2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 落  下 | トップページ | はるたべ »

2010年3月16日 (火)

瓢箪から歌舞伎

瓢箪から歌舞伎

「あした、あいてます? 歌舞伎って観ます?」

昨夕。 とある店で。 

「3階なんですけどね、明日の歌舞伎の券があまってるんです。 もしよかったら、行きませんか?」 

って声かけていただきましたnote。 久しぶりに、思いついて行った店なのですよこれが。 もう超ラッキーshine

行きたいですっ。 歌舞伎って、観たことないですし。 

「そうですかー。 意外と面白いですよ。」

でも、、、、私が行かせてもらっていいんですかー?

「いいですいいです。 ‘かっぱ’のお礼です。 観に行ってたんですよ、こないだ。 いっぱいの人でしたねえ。」 

観に来ていただいてたんですか? ありがとうございますっ。 じゃあ・・・・note

ということで、 なんと初歌舞伎を無料で観てきました。  じゃあ・・・とは言ったものの、考えてみれば、 ‘かっぱ’をチケット買って観に来ていただいて(get)、そのうえ歌舞伎の券もいただいた(get)。 もらってばっかですよねえ。 。。。。。 ま、いいか。 ここは深く考えないでおこう。  これは、もしかして、‘かっぱのおくりもの’かもー。って、これは調子にのりすぎでしたdown

いやあ、おもしろかったです。 三月花形歌舞伎。 3階の席とはいえ、下手側の一番前で、もしかしたら2階の後ろの方よりも見やすかったのかもしれない。 こないだのイッセーさんのや白石さんのは舞台をを見上げてたのだけれど、今回は上からの俯瞰。 これまた面白かったです。 花道のところがちょっと見えにくかっただけで。   

  1. 双蝶々曲輪日記((ふたつちょうちょうくるわにっき)(角力場) 
  2. 曽根崎心中 
  3. 連獅子 

私が知っている役者は中村獅童だけでしたけど。 だれがナリコマヤでだれがオトワヤなのかは、さっぱりでしたけど。 よくTVで、ギャグめいて使われてる言葉や場面も この歌舞伎からきてたのでした。 近松の曽根崎心中というのは、こんな話なのでした。 ‘おはつ天神’というのは、曽根崎心中の話からきていて、大阪駅の近くなのでした。 連獅子というのは、毛の長いカツラを回す踊りなのではなく、ストーリーがあるのでした。 歌舞伎(南座で?)では、休憩時間に客席で飲食可能なのでした。 

連獅子は、狂言も入っていておかしかったし、お囃子の音の表情がとても豊かでした。 楽器という道具で、同じ音でもあれだけの表情の違いが出せるのですねえ。 連獅子【博多人形】

それぞれの役者がいくつかの役を演じていて(同じ話の中でのひとり二役もあって)、その声の表情を分けて演じるというのも すごい!!。

浄瑠璃と役者の台詞の掛け合いが、ワタクシ的には新しかった。 これって、今の言葉を使って洋曲だったら、ミュージカルだflair。 と思いつくと、客席にいながら わくわくしました。

ということで、

今日は、‘瓢箪から駒’ならぬ‘瓢箪から歌舞伎’な一日でしたー。 

« 落  下 | トップページ | はるたべ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425845/33803196

この記事へのトラックバック一覧です: 瓢箪から歌舞伎:

« 落  下 | トップページ | はるたべ »