« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

海峡にむかって夢、いえ思い出を・・・・・ (^_-)-☆

Photo

.

小雨の断崖。 目の前はひたすら海と空。 だれもいない。 津軽海峡ひとりじめ。 向かってくる風は、私の息をふさぐほどじゃなく、 とおく下から波の音。 

なんだか わくわく うれしくなっちゃって、、、、 声を出したくなりました。 

う~~ん。 わォーーー、ああああーーーー、じゃ芸がない。 あめんぼあかいな・・・・じゃあ、景色がもったいないし。 

そーだflair。 ひたすら稽古したあの話。

.

ある日、古道具屋にひとりの男がやってきた。 うらぶれた背広を着て、手にはなにも持っていないので・・・・・・

.

そうです。 P-actでやった「あなたが思い出を売るとき」。 「夢を売る男」と言い続けた人もおられましたが・・・・・。 

だれもいないんですよ、声出す人。 私の声だけが、断崖から海へ飛ぶんです。 とーーーーっても気持ちいい。 

.

売るものがなにもないのです。 ご覧のとおりです。 じゃあ、なにしに来たんだね。

. 

ここで念のため後ろを振り返る。 まだだれもいない。 よし。

.

・・・ だが、しかし、男のロマンスは・・・・

.

というところで、後ろから足音がやって来ました。 お母さんと子どもふたり。 遠巻きにして私を不思議そうに見、断崖の先の方へ。

あ~あ、いいとこだったのに。 話が終わらないまま、いち旅行者にもどっちゃいました。

Photo_2 .

話は変わるんですけど、

五稜郭に足場が組まれて、たくさんの舞台照明がセットしてありました。 市民創作「函館野外劇」が、毎夏ここで行われているのだとか。 もらってきたパンフには、五稜郭を舞台に函館の歴史スペクタクル75分、と書いてあります。 前売り1800円。 飛び入り参加募集中、だって。 公演は、7月8月の土日をメインになんと計11回! すごいなーー。 どこで、どれだけ稽古するんだろう。。。。と思い、つい写真を。 全国で取り組みがあるんだろうなあ、こういう市民参加劇。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月30日 (金)

再会 Ⅳ

Photo

どうです! おいしそうでしょう?

函館五稜郭タワーの見える居酒屋で食べた刺身盛り。 いちばん手前にある赤身はクジラです。 半解凍で食べました。 おいしかったわーー。 向こうのほうにはホッケのホイル焼き。 これも、おいしかったわーー。 

大学サークルじゃり研の仲間・BUN-CHANと。

不思議なことに、彼女とこんなにたくさんしゃべったのは初めて。 同じサークルで合宿もしたのに、なぜか接点の少なかった彼女と私。 知り合って何十年もたってから、懐かしいと言っていろんなこと話してる。

上賀茂神社の芝生の中にはもう入れへんねんで。 

‘味蔵’もうないの? 友達があの店でバイトしてたよ。

合宿で小豆島に行ったのは、いつだったっけ~。

諏訪湖も行ったよね。

え?! 行ったー?

○○くん、どうしてるかなあ。 知ってる?

私、ホテルでバイトしてたんだよ。

へ~、私も!

懐かしいと思う過去の記憶というものは、とっても部分的なものなんだということがわかる。 同じ飲み会の場にいても別の輪にいたぐらいだから、共通する過去の記憶が少なく、それがかえって新鮮だったりする。 過去の中の私の世界と彼女の世界が、ちょっとつながる。 もうもどらない過去を今つなげても、今の自分は変わらないのだけれど、なんとなく嬉しかったりする。 もうもどらない過去も、彼女や私のたしかな一部なのです。

あの頃のことだけじゃなくて、今のコトもたくさん話をしました。 偶然ですが、彼女も家庭塾をやっています。 算数・数学専門だそうです。 

1週間に1回60分だと、なかなか学校の勉強に追いつかないよねえ。

今、家で息子にパソコンみてもらっててね・・・・。

人間の顔の皮脂に一番近いのは、オリーブオイルなんだって。

なんでこんなに涼しいのにハンカチで汗ふいてるのか、不思議ぃ~~。

え? 暑くないの? 

.Photo_4

6時にホテルのロビーで待ち合わせをして、居酒屋を出たのはたしか10時半頃。 よくしゃべりました。 彼女、車で迎えに来てくれたんですよ。 びっくりでしょ? でも、いま‘代行車’なるものがあるらしい。 知ってました? 私は知らなかったー。 車1台に2人で来てくれて、そのうちの1人が自分の車を運転して家まで車もろとも連れて帰ってくれるシステム。 

彼女は、忙しいのに最後に飛行場で見送ってくれました。 

いい旅をありがとうhappy01。 

(行く先々で、友人にお世話になってる私ですpaper。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月29日 (木)

どらいぶ・とぅー・江差

Photo_2運転疲れなくボーーーーッと電車やバスに揺られるか、時間制約なく自分のペースで行き当たりばったりに行動するか・・・・・迷ったのですけど、やはり今回もレンタルしちゃいました、車。費用は多少高くつきますが、ナビ君とのふたり旅、 この自由さはゆずれない。 短い旅行期間、 せっかく来たのだから行きたいところはいっぱいある。 この機を逃したら、もしかしたら、もう一生行けないところがあるかもと思うと動かずにはいられません。

2日目は今にも雨が降りそうでしたが、江差まで遠出することにしました。

窓をあけて走る。 風の涼しさ。 遠くまで来ると、景色がちがう。 森のたたずまいがかわる。 エゾゼミが地味に鳴いている。 少しのエゾゼミが同じ音量で道沿いに鳴いてるもんで、運転しながら耳をすますと、まるで一匹のセミがずーーーーーっと鳴きながらついてきているように感じる。 傘になりそうなほど どでかいフキ。 もしかして、コロボックルが様子をうかがっているかもしれない。 お。 あれは、イタドリかーー? これもいやにでかいなぁ! 違う種類かなぁ? ・・・・と、きょろきょろeyeしたらダメダメdanger。 気がつくと、スピードメーターが、高速道路でもないのにビックリするほどの数値を指しています。 アブナイアブナイ。 しかし、制限速度の標識が少ないんだもの。 いったいここは何キロ制限なのだろうかと思うところが多かったです。 だから時々パトカーの巡回にでくわしたのですね。 パトカPhoto_3ーが目に入るたびにアクセルをゆるめる、というわけです。

.

厚沢部(あっさぶ)の道の駅にいた木です。 

.

ちょっといいでしょ。

.

厚沢部で買った生のブルーベリーを口にほうり込みながら少し行くと、江差に入りました。 江差の道の駅は、超小型。 

Photo_5江差にね、繁次郎という人がいたんだって。 頭も目も鼻も大きい、とんちの効いた人だったんだって。 

繁次郎像の下の方に言葉が書いてありました。

「笑え めろえ へば ええごと ある」

‘めろえ’がわからない。 

自動販売機に近づくと唄が聞こえてきました。 これが江差追分やろか。

江差はニシンで栄えたところです。 町並みはとても美しく保たれています。 家は、昔の北海道ふう か 西洋ふう。 どちらも素敵です。 

蕎麦を食べたら、お店の人が車はここに停めておいていPhoto_7 いよ~~、と言ってくださったので。 海を見ながらてくてくてくてく。 人も少ないし、ここの方達はとてもにこやかでおだやかだし、海はずっといっしょだし、、、、、はァ~~~のんびり~~~。 帰りのバスの時刻を気にしていたら、こうもいかない。 出かける前にお金おろせなかったのを思い出したので、ここの郵便局でATM。 

「どこから来たんですか~?」って、よく聞かれました。 京都からだと言うと、何人かの方に「ありがとう。」と言うてもらいました。 そんなに遠くからきてもらってありがとう、って。

‘ありがとう’は、不思議な言葉です。

往復4時間弱。 存分に、ドライブした1日でした。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月28日 (水)

土方づくし。

Photo土方歳三さん、いやぁ、この4日間、よくお会いしましたね。

まずはラーメン店‘味彩’近くにある五稜郭。 

新撰組の副長だったあなたは蝦夷にたどり着き、ここ五稜郭を本陣とした函館政府の一員となったのでした。 

函館奉行所が新しく再現されていましたよ。 明日29日から公開なのだそうですけど、私は残念ながら外から写真を撮るだけでした。

.

. 

Photo_2次の日、ニシンそばを食べに(はて?)江差へ行きました。 

旧郡役所兼警察署は、ちょっとばかし見晴らしのいい場所にありますね。 ここから土方さんは、幕府軍とっておきの開陽丸が沈むのを見て、たいそうくやしがったとか。 

そうそう、この建物の修復(壁のクロス)には京都の川島織物さんが一役かっているのだそうですよ。

.

.

. 

Photo_3土方さんが馬上で新政府軍の砲弾を浴びた‘最期の地’_一本木にはハマナスがたくさん実をつけていました。 

ここね、今はたしか福祉センターだったと思うんですけど、私の友人が点字ボランテイアをしているところなんです。 

まあ、なんという縁でしょう!

.

.

.

Photo_4きのう行った立待岬付近には、碧血碑というのがありますよね。 

私、そこは行けなかったんですけど。 いえね、運転疲れでね。 まる2日運転したもので。。。 函館山にも行っておきたかったもので。。。 

で、話を戻しますと、そこに旧幕府軍の戦死者800人とともに土方さんも埋葬されてるかも、ってガイドブックに書いてありました。 

まぁ、ここにも土方さん。

.

.

Photo_5そして私、函館山の上にある土産物屋さんで見つけました! 

函館発・土方歳三あんぱん。 

金時あんがたっぷり入ってて、、、ごちでした。 

土方さんが食べたらなんと言うんでしょう。 聞いてみたい気がします。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月27日 (火)

たしかに千の風が、

たしかに千の風が、

.
大沼公園は「千の風になって」が作られたところなのだそうです。

あらゆるところで、いろんな方を向いて、風が吹きわたっています。

葉ずれの音が楽しそうです。

駒ヶ岳を眺めながら、コンビニパンをかじってます。

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月26日 (月)

はぁ〜るばるきたぜ函館ぇ〜♪

はぁ〜るばるきたぜ函館ぇ〜♪
はぁ〜るばるきたぜ函館ぇ〜♪
はぁ〜るばるきたぜ函館ぇ〜♪
はぁ〜るばるきたぜ函館ぇ〜♪

.
というわけで、函館にやってまいりました。

ひとっぷろ浴びて、さっそく朝市へ。

迷いそうなぐらい沢山の路地に沢山の店が並んでいます。ほとんどが海産物扱い。

ぷらぷら歩いておりますと、お声がかかります。
「どこから来たの?」
「味見していってよ。」
いちいち味見してたら、気の弱い私のことです。土産物を買わなきゃならないはめになるので、ハハハ・・・となぜか笑ってやりすごします。

が、が、珍しいものに目をうばわれ、ついつい店のおっちゃんとしゃべってしまうー。写真、白くきれいな二枚貝。それからデモンストレーション用の干物。聞いたけど忘れてしまった魚とマンボウと甲イカ。
「写真だけ撮らせて。」
「いいよ。150円だけど。」
「ぇ〜。さっきの店でも言われたー。350円だった!」
「ハッハッハー。うちのが安いね〜。」

とにかく、朝ご飯を食べたい。だけど朝から海鮮丼は要らない。フツウの朝食を。。。 さがすのに疲れて入った食堂でイカ刺定食を。やっぱ美味しい! 細く切られたイカの透明なこと! それから、別の店で買った生トウモロコシ。食べたことあります? ジューシーで、ほんのりあまいです。

そろそろ帰ろうとしたら、、、なんということ! 朝市エリアからどうしても出られない(汗)。計60円也のトマト3個とキュウリ1本をぶら下げて少々焦り始めたとき、また声がかかりました。
「おーい、なにをさがしてるの。貝? 魚?」
振り返ると350円!のおっちゃんでした。


道をさがしてるんです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月25日 (日)

旅 発

旅 発
旅 発
旅 発
旅 発

.
関空です。  快晴です。

さて、私は関空から飛んでどこへやって来たのでしょう。

ヒント① ‘あじさい'という店のラーメン食べましたーbirthday

ヒント② 土方歳三

ヒント③ 個人的なヒントで申し訳ないんですけど、じゃり研の文太に出迎えてもらいました。

ヒント④ エアコンはいった関空より涼しいよ〜♪

さてさて、ここはどこでしょう?

わかる?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月23日 (金)

サルは学習する。

私はここへ引っ越してきたとき、風呂場の外にイチジクの木を植えた。 風呂場の窓に木の葉が顔をのぞかせたらいいだろうなと思ったからで、 実際、イチジクの葉はとてもあまい香りがする。 

ユニットバスの天井にカビを発見! 今朝は、天井のカビ拭きを兼ねてひさしぶりに風呂掃除。。。。。。していると、風もないのに木の枝がいやにしなっている。 

flair

まさかsign01

やつが食事中?

窓越しにそぉ~~っとのぞくと、

やっぱし。

うちのイチジクの枝をひっぱっては大きな実(花)をもぎとるやつと目が合ったeye

目線を私からそらさずに枝からイチジクをもぎとり、おいしそうにふくらましたほっぺたをモゴモゴさせている。 その距離やく1メートル。 「こら。」と一度は言ってみる。 やつは全く気にしてない。 ビクっともしない。 

しかしなんですな。 ニホンザルのいうのは、なんともかわいい目をしているもんで、、、、なんとな~く ま、いいか的な気分になってしまい窓の網戸を閉めた。 いや、この至近距離で、この目に油断したがために風呂場の中の私めがけて跳んできたらと咄嗟に思い、目をそらした。(負けた。) どっちにしろ、やつをほっておいて風呂掃除再開。

あとで偵察に行くと、おいしい真ん中だけ食べたイチジクの残骸がぼたぼたと落ちていた。 なんて悔しい。 

Photoムクドリに食べられないよう、大きくなったイチジクに袋がけをしておいたのだけれど、それが全滅! ムクドリじゃない。 サルだ。 袋は引きちぎられてる。 やつにとって、イチジクにかけた白い袋は‘おいしいイチジク’の目印になっていたのだー。 サルに、これ美味しいよ~と教えてやってたようなもんだ。 とほほほほ。。。。。(ノ_-。)

イチジクの季節が終わるまで、やつの訪問はつづくのか。

こんど、どこかでイチジクが売られていたら買ってこよう。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月22日 (木)

おてんとさま。

 今日は、2010721

 朝日と

 夕日を

 ふたつも目撃sunsun

 こんな日は

 めったにないよ。

 日が山から顔を出したときには

 もうすでに夜は明けていたし、

2010721_2 日が沈んだ後もまだ

 世の中明るかったんだ。

 ところで、

 ご来光と対になる言葉は

 なんだろう。。。。。

 さて、

 あまりにも眠たいから

 もう寝ますsleepy

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月21日 (水)

ツマグロヒョウモン

2010717_2.

ここら辺りでよく見ます。 ♀です。 ♂はもうちっと地味です。 実家のある伏見では、見たことなかった蝶です。 

とても優雅に舞っています。

名前がわからなくてね。ネットで調べて、やっと判明。 幼虫や蛹の写真ものっていました。 

あ。 見たことある! この赤と黒の毒々しい幼虫~~~。 てっきり毒をもった蛾の幼虫だと思って、即、退治してました。。。 知っていたら、生かしておいたものを。

地球温暖化で、生息地がだんだん北上してるんだってeye

.Photo_2

My Gardenの旬40

キキョウ

(花言葉:変わらぬ愛・誠実・従順)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月20日 (火)

イメージです。

先日ヨガで。 インストラクターの先生いわく、

「もうちょっと力ぬいて~。肩甲骨をするするする~~って下げていく~。」

肩甲骨・・・・って、するするする~~~って下がるんですかぁ~?

「するするする~~・・・・・っていうイメージイメージ(^ ^)v。」

別のインストラクターの先生いわく、

「肩甲骨をアバラから引きはがすポーズをしてみましょう。」

これ(も)、イメージ・・・・・ですかぁ?

「はい(^-^)、イメージです。」

う~~~ん、イメージかぁ。 

と思っていたら今日、朗読教室で。 先生いわく、

「同じ文章でも、赤い話やコワイ話やかたい話、、、、、になるんです。」

・・・・・  ・・・・・  ・・・・・  む、むずかしいですね。

「そうですね。 イメージするんです。 いろいろやってみましょう(^o^)/。」

むむむむむ、ここでもイメージだ~~。 私は、、、、なんだったけー。 お。 いろんなことが次から次へと押し寄せてくる話にしようとしたのだけれども、やってるうちになにやってんだかわからなくなってしまったー。  足りないのはイメージ力か?表現力か?

と帰宅して晩酌してたらテレビの中で。 渡辺謙が、声優チャレンジする芸人にしおかすみこにアドバイスしていわく、 

「気持ちをセリフにのせるんじゃなくて、心の中にしっかりイメージしたものを出すときそれが声にのってくる。」 とかなんとか。。。。。

でた~~~。 ハリウッドでもイメージだーーーー。

大切なのらしい。 うん。 とても。

イメージする力と イメージを表現する力は、イコールなのだろうか。。。。。てなことを考えないで、とにかくこの夏いろいろやってみることにするrock

.

MPhoto_2y  Gardenの旬39

ムラサキシキブ

(花言葉:聡明) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月18日 (日)

夏の朝 ☀

2010718

.

5時半起きで出かけたのに、太陽はすでにかなり上。 つば広帽子のすきをねらって紫外線が容赦なく攻撃~。 これでは遅い! もうちょっと早くに起きることにする? 決心するには、とっても勇気がいりそうだー。

でも、

この、日差しが起き出す前の空気はかなりの気持ちよさだろう。

Photo池の水も雨に一掃されたか、最近にない透明感で、カメのペアもほらこのとおり。 主のようなコイはもちろん、小魚まで見える。

今日は、早寝!

・・・・・・・・できたらいいな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土)

雨あがり。

写真はふたつとも昨日のもの2010716_2

今朝はいい天気だからまたちがった写真になったんでしょうけど。

雨上がりの木々は、いい匂いがします。

宝が池を歩いていると、すれちがう人に何度か訊かれました。

「きょうは、道、通れますか?」

ここ何日か行けなかったあいだ、大雨で通れなかった箇所があるらしい。 山からの水と池からの水が道にあふれ、通ろうとすると、小さな犬などは顔までつかるほどの水深だったらしい。 そんな日にも2010715 散歩してた人がいるらしい!

周回の道には浅く小さな側溝があるのだけれど、そこに積もっていた枯葉がみごとにきれいに洗い流されていました。 

大雨の効用。

昨日は朝から蝉(ニイニイゼミ?アブラゼミ?)が鳴き、夕方にはヒグラシまで鳴き出し、田んぼの上には赤とんぼが満載。 

お。明けるか? そろそろ、梅雨。

.

・・・・・て言うてたら、晴れて梅雨明け~。 私の勘も まんざらじゃあありませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月16日 (金)

ルポ☆美顔鍼

さてさて昨日の美顔鍼。Photo

緑色の髭みたいなのが、鍼です。 緑の先に細く短い鍼がついています。(見せていただきました。) 刺すときは、ま、ハリですから、チクっときます。 

なんで顔をハリで刺したら‘美顔’なんですかぁ?って、ハリハリ顔のまま聞いてみました。 ハリは約20本ほどささってます。

鍼で刺激する(傷つける)ことによって、身体が(肉が)自らを修復しようとするのだそうで、それを利用して老化防止するのだとか。 もともとは、美顔じゃなくて顔面神経痛などの疾病予防のためだったのを、美顔にも!っとなったのだそうです。

何分か、このミドリ髭おばさんのままじっとして、そして抜き、あとは指圧?のような・・・。 これは、小顔整体や指圧エステと似ています。 

20分ほどでした。

今、この美顔鍼からまる1日以上たってますが、なるほどたしかに顔をさわるとやわらかい。 たるみが解消したかと言うと、ん~~~、ですが、でも、笑いやすい口を動かしやすい! ヴォイストレーニングで先生によく「アと言うときは顔を上げない。下あごをを下に下げる。」と言われてなかなかできずにいるのですが、 それもカンタンにできてしまうー。 発音がうまくいかなかったのは、顔がこってたせいでもあったのだーーー。 と、言い訳したら、、、だめ、、、ですよね。 はい。 わかってますthink

.Photo_2

  My Gardenの旬38

  リュウノヒゲ

  (花言葉:変わらぬ想い・天才)

  この花が、秋になると藍色の実になります。

  小さい頃、好きだったなあ、この実。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月15日 (木)

美顔鍼をはばむものはっ?

美顔鍼(びがんばり?)なるものがあると聞いたから、即おためし実行rock。 

バイトを終えて、車で室町通りを南へ下っていったら、ら、らら? あともうすこしで着くというのに、すぐそこにその鍼灸院があるというのに、、、、通行止めdanger

道の真ん中に、鉾(ほこ)が、で~~~ん。

Photo

 Photo_2

鉾って、船みたいだ。 あさっての巡行を待ちのぞんで、街角のそこここに停泊していました。 

そっかー。 祇園祭、真っ最中だった。 忘れていた。

ただでさえ一方通行carが交差していてややこしいのに、ここも通行止め、あそこも通行止め。 通れる道はいったいどこなのか。 どこをどう行けば駐車場parkingに行けるのか。いきあたりばったりに、とろとろ進む。 

あったー、駐車場parking。 料金を見てみたら、なんと10分で100円wobbly。 でもなあ。祭だからなあ。しょうがないかなあ、今日は。 となりの駐車場をのぞけば1時間で500円だったので、そっちへよいしょとお引っ越し。

祭の中を、鍼灸院まで歩きました。 

2010715これは、豊田屋さんの店先に だだ~~んとつりさげられた布。 

創業272年を記念して、恋、いや、鯉が272匹描かれているそうで、そのうち2匹は金の鯉なのだそう。

2匹の金の鯉をさがせたら幸せになるかも・・・・って立て札がありました。

え?

美頑鍼はどうなったって? 

それは、明日ルポします。

今日は、まつRぃ! 宵々山。 

今頃、街はごったがえしてるだろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月14日 (水)

なんなんだこの雨は!

2010715_3すごい雨ですねぇ。 テレビもラジオも、今日は一日中あめ・おおあめ・雨・被害。。。 

空の上には、ひっくり返すバケツがいったいいくつあるんだろう。 空ワールドカップ・バケツ返し、なんてあるはずないし。

斜面に建ってる我が家。 比叡山からの土石流でウチが高野川まで流されてしもたらどーしよー。

と言うと、息子が、

川までは行かへんやろう。 小学校のグランドで止まるって。

そっか~、よかった。と、お馬鹿な親子会話をしてるバアイやない。 

その高野川は、けっこうヤバイ水位で、こわいくらいどやどやと南へおし流れてく。 小学校の校門前は、用水路からの水であふれてるし。 道は川。 空地は沼。 うちン中では、生乾きの洗濯物がいつまでも減らない。 エアコンを止めれば、室内は一気に湿度80%!

けれども、家の中が泥だらけになった方々は、今頃。。。。 家族が見つからない方々は。。。 と思いながら、10日間も読みためた新聞を読み、塾の夏休み用チラシを作った。 雨に降りこめられて、とても静かに。

お。 また降ってきた。 どれだけ降るんだ? なんなんだこの雨は?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)

本日8097歩なり。

14時。 地下鉄・国際会館駅へ向かう。 ここ2~3日、朝のウオーキングしてないから歩かなくっちゃ。。。foot 10分ほど歩いたところで、私の横へすーーっと車が停車。 ご近所の方でした。 駅まで乗せてあげるとおっしゃるから、素直に乗車。 だって、ご近所のお付き合いというものも大事ですし。むげに断るというのもなんですし。

17時。 ヴォイストレーニング終了。 いつものことながら、これ終わると急におなかがすくなぁ。 地下の京都土産の菓子店で生八つ橋を 京都駅前のコンビニでおにぎりを買う。 この、買い物ウロウロもウオーキングのうちや~ん。

17時半。 さて。 今晩は19時から たいよ~劇場を観に行く予定。 前回も行きたかったんだけど行けなかったからなあ。 どんなところやろ。 どんな雰囲気やろ。わくわく♪ バスで行くか。 河原町を通るバスって何番のバスなんやろう。 けど。 今からバスに乗ったら6時前に着いてしまう。 たいよ~劇場が始まるまで、時間空きすぎや。 と思案してたら205系統のバスが数秒停まって、で、出て行ってしまった。

よし。 歩くか。 バス停3つぐらいやしな。 2010713_2

暑いから、ちょっとでも地下から行こう。 と、また地下にもぐる。 へえ~。 京都駅前の地下もいろいろと道が続いているもんだ。 けど、迷わんうちに上へ出ようかな。

          ?

                    ?

ま、とりあえず、歩こう。 。。。。。。run 。。。。。run 。。。。。run 。。。。。run 

迷ってしまったsweat02。 

あのォ~~~、河原町は、あっちですか? こっちですか?

「河原町? はんたいはんたい。 こっち行ったら堀川に行くでー。 私もな、ようあるんやがな。 ここ、どこやろう?ってなぁ。」

私、京都のもんなんですけど、、、、迷いましたーーpaper

「なんや~。京都の人かいな~。そんなら教えんといたらよかったわ。って、うそうそ。」

たすかりました。 急いだはるとこ足とめてすんません。 もうわかると思いますし、先に行ってください。

「ほな。」 と5メートルほど先に進んだところで、振り向いたその方。 「ついでやから教えてくれへん? 私な、よう 人に道を聞かれるねん。 ぼーーっと歩いてるからや、って言う知り合いもいるんやけど、私、今、ぼーーっと歩いてるように見えた?」

いえいえ。 なんだか優しく教えてもらえそうな気ィしたから。。。。。

「や・・・・っぱし! そやろそやろ。 優しそうに見えたん? ありがとう! ほな。」

道を聞いたのにありがとうと言ってもらって、やっと河原町へ。 それにしても、暑い。 かなりの湿度や。 これ、ホットヨガとおんなじ環境とちがうやろか。 な~んか髪の毛が湿ってるなあ。 これは、汗か? 雨か? じと。じと。じと。じと。 早くエアコン環境の中に入りたいよ~。 おなかもすいたし。

18時。 ひと・まち交流館に到着。 はァ~~~dash。 買ってきた八つ橋とおにぎりを食べたり、トイレで化粧なおしたり、ケータイメールの整理したり。

19時。 たいよ~劇場のはじまり~。 あやつり人形劇とか紙芝居とかパントマイムとか。 かぶりつき席で 楽しみました~。 今日の日時はtamaさんに教えてもらったんだけど、他にも知ってる方がたくさん。 先日の朗読公演で照明をして下さPhoto_2った方(名前、わすれちゃってsweat01 m( _  _ )m ) も!  tamaさんに、今度 出てみたら?、と言うてもらったけど、ダメだーー。 このなかには出られない。 もっと修行してから、もっと上手くなってからにする。

何時に終わったのか、覚えてないけど。。。。 京阪・清水五条までまた歩く。 あ、若いころ勤めていたビルだ。 街路樹にかくれて少しだけ見えた。 なつかしいなあ。  ここの景色もなんだか変わってしまった。 京阪の駅名も変わったし。

出町柳で乗り換えて、叡電の駅からまた家まで歩く。

しめて8097歩なり。 

雨降っても 歩けるもんや。 私にしたら上出来や。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)

いちじく三兄弟

2010712.

                                            ちわーーーっ。 いちじく三兄弟です。

今年は、こーんないびつなかたちのが多い。 どうしてかな。 雨が降るたびに ずんずん・・・と大きくなるところをみると、実のできはじめに雨が少なかったせいかしら。 けど、こんなふうに並べてみると、けっこう愛嬌あります。 それぞれに目・鼻・口・眉なぞ描いたら、いいキャラできそうですねぇ。

Photo_3.

.

.

.

.

今年こそムクドリに食べられないぞーっと袋をかけたのは、1週間ほど前。

. 

Photo_4.

.

.

.

今日見に行ったら、、、、、袋をやぶってきっちり食べられてました。 とほほ。 で、残っていたのがこの三兄弟。 

ムクドリの食べ残しは、ダンゴムシが食しております。

Photo_5.

.

.

.

まるごとポキッともがれて落ちているのは、、、、ムクドリだろうか~? くちばしで、こんなにできる? やはりサルかなあ。 とったのなら、食べてけよannoy。 ダンゴムシが食べきれないのは、地面で腐って辺りいちめん腐臭がただようのだ。。。。。

この三兄弟。 明日は、味見される運命であります。 いまごろ冷蔵庫の中で我が身の運命をかみしめていることでありましょう。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日)

投 票 所

投票所

参議院選挙投票所でのアルバイト。 昨日3時間。 今日14時間。 もちろん今日は休憩あります。2食付き。 地元の小学校に、久しぶりに足を向けました。 

昨日は、投票所設営のお手伝い。 土足で歩けるよう床にシートを敷きガムテープで貼り、長机や椅子を会場に並べて白布をかけ、『投票所→』や『禁煙』『投票用紙交付』『庶務』などの紙を貼り、鉛筆・ゼムクリップ・輪ゴム・湯飲み茶椀・ごみ袋などの準備をする。 投票用紙に記載する台の設置は、今回、別のことをしてる間に終わっていました。

今日は朝6時半集合。 私の仕事は主にふたつ。 投票用紙を渡すこと。 それから、投票所で働いている人達のお茶の用意・後片付けをしたり、鉛筆を削ったり。 つまり、猫の手です。 今日は雨だったので、滑る方がないように床をモップで拭いたり。 そして、投票終了から30分での片付け! 

投票用紙を渡す時には、「これは、選挙区の投票用紙です。」「これは、比例代表の投票用紙です。」と言うことになっています。もらったマニュアルに書いてもあるのです。 何百回、言っただろう。 朝のうちは「え?」と聞き返されることがあったので、せっかくだから発声の練習だと思って、いろんな高さの声で言ってみたりもしました。 投票所だからあまり大きな声も出せないので、低い声の方がよく通じるように思いました。

雨なのに、前回の知事選挙よりたくさんの人出。 杖ついて。車椅子で。補聴器つけて手話と口話で。 鼻にチューブつけて。 親子で。 壊れた傘しかなかったんです~、と言いながら。 犬の散歩がてら。 息子の保育園の時の担任の先生。 私が去年行ってた学校の先生。 息子の幼馴染(今回、選挙デビューなんです)。

人が集まる場所というのは、やはりおもしろいです。 近所に住んでいるのに、選挙のとき投票所でしか会えない人もいる。 ひさしぶりィ~~、どうしてた~ん、というわけです。 

最初に名前と誕生月日を聞いて本人確認をするんですけど、、、、

「○月○日。あ!ちがいますっ!それは、娘の誕生日やった!」 とか。

「なんで生年月日を言わんとあかんのやろう。」と言う方には「ネンは要らないんですよ、ガッピだけでいいんですよ。」と 声かけてあげましたー。

人が途切れた時に私も投票。誕生日を言うと、係の人に「よっしゃ。当たってる。」と言うてもらいました。???

投票用紙を渡したら、、、、

「だれに投票したらええか教えてえなあ。」とか。(もちろん言えません。)

ものすごく緊張して、「初めてなんで、どうしたらいいのか教えてください。」と言う方には、説明を。 候補者の名前を書いたらいいとか。政党名を書いてもいいとか。 

ご苦労様です。お世話になります。ありがとう。 と、一日のうちに何回も言っていただけるアルバイト。 14時間もあるけど、いろんな人に会えて、ちょっと他とは色の違うアルバイトです。

お、息子が試合から帰って来た。 聞いたらば、期日前投票したとか。

よしっ。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月10日 (土)

枝豆がお好き?

洗 濯物を干そうとしたら、ベランダの屋根の上に植物が乗っPhotoていた。 

さては、藤のつるがこんなとこにまで這い上って来たか。 

いや。 這いあがってきたんじゃない。 地上とつながってないもの。

鳥が、巣作りのための草か葉っぱつき木の枝を落としていったか?

いや。 鳥じゃない。 根っこがついているもの。 鳥は、こんな太い枝の植物を引っこ抜けない。 それに、カラスやトンビがそんな重労働をする必要があるとは思えない。

洗濯物を片手に持ったまま首を上に向けたまま、 よく見ると、 見たことのある実のシルエット。。。  

枝豆だー!

となりの畑では大豆を栽培しておられる。 と、昨夕、この界隈の屋根から屋根へどすどすと跳びはねていたサルがいたことを思い出した。 なにやら食べていた。 

枝豆たべてたんだ。 うちの屋根で。 。。。。

生で食べるかーーーーーっ。

あ、ちゃうちゃうsweat01。 そことちゃう。

ビールは要らんのかーーーーっ。

あ、あ、それもちゃうちゃうsweat01

勝手にヒトの畑から作物を採っていったらあかんやろーーーーっannoy。 と、これでした。

勝手にヒトんちの屋根にとまらんといてーーーーっ。 と、これも言わしといて。 せっかく洗った服にサルの抜け毛がついたら、、、いややん?

サルも枝豆がお好きなよう。 

で、

生の枝豆って、おいしいんやろか?

Photo_2 .

My Gardenの旬 38

アガパンサス

(花言葉:誠実な愛・恋の訪れ)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 9日 (金)

「長田弘 詩集」

先日の朗読公演で読んだ詩「最初の質問」を書いたのは、長田弘(おさだひろし)という方でした。 他の詩も読んでみたくて、図書館で詩集を借りてきました。

まだPhoto 全部に目を通してないんですけど。

そのなかのひとつ。

.

        クロワッサンのできかた

.

     むかしむかし、あるところに

     深い森の奥の、そのまた奥に、

     魔女が一人で気ままに暮らしていた。

.

     ひとりでも淋しくなかった、忙しかったから。

     粉をこね、パンを焼く、クッキーを焼く。

     終日、ケーキづくりに余念がなかった。

.

     家だってぜんぶ、手づくりのお菓子の家。

     床と柱はパンで、煙突はチョコレート、

     窓は白砂糖、壁はクッキーでできていた。

.

     森の奥はいい匂いで、いつも一杯だった。

     ところが魔女は、いつでも腹ペコだった。

     パンは大嫌い。クッキーも、ケーキも大嫌い。

.

     齢をとったもとったも、石のように齢とった

     魔女の大好物は、何だったとおもう?

     子どもだ。とらえて、ぐつぐつ煮て、食べる。

.

     甘いおいしい家で、魔女はじっと待っていた。

     いつか子どもたちが森の奥に迷い込んできて、

     甘いおいしい匂いに誘われて、扉を叩くのを、

.

     ところが、待っても待っても、誰もこなかった。

     それでも、魔女は毎日粉をこね、パンを焼き、

     そうして、どうしようもなく、腹ペコだった。

.

     ある日、空腹のあまり、足元がふらついて、

     魔女は転んだ、どッとばかりパン窯のなかへ。

     バタンと窯の戸が閉まった。それでおしまい。

.

     あとにはただ、魔女のかたちのパンだけがのこった。

     いつも腹ペコだった、パンつくりの名手の魔女の、

     鉤状の鼻のかたちしたパン__クロワッサン。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年7月 8日 (木)

初  蝉  

よっこら。201078 

ふう。 やっと出てこられたわ。

ここまで来るのも ひと仕事ですわ。

すだれでちょっと休んでまんねん。

あ。

こないだ、ぎょうさん雨降らへんかった?

そやろそやろ。

土の中も雨漏りや。 えらいこっちゃ。

もうちょっとサナギのままでいようと思たのに、も~。

やっぱなあ。 

まだ梅雨でっか?

もうそろそろ夏が来てもええんちゃうかぁ?

宝が池でも、

ウシガエルにまじって下草から虫の声が聞こえてるそうやで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 7日 (水)

水の道

Photo_2ホウセンカの導管を観察。 6年生。 導管とは、水の通り道。(導管という言葉は、小学校では出てきません。) 

あらかじめ色水を吸わせておいたホウセンカを、カッターナイフやメスで切り取って、双眼実体顕微鏡で観ます。

茎の赤いホウセンカ(赤い花が咲くホウセンカ)が多かったので、青い水溶液を使用されました。 水に溶かす青い液は花屋さんで売ってるそうです。私は、‘この観察には白いホウセンカに食紅を溶かした水’と思いこみ、白いホウセンカがなければ観察できないみたいに思っていたのですが、いろいろと方法はあるもんです。 食紅は、澱粉がまざっているから植物内での通りがよくなく、むしろこの方が良いらしいです。 なるほど~。 

上の写真は、根っこの断面。 下の写真は、葉っぱの断面。 パウチした方眼紙の上にのせています。 ひと目盛りが1mmです。 こうすると、だいたいの大きさがわかるでしょ?茎の写真も撮ったはずなんだけどなあ。 ありません。Photo_6

ひととおり子ども達が観たあとでケータイを取り出し、あーでもないこーでもないと写真撮ろうとしていると、女の子が観察する茎や葉を写りやすい位置にだまって動かしてくれました。

私は授業内でのサブ。 あまり厳しくうるさく言わないので、子ども達の間をぐるっとまわっていると、子ども達からぽろっと出る本音(愚痴?)が聞けたりします。これが、面白い。 今日は、

「こんなん見て、なんになるん?」

と言うので、

「きれいや~ん。 こんなん本や画面や写真で見ることはあっても、ホンモノを見ることは一生のうちでもうあんまりないんやで。チャンスやで。」

Photo_8と言うておきました。 

納得できたかしら。。。

確かにこれを見ても見なくても、成績に直接かんけいするわけではありませんし、‘導管’なんてことを一生知らなくても生きていけますし。 でも、と私は考えるのです。 顕微鏡をのぞいたときのワクワク感や 小さな世界を見るときに頭のなかを走ってく‘うわーー’という思いは、必ずその人の心の財産になると。 ま、とくに理科じゃなきゃってわけでもありませんけどね。

同じ液を白いグラジオラスに吸わせたものがありました。

子どもPhoto_10たちへの興味づけのためだったと思うのですが、あんまりきれいなので、思わずパシャ。 

この液を地植えの植物にやったら、花の色が変わるんだろうか。 いっぺん自分の庭でためしてみたい気がするなあ。 

.

.

.

.

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

じゃことピーマンの炒め煮

じゃことピーマンの炒め煮

.
        万願寺とうがらしも入ってます。

        鰹節もさいごに入れました。 

        くたくたに煮る人もいるけど、

        私は歯ごたえと濃い緑を残すほうが好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

しゅうさま

高校時代、「しゅうさま、大好き! しゅうさまが。 しゅうさまが。」と毎日言い続けていた遠藤周作ファンが友達の中にいた。 

ぺ・ヨンジュンのことをヨンさまと言うファン達のことが話題になったのは少し前だが、私は、テレビなどで‘ヨンさま’という言葉を聞くたびに、この友達のことを思い出したものである。

彼女は読書家だった。 数ある作家の中で、遠藤周作を選んだのはなぜだったろう。 英語の得意な彼女だったから、あるいは英語とかかわりの深いキリスト教への興味からだったのかもしれない。 

私達の高校の修学旅行は東北行きで、新幹線や国鉄特急を乗り継いでの旅(大移動?)だった。東京駅で新幹線から特急へ乗り換える数分間の間、彼女はクラスの列を離れた。 おそらくダッシュで。 公衆電話をさがし、遠藤周作の家へ電話をかけるためである。 東京の人が羨ましい、しゅうさまと同じ東京にいられるのだもの。 そう言っていた彼女は、しゅうさまご本人とは話せなかったらしいが、電話でしゅうさまとつながったと言ってにこにこしてクラスの列に戻ってきた、ように記憶している。

いやがる私を舞台へ出したのも彼女である。 文化祭の時、たしか彼女はクラス劇の中心で、作品を選び(作り?)演出もやっていたように思う。 私はその頃、しっかりとアウトロー。クラスで力を合わせて思い出を作るなんぞ、できることなら関わりたくないと思っていた。 体育祭には一度も出なかったし、夜遅くまで残って道具を作るということもなかった。 ましてや、大勢の目にさらされる劇に出るなど以ての外だった。 それが。 当日。 彼女は、私のところまでやってきて言ったのだ。

「どうしても、出演者が少なくて場のもたない場面がある。 ○○さんと二人で、通行人をやってくれないか。右から左へ歩くだけだから。」と。

アウトローだったわりにうまく断る言葉も信念も持ってなかった私は、201074用意してあった浴衣に着替え(それは時代劇だった)、うまく髪形を整えられ、とんと背中をおされて劇の中へ。 背中をおすタイミングで彼女はもうひとこと言った。 

「やっぱり、ひとつだけセリフを言ってね。」

いやだと言いかけた時にはもう舞台の上だった。 なぜか私は覚えている。 そそくさと 自分の足をひたすら見つめて歩きながらつぶやいたそのセリフ。 客席の、だれにも聞こえなかったであろう蚊の鳴くようなセリフ。

山形屋さんへ行きましょうよ。

あれから*十年。  人の前に出るのがいやでたまらなかった私が朗読や朗読劇しているなんて、不思議である。 *十年たってやっと、ヴォイスの先生に、いい声になってきたねと言われたばかり。 彼女は、どこでどうしているのだろう。 ひさしぶりに読み返してみようかな、しゅうさま。

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 3日 (土)

猫会議(=^・^=)朗読公演 終了~

Pact7か月稽古してきた朗読の公演が終わりましたdash

どしゃぶりのなか、蒸し暑い中、遠いところを来ていただいた方、ありがとうございました。 

バケツをひっくり返したような雨に降りこめられて、誰も来なかったら、、、、、と開演前は不安にもなりましたが、おかげさまで満席に近い会場で 親しい方々の優しい視線にまもられながら朗読することができました。 

とはいうものの、

あんなに近いところからお客さまの視線を感じたのは初めてだったのと、近いところからの本格的な照明も初めてで勝Pact_3手が違ったのとで、もう、台本持つ手が震えてしまいましたsweat01。 膝も震えがと まりませんでした。 朗読のまっさいちゅうには、喉の奥になにかひっかかってヘンな声になるし。。。。。 

心の中では (´Д`;≡;´Д`)アワアワ。 舞台には魔物が住んでいる、と飛鳥井先生も本番前に言うておられましたが、一匹ほど、私の頭の上をかすって行ったようでした。

ぎゅっとつまった時間をもてたこと。 無事公演を終えたこと。 お世話になったスタッフの方達や‘夜の部’の方達、ともに稽古してきた‘昼の部’メンバー、それにもちろん飛鳥井先生に感謝です。

こつこつPact_4と悩んで(?)どきどきして汗かいて、やっほー本番終わったーーという一連のサイクルが、だんだ んクセになってきているようで、はまってきてるようで。。。。。 

ひとつ なにか終わるたびに、新しい人達とつながっていくのも、なんとも言えず楽しい。

人生の材料は なんだと思いますか?

最初に、みんなで読んだ詩「最初の質問」より。

| | コメント (5)

2010年7月 2日 (金)

マイクロメートルの世界

Photo .

これは、ボルボックスです。 微生物。 単細胞ではないのですが。 実際に顕微鏡のガラスに乗っているのを、理科室のテレビに映しだしておられたので、そのテレビ画面をケータイで撮りました。 

5年生の授業。

子ども達は2人に1台、顕微鏡を使って同じものを見るんですけど、こうしてテレビでも大写しになっていると、ああこんなふうに見えるんだなと目安になるから、安心して顕微鏡を使えている気がします。 今日は、双眼顕微鏡じゃなくて、見なれた普通の顕微鏡です。

1ミリメートルの1000分の1を 1マイクロメートルというのだそうです。 つまり、1ミクロンです。 ボルボックスは500μm(ミクロン)ぐらいだそう。 数百の細胞が集まって、こんなまあるいかたちで生きているのですねぇ。 寿命はとれくらいなんだろう。

ゾウリムシも撮ろうと試みたんですけど、これが動く動く! 写真がブレルブレル! こいつらは、なにを考えてこんなにせわしなく動き続けているんだろう。(脳はないんだろうけど。) ミドリムシは、もっといけない。 ちっこすぎて、写真だと緑のウヨウヨする点々にしか見えない。 

Photo_2これは、ツノオビムシ(とんがったやつ)とオビケイソウ(梯子みたいなやつ)。 カタチがすてきです。

ただ、テレビ画面をカメラで(ケータイで)撮ると、なんていうか、バックに模様が出てしまいます。 教室の蛍光灯も きっちり写ってますねぇ。 やっぱ、顕微鏡の接眼レンズにカメラのレンズをくっつけて撮るのがいいようです。

しかし顕微鏡はおもしろい! 別世界を垣間見られます。 小さい頃にのぞいた万華鏡も思い出します。  

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木)

目覚めの遭遇

201071 .

寝ぼけまなこで裏の戸を開けると・・・・・・・・・、 出たぁーーーーーーーsign03

目が合ったーーーーーーっsign01

なんで そこに すわってるのや。 うちの塀やで。

どいてっ! と、小声で言うてみた。 襲われたらこわいやん?

と、赤い顔がこっちにぬうっと突き出たっ。

な、な、なによ。 なんか用? うち、食べるもんないで。

ケータイ向けたら、そっぽむいた。 目もふせちゃってまあまあ。

写真がブレてるのは、手ェが・・・ちょっと・・・ふるえてたのかも。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »