって思いましてね。 うん。 なんでもいっぺんやってみんことには、なんにも言えへんしね

まずは、店のカゴ(買った商品を入れたやつ)を右側の台に置きます。 いざ。 初めてやから、なんかドキドキするわあheart01。 商品をカゴからひとつとって、真ん中の台でピッとするんやな。 あれng? あれ? ピッて言わへんsweat01。 あれ? と、アタフタしておりますと、向こうの方から説明係の方がやってこられました。 

「画面の‘読み取る’(だったか)を指でタッチしてください。それで、はじまりますから。」

なるほど。銀行といっしょですね。 よしっ。OKかな。 あれng? あれ? またピッて言わへんやん。 すみませ~んpaper。ピッて言わないんですけど。。。。

「ご自分のカバンを左側の台に置いて下さい。 商品を入れる前のカバンの重さを計らないと作動しないんです。」

そーですかぁ。 どーも。 では、こんどこそ。 ピッ。 あ、ピッて言うた言うたnote。 ピッ。 ピッ。 ピッピッピ。 お、好調好調。 んng? ん? またや~んannoy。 すみませ~~~~んpaper。 このキカイ、おかしいですーー。 また、止まってしもたsign01

「バーコードを読み取った商品を 決められたところに置かないと、重量が計れないから、次に進まないんです。」

料金も重さも計ってるんですかあ。 そんならそうと、どっかに書いといてもらわんと。。困るわ。  こんなことやったら、あっちの普通のレジに並んだらよかったわsign01

「すみません。」

けどまあ、ここまできたら最後までやってしまおう。 ‘精算’をタッチして、、、‘現金yenで払う’をタッチして、、、。あ、サイフmoneybagや。 サイフサイフ。 サイフはショルダーの中に入れてるんやった。 あーもーややこしいなあ。 おつりを忘れんようにとって、っと。 これで、ほんまに終了ok

はあdashdash

「終わりました?」

気がつくと、説明係の方が横に来てのぞきこんでおられました。

ええ。なんとか。

つ・か・れ・た・わsign05sign05sign05sign05sign05

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月16日 (木)

う・ふ・ふ。

「せんせー、学校の算数なbook、大分進んだでpencil。」

と、塾へ来るなり報告してくれた5年生。

へーー、また急に算数が多くなったんやなぁ。 ここんとこ、運動会の練習で体育ばっかしやって言うてたもんな。

「いまな、小数のわり算。小数のかけ算はテストも終わってん。」

わ、ほんま?! で、そのテスト、返って来た?

「うん。 (・∀・)ニヤニヤ。」

どうやった?

「うん~~~~。」

うん~~~、って。 な、どうやったん?

「ふふふふふ・・・・・。 ( ´艸`)」

どきっ。 ・ ・ ・ ・ ・ 。 何点やったん?

「あのーーー。」

うん。 何点?

「あんなぁ。(´,_ゝ`) 」

うん。。。。。。

「ふふふふふ。 ***点と***点。」

え? 速くて聞こえんかったわ。 もういっかい言うて。

「ひゃくてんとごじゅってん。」

100点と50点! すごいやーん。 表も裏も満点passや。

「うん。(v^ー゜)」

よかったなあ。

それにしても、

えらい時間かかったわー、満点の報告。 もう、塾でできてたのに学校のテストではあかんかったんかと思ってハラハラしたわー。 も~、わかりにくぅ。 とは言いませんでしたけど。 けど、いやあ、めでたいめでたい。 ほdash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月15日 (水)

実況! リフレクソロジー

茶髪の中に黒と白sweat01の自毛色が見え隠れしてきたので、美容院へ。 

「今日からなんですけど、、、、リフレクソロジーfootも始めました。 お試し5分で500円。 フル・リフレ50分で5000円です~。ボディメニューもありますよ。一度いかがです? 今までに、されたことあります?」

ちょうどそのとき、雑誌読んでた肩がめちゃめちゃコリコリ。 

これ、よくTVでやってるじゃないですかぁ。 顔ゆがめて「痛いいぃぃーーっ。でも痛気持ちいいーーっ。」って。 ほんまにそんなに痛いんやろか。 芝居なんちゃうん。

1分で100円ってことですよねー。

「は。 まあsweat01。 10月末までは、2割引きです。」

興味あるから、やってみます。 

とびついてしまいましたpaper。 いえ、2割引きに、ではなく、リフレに。 で、どうせならフル・リフレを。 フル・リフレは、足裏の全てのゾーンとポイントを刺激するのだとか。 どんなんやろ? わくわくshine

髪を染め終わって、頭はタオルで巻いたまま、別の個室へ。 落ち着きます。 それに、新しいし。 まずはフットバス。 それからベッドに横になりラベンダーの香りするアイeye枕をおいてもらって、いざ。 

「押す強さは、どれぐらいがいいですか?」

思いっきり強力にやっちゃってください。

パウダーをぬり、右足から順に。 不思議です。同じ強さで押してもらってるそうなのですが、押す箇所によって痛さが違う。

おっおっおーーーーっsign01。 いたいたいたいた・・・・。 それは、身体のどこに関係あるんですかっ。

「これは頭と首のあいだです。 カタイ足ですねえ。 こんなにカタイ足、久しぶりに会いました。 ここも、ここも、かたまってますね。」

私は自分の足しかさわったことがないから、足の裏ってみなさんこんなもんだと思ってました。やわらかい足裏の方もおられるんですか?

「おられますよ~。」

ひゃーーーーっimpact。ハンパない痛さ。効くーーーっpunch。これはもう笑うしかありませんねーーー。

「ここは尿管ですよ。」

へ? 肩でも首でも腰でもなく、尿管?

「そ。 老廃物がちゃんと排泄されていないんじゃあないかなあ。 たくさん水分摂って、たくさんトイレに行っても、尿の中に老廃物が入ってなければ。。。」 

なるほどーーー。 あ、いたたたた・・・・bomb

「ここは肝臓。」

そっかーー、原因はビールやな。

「私も好きですbeer。」

おーーーーーっと。 ここは~~?

「ここは背骨の横のところ。」 

あ、そこ、こってますーー。 なんだかゴリゴリ言うてますね。

・・・・・・・  ・・・・・・  てな具合に50分。 結局、痛気持ちよかったのは、尿管・首・肩・腰・背骨横・肝臓と対応している部分、でした。 不思議です。 じ~~んとした足裏をかかえて鏡の前にもどり、髪をブロー。

気がつくと、つらかった右肩がラクチンに。 これ、ほんと。 で、慢性化してきた身体のダルサが今日の夕方はなく、帰宅後、座ることなくシャキシャキと晩御飯と塾の準備をこなせました。 ひさしぶりです、身体がダルくないのは。 軽いですnote。 

老廃物かぁ。 やっぱあれかな。 運動不足。

もんだいは、これがいつまで続くか。。。。。。think

付け足しておきますと、こんなに強力なのを望まずリラックス優先の人は、ソフトに押してうたたねなどできるぐらいのも、やっていただけるのだそうですよ。 いろんなコースがあるので、いっぺん一通りためしてみることにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月14日 (火)

寿  命

ワタクシの母の父、つまり祖父は、うちの息子が初めての誕生日を迎える直前に往生しました。 老衰です。 最後のほうは、ベッドの上でうつらうつらとほとんど眠ってましたけど。

先日、実家へ帰ったおり、母からこんな話を聞きました。

その祖父が80歳のとき、癌を宣告されたのだそうです。 胃だったか肝臓だったか。 その時、病院の先生はこう言われたのだそうです。

「手術したら、あと10年は生き延びられる。」 と。

でももう80歳でしたし、祖父は手術しないことに決めたのだそうです。 その後、祖父の癌はどうなったのか。。。。。 最期が老衰だったのだから、その癌は、どっかへ行っちゃったんでしょうね。 

祖父は、90歳で亡くなりました。 

けっきょく、90歳が祖父の寿命だったのでしょうね。

煙草をスパスパ吸ってた祖父でした。 ついでに言うと、戦前戦後を通して商売をいろいろやって、最終的にはペンキ屋の祖父でした。

おしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月13日 (月)

中国とどう向き合うか

 どう拓く日中関係 政冷経熱の現状と「文温」の可能性   ひさしぶりに、 知識の海を泳ぎたくなりました。

 加藤千洋(ちひろ)氏の講演。 

 昨日午後。 ゆめりあうじ(JR宇治駅前)にて。

 加藤千洋氏は、 元報道ステーションコメンテーター・元朝日新聞編集委員なのだそう。今は、同志社大学大学院の教授なのだそう。 とても穏やかな空気をまとった方でした。 

 私は、中国の歴史や今に詳しいわけでも 特に興味あるわけでもありませんが、面白かったです。 知らないことをインプットするというのはとても面白いnote。 

 しかしわからん言葉が時々出てきます。 周りをそろそろと目だけで見渡すと、みんなうんうんとうなづいてらっしゃるsweat01。 レア・アースだとか(レアチーズじゃないよなぁ) G行動だとか(5分前行動じゃないよなぁ) モデレートだとか(新しい為替レートじゃないよなぁ)。まるで外国語を聴き分けてでもいるかのよう。まあ、、、この期に及んでじたばたしても始まらんから、そんなのは脳みそのなかを意識的にすっとばしまして、断片的に へぇ~へぇ~~ってな具合に話を受けました。

今、経済的に大躍進している中国のGDP・国内総生産は、もうじき日本をぬいて世界2位になりそうです。ですけども、これを日本がたどってきた道をトレースしているのではありません。中国という国は、日本とは全然ちがう国です。日本のモノサシはあてはまりません。国土も人口も歴史も大きな大きな国だから、何をするにもことごとく問題が複雑化します。で、解決には想像以上に時間を要するのです。。。。。とかなんとか。

そう言えば、よさこいっこが何年か前に中国を旅行してたなあ。雑多な国、と書いてたような気がする。 そう言えば、塗り薬・皮炎平を買うといつも税関(たぶん向こうの)でストップしてなかなかうちまで届かへんよなぁ。なにをするにもことごとく複雑化する、んやな。 これやなflair

中国というひとつの国の中に、いくつもの市場があります。今は、輸出とか輸入とか、そういうんじゃなくて、日本国内も外国のいろんな地域も‘市場’として商売する時代です。。。。。とかなんとか。

そういうふうに中国に市場を求めている企業って、どこやろう。え?なになに? ユニクロ・イトーヨーカドー・高島屋・ローソン・日産・・・・っと、一応メモしとこう。 老後の生活になにか役に立つかもかもーー。

約30年前に天安門事件がありましたね。その前後で現代中国の60年は大きくふたつに分かれます。。。。。とかなんとか。

あーーーー、そー言えばぁ~~、あの頃、競馬でトーショーボーイっていう馬がいたなあ。仲間どうしで、新しい中国のトップの名前は覚えやすいな、って言うてたよなあ。 思い出した思い出した。

中国は、これまでの歴史の中で外国への侵略性はあまりありませんでした。最近ニュースで、尖閣諸島でのトラブルを報じたりしていますが。 政治面ではともかく、私たち民間レベルでの交流__顔と顔をつきあわせてつき合う姿勢も、とても大切なんじゃないでしょうか。。。。。とかなんとか。

夏、函館に行った時も、中国からの団体旅行の人達がたくさん いはったなあ。 中国のどこから来はったんやろか。

などなど。 いろいろと頭の中で庶民的な考えをめぐらしながら、いっとき睡魔に負けてしまいながら、クルクルとすごした2時間でした。 文化大革命・天安門事件・毛沢東・鄧小平・長江。 今晩のおかずや ゴミの分別や よりよい発声法や ゴーヤの育ち具合や コラーゲンパックには 直接にはなんの接点もありませんが、なんていうんでしょう、満足できた濃い2時間でした。 

誘ってくれたLucyさん、謝謝です~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月12日 (日)

手づくりミニご膳☆

2010 .

めっちゃかわゆいこのお弁当shine。 ふたを閉めればみっつとも片手のひらに乗りますeye。 これを作ったシェフは私じゃございません。 友達のTa-chanです。 名付けてTa-chan弁当、略してTa-弁。(んなもん略してどーすんねんpunch。) 

お弁当のなかみは、①ゆかり御飯と奈良漬け ②天 麩羅(えび・なす・大葉、かな?) ③お刺身(鮪・鯛・菊花・大葉・大根のつま) ④煮物(えび・筍・シイタケ・小芋・きぬさや・人参。これが小皿にのっている。)Tachan

私は、コスモス重をいただきました。

どこかのお店に置いてもらうとか、ネットで売るとかすればいいのに、、、、と、よってたかっておもしろがって皆して言うのですが、これは‘売らない’のだそうです。 プレゼントする、のだそうです。 

まあもったいない。 私にゃできないこの芸当。 こんな細かい作業、私がやった日にゃあ、、、(#゚Д゚)y-~~イライラ、、、、3分ともちません。 モムーリ!o(゚Д゚)っってね。

この投稿が完了する前にコメントいただいたから、彼女の作品、またアップしますね~。(あ、Ta-chanに許可もらうの忘れてたsweat01。 あとでメールしとこう。) 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月11日 (土)

食事バランスご膳

Photo_2.

生協の共同購入でこんなのを買ってみました。

食事バランスご膳。冷凍食品。 レンジでチンします。 主食・副采・主菜のバランスを考えてセットされたお弁当です。 ごらんのとおり、3分の1は主食である御飯。 赤米入り&五穀米入り。 あとのおかずは、どれが主菜でどれが副采なんだかわからないんですけど、秋刀魚の鰹節煮・おでん・春菊と人参の胡麻和え・ブロッコリーの味噌バターコーンソース・インゲンの湯葉あんかけ・エリンギのネギ塩。 まあ、美味しかったです。ブロッコリーとインゲンは、解凍後の歯ごたえがイマイチでした。 量もちょうどよい八分目。(カロリーは410kcal)。 

ちょうどよい八分目だったけど、、、、やっぱり物足りなくて、カボチャのゴマ酢和えと 茹でウインナーと 豆腐の味噌汁を作ってプラスしちゃいました。 あ、あと、肝心要のビールねheart04。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月10日 (金)

おためしパントマイム

木原アルミ氏によるパントマイム講座がリビングカルチャーであるというので、お試しに行ってきましたrun。 6時半から始まるのに、6時半まで塾仕事があったのでもう必死sweat01。 地下鉄駅までチャリをかっとばしましたbicycledash。 暮れかかる今日を追いかけるつもりでbicycledashbicycledash。 カルチャーの教室は四条烏丸にあります。

たどり着くともうストレッチやリズム体操(?)や立ち方などは終わっていて、さ、今から‘カベ’をやってみましょう、というところでした。

‘カベ’というのは、壁を手さぐりするpaper、あの動きです。 私も知ってた定番です。それがまたできなくてねぇ。パーの手paperを空中にパッパカただ広げているって感じにしかならない。 同じ垂直面に手を止められないんですsweat01。 でも楽しい。

どんな壁を思い描いてもいいし、どんな動きをしても自由なのだけれど、それを人に伝えようとするときには、大多数の人達に理解できるような最大公約数の動きであるほうがよい。 目の表情は大切eye。 何もないところで表現するのだから、目の前に壁しかないときの目と 何か見ているときの目は違う。 目の動きがちがうのですかと訊いたらば、いやいやそうじゃなくて、目の焦点が違うのだと。 へーーーっ、むずかしいよsign04sign04sign04

試行錯誤・七転八起。 チャレンジすることをまたまた増やしてしまってどーすんねん!と自分でも思うのだけれど、前に進みたい・できるようになりたい・うまくなりたいと思い続けてしまう。 で、そんな自分が好きだったりする。 朗読に生かせないかと思うのです。 声と言葉で表現する朗読と 声・言葉のないところで表現するマイムと。 なんだか真逆のようで、その真逆レッスンを同時期にしたら、私はいったいどうするのだろうという、自分への興味もあります。 

まあぁ、、、、たしかにからだはしんどいですけれど。 

次回のお試しは24日。 15時半~ と 18時半~の2回あります。 今から申し込んでもよさげなかんじでした。 こんどは‘ロボット’をするのだそうですよ。 楽しみ楽しみ。わくわくnote。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 7日 (火)

旬彩ダイニング‘葵匠’

Photo 今日は、午前が理科支援バイトで午後から朗読教室だったので、あいだのランチタイムを出町商店街上ったところの‘葵匠’で。 ここは漬けもん屋さんらしい。 漬け物を使った料理を出してくれるところらしい。

握り寿司のセットを注文。漬け物の握り7貫(沢庵・しば漬け・赤カブ・長芋・牛蒡・キュウリ・ナス)と 海老の握り1貫。 茶碗蒸に天麩羅に赤だし味噌汁。 漬け物の味が濃いので、寿司には醤油をつけずに食べました。 1200円。漬け物大好きなので、満足。 ほかにお茶づけのセット等もあって、おいしそうでした。

けっこうおなかがふくれたのに時計を見ると、朗読教室までまだ少し時間がある、、、、、と、ここで信号を渡Photo_2りコンビニへ寄ったのが、あかんかったんやなあ。 缶コ ーヒーだけ買うつもりが、レジ横に置いてあったティラミスまんじゅうなるものに目がとまったーーーっ。 ひとつつまんでカゴの中へーーーーっ。 

暑い鴨川の岸で、溶けそうになったティラミスまんじゅうをほおばり、満腹のまま朗読稽古をすることに・・・・・・・・。

満腹はいけません、満腹は。 わかっていたのに食べちゃって、稽古するうちになんだかしんどくなってきましたdown。 

せんせい。 お仲間のみなさん。 今日の声は、満腹の声です。。。。。 と、満腹のせいにしておこう、いちおう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月 6日 (月)

よい子はマネしないで!

Photo

.

これ、なにかわかりますeye

アルコールランプに使うアルコールを金属皿に入れて火をつけた炎です。 液体だけで燃えるのを見るのは、、、、初めてかもしれない。 ステーキにワインをぶっかけてコンロの火をうつす、とか。いやいや、あれは、中に肉が見えているのだし。。。 天麩羅の油を熱しすぎて発火する、とか。 いやいや、あれは、テレビでしか見たことないのだし。。。。  

先月、理科支援員の研修がありました。 科学センターにて。 朝から夕方まで。 

このアルコール燃やし(!?)は、実験学習の危険を回避するための話をされたなかでのお試しです。 小学生の理科で初めてアルコールランプを使うのは4年生。 そう言や、去年は‘アルコールランプ・ダメ5(ファイブ)’なんていう掲示資料を作ったっけ。 ありがたいことに、先生方は、その資料を授業中に使ってくださいました。 m( _ _ )m

万が一、実験中にアルコールランプが倒れたりして机に炎がうつったときは、こんなふうになります、とまあ、その場に居合わせたときに決してあわてないで対処するように、、、、という研修です。 火を使うときは常に濡れぞうきんを机の上に置いておき、こんなときは炎の上にかぶせて消します。 あ、でも、当然のことながら、実際授業中にこんなことは子ども達に見せないほうがいいですねangry。 時間かけて&わかりやすく&最初に、話して聞かせるのがベスト。 

アルコールランプ研修のほかには、ガスバーナーの使い方とか 電流計と簡易検流計・検流計の違いとか 電磁石用コイルを作るときに陥りがちな失敗例とか。 

なんですかね。 こういう結果になるrock、と、わかっていることでも、面白いんですよね、実験って。 真夏に火を使う研修でしたけど、なかなかおもしろかったですよん、うん。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月 4日 (土)

コンビニレジにて

ぶっかけうどんとサンドイッチを買った。

「今日は、おでんがすべて70円となっておりますが、いかがですか?」

いいです。。。。。暑いから。。。。。。。。

「そーですよねー。私もそうかなあ、、、と思いながら言ったんですよぉ~。」

冬にまた70円均一になったら言ってください。

「はいぃーー。」

じゃあ。

「あのっ、お客さん、お支払いを、、、、、。」

はいぃーー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 3日 (金)

『1Q84 Ⅲ』 読めたわ~。

1q84.

図書館で借りようとしたら1000人前後も待たなくてはならない1Q84シリーズbook。 もりりんが買ったと言うので遠慮なくお借りすることに。 ワタクシペースでゆっくり読ませていただき、先日やっと完読scissors

BOOK Ⅰでは、青豆と天吾の話が別々に並行して続き、なんじゃこれ~と思って辛気臭く、読むページもなかなか進まなかったけれど、だんだんにふたりの生活というか生きる道というか、それが近づいていってBOOK Ⅲでは最後にひとつになった。 再会した。  ふたりとも月がふたつある世界へ入ってしまっていたのだけれど、ふたりしてなじみ深い世界へもどってきた。 がそれは、本当に元の世界なのか。。。。というところで、BOOKⅢは終わっています。

青豆&天吾にくわえて牛河という人生の話も加わっております。 牛河は死んでしまったのだけれど、でも空気さなぎになったままなので、たぶんBOOKⅣが続くのでしょう。まぼろしのNHK集金人(天吾のお父さん?)も不思議なままだし。 さきがけという名だったか、宗教団体のめざそうとしていることも、なんだか私にはまだよくわからない。 青豆に殺人を依頼したおばあさんは、どうしたろう。 話題になったから読み始めた1Q84ですが、ここにきて初めて話の進展をしりたくなってきました。

考えてみますれば、

私たちの歩く道・人生もひとつひとつのストーリーなのでして、最近よく会っている方々は道が交差してるか近くにある。 いくつかの道をとりだして、その関わりを書くと小説になるのですねえ。(ただし上手な表現で。 構成を計算して。)  それから、なかったかもしれない過去と、あるのかもしれない未来。

あいかわらず村上さんの比喩は素敵ですが、こんなのも。

いったん期待が生じると、心はそれをきっかけに独自の動きをとり始める。そしてその期待が裏切られたとき人は失望するし、失望は無力感を呼ぶ。心の隙が生まれ、警戒が手薄になる。

なるほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 1日 (水)

ふしみみゅーじっく♪は今。

子どもの頃、友達ンちの近くに伏見ミュージックという所がありました。

伏見ミュージックに行ったらな、おんなのひとがはだかで踊ったはるんやって。

こどもは入れへんねん。

なんでか、この話をするときはヒソヒソ声で。Photo

なんで踊るのに裸なんやろう、と子ども心に不思議に思っていたものです。

今日、宇治の小倉に行く用が合って、この横を通りました。 入ったこともないのに懐かしい。 そんなことをヒソヒソ声で教室の片隅で話していたことが、懐かしい。

もう、とっくのむかしにこの施設(?)はなくなりました。 今日、車からのぞいたら‘いまそう会館’になっていました。 ちょうど赤信号で横に停まれなかったもんで、うまく撮れませんでしたー。

いまそう会館っていうのは、お葬式をするところです。 たぶん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »