2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

  • 2011627
無料ブログはココログ

« 12歳若返る?! | トップページ | 「獅子の時代」 »

2009年12月 3日 (木)

しまらない話

服を着替え、戸締りをし、コンロとストーブの火が消えてることを確かめ、トイレに行き、ケータイ・さいふ・テキスト・飲み物がバッグに入っていることも確かめ、念のため鏡を見てshine、チャリを出し、、、、おしっ、さー出かけるぞー。 いざ朗読教室へ。

交換用引き戸錠#鍵# 日本カバ ミラスター 玄関の鍵をかけようとしたら・・・・・閉まらない。 鍵が回らないkey。 え? 朝ウオーキングに出るときは閉まったよな、たしか。 まぁ、そういえばここ数カ月、開け閉めしにくかったのは事実やけど。

気をとりなおしてもう一度。 

でも、閉まらないsweat02。 おっかしいな~。 なんかつまってるんかなあ。と、引き戸を右に左にスライドさせる。 動くんやけど、スムーズに。 鍵穴かしらeye。 のぞいてみるんやけど、べつに。 知らん人から見たら、なんか、わたし、アヤシイ人dangerみたいやろか。 とここで妙に自分を俯瞰してみたりなんか。 って、今はそんなこと言うてるバヤイやない。

いっぺん家ん中に入って、中から閉めてみる。 お、お、なんとっ。びくともしないsweat01。 動かへんわー。

このときすでに、家を出ようとしてから5分ほどたっていた。 チャリで移動するときの5分はビミョーにいたい。 ちょっとsweat01 こらあかんsweat01  遅刻するやんsweat01sweat01。 どーしょー、、、、、と、鍵を鍵穴から出したり入れたり、玄関の戸を開けたり閉めたり、玄関から出たり入ったり。 防寒対策ばっちりの我が身はもう汗だく。 

そやflair、裏からでよう。 なんで今までこんなこと思いつかへんかったんやろ。玄関の裏からしかかからないロック(これは鍵なし)をして、靴持って裏口へ~note。 

あ。

この裏口のかぎ、どこにあるんやろ? さがそう・・・・・・・・・としたけどやめた。 朗読教室開始まであと15分sign01  

しょうがない。

‘うっかり閉め忘れた’ということにして、私は、施錠より朗読をとったのであります。

練習中、‘うっかり閉め忘れた’と自分をマインドコントロールしようとしたんですが、かなわず(?)。 けっきょく、朗読教室のあいだ、心の後ろのほうに‘鍵かけなかった裏口’があって、おちつきません。 1時間半後、びゅーんとチャリをこぎ帰り、ネットで調べた‘鍵の修理屋’に来てもらいました。 とりあえずの修理をしてもらい、取り替える鍵を注文。 真ん中と端のと両方かえると、しめて4万円ちょっと。 けど、ドロボー被害にあうことを思えば、、、、ね。 別のところで買ったら、もうちょっと安うにすんだやろかぁmoneybag

閉まらない話、でしたー。

« 12歳若返る?! | トップページ | 「獅子の時代」 »

えとせとら」カテゴリの記事

コメント

裏口の隣が畑で、ちょうどその時間は農作業の真っ最中。おかげさまで__その方たちの目eyeがあったおかげで__侵入者も近づかなかったもよう。ほっ。

よ、四万…。
それにしても、たっかぁ!

僕もさぁ出るぞという時に
一回で出られた試しありませんが
鍵の問題は放ってはおけない…が
僕でも教室を優先したでしょう。
そして同じようにアタマの隅の方に縮こまっている
“例の一件”のことは考えないように…って無理ですわ。

お疲れさんどした!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 12歳若返る?! | トップページ | 「獅子の時代」 »