2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 青いやん! | トップページ | 朝から鉄砲 \(*o*)/ »

2010年2月 7日 (日)

「凪の刻  ~ナギノトキ~」

「凪の刻」

大学サークルの後輩が芝居の公演をするというので、昨日は姫路まで行ったのでした。 そのサークルは演劇、ではありません。 じゃり研と申します。 いろんなものを自作し持って、保育園や幼稚園をまわっていたのです。

それはさておき「凪の刻」。 彼女が属する劇団は‘共鳴空間’と言います。 7回目の公演なのだそう。 今回は、超未来的幻想奇譚。 SFです。

えーーっと。。。。。 

未来の人類は、遺伝子改造して 細菌・病原体への免疫を完全に獲得しておりました。 つまり、病死というものはありません。 ええなあ。インフルエンザもなんのその! 平均寿命は今の2倍ほど! 人生いっぱい楽しめるshine  しか~し、その代わりと言っちゃあなんですが、なくしたものもありました。 それは生殖機能。 これはなぜかと言いますと、免疫機能が完全すぎて、細菌病原菌だけじゃなく、他人の遺伝子をも拒絶・攻撃するようになったからであります。 いやぁ、いいことばかりじゃあありません。 超老齢化社会の末、人間が絶滅してしまうのですから。 

そこで、人類は妊娠出産にかわる‘人間の存続方法’を考えるんです。 それは、マザーシステム。 妊娠出産できる人間=マザーを捜し出してとらえ、なんと機械に接続! そのマザーの体内で‘細胞芽’を培養してクローン人間を増やし続けるのであります!

「ガラクタもガラクタなりに一個一個刻み込んでんだ、それなりの過去ってもんをね。」 

このセリフが、やっぱり ぐぐぐ・・・・・っ。 話は展開していき、最後、登場人物だけでもハッピィエンドなのが救いでした。 

パテーションを使った場面換えとか、 客席に背を向けて命果てる場面とか、 話の発想とか、、、私にとっての‘新鮮’をもらって帰ってきました。 それと、自分の公演稽古へのモチベーションっていうのか気持ちが、ぽんっと新しく切り替わったような感じがしました。

雪の京都から 晴天の姫路へ。 現代から未来へ。 縦と横に 日帰り旅行してきましたpaper

« 青いやん! | トップページ | 朝から鉄砲 \(*o*)/ »

コメント

ゆめこさんの方にまず感想を書かなきゃ、と思いつつ・・・・すみません。(これからそっちに伺います。)

「きょうみつ」、来ていただけるととっても嬉しい!! だけど、お仕事もあるのに(忙しい時期に突入するのに)申し訳ない気も。私はホラ、バイトだから。 あまり無理しないでね。

先輩、遠いところをありがとうございました。

カワイイお花と「きょうみつ」のちらし?チケット?もありがとうございました。

でも、私が一番嬉しかったのは、先輩の昔と変わらぬ笑顔でした。

せっかく来て頂いたのに、つたないお芝居しかお見せできず申し訳ない。せめて、楽しんで生きている様子をお伝えできたならと思っています。

この劇団は、私にとって「大人のクラブ活動」のつもりでやっています。

先輩にも、多くのお仲間さんがいらっしゃる様子。この年になると、その仲間がいることが本当に有り難いですよね。

「きょうみつ」もうすぐですね。見に行かせて頂きます。それまで、お風邪など召されませんように。最後の練習を乗り切ってください。


では・・・。

感謝を込めて・・・・       ゆめこ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425845/33288866

この記事へのトラックバック一覧です: 「凪の刻  ~ナギノトキ~」:

« 青いやん! | トップページ | 朝から鉄砲 \(*o*)/ »