2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

  • 2011627

« 土方づくし。 | トップページ | 再会 Ⅳ »

2010年7月29日 (木)

どらいぶ・とぅー・江差

Photo_2運転疲れなくボーーーーッと電車やバスに揺られるか、時間制約なく自分のペースで行き当たりばったりに行動するか・・・・・迷ったのですけど、やはり今回もレンタルしちゃいました、車。費用は多少高くつきますが、ナビ君とのふたり旅、 この自由さはゆずれない。 短い旅行期間、 せっかく来たのだから行きたいところはいっぱいある。 この機を逃したら、もしかしたら、もう一生行けないところがあるかもと思うと動かずにはいられません。

2日目は今にも雨が降りそうでしたが、江差まで遠出することにしました。

窓をあけて走る。 風の涼しさ。 遠くまで来ると、景色がちがう。 森のたたずまいがかわる。 エゾゼミが地味に鳴いている。 少しのエゾゼミが同じ音量で道沿いに鳴いてるもんで、運転しながら耳をすますと、まるで一匹のセミがずーーーーーっと鳴きながらついてきているように感じる。 傘になりそうなほど どでかいフキ。 もしかして、コロボックルが様子をうかがっているかもしれない。 お。 あれは、イタドリかーー? これもいやにでかいなぁ! 違う種類かなぁ? ・・・・と、きょろきょろeyeしたらダメダメdanger。 気がつくと、スピードメーターが、高速道路でもないのにビックリするほどの数値を指しています。 アブナイアブナイ。 しかし、制限速度の標識が少ないんだもの。 いったいここは何キロ制限なのだろうかと思うところが多かったです。 だから時々パトカーの巡回にでくわしたのですね。 パトカPhoto_3ーが目に入るたびにアクセルをゆるめる、というわけです。

.

厚沢部(あっさぶ)の道の駅にいた木です。 

.

ちょっといいでしょ。

.

厚沢部で買った生のブルーベリーを口にほうり込みながら少し行くと、江差に入りました。 江差の道の駅は、超小型。 

Photo_5江差にね、繁次郎という人がいたんだって。 頭も目も鼻も大きい、とんちの効いた人だったんだって。 

繁次郎像の下の方に言葉が書いてありました。

「笑え めろえ へば ええごと ある」

‘めろえ’がわからない。 

自動販売機に近づくと唄が聞こえてきました。 これが江差追分やろか。

江差はニシンで栄えたところです。 町並みはとても美しく保たれています。 家は、昔の北海道ふう か 西洋ふう。 どちらも素敵です。 

蕎麦を食べたら、お店の人が車はここに停めておいていPhoto_7 いよ~~、と言ってくださったので。 海を見ながらてくてくてくてく。 人も少ないし、ここの方達はとてもにこやかでおだやかだし、海はずっといっしょだし、、、、、はァ~~~のんびり~~~。 帰りのバスの時刻を気にしていたら、こうもいかない。 出かける前にお金おろせなかったのを思い出したので、ここの郵便局でATM。 

「どこから来たんですか~?」って、よく聞かれました。 京都からだと言うと、何人かの方に「ありがとう。」と言うてもらいました。 そんなに遠くからきてもらってありがとう、って。

‘ありがとう’は、不思議な言葉です。

往復4時間弱。 存分に、ドライブした1日でした。 

« 土方づくし。 | トップページ | 再会 Ⅳ »

」カテゴリの記事

コメント

ぜひぜひ! 北海道で魚釣り、なんていかがかしら~?

北海道は日本ですけど日本じゃない部分が多いと思います。
一度しか行ったことはありませんが、できればもう一度行きたいところです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425845/35948241

この記事へのトラックバック一覧です: どらいぶ・とぅー・江差:

« 土方づくし。 | トップページ | 再会 Ⅳ »