2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

  • 2011627
無料ブログはココログ

« おてんとさま。 | トップページ | 旅 発 »

2010年7月23日 (金)

サルは学習する。

私はここへ引っ越してきたとき、風呂場の外にイチジクの木を植えた。 風呂場の窓に木の葉が顔をのぞかせたらいいだろうなと思ったからで、 実際、イチジクの葉はとてもあまい香りがする。 

ユニットバスの天井にカビを発見! 今朝は、天井のカビ拭きを兼ねてひさしぶりに風呂掃除。。。。。。していると、風もないのに木の枝がいやにしなっている。 

flair

まさかsign01

やつが食事中?

窓越しにそぉ~~っとのぞくと、

やっぱし。

うちのイチジクの枝をひっぱっては大きな実(花)をもぎとるやつと目が合ったeye

目線を私からそらさずに枝からイチジクをもぎとり、おいしそうにふくらましたほっぺたをモゴモゴさせている。 その距離やく1メートル。 「こら。」と一度は言ってみる。 やつは全く気にしてない。 ビクっともしない。 

しかしなんですな。 ニホンザルのいうのは、なんともかわいい目をしているもんで、、、、なんとな~く ま、いいか的な気分になってしまい窓の網戸を閉めた。 いや、この至近距離で、この目に油断したがために風呂場の中の私めがけて跳んできたらと咄嗟に思い、目をそらした。(負けた。) どっちにしろ、やつをほっておいて風呂掃除再開。

あとで偵察に行くと、おいしい真ん中だけ食べたイチジクの残骸がぼたぼたと落ちていた。 なんて悔しい。 

Photoムクドリに食べられないよう、大きくなったイチジクに袋がけをしておいたのだけれど、それが全滅! ムクドリじゃない。 サルだ。 袋は引きちぎられてる。 やつにとって、イチジクにかけた白い袋は‘おいしいイチジク’の目印になっていたのだー。 サルに、これ美味しいよ~と教えてやってたようなもんだ。 とほほほほ。。。。。(ノ_-。)

イチジクの季節が終わるまで、やつの訪問はつづくのか。

こんど、どこかでイチジクが売られていたら買ってこよう。 

« おてんとさま。 | トップページ | 旅 発 »

えとせとら」カテゴリの記事

コメント

なんか今日ひとり多いなあって思ったらサルやったって? んな・・・こわい~。

サルが窓から覗いてるなんて、ホンマ怖い~eyeここに美味しいもんがあるって、もう覚えてるってことやんな。この人は怖くないって分かられてしまって、今度は食卓にも座るようになったら、ど~する~sign02

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425845/35868962

この記事へのトラックバック一覧です: サルは学習する。:

« おてんとさま。 | トップページ | 旅 発 »