2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

  • 2011627
無料ブログはココログ

« あら月が | トップページ | もっかい読んで。それ読んで。 »

2010年3月21日 (日)

「オモイツキ 路地にみえるさくら」

「オモイツキ 路地にみえるさくら」

また芝居かぁーーー。どんだけ観に行くねん!

と、PCの前でツッコミを入れてる人がいるんやろうなあと思いながらキーを打ってますcoldsweats01

まあまあ。

今日はパララン翠光団の「オモイツキ 路地にみえるさくら」。 西陣ファクトリーにて。

去年の春ここで、パラランワールドと自分の想像ワールドがコラボした記憶があります。なので、今日の列車内での会話&夫婦喧嘩の話&昔の悔しい思い出を語る女優の話&古マンションの話を どうつなげてよいものやら想像しているうちに1時間終わってしまいましたー。不思議な世界にいたことだけは確かであります。 あとで、あれはどーつながっていたんですか?とそのまま聞いたらば、無理してつなげんでもええねんで・・・とのこと。入り口でもらったチラシを読んでみたら、ちゃんと‘オムニバス’って書いてありましたsweat01

「オモイツキ・・・」の最中に黄砂まじりの風うなるBGM。 天窓からの光が、ベンチに置かれたヤカンにスポットをあてていました。 そんな偶然自然の演出(?)も素敵でした。 そう言えば去年は、お向かいのお寺の鐘が途中でBGMしたのでした。 そうでしたそうでした。

桜はどこに登場したんだったか。 あ、そうだ。 列車のまどから見えていたのだった。 そうだったそうだった。

パラランワールドは、独特の世界です。 もと西陣織のネクタイ工場だったとかいう場所も、‘独特’なのかもしれません。 今日は外に出たら、黄砂の空から 青空がもどってきたところでした。

« あら月が | トップページ | もっかい読んで。それ読んで。 »

朗読・語り・劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425845/33874531

この記事へのトラックバック一覧です: 「オモイツキ 路地にみえるさくら」:

« あら月が | トップページ | もっかい読んで。それ読んで。 »