2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

  • 2011627
無料ブログはココログ

« イッセー尾形の「これからの生活2010in京都」 | トップページ | 瓢箪から歌舞伎 »

2010年3月15日 (月)

落  下

玄関前を掃いていたら、卵殻のカケラと黄身すこしが 落ちてたんです。

も~いややなあ~。 どこの家やろ。 生ごみはちゃんとしっかりゴミ袋に入れてだしてほしいなあannoy。 

けど、よう考えてみたら、

今日はごみの日やない。

朝はこんなん落ちてへんかったし、、、、とミステリーな気分で目を50センチほど移すとeye、、、

ェェ━━━━(゚∀゚)━━━━ sign03

まだ目も開いていない鳥の雛が、ぐったりと落ちていました。

ほんまに び・・・・・っくり。 一瞬、息するの、わすれました。

ちょっとまえに、玄関前の木に山鳩がじっと逃げずに動かなかったときがあったんやけど、それは、この木に巣があったってことなんやろか。 そしたら、この子ォらは、山鳩の子ォなんやろか。 なんで落ちたんやろ? 風か? 猫か? 黄身が少ししか残ってないということは、卵のほとんどは食べられてしもたんやねえ。 flair 猿やろか? こないだも、近所の子(人間の)が、うちのインターホンをピンポ~ンして「猿がいるし家に入れへ~ん。ちょっと来てsweat02。」言うて来てたしなあ。

とにかくや。

このまま ほっといたら あかん。

袋に入れるべく 段ボールの切れ端で雛を転がすと、もうすでにかたくなっていました。 空を飛べへんかったんやなあ。

わるいけど、土葬やなくて火葬にさしてもらうわ。 あした、ゴミの日ィやし。

« イッセー尾形の「これからの生活2010in京都」 | トップページ | 瓢箪から歌舞伎 »

えとせとら」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425845/33788328

この記事へのトラックバック一覧です: 落  下:

« イッセー尾形の「これからの生活2010in京都」 | トップページ | 瓢箪から歌舞伎 »