2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「今あるガンが消えていく食事」 | トップページ | アンパンマンで、 »

2009年8月 9日 (日)

響きの館

響きの館。

なんだかアヤシゲな名前だと思いません?

みなさんこんにちわぁsign04sign04sign04sign04。ひィびィきのやかたへ、ようこそsign04

って、そろそろと怖~い話でも始りそうな・・・・・coldsweats02

出てきました、コワイ話。 夢枕 獏・作「蒼鬼の背に乗りたる男の譚」。 女はコワイという話。 ‘想い死に’というのがあるらしい。 想いの行きどころがなくて死んだ者は、腐りもせず、鬼になるらしい。  

Photo_2 実はここ、街中のマンションの1F。 共同の図書室のような1室を借りて 月1回催されている朗読サロンです。 クーラーの効き加減もよく、話にどんどんひきこまれていきました。

昨日は、私の好きなI氏による‘寺山修二作・かもめ’が聴けるというので、楽しみにして行きました。 久しぶりの‘かもめ’。 やはり涙が出てきます。

もしもかもめになることができたら、わたしは沖のほうへ行ってみよう。あの、少年の船が去って行った遠い国をたずねて、行けるだけ行ってみよう。

ここ! ここです。

朗読を、語りを、私の翼にしたい。

そう思っている今日この頃の私です。 はたして、少年の船が去って行った遠い国に、私は行けるでありましょうか?  じゃじゃじゃーんnotes

« 「今あるガンが消えていく食事」 | トップページ | アンパンマンで、 »

コメント

ステレオタイプの捉え方、って例えばどんなふうでしょうか? 興味あります。 新しい朗読スタイル、これも触手うごきますpaper。 せっかく朗読する人間が目の前にいるのだから、目を閉じないで 目を開けて聴いてほしい。 視覚に訴えるちょっとしたなにか、を付け足してもいいかなと。 

私もチャレンジしたいけれど、もうちょっと土台を固めてから。 

どうもどうもです。
あの後の懇談会(っつーほどのものでもありませんが)で
やはり「朗読」という捉えられ方がステレオタイプになっていて
おじさん、おばさんが行儀よく座って
語る方もいかにもマジメそうな年寄りが…

これはまずいんじゃないか…と発言しました。
なんか密室的で…

なんとか手探りで新しい朗読のスタイルを考えたいです。
来月やりまーす!(短いけど、せいぜい名前売っておきます)
風さんもやりましょうよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425845/30891242

この記事へのトラックバック一覧です: 響きの館:

« 「今あるガンが消えていく食事」 | トップページ | アンパンマンで、 »