« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月30日 (水)

レコード大賞

レコード大賞

久しぶりにレコード大賞のTVを見ました。 

小さかったころは大晦日、紅白歌合戦前の2時間番組だったのに、なんとなんと4時間も! かさねてそのあとに‘おめでとうレコード大賞’なんていう番組までー。(見てしまったー。)

EXILE。 もー14人に増えてしもて、まあ言うたら‘モーニングむすこ’みたいや~ん。なんてぼやいたりしましたが、、、、、やっぱ、いいですねー、EXILE。 人数ふえた分、迫力もふえたのね。 とちゅうのジャンプがすごくHight! しかもいっせいに! パフォーマンスの動きが速くて、TVの中のEXILEをケータイで撮るの むずかしい。 これだけするのに、どれだけの時間をかけるのだろうか。 まあ、才能とかオーラというもんもあるし、大掃除とか他の仕事とかせずに これ1本なのだろうし。。。。。。って、プロのアーテイストとくらべてどーすんねん。

♪ あれから 数え切れないほど 

  夢をかなえてきたけど

  心はまだ君を想ってるよ

  あなたがずっとあなたらしく

  生きつづけられるように

  かわらない想い抱きしめながら 歌ってくよ ♪

胸にきざんで、

としがあけたら私も稽古の滝壷にダイブします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月29日 (火)

ジェルネイル

ジェルネイル

年末年始は爪を切らずに飾ろうと思っていました。

松ヶ崎にあるネイルサロン。 年内最終営業日_今日の夕方を予約。 この、ネイルする前に大掃除をやっつけてしまおうというモクロミ。 先の日に こういうのがあると、それまでにやらなけりゃーって がんばれる気がする。せっかく綺麗にしてもゴシゴシ掃除したらいくらプロ作の爪でもはがれてしまう。

で、昨日と今日で、トイレ・風呂・ガス台・換気扇・電灯のカサ・鴨居の上・TVの裏・電話の裏・ガレージを掃除し、電灯を新しくし、カーテンを2枚洗濯し、車のタイヤをオートバックスで冬バージョンにしてもらい、おまけに角掃きまでしたぞーーーー。 えらいわぁ。自分で褒めとこ。 こーゆーことは勢いが大事なんやね。 

後は洗濯機の下と玄関の戸と窓をきれいにしたいんやけど。 あ、あと、庭の手入れ。 まあ、ぼちぼちやります。 べつに年末にやらないとダメってわけでもないし。

で、ジェルネイル。

マニキュアとちがって、すぐカチーンとかたまる。 そしてはがれにくいと聞いていました。 乾かすときは、光の中に手を入れるんです。 逆に、空気の中だと、いつまでもべたついているらしい。 で、表面からかたまるのではなくて、中からかたまるのだそう。

透明の爪先に薄ピンクのフレンチ。で、片手につき1本づつ花のシールを貼ってもらいました。 もうね、指先のピンクの小花を見るたびウキウキします。(なんて単純!) 手入れされたしなやかぁ~な手指なら もっといいのですけれど

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月28日 (月)

死海の塩・ヒマラヤの塩

死海の塩・ロッキーの塩

左が死海の塩。

右がヒマラヤ山脈の塩。

両方ともバスソルトです。

どこがどうちがうか、って?

わかりません。

うちでは入浴剤のかわりにシママース(沖縄の塩)をいれたりもします。

似たようなもんかな?

入れ物が いいかんじでしょ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月27日 (日)

そらまめ

今日の午後は、文芸会館へ。 

1月に朗読サポートチームで出前朗読なるものをするので、そらまめその打ち合わせに。 読み合わせをしていると・・・・・、となりの和室から「みなさんっ、あけまして、おめでとうございますー。」などなどの声がっ。 ‘シアターワーク京都そらまめ’の面々が稽古をしていたのでした。 出前朗読の演出をしてるM氏が、そらまめの演出もしてはります。となりどうしの2部屋で、かけもち演出です。たいへんやぁ。

彼らは、正月に老人施設で「男は笑おうよ!トラ次郎旅日記」というのをやるらしい。 なんだか面白そうなので、読み合わせが終わってから観にいくことに~。 そこで撮った写真が、これ。 これはラストシーン。 青い山脈を歌ってるところです。

たのしかったわーーー。 温泉に行って、宿でビール飲みながら観てる気分でした。(ビールはなかったけども)。 ただひたすら‘客’になってました

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月25日 (金)

あんな、サンタさんがな、

うちの塾は個人指導なので、子どもたちは折にふれ筆記用具以外のものを持ってきます。

リコーダー。 「なあ聞いて!吹けるようになってん。」

とか。

なわとび。 「二重跳び、できる?」

とか。

工場見学の時の使い捨て紙帽子。 「なんで、これをもってきたのでしょう?」

とか。

今日はね、細かいものを両手にごちゃごちゃ持ってきました。私の「こんにちは~。」の「わ~」のところへ声を重ねて、早口あんな、サンタさんがな、で、

Xmas「あんな、お母さんが**でェ、おじいちゃんが★★でェ、お母さんの妹からは##でェ、サンタさんからは@@でェ、学童(保育所)のボランテイアさんからな、こ・これ、もらって~ん。」(#^.^#) 

と、持ってきたのが、このジクソーパズル。 段ボール製。 パズルのひとピースごとを幅広セロテープで丁寧にくるんであります。 裏にはこんな絵が! トラや~~~ん。 

それと、クリスマスカード。 どれも時間と想いのつまった とってもあったかなプレゼントをもらっていた彼でした。

と ガチャポンのおもちゃ‘くるっとアニマル’。 これが面白くてねえ。二人でひとしきり遊びました。 ケーXmas_3 タイで動画を撮ったのでブログに載せようとしたんだけれど、なんだかどうしたらいいものか。。。。。 ゴキブリ的な動きをするピンクのブタやねん。 かわいいでしょ? お見せできなくて、残念至極。

ええなあ、先生はなんにももらってへん。と言うと、帰り際にサンタの絵を描いてくれました。 おもちゃとか 気持ちストレートなプレゼントとか、我が家にはもうないものなので、とっても新鮮! かわいいわぁ。 もー、ピンクのとおんなじくらい。 

え?勉強? しましたよー。 漢字ドリル4ページとごちゃまぜ計算と文章問題2枚。 まったくもって濃い2時間でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月23日 (水)

火の用心

先日、理科学習の予備実験をした後、昼ご飯を食べにいったん帰宅。 家、近いもんで。。

我が家で‘残り物定食’ならぬオジヤを作りながら、予備実験のふりかえり。

アルコールランプを使う実験や。 実験当日は、子ども達がちゃんと火を消すのを確認しなあかんな。 アルコールランプの火、さっき消した・・・・・・よな。 よかったよかった。 しっかし、さむかったなあ。 教室ならまだしも、人気(ひとけ)のない理科室やもんなあ。 ガスストーブつけたから よかったものの。。。。。

そやっ。 ストーブやーーーー。 ストーブの火ィ、消すの忘れてたーーーー。 たいへんやタイヘンやーーーーっ。

と、すぐに靴を履き、学校への道をダッーッシュ。 走って3分です。 職場が近いっていうのは、こういうとき便利や。

あーーーーっ。 そやっ。 オジヤや。台所のガスコンロやーーーっ。 

学校への道で急旋回した私でありました。

.

火の用心 

乾燥する冬。 以後、気をつけます

写真は、舞台の緞帳を裏からみたところでありんす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月22日 (火)

柚子の日

冬至です。柚子の日

ボイストレーニングの帰り、京都駅地下で‘柚子ちーず’というお菓子を買って帰りました。

2時間みっちりトレーニングすると、けっこう おなか すきます。 

このお菓子は、京都市営地下鉄・駅ナカ限定スイーツなのらしい。 行きしな、売り場にはけっこうな人だかりがしていて、マイクでインタビューされカメラで撮られてた女の子も。 これは、食べないわけにはいかない。 この、イラストの絵もカワイイし。 正式商品名は‘麿のお気に入り柚子チーズ味’。

おいしかった・・・・! おいしかったんやけど、なーんか どっかで食べたことある味やった。

食べた後で入浴ターイム(晩御飯はまだです)。 柚子風呂やで。 浮かせた柚子は一個だけなんやけどね。 

しかし、

なんですな。 

昼が短いと なーんかせわしのうて、あきません。 明るい時しか活動しいひん私は、時間そんした気ィになります。 けど、あと2週間ぐらいしたら、早朝散歩もフッカツできるやろか。(そーです! あまりの暗さ寒さに、中断しておりますっ)。

Photo_3  しかし、なんですな。

冬には冬の、京の味、っちゅうもんがあります。 まあ、それも一興。

こないだ。 ゼスト御池で ‘海老と湯葉と聖護院蕪のスパゲティ’を食べました。 クリームと蕪の絶妙なコンビネーションでーーーーー、そらもう まったりと、美味しおした~。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月20日 (日)

笑い飯

笑い飯

残念やったわあ、笑い飯。

M1グランプリ、とれへんかったわ。

すきなんやけどなぁ、笑い飯。 あの、二重ボケ。

いっちゃん最初に観たときの、奈良文化博物館?やったかなんかのネタ、めっちゃおもしろかっったわあ。 あんときの抱腹絶倒!ハラの痛さをもーいっぺん味わいとおます。 

きのうのんも、おもしろかったのになあ。。。。。。。。。

こんど、なんか、おっちゃんM1グランプリーーーーなんて、つくらはらへんにゃろか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月17日 (木)

今年のパンフだよ。

今年のパンフだよ。 前回は印象深いピンクでしたが、今度はクリ―ミィな青緑(写真ではちょっとくすんでますね)。

私たちが出演する劇は、このなかの最終日。

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*

特別公演

      「京都で見つけた物語~地域発見~」

 2月27日(土) 17:30開演(20:10終了予定)

 2月28日(日) 13:30開演(16:10終了予定)

  ロビーでのパフォーマンスや物品販売もあります~ 

  ともに 京都府立文化芸術会館・ホールにて 

      (河原町広小路・府立医大病院向い)

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*

今回は祭り空間のようなものにしようということらしい。 今まで、小学生はおとなといっしょに出演していたけれど、今回はちがう。 こどもだけで、いくつかの劇を創ります。 

 入場料金は、 一般  1500円(当日1800円)

          小中学生500円(当日も500円)

前売りを申し込んでいただければ、チケットは取り置きいたします。当日、ロビーにてお受け取りください。 あと、ローソンでも購入可能だそうです。(その場合の予約番号は__52666)

見ている人達も ともに楽しめる時空にするべく、稽古にはげんでおりまする。 今回はね、河童の話・かえるの話・浦島子の話・鵺(ぬえ)の話などなど。

春、なかなか来ォへんなあ。。。。。。という時期に、元気でますよ ぜひ、おいでくださいな。 京都かあ、広小路かあ、なつかしいなあ、、、、、という方も、ぜひおいでください。 ついでに、‘他のなつかしスポット’に立ち寄って帰るとか、いかが?

この「京都で見つけた物語」のちらしも もうすぐ完成するのだそう。 できたらまた、アップしますね

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月14日 (月)

菜の花の苗を

菜の花の苗を ちょっとまえなんですけどね

学校が借りている畑で、菜の花の苗を植えかえました。私の仕事・・・・ではないのですが、管理用務員さんにお願いして、手伝わせていただくことに・・・・・。

写真に出ている二畝(ふたうね)__4列が、私の植えたところ。

どんなもんだい

この菜の花。咲きそうになったところでつぼみや先の葉のところをつみとり、ぬか漬けにします。いわゆる‘総合’という名の学習で、地域の方々に教えていただきながら、子ども達が漬けるのです。菜の花のぬか漬けってめずらしいでしょ? なかなか店で売ってません。この地域の食べ方だそうですが、みなさん、自分の家で食べるだけを作っておられるようです。

おいしいよ~。

上の写真のなかで、左上のほうに密集して生えているところがあるでしょ? そこから、じょうぶそうなのを選んで移植します。

で、菜の花の苗をその後が下のほうの写真。 選抜してもらえなかった若い菜の花たちが、打ち沈んでおりました。 せっかくこれまで育ってきたのに このまま土に帰ってしまうコノモノ達を残していくのも、 なにかしら後ろ髪ひかれるものがありましてね。 この世に生まれてきた者どうし、まあ、袖すりあうも多少の縁、と申しましょうか。 。。。。。。 その、つまり、ですね。 コノモノ達は、かき集められ持ち帰られ、我が家の栄養となったのでありました。 

胡麻和えで。 

ごっつあんです。 とれとれ野菜のおひたしは、極上です

| | コメント (6)

2009年12月13日 (日)

「流星の絆」

流星の絆 いやはや~。。。。 待ちましたー。 この本、面白そうやなあと思い図書館に予約したのは、去年のクリスマス過ぎ。  なんとなんと11ヶ月も待ちました。 やっとこさ、このあいだ読めたところ。 

小学生の兄弟妹3人で流星を見に、夜中こっそり抜け出した___その間に両親が刺殺されたところからこの話は始まるのでした。 推理小説+αな話。

流星の絆 DVD-BOX#DVD# ◆22%OFF!  

読み終わった後で、TSUTAYAに行き、DVDをレンタル。 TVで放映されたものです。 まだ1巻を見たところだけど、本とは違った感触でまたおもしろい。 

同じ物語なら、私はやはり先に本を読むほうがいいな。 読書では、自分で話のイメージ世界を創っているから、作者はんぶん・私はんぶん、なのですね。 映像から入ってくる世界は、作者+映像を創った人たち? 

「嫌われ松子の一生」 とか 「人間の証明」とかも、 私は先に本から入ったので、 これは、自分の世界も楽しめたということなのかもしれない。

ところで、

みました?

ふたご座流星ショー。 わたしはまだ・・・・。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月11日 (金)

ウルトラサイダー

ウルトラサイダー

自動販売機でこんなのを発見しました。

味はフツーのサイダーとおんなじなんだろうなあと思い、買わなかったのですが、1本ぐらい買っとけばよかったなあ。

なつかしい~!のもあれば、へーこんなのあったん?というのも。。。。

わたしはやっぱ、ウルトラマンの前のウルトラQが印象的。 番組始まる前の、不気味な音楽とマーブリングのような白黒画面。30分番組だったように記憶してるんだけど、子ども心に‘濃い’番組でしたー。って、この記憶も‘後付け’やろか。

しゅわっち!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月10日 (木)

スナック玉江

スナック玉江

夜の河原町、バルの前あたりです。 

夜の街は、ひさしぶり♪。

スナック玉江

文芸朗読サポートチームで飲みに行きました。 ちょっとまえにエコフェスタ2009で「ラブストーリー」を読んだ仲間です。 スナック玉江(たまえ)。木屋町蛸薬師。タマさんがよく行く店だそうです。

家を出る直前に‘赤星引退!!!’という衝撃のニュースを知って出かけた先の店に着くと、なんと中には タイガースのユニフォームを着たマスターがっ。

スナック玉江

これは、つき出し。 だだ茶豆入りのウインナーだそう。 

ひっさしぶりの飲み会で、たのしかったわあ♪。 

家に帰ったら・・・・・え・・・・・っと1時半?ぐらい? 帰りのタクシー運転手さんに「あ~、明日は早朝ウオーキング、できひん~。」と言って、「こんな時間に帰ったら無理やわな。あきらめ。」とかなんとか。。。。。。。 止まらない口を引き連れての帰宅、でした。 

シンデレラに、なれへんかったわ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月 9日 (水)

どこがすき?

3年生の教室へおじゃましました。 理科です。 

私が教室へはいった時は、図工(紙版画)の後片付けをして理科の準備をする、ってときでした。

「せんせっ、理科東芝  TOKI  豆電球    MAM 2.5V 0.3A G11 E10 Kやで! 電気やで!」  

と目の前にとびだしてくる子。

へーーー! そうかあ。 今から理科か? そらちょうどいいときに来た!

と、驚いてるふうに言うてみます。 (理科やし、来たんやけど。)  豆電球と乾電池とビニール導線(30cm1本・切らない★ビニール導線 3m巻) の3点セットだけを机の上に出し、、、、、「この3つだけで、豆電球に明かりをつけてみましょう」というのが今日の課題です。 

「豆 電球を入れるこの小さなソフトクリームコーンみたいなの、これは、何て言うんでしたか?」 

の問いに、ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!   

キラット アルカリ乾電池 単1形 10本パック【合計¥2400以上送料無料!】ラケット!・・・・・・じゃなくて、ソケット!  ぼく、このまえ、間違うてラケットって言うてしもてんなー。」

と、横目でチラと私を見る子。 前の理科に私はいなかったから、報告してくれてるんやね。

今日は、このソケットなしで豆電球を点灯してみようという学習。 

おもしろいです。 いろんな発想があって。 導線を豆電球の周りにグルグルまきつけたり(ソケットのかわりね)、導線の先を机とくっつけたり、 1本の導線を折り曲げてみたり

つかへ~~ん。 点かへーーーん。 こうかな? あれ? えーーーっ? どーすんのー? なんて、わいわいがやがややってます。 と そこで一人の子。

「なあ。せんせ。 せんせいは、どこがすき?」

え? どこ、って? 豆電球か導線か電池か、ってこと?

「ちゃうちゃう。 それは、どれがすき?やろ。 ぼくが言うてんのは、どんな場所が好きか、ってことやん。」

はあ? 豆電球と関係ないやん、と思ったけれど、

「なあっ!どこっ?」

って、結構な勢いのゴシツモンだったので思わず、

トイレ。 

と答えていました。

「そうかー。トイレかあ。トイレもええなあ。」

なんで?

「ぼくな、狭いところがすきなんや。」

あ、わかるわかる。 落ち着くもんなぁ

「そやねん。落ち着くねんなぁ。こうやってな、机を壁の近くに置くやろ? この、机と壁の間に座ったら、もー落ち着くでえ。」

そら落ち着くやろなぁ。 気が合うな。

・・・って、いま理科やで。 もー、だれやぁ? ベンキョーに関係ないコトしゃべってんの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 8日 (火)

冬瓜の葛ひき

冬瓜の葛ひき 冬瓜を一個もらいました。

まずは半分を葛ひきに。

冬瓜の皮と種をとって ひとくち大に切り、煮ます。味付けは、私はだし醤油の手をかります。 煮えたら、水溶きかたくり粉をからめて出来上がり。 あつあつに おろし生姜をのせていただきます。 これだけでもおいしいのですが、今日は、しめじ・えび・三つ葉を入れてみました。

時間かけてとろとろ煮たので、味もしみて、お箸でつかめないほどのやわらかさ! 口の中でほろっととろけましたー。 

が、エビは失敗。 煮すぎてかたくなってしまいました。 お酒に浸しといたらよかったんやろかぁ。 やっぱ、煮る時間かなあ。 

冬瓜と同じぐらいの大きさに切った豆腐を入れてみる、っていうのはどうかしら? あと麩とか。 

冬瓜は、この葛ひきしか料理を知らないのだけれど・・・・・、シチューやカレーに入れてもいいかもです。

この冬瓜。 瓜だから、たぶん収穫は夏なのだろうけど、皮をむかずにまるまる一個のままだと 冬までの保存が可能だから、‘冬瓜’という名になったのだそうです。 これ、息子が小学生のころ、給食にこのメニューが出てきた時に仕入れてきた豆知識です。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

きらり〜ん★

きらり〜ん★

ゼスト御池の広場にあるオブジェ。

ひと月ほど前からあります。

きれいでしょ?

ツリーの向こう側に雪だるまもあるんだけど、私はこっちのほうがいいなあ。

もうすぐクリスマスだよね。 

うちのツリーは、今年、どうするか? 考えてるうちに、去年はクリスマスがす過ぎてしまったんだっけ。 

う~~~ん。 

ま、じっくり考えよう

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 5日 (土)

「獅子の時代」

 獅子の時代 完全版 1 1  30年前のNHKドラマをTSUTAYAで見つけました。 

 日曜8時の大河ドラマシリーズの中で、私のいちばんのお気に入りです。 思わずDVDをレンタル。 前13巻。

 話のの始まりは、明治維新前のパリ万国博覧会から。 後、大日本国憲法制定あたりまでの話。

加藤剛は薩摩藩士。 菅原文太は会津藩士。 丹波哲郎・大原麗子・大滝秀治・三田村邦彦・大竹しのぶ・永島敏行・藤真利子・池波志乃・児玉清・風間杜夫・柳谷小さん・清水健太郎・尾上菊五郎・熊谷美由紀・岸本加代子・・・・・・。そうそうたるメンバーです。なんせ30年前の大河ドラマ。みんな若いっ。 加藤剛は走る! 菅原文太が走る! 丹波哲郎も走る!  鶴田浩二の大久保利通。 細川俊之の江藤新平。根津甚八の伊藤博文。中山仁の森有礼。村野武範の板垣退助・・・・・。

記憶というのは曖昧なもんです。 最後の場面が、私の思っていたものと全然違いました。 加藤剛と菅原文太と大原麗子が三人、ガス灯ともる堀の淵でたたずんでいる、というのが私の記憶でした。が、実際は、菅原文太がどこまでも走り続けていくというもの。 どこでどう記憶が差し替えられていたのか? ふしぎふしぎ。

この頃の菅原文太がいいなあ。かっこええなあ。味あるなあ。 こないだ、なんかのコマーシャルで菅原文太を見たんやけど、最近なかなかそのコマーシャルに出会えません。

NHKドラマで もいちど見てみたいのは、「おはなはん」と「おしん」。 これはTSUTAYAで見つかりません。 ない、となると よけいに見たい!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 3日 (木)

しまらない話

服を着替え、戸締りをし、コンロとストーブの火が消えてることを確かめ、トイレに行き、ケータイ・さいふ・テキスト・飲み物がバッグに入っていることも確かめ、念のため鏡を見て、チャリを出し、、、、おしっ、さー出かけるぞー。 いざ朗読教室へ。

交換用引き戸錠#鍵# 日本カバ ミラスター 玄関の鍵をかけようとしたら・・・・・閉まらない。 鍵が回らない。 え? 朝ウオーキングに出るときは閉まったよな、たしか。 まぁ、そういえばここ数カ月、開け閉めしにくかったのは事実やけど。

気をとりなおしてもう一度。 

でも、閉まらない。 おっかしいな~。 なんかつまってるんかなあ。と、引き戸を右に左にスライドさせる。 動くんやけど、スムーズに。 鍵穴かしら。 のぞいてみるんやけど、べつに。 知らん人から見たら、なんか、わたし、アヤシイ人みたいやろか。 とここで妙に自分を俯瞰してみたりなんか。 って、今はそんなこと言うてるバヤイやない。

いっぺん家ん中に入って、中から閉めてみる。 お、お、なんとっ。びくともしない。 動かへんわー。

このときすでに、家を出ようとしてから5分ほどたっていた。 チャリで移動するときの5分はビミョーにいたい。 ちょっと こらあかん  遅刻するやん。 どーしょー、、、、、と、鍵を鍵穴から出したり入れたり、玄関の戸を開けたり閉めたり、玄関から出たり入ったり。 防寒対策ばっちりの我が身はもう汗だく。 

そや、裏からでよう。 なんで今までこんなこと思いつかへんかったんやろ。玄関の裏からしかかからないロック(これは鍵なし)をして、靴持って裏口へ~。 

あ。

この裏口のかぎ、どこにあるんやろ? さがそう・・・・・・・・・としたけどやめた。 朗読教室開始まであと15分  

しょうがない。

‘うっかり閉め忘れた’ということにして、私は、施錠より朗読をとったのであります。

練習中、‘うっかり閉め忘れた’と自分をマインドコントロールしようとしたんですが、かなわず(?)。 けっきょく、朗読教室のあいだ、心の後ろのほうに‘鍵かけなかった裏口’があって、おちつきません。 1時間半後、びゅーんとチャリをこぎ帰り、ネットで調べた‘鍵の修理屋’に来てもらいました。 とりあえずの修理をしてもらい、取り替える鍵を注文。 真ん中と端のと両方かえると、しめて4万円ちょっと。 けど、ドロボー被害にあうことを思えば、、、、ね。 別のところで買ったら、もうちょっと安うにすんだやろかぁ

閉まらない話、でしたー。

| | コメント (2)

2009年12月 1日 (火)

12歳若返る?!

12歳若返る?!  エステをやっている友達がいます。たまに行くのですが(顔を磨きに?しゃべりに?)、いつも気になっていたこの本。

「自分でできるビタミンEマッサージで12歳若返った!」という長い題名の本。

12歳若’という文字がざーーーっと目にとびこんでくるこの本 

発売当時は貸してもらえなかったのですが(店に置いておかないといけないから)、念願かなってやっと貸してもらえることに

副題は‘老化を20年遅らせ、寿命を30年延ばすアンチエイジング’。

アンチエイジング、も そうなんですが、どちらかというと前に読んだ「今あるガンが消えていく食事」と似た内容。 免疫力を高めて体を保つ、ということにおいて。

抗がん剤・放射線・外科手術によるガン治療は、ガンも叩くけれど、患者の身体自身をも叩いてしまう。そして患者の免疫が極端に下がり、転移・再発などが起こってしまうのだそうです。その免疫をあげるのに一番いい方法は、五感に訴えることだとこの本の著者は書いています。

五感とは、触る・におぐ・見る・食べる・聞く。 このうちの‘触る・におぐ’ことによって免疫をあげていこうというのがビタミンEマッサージです。

これで改善するのは、抜け毛・白髪・頭痛・眼精疲労・肩こり・腰痛・神経痛・ケンショウ炎・水虫というものから、メニエル・心臓病・腎臓病・糖尿・肝炎・甲状腺機能障害・ぜんそくというものまでいろいろ。

私もビタミンEオイルを買って、こりこりの肩で試してみました。ハーブの精油が入っているので、いい香りです。 リンパの流れに沿ってマッサージするので、タシカニ首が細くなります。これは、目で見てわかるほど。けど、、、肩こりなんだけどね。 右肩を、左手でマッサージしたら、左肩が凝ってくるねん。 で、左方を、右手でマッサージしたら、こんどは右肩が凝ってくるねん。

やっぱマッサージは、だれかにしてもらうのがええんやね。 わたしゃマッサージしてくれる手もほしい。

*「自分でできるビタミンEマッサージで12歳若返った!」 町田 久 著  メタモル出版

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »