2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 続・出前朗読劇 | トップページ | 産みますメール。 »

2010年1月26日 (火)

水琴窟

水琴窟

日前、四条西洞院にある京町家へ行きました。

だいどこ(台所)を通ったさきの中庭に水琴窟がしつらえてあります。写真の左側がだいどこのある家屋で、右側には蔵。 音を聴くための竹筒が置いてあるのだけれど、その竹筒を使うまでもなく、庭に入った途端、素敵な音が空間をとんでいました。 シャリシャリshineと? う~ん そんな音やないなあ。 キランキランshineと? うまく言葉で書き表わせません。 琴の音より細くて、氷が陽に反射してるような音。 街なかやのに、こんな音が聞こえてくるほど静かです。

これを考えた人は、どんな人やったんやろうか。 どんな顔してどんな声したはったんやろうか。 仕組みを作った、っていうよりも、音をつくったってかんじ。 これは、すごい!水琴窟

聴き惚れていると、家の中からおっちゃん登場。

「ええ音やろう? 澄んだ音や。 あんさんみたいやなあ。」

、やってーーーーーーnote  ほ ・ ほ ・ ほ。

お愛想でも、うれしおます。 とくに、心つかれたときなんか。

ちなみに、この京町家、行ったら見学させてもらえます。 中では、小物とか着物とかを売ってはります。  だけど、3月いっぱいで閉館なのだとか。。。 この音聴けるのも、今のうちなんでしょうかねえ。

« 続・出前朗読劇 | トップページ | 産みますメール。 »

コメント

チヌ太郎さん___。

  そんなに言ってもらっちゃってsweat01 おもいっきり大きなすり鉢でゴマを大量にゴマすってません? 胡麻和え好きだから、嬉しいです。ありがとう。 実は、今も昔も、すねたり羨ましがったり嫉妬したりと、どろどろなんですよーー。

土佐さん___。
  
  ここの音は本当に綺麗でした。同じ場所でも温度や湿度によっても違うのかもしれません。 帽子、気に入って、毎日 愛用させていただいてますheart04。 ボンボンつけて買い物に行ったり、稽古にざくっとかぶっていったり。 また写真撮ってアップしますねーnote。 

水琴窟いい音色でしょうね。
京都の町だからよけい風流なのかもね。
四国も高速道路のサービスエリアにあるんですけど 
なんとなく場違いみたいで
情緒なんて とても とても...

(京都のお菓子とどきました。
 どうもありがとう。
 下手っぴなニットなのに
 よけい気使わせたようで
 気が引けました。
 mkgん所にも持って行きますね。
 きっと京都を懐かしがることでしょうね。)

「ええ音やろう・・・。」って、風さんはどんな音を奏でながら生活してらっしゃるのだろうと考えてしまいます。
やはり昔のままで涼しげな感じなのでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425845/33136907

この記事へのトラックバック一覧です: 水琴窟:

« 続・出前朗読劇 | トップページ | 産みますメール。 »