2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

  • 2011627
無料ブログはココログ

« 朗読コンテスト | トップページ | 9月の空 »

2009年9月21日 (月)

落朗講の会

落朗講の会 京都ひとまち交流館。13時~16時半。

落は、落語(京大落研)。____「番町皿屋敷」「崇徳院」

朗は、朗読(劇団朗読古都)。__「幕末残景 お蘭絶唱」「幕末残景 おふみ」

講は、講談(ひさご亭 遊花)。__「太閤の風流」「赤垣の婿入り」 

3つの話芸を一度に聴けるという企画。 語り方も話の内容も違うから面白かったのだけれど、一つの話がそれぞれ40~50分(間に一度休憩が少しあり)sign01。 面白かったし得るところもあったのだけれど、、、、、なんだかとっても疲れましたdashdashdash。 おととい・今日、と連続で 集中して聴く日が続いたからかしら。

けれど、出会いもnote

なんと、おとといのコンテストで大賞をとられた方が、私の隣に座られました。彼女も私の顔を知っていてくださったらしい。 入口で、私が座っているのを見かけて、「あっ。」と思ったと言って下さいました。 なんと言ってもおとといは、一番前で食い入るように聴いてたもんで・・・sweat01 それに、先日の朗読サロンにも来ておられた。 今日はプログラムがどんどん進んで行ったので あまり話をする間もなかったけれど、じゃまた朗読サロンでね、ということで別れました。 

落語と講談の違いが 私にはまだよくわからない。 着る物・持つ物・座る場所など、見た目の違いか? 話の内容も テリトリーのモンダイか? 講談の遊花さんも、次回の朗読サロンで朗読出場です(違う名前で)。 

Photo_2 落語は、枝雀のをよく聞いていたからもう話がどう転んでいくのか知っているのに、、、、おかしいところで可笑しくて笑ってしまう。 もーすぐやで、もーすぐやで、きたー、ははははーーってな具合。 これ不思議。 

講談も落語も、最初の短い話で客をひきこませることができると、次の本編のなかにも面白く入っていける。 これ、語りの不思議。 

次の公演では最初にバスガイドでもやってみたら~? なんて、言われたけれど、、、、そんな大事な‘ひきこみ’役sign01 私にできるとは思われへんcoldsweats01。 まま、これは決定ではないのだし、、、、悩むのはまだやめとこうthink

 

« 朗読コンテスト | トップページ | 9月の空 »

朗読・語り・劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425845/31467422

この記事へのトラックバック一覧です: 落朗講の会:

» 幕末恋華・新撰組 DS [幕末恋華・新撰組 DS]
幕末恋華・新撰組 DSの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「幕末恋華・新撰組 DS」へ! [続きを読む]

« 朗読コンテスト | トップページ | 9月の空 »