2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

  • 2011627
無料ブログはココログ

« のぞき見 (@_@)。 | トップページ | たいま、って? ((+_+)); »

2009年9月 5日 (土)

「茶釜狸、秋の夜長に大和屋善四郎に遭ふこと」

信楽焼動物陶器・狸・手びねり笑み狸・「茶釜」・高12cm 人間座へ、ひとり芝居を見に行きました。 

あの小屋(?)は、座席や舞台の位置を変えられるんですねえ。 以前に見に行ったときと見る場所が違っていました。 自在に空間を造れるっていい。 で、客の目線が上から来るっていうのは、どんな気分なんだろう。 テンノカミサマに見降ろされている感じ?

ところでこの長い題のお芝居。 あんまり題が長いもんだから、チケット買う時、「狸の券、ください。」なんて。

寺男(人間)に化けたまま、そのまま長いこと生きていた狸の話。 次は、秀吉だったか千利休だったかの茶釜にならなきゃいけなくなった。 茶釜になってしまったらもう、考えることも思い出すことも食べることもできなくなる。 ということで、狸が悩んだり悲しんだり決心したりするわけです。   

すごいですよねえ、ひとり芝居っていうのは。 1時間とちょっと、ほとんどひとりで演じるわけだから、もちろんそのセリフは長いよ~~。 どれだけの稽古をつめば、あれ全部を覚えられるんだろうか。 それに、あの場の空気をひとりで吸い込まなきゃいけないプレッシャーなんていうのは ないんだろうか。 音のない‘場’もあるわけで、 それを‘たえる’のは、たいへんだ。 

と、思うのは素人だからかー?

2月朗読劇の稽古も10月から始まることに。 いろんな朗読やお芝居やワークショップに 行けば行くほど、 その深さにため息dashdashdash。 けどもやっぱり楽しみだー。  

« のぞき見 (@_@)。 | トップページ | たいま、って? ((+_+)); »

朗読・語り・劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425845/31248966

この記事へのトラックバック一覧です: 「茶釜狸、秋の夜長に大和屋善四郎に遭ふこと」:

« のぞき見 (@_@)。 | トップページ | たいま、って? ((+_+)); »