« 満員御礼 m( _ _ )m | トップページ | あ、こんなとこに馬鍬が・・・・・。 »

2010年3月 2日 (火)

「かっぱのおくりもの」

はあ~~dash。 いま徐々に 物の怪ワールドから帰還しつつあります。 私は、オープニングではウサギ、最後ではカッパをやらせていただいたのでした。 よくよく振り返ってみますれば、参加人数が多かったわりには、ふたつとも舞台の真中で声出したり動いたりする役をいただいていたのですねェ。 有難いことですconfident

オープニングは、台本をもらったのが2月に入ってからでして、稽古は直前の数回! 自分で立候補した役だったのですが、なっかなかセリフが覚えられなくてsweat01、、、もう舞台に出る直前まで舞台袖でぶつぶつぶつと ひたすらあの3回の似たようなセリフをとなえておりました。 なので、あの3回のセリフの微妙な声の違い__タマさんとの掛け合いの中で生まれる‘タマさんとの人間関係’というかタマさんに対するウサギの気持ちの変化というか__を表現する余裕は、私には持てませんでしたdown。 覚えやすいように、自分の生活に合うように、ちょこっとセリフを変えたりもしたのですが。 ま、表現の余裕は、時間的なものじゃなくて、私の技術的なものなのでしょうけどー。 

「もう いっそのことな、‘お酒飲んだり、ビール飲んだり、焼酎飲んだり、牛乳飲んだり・・・・’にしといたら?」

「そうやな! ‘ケーキ食べたり、まんじゅう食べたり、クッキー食べたり、チョコ食べたり’とか。」

楽屋でぶつぶつ覚えてる私に、こんなヤジが部屋の隅からとんできたりしたものでした。

Photo 「 葵の上・鵺物語・羅生門の後だから、がらっと雰囲気を楽しげに変えるつもりで。最初の語りが大事なんやから。 笑顔やで、笑顔! カッパになったあとも、どんどんはじけてや。 3匹のカッパの個性も出してや。」

と、何度も指摘されていたカッパ。 

はじけるって? 個性出す、って? どう動けばいいのだーーー。 具体的に教えてほしいわーー。 私は、芝居したことないし!。。。 と悩み、これも最後まで鏡の前でカッパ研究してました。 

笑顔。 これが一番の難関。 

とにかく、最終週は毎夜の稽古。 帰宅してもテンションあがりきってすぐには寝付けない。 しかも、朝はいつもどおり6時前後には起き、仕事・家事をしなきゃならない。 当日27日の10時半から13時半までがゲネプロ(お客さん以外はすべて本番通りに行うリハーサル)。 本番までの間、体は休めてテンションはある程度保って・・・・。 っていう疲労の中で、笑顔sign01

どーすりゃいいのだーーー。と思いついたのがflair、耳からのリラックス。 TSUTAYAで枝雀&やすきよ&きみまろのCDをレンタルしてきまして、車の中や家で聞いて笑う時間をふやすことに。 私の場合、本番前の緊張・不安・疲労には、やすきよが一番効きましたpaper。 本番直前は、舞台袖に入るのを(羅生門エリアに入るのを)極力おくらせ、イヤホンで聴いていたのがnotenote。 嵐はいいなあheart04。 やる気モードになれます。 でもね、羅生門から遠ざかることには成功したんだけれども、カッパモードにはなれないまま‘嵐’のまま舞台に出てしまったようなsweat02

けども、

そんなこんなはありましたが、楽しかったsign01。 日常以外の世界(カッパのいる百井)に身をおけることも楽しかった。 それから、客席からの視線というかオーラというか、そんな‘空気’を受けることが楽しかった。 

きのう楽屋へ荷物を引き取りに行ったら、あんなにたくさんの仲間がいたのに誰もいなくて、あ~あ 物の怪ワールドは消えたんだなあって寂しくなりました。 

気がついたらオリンピックが終わっていました。 

|

« 満員御礼 m( _ _ )m | トップページ | あ、こんなとこに馬鍬が・・・・・。 »

朗読・語り・劇」カテゴリの記事

コメント

こちらこそ、ありがとうございました!
厳しい感想、ってなんでしょう? 今後のために、知りたい知りたい!

投稿: 風 | 2010年3月 4日 (木) 21時06分

お疲れ様でしたー!
そして、ご苦労様でした。
沢山お世話にもなり、ありがとうございました。

いろいろ言ってかんにんです。

カッパ、いい味出してたよね。

ただ、もののけ編もわらべ編も、私のお誘いしたお客様からは、かなり厳しい感想も頂いています。
私が、初めてゲネで感じた不安というかアレ?と思ったことをより厳しく感じたらしいことがわかってそれもちょっと、、、でした。

長期にわたり、ありがとうございました。
また、どこかでお会いできますように。

投稿: ピッピ | 2010年3月 4日 (木) 19時30分

‘カッパ’は個性つぶつぶだったでしょ? 送り出しの時、知らない方から「かっぱァー!」と手を振ってもらったのも嬉しかった。去年・おととしのメンバーが観に来てくれてる、ということも、出演者の支え・励みでした。 (#^.^#)
すてきなパンフ作りも、ありがとう!

投稿: 風 | 2010年3月 3日 (水) 21時42分

風さん、お疲れさまでした!
ウサギといい、カッパといい
フットワークのよい風さんにぴったりのキャラでした。
カッパの3人は結構ウケてましたね。
僕は一度、烏丸ストロークロックの芸術センターでの
ワークショップで丸さんと一緒だったけど
独特のムードを持った人でした。
ASAちゃんも終始笑顔で、雰囲気をもり立てていました。
そして風さんのちょっとヤンチャなカッパがいい!
毎年こうして変化していくんやね「京見つ」も…。
打ち上げの様子が浮かんできますよ(笑)
そうそう、百姓のあの人のなんとも言えん
脱力感もすばらしい!

投稿: den | 2010年3月 3日 (水) 09時59分

うんうん、そう思う! こどもって得だなあ・・・・って、あれ見て私も思いました。おんなじことを言うてウケルには、大人はひと工夫もふた工夫も要る。 って思うのは、言い訳かーーーっ。

投稿: 風 | 2010年3月 2日 (火) 23時40分

せんぱーーい!!おもしろかったよぉ。

皆さん、とてもお上手と思っていたら、本格的に朗読を習っていらっしゃる方々だったんですね。

あの、歯切れの良いせりふ回し。
見習わなくては!!


先輩のかっぱ、かわいかったですよ。

キャラが立っていて、面白かったです。

お着物でいらした先輩と、あのあと、お茶をして、いっぱいお話をしてしまいました。

とても、楽しいひと時を、ありがとうございました。


それにしても・・・こどもは・・飛び道具だ。

どんなに上手な人も、こどもにはかなわない・・・かも・・

投稿: ゆめこ | 2010年3月 2日 (火) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425845/33608351

この記事へのトラックバック一覧です: 「かっぱのおくりもの」:

« 満員御礼 m( _ _ )m | トップページ | あ、こんなとこに馬鍬が・・・・・。 »