« 三日月ねむる☾ | トップページ | パンジーその後 »

2010年1月10日 (日)

えぞしか談義

えぞしか談義

えぞしか(蝦夷鹿)のステーキを食べました。

イタリア料理casa bianca(カーサビアンカ・今出川寺町西入ル)にて。
昨日は、朗読教室の新年会だったのです。

えぞしかって、なんかの味に似てるなぁ。

そやな,牛でもないし、豚でも鶏でも魚でもない。 けど食べたことあるねんなあ。 なんやったっけー。

鯨!

そやそや、鯨sign01

むかしは、安かったもんなあ、くじら。

ハリハリ鍋とかおでんに入れて食べたよねえ。

給食にも出てきた。

スキヤキにも。

そー言うたら、まったけ(松茸)もスキヤキに入ってた!

まったけも、今ほど高うなかったもん。

えーっ、松茸をスキヤキに?! それは初耳。松茸じゃなくて椎茸でしょ?

椎茸入れるん? スキヤキに?

・・・

とまあ、鹿が 話にのって、椎茸まで流れつきました。

先生を囲んで、美味しく楽しいひとときでしたnote

.

ところで、

入ってましたよねェ。 スキヤキにまったけ。

|

« 三日月ねむる☾ | トップページ | パンジーその後 »

」カテゴリの記事

コメント

いやぁ・・・・我が家だけじゃないですよ~。 スキヤキにきのこ、入れるでしょ? シイタケがないときは、まったけ・・・てなことで、入ってたわけですよ。きのこの一種として。 今じゃ考えられませんけどね。

投稿: 風 | 2010年1月12日 (火) 21時55分

それは存じ上げません。
第一、そんなモッタイナイ(笑)
すき焼きっつーのは各地で
いろいろですからねぇ。
それは風家のみ?

投稿: den | 2010年1月12日 (火) 13時48分

風さん、ありがとうございます。
場所は、姫路城のすぐ近く、駅から15分くらいかな。みゆき通りというアーケード街を行くのですが、1つ手前の交差点に、石垣が見えて引き返す人がいます。石垣の道を越えて、もう少し行ってください。突き当たりの大手前公園のすぐ手前のビルです。
 7年前に仲間と旗揚げをしました。
ものすごく、手作り感のある芝居です。
でも、何しろ素人劇団ですので、無理はなさらないでくださいね。
 ご来場を楽しみにしています。

投稿: ゆめこ | 2010年1月11日 (月) 23時21分

ゆめこさんhappy01

*0年前の、そのまったけスキヤキ会の現場に、私はいませんでした。くくく・・・・sweat02。食べたかったなあ。おそらくその時のパートが違ったからでしょうね。

芝居のパンフ、素敵ですね。今、スケジュールを確かめてるところでごさんす。


らいおんさんhappy01

こちらこそ!! あなたがいてくれるおかげで、私は、力をぬいて笑顔にもどれます。これからも よろしくね~。

投稿: 風 | 2010年1月11日 (月) 21時34分

2月28日、楽しく終えたら…『えぞしか』以上『鯨』以上『松茸』以上の美味しいご飯を食べましょうね〜(^O^)

2月27日、28日、き〜っと、いいものが生まれますよ〜!!どんなものが生み出せるか、とても楽しみでワクワクします♪
『生む喜び』を共有しましょうね♪

あなたから、いつも“おいしいPOWER”をもらっています。私にとって、大きな糧でお手本なのです!

最高の一瞬を一緒に楽しみましょうね〜。
遊びましょうね〜\(^O^)/

投稿: らいおん | 2010年1月11日 (月) 14時43分

すきやきに松茸・・・
実家では入れませんでしたが・・・

下宿していた頃、風さんと同期のK藤さんが、実家から送ってきたと言うことで、すき焼きに入れたのをごちそうになりました。

その時のメンバーは忘れましたが、とっても楽しかったです。

でも、終わり頃にK籐さんが一言・・・「この人数には(松茸が)少なすぎたわね・・」

とんでもございません。学生には過ぎた贅沢をさせて頂きました。しかも・・先輩の中に私まで混じっていてごめんなさい・・

先輩たちのお陰で幸せな学生生活を送らせて頂きました。

ところで・・・こんど姫路で芝居をします。
パンフが素敵なので、アップしてみました。

http://blogs.yahoo.co.jp/yume07272005/59367990.html

よろしければ・・

投稿: ゆめこ | 2010年1月10日 (日) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425845/32930094

この記事へのトラックバック一覧です: えぞしか談義:

« 三日月ねむる☾ | トップページ | パンジーその後 »