« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

待ちきれず、

                     2009731              

空はこんななのに、

いまひとつ夏が来ない。

.

待ちきれずに

クマゼミが 

早くからシュワシュワやってます。

クマゼミのシュワシュワで目を覚ますのはいいもんです。

小学生の頃の

のんびり夏休みを思い出します。

.Photo_2

私も待ちきれずに、 

梅を干しました。

いつ雨が降るかわからないから、

外出時には いちいち家の中へ。。。

.

.Photo_4

なた豆 その8

白い花が咲き始めました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月30日 (木)

おかずレモン

おかずレモンおかずレモン

新タマネギをたくさんくださった方に教えていただきました。

玉ねぎとレモンのしょうゆ漬け。

へーーーーって、思うでしょ?

私も思いましたpaper

タマネギとレモンを半々の分量にして ひたひたのしょうゆに漬ける。 ただそれだけ。 タマネギに醤油がしみ込めば 食べられます。

醤油 + レモンの酸味 + タマネギの甘み。 ご飯がすすむよ~~、って聞いていたのですが、本当です。 生レモンを皮ごと おかずにしてしまえるという新発想flair (なので、できるだけ殺虫剤や防かび剤なんてのがふりかけられていないレモンがいいかも。せめて国産レモン。) すっぱいのが苦手な人は、、、、、どうでしょう? 

中身を食べた後の‘レモンタマネギ醤油’は、炒め物(豚肉とか)の味付けに使うと、さっぱりして美味しいですよnote  

次はセロリでやってみようと思います。 どうなるでしょねえ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月29日 (水)

8 対 0

お風呂から出てきたら・・・・・・・TVtvはプロ野球baseballをやってました。 

あ~~~プロ野球か~~。 そういや今年もやってたんかいな、野球。 オールスターは? え? もう終わってる? あ、そ。 今年の阪神タイガースは負けてばっかりモードやし、今年はプロ野球は な・い、っちゅうっことでワタクシ的には、カタがついてたんやけど。 はじめにWBCで盛り上がったことやし。

だ、だってなsweat01。 巨人、強すぎやん。 勝つ、いうてもなあ、勝ってばっかしや。 あいそないわ~。 勝ち方、っちゅうもんが あるやんなあ。 ま、私は今年、ほとんど野球見てへんし、ようわからんと言うてるんやけどな。

とそのとき、

「おーーーーーーーーーっ、入りましたーー。」

というテレビの声、あ、ちゃうやん、テレビの中のアナウンサーの声karaoke。 また入れられたんかいな。 ん?ん?ん? 金本sign02 金本が打ったんsign02 なに?スリーランsign02 おおおおおおーーーーー、金本、ホームランやーんpunch。 おーよーやったよーやったnote 

ひさしぶりやなあ、こういうかんかくhappy01。 ビールbeer飲んで、阪神勝って、もう至福のひとときですがな。 新井もスリーランやそうやhappy01。  8対0やってーhappy01。 

ふっhappy01ふっhappy01ふ。 勝ってるときに大きい顔して喜んでおく。 こ・れ・が、阪神ファンというもんや。 え? 負けてる時も応援したらなあかん、やって? まあなあ、そうとも言うけど。。。。。。sweat02 いやーーーー、めでたいsweat01。 今日はめでたいなあ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月28日 (火)

値段は、値段。

値段は、値段。 竹ぼうきを買いました。 

アスファルトに落ちた 濡れ花が、 玄関掃くほうきでは なかなかとれません。 場所とりそうだから、買うのを延ばしてたんですけどね。

コーナン行ったら、198円で売ってました。 やっすゥーー。 買おうとして手に持ったら、なんだか くくりかたがゆるゆるなんです。 真ん中の 竹の棒もぐらぐらするし。 まあ、そんなに頻繁に使うもんでもないし、198円だったらすぐ壊れてもいいかなあってレジに並ぼうとしたんですけど・・・・・やっぱしやめときました。 なんでかな。

でも、ほしい。

鯖街道沿いに竹ぼうきを並べてある店があったのを 思い出しました。

店先に出ていたのは、‘国産竹使用’と書いてあるもの。 2000円! これまた さっきとえらい値段の差。 店の中には、国産竹じゃないけど かなりしっかりした竹ぼうきが。 これ、900円。

お店のおばちゃん曰く。

2000円のは、こしがあるのに苔のうえなんかも掃けるすぐれモノ。 おまけに軽い。 お寺さんなんかが買いにきやはる。

900円のは、重い。 けど、使ってるうちに穂先もそろってくるし、もうひとつ自分でほうきの先の方をくくれば こしも出る。 普通に家で使うんやったらこれで充分。 植木やはんも、これ、買わはる。

やっぱりな、値段は値段やで。

値段というのは‘質の値段’だということらしい。 値のはるものは、それ相応の働きをするものなのですね。 

私? 

900円のを買いました。 これで私も 正真正銘の‘レレレのおばさん’です。(*^。^*)>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月27日 (月)

なかなかでんな。

Photo_2 まいど。

ことしは、なかなか梅雨が開けまへんな。 えらい長い梅雨でんなァ。 もう、まいりますわ。 

洗濯もんは生乾きのままやしな、部屋の中まで湿気てるしな、布団は日に日に重ぅなるしな、梅干しの土用干もまだやしなあ。 だいいいち気分が滅入りますわ。 どこ行くんも傘持って歩かんならん。 傘が濡れますがな。 アジサイなんかもう枝の先でドライフラワー状態やというのに。

.

あ。Photo_3

そうや。

アジサイと言えば、

いつでしたやろ。 だいぶん前ですわ。 

風さんが、近所の子ォに アジサイをあげたんですわ。 はい、どーぞ、 言うてな。

.Photo_5

そしたら、次の日ィにな、

風さんちの郵便受けに手紙が入ってたんです。 アジサイあげた子ォからです。 どーです? いまどき郵便受けに手紙が入ってるやなんて、嬉しいやおまへんか。 そうかて、きょうび、郵便受けに入ってるもん言うたら、新聞かチラシかDMでっさかいなぁ。

.

そんでな。Photo_6

風さんは、ほのぼの嬉しかったもんで、返事を書か(作ら)はったんや。

そしたらあんた、

も・・・・っと嬉しいことに、その、風さんからの返事な、その子の宝箱に入れてあるんやって。

こんなこと、

なかなかでんなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月26日 (日)

男を磨く。

本場LAヨガスタイルで大好評だった第1弾に続き第2弾登場!【CD】 YOGA Lounge / Better Balance - ベター バランス [ヨガ ラウンジ]  こないだは‘ウエストすっきりレッスン’でしたが、今日は‘Basic  plus M’ というプログラムでのヨガでした。 「男を磨く。」というコピー、つまり男女混合プログラムです。 

男性がそんなにたくさん来られるのかなあ、、、、、と思ってたのですが、それは私の偏見でした。 スポーツ選手の調整にも利用されているのだそうで、今日は、約12名中 女性は4人ほど。 マシンでの筋トレなんかもやっておられる方が来られているような感じでして、 慣れてないせいか、 なんかカサ高いなあと思ってしまいました。 

インストラクター「はい、息すってーーー。」        YOGAヨガストラップ YGA001(あいちゃんの英雄のポーズ)

男性陣     「スゥーーーーーーーーっ。」

インストラクター「力ぬいて、はいてぇーーーー。」

男性陣     「ダハーーーーっ。」

てな具合でして、いつもなら響かない 呼吸の合唱が やけにかわいくも可笑しく、 思わず笑ってしまいそうになりました。 

1時間の最後には、インストラクターの先生に 男性陣から拍手が。 そうか。 拍手するというテもあるなあ。 と、いやに感心しconfident。 私は、教えてもらうという受け身発想で いつもお礼を述べるだけなのですが、 拍手には お互い1時間 力出したよねー、という対等な感覚があるのでしょうね。 新鮮です。

いつもと同じスタジオなのに、メンバーが変わると(男女に関係なく)空間が変わる。 人間も、空間を作るスパイスなのです。

ところで、

私も磨かれたのでしょうか、男。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月25日 (土)

「ポツレモン」

ハナコさん出演の「ポツレモン」を観にいってきました。 ハナコさんも2月の朗読公演でご一緒しました。 役者さんだったのですねえ。 場所は、下鴨にあるアトリエ劇研。 先日の人間座といい、こんなところに劇空間があるなんて。 生協・教会・GSなんてのは、知ってたんですけどね。

20092時頃 家を出ようと思っていたところ、1時あたりで もっのすごいどしゃ降り。 

どういうルートで行けば ぬれてしまう‘徒歩距離’をいちばん短くできるか。タクシー呼び寄せるか。いっそのこと このままどこへも行かずにこのどしゃ降りに降り籠められてしまおうか・・・。 

などなど考えあぐねているうちに、、、、

止んだのですよ、雨。 

Photo 「ポツレモン」の原作は、梶井基次郎の「冬の日」「闇の書」「檸檬」なのだそうで。 

天の川を織るレモンの姉妹と 来ない電車を待ってる男女と 馬に乗った老婆。 3つの話が同時進行してるみたく感じたのは、私の想像力の乏しさからでしょうか。 レモン姉妹ドラマのBGMとして男女の会話が遠くで流れているのか、 男女の行方を頭の中で追っていくスパイスとしてレモン姉妹がいるのか、、、、、なんていう磁場みたいなもんの中にいるような、不思議ィ~な思いにとらわれたときがありました。

ふむ。

で、私は、

そんなこんなの‘sign03’を からだの中にため込んで、 やっぱ朗読にいかせたらなあ、、、、と、思います。 ‘私の朗読’は、いったい いつ かたちになるんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月23日 (木)

聖宙庵

Photo 先日、浄土寺にある聖宙庵というところで、打ち上げお食事会を設けていただきました。

.

. 

聖宙庵は、住宅街の中にあり、お茶室でフランス料理を食べられるところです。

.

.Photo_3  

まず、うすぐらくした部屋で おうすをいただき、 そして、店の方がふすまを開けると・・・・・ぱあーーっと明るい和室。 畳にテーブルというのも、気分 変わります。

.

.

ひとつずつ丁寧に作られたお料理を、たくさんの話をしながら ゆ・・・・・っくりいただきました。 

.

Photo_5 .

写真以外にも、お料理が出てきたのですが、あんまりおいしそうなんで  ついつい写真撮るの忘れて食べちゃってcoldsweats01

.

.

おいしかったよ~んrestaurant

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

観察◎部分日食

観察◎部分日食  見ました? 見えました? 日食。

人生の中で そう何度もない日食の日に、理科支援員が行かない法はなかろう。 だけど、朝からなんだかビミョーな天気。 遮光板も学校に10個程度しかないまま、買う予算も出ず。 日食観察グッズも作らないまま迎えた日食の日。 でもとにかく出勤しようと、学校へ。

行くと、、、、「ありがとう! この道具、作ってくれはったんやねえ。」とお礼を言われてしまった。 見ると机の上に、簡易望遠鏡のようなものが。 アルミ箔のほうに画鋲で開けたぐらいの小さな穴が開けてあり、 それを太陽に向けて穴から光を取り込む。 そして、反対の薄紙に太陽の像が映るので、それを見るようなのであります。 

い、いえっsweat01 私が作ったんじゃあありません。

へー、じゃあ誰やろう、だれやろう。。。。。と、言ってるところへ校長先生。 「それ、作ってみたんやけど。 今日のような薄日の日は、鏡に反射させたり 木漏れ日の形を見たりする方法はできんやろ? 今、校長室でもっと製作中や。」

作者の正体は、校長先生でした。

そんなら、私も 数 増やしますrock  と、日食開始の30分ほど前からグッズ製作にとりかかったしだいでして・・・・・。 職員室の冷蔵庫横にあるアルミホイルと 事務室からは薄紙・厚紙の切れ端、 それに印刷原紙が巻かれていた芯、セロハンテープ。 せっせと作っているうちに、雲の切れ間から薄日が差してきたようで、各教室から中庭へ 子ども達がいっせいに出てきました。 なんせこのビミョーな天気。 遠い運動場まで行く間に、日が陰ってしまうかもしれませんから。

して、 このグッズをのぞいてみると・・・・・・、おおおおおぉーーーー、少しかけた白明るい円の切れ端がーーーーっ。 こんなふうに、実際 見えてみると、感激です。 「太陽が欠けて見えることより仕事終わらす方がさき。」とおっしゃってた御仁も出てこられて「やっぱり、ちょっと のぞかせてー。」 

そのうち、太陽の周りにうっすらと ちょうど良い具合に雲がかかり、 薄雲のフィルターを通して 三日月形の太陽が現れました。 

会場、いや中庭に拍手が・・・・・・・。 

「あーーー、見える見えるー。」

「ほんまや~、白いなあ。」

「え? 太陽はそっちとちゃうで。 どこみてんの?」

「この薄暗いのは、日食やからやろか? それとも、曇ってるからやろか?」

「はよ、遮光板みせてーーー。」 

子ども達、かしこいです。 並んでます。

「そんなもん使わんでも、いま、目ェで見えるんちゃうん。ほら。」

私は、空を見上げて チョクに見てました。 そのほうが、‘見た’気がする。

「ほんまは道具を使わんと、これでも目にダメージ受けてるんやで。」

「この太陽眼鏡な、1300円やってん。」

「ほら、ちゃんと見ときや。次は、26年後やで。」

「9月5日やそうやで。」

「そのときは・・・・・・え・・・・・と、35歳や。」

「なんや、足し算してたんかいな。」

「日食ってええなあ。 勉強時間が減ってるやん。」

夏休み前の最後の日に、わいわいがやがや・・・・、まるでお祭。

「なあ。 よう考えたら、太陽が欠けて見えるだけやん。」

「こーやって、たくさんの人が ひとつのものを見て嬉しくなる・・・・っていうのは、ええよねえ。」

まさに、お天道様のパフォーマンス。 

次回の日食には、もうちょっと早くからグッズを用意しておこうthinkと、心に決めた私でありました。 え? だれっsign02  おばあちゃんの知恵袋になるわ、って言うてるのはっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月20日 (月)

チケット購入顛末記

チケット購入顛末記

8月旅行のJRチケットを やっとゲットdash

あれから・・・・・、駐車場代を多量に支払って以後、、、、やっぱ 新幹線以外のチケットはネット購入しておこうrock と思いたち、 往復分 ネットで注文しました。 お盆を過ぎてるとは言え、指定席がなくなったら、自由席も満員で3時間ずっと列車の連結部あたりで立ってるなんてことになったら、こりゃあ あなた しんどいです。 そーでしょ? 

しかし。 しかしなのです。

クレジットカードで決済したあと、気がついたんですなあ。 京都から新幹線乗継で一気に買った方が、オトクだったのだとsweat02。 ハァ~~。 思い立ったら目の前しか見えないたちでしてーーーーーdown

で、やっぱし緑の窓口へ足を運んできました。 かの駐車場へ車を停めて。

あのぅ~~、あのっ、買うんですよ。 買うんですけどね。 そのまえに、ちょっと相談にのってもらえます? 

「はい?」

あの、こないだ、ネットでチケット購入したんですけどね。 よく考えたら、いっぺんに京都から往復まとめて買った方が安いんですよねえ。 でね、ここで、まとめてオトクにチケットを買って、家帰ってからネット購入した方をキャンセルする・・・・っていうのは、できます? キャンセル料なんてのは、いります?

「え・・・・・・・っと、ちょっとお待ちくださいね。」

と、奥の方へ キャンセル料を調べに行ってくださった窓口の女性。 しばらくして、

「片道につき530円の払い戻し手数料がかかります。」

530円だったら、手数料払ってもネット購入の方を取りやめた方が、やっぱオトクな気がするんですけどォー。

「そうですね。お待ちください。」

と言って、料金の差を調べて下さった。 そのパソコン操作のはやいこと新幹線のごとし。

「ここで買った方が、安いことになりますね。」

ということで、緑の窓口でオトクコースを買うことに。 気がつけば、後ろに長い行列が・・・・・・。 すんません。 

緑の窓口で買った往復チケット+キャンセル料    yen26260-

ネットチケット+緑の窓口で新幹線往復        yen28280-

ま、ざっとyen2000円のオトクでした。 はじめから緑の窓口で買っといたら もっとオトクだったのですが。 

ちなみに、今日の駐車場代はyen250円でした。 駐車代2回分を入れるとなると・・・・う~んsweat01。  

clip教訓: JRチケットは オーソドックスに緑の窓口で買うべし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

心に響かせる読み★

心に響かせる読み★

こどもみらい館で、ボランテイア研修会があったので行ってきました。

山﨑貞子さんによる講演「親子の心の絆を深める絵本の読み聞かせ」です。

話題は、今の子どものこと・親のこと・親子関係のこと・とりまく社会のことから始まり、 絵本のこと・語るということ・集団としての子ども達へ読むということまで、 けっこう広きにわたりました。

そのなかで、

「絵本というのは、目で読むものじゃなくて 声で読んでもらうもの。」

「語る言葉の中(裏)には 語る人個人のなかにあるイメージがふくまれているもの。 だから、同じ言葉を口にしても、それは それぞれ違ったものである。」

「耳だけで聴く語り(話)と、目の前で語り手の表情を見ながら聴く語り(話)とは 違う。」

「集団へ語る場合、語りだす前の その集団の雰囲気作りが大事。 雰囲気が、語るときに生きてくる。」(写真は、子ども集団の雰囲気作りに仕える小道具。 古封筒で作ったパクパク人形です。)

などなど、ふう~~ん、なるほど、そうなんだなあ、と思えることがたくさんありました。 これを、すぐに、実際 自分が ‘読む’ときに生かされるかというと、そうでもないのでしょうが。 充実した1時間半でした。 上手に読まなくてもいい。 聞き手の心に響く読みをしなさいと、なんどもおっしゃっていました。 それには、目の前にいる聞き手の様子を見る目をやしなうことなのだそうですが、はて。 むずかしいです。

山崎氏は、去年、朗読劇稽古のときにも話しに来て下さったのですが、私は都合つかなくて欠席し 聞けませんでした。 どんな話だったんだろう、どんな方なんだろうと思っていたツカエも これで今日 とれました。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月18日 (土)

山鉾巡行一過

山鉾巡行一過

祇園祭のクライマックスもすぎ、今日の京都市内道路は、心なしか空いておりました。

八坂石段下(東大路四条)もほら、このとおり。写真は12時前。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月16日 (木)

クワガタ虫_ _ _ _ _。"

朝、学校への道で見つけたとかで、掌に乗せたセミと同伴通学してくる子あり。 

「家の門扉に甲羅がつっかえてもがいているカメを見つけたんですけどー、学校で飼ってもらえますかぁ?」と、大きな黄色い甲羅のカメを持ってくる保護者あり。 それを聞いて、嬉しそうに 学校の小さな池にポチャンと放す校長あり。 「お、カメがいる!」と、中間休みに 長い棒で(どこから見つけてきたんやー。)池をかきまわす子達あり。(注意する先生の声も聞こえない。) 

な~んかのんびりしてるような。 地元の学校とはいえ、勤めてみて初めて気づいたことです。 そう言えば、雨降ってても よっぽどの豪雨でない限り「外で遊んではいけません」ということもないらしい。 そう言えば、息子がかつて こうぼやいて帰宅したことがある。 ボクらが総合遊具で遊ぼうと思ったら、先にサルが遊んでたし遊べへんかった。サルに遊ぶとこ とられた、と。

下校時には、女の子が手の甲にクワガタ虫をとまらせて歩いていた。 

クワガタ虫って、頭をかくしたら ゴキブリに似てへん?

と、女の子達に聞くと、、、、

「せんせ、動きが違うがな、動きが! クワガタは、動きがシブイやん。 ゴキブリみたいに、こせこせしてへん。」

だと。 Photo

たしかに。 think

.

.

.

なた豆 その7

花芽ができてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月15日 (水)

駐P車P場P代

駐車場代   JR券を買いに京都駅へ。 え? ネットで買えるって? んーー、そうしようと思ったんですよォ。 でもね、在来線と新幹線、別々に会員登録しなきゃならないということなんで、、、、もーめんどうになっちゃってcoldsweats01。 

おりしも今日は祇園祭の宵宵山。 他府県ナンバー車が多いです。 写真は、四条河原町。 午後5時すぎ。 北向きの河原町通り。 もう梅雨あけたんちゃう?とでも言いたくなるような空ですね。

アバンティ地下に駐車parking。 「一店舗で2000円以上買うと・・・・・駐車割引券・・・・・・」という張り紙が、チラッと目のふちをかすめました。 じっくりとは読んでないんですけどね。 なるほど。 2000円ね。 にせんえん、にせんえん、、、、、と。  なに買おうかなあ。 あ、そーだflair。 ピアスにしよう。 

2000円ちょっとでピアスを買いまして、緑の窓口bullettrainへ。

ところが、

これって、指定席券って、ひと月前からしか購入できないのですね。 

忘れてましたsweat02。 

しょうがないから、2時間ほど うろうろして駐車場parkingへ。 割引券、あるもんねーnote

と思いきやっ。 その割引額は、たったの500円だったのでした。 駐車場代2000円  ー 500円 = 1500円 を払って、、、、?・?・?  ピアス代を足せば 3500円やないかーーーwine。 めざすJR券は買わないのに、3500円の出費やないかーーーwine。  ピアスを買わずに、さっさとリターンしといたら、よかったんやないかーーーーwinewine

ちなみに、

河原町御池の京都ホテルparkingでは、地下で1000円使ったら3時間(だったかな?)タダですよ。 出町柳の市営駐車場parkingでも、一店舗で2000円買ったら1時間(だったかな?)タダになるのだよ~。 2000円の買い物で500円引とは、、、、ちょっと*ш§ΣΘかも~。 

  

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

ウエストすっきりレッスン

ウエストすっきりレッスン   目をつぶって、その場で足踏み50歩。 そして目をあけるとォ~~、 びっくり!  目の前にあった鏡が移動して・・・・・いやいや、私が知らん間にすこし回転してしまっていました。 あらま・・・・・。 この写真で言うと、右上(前)のタイプ。 これはなぜかというと、普段 左に重心がかかりやすいからなのだそうです。(写真の正方形は、大きめのバスタオルを半分に折ったぐらいの大きさです。) 

目を開けた時に 前に進んでしまう人は、猫背の人。 後ろに進んでしまってる人は、背中が反ってお尻が突き出た感じの姿勢の人。 なのだそうです。

こんなことから始まった今日のヨガは、いつもとちがい特別プログラム___「ウエストすっきりレッスン」。  ふむふむ、今日はそんなに難しいポーズは出てこないなあ・・・・なんて思いながらやっていたのですが、、、、、これがけっこうキツイ。 心拍数があがって、息もあがるsweat01。 

このシリーズ(プログラム)をずっと続けていたら、効果あがってたかもですが、残念なことに今月中で終了だとか。 私の空いてる日と ヨガスケジュールと 空きが なかなかうまく合いません。 最近のレッスンは、満員のことが多いんです。

しかしこれは、空いてる日にヨガに行こうとするからダメなのだflairという結論に達しました。 体も心も♪スッキリサワヤカコカコーラ♪(古いコマーシャルやなあ。)になるヨガ。 マイペースを守って動けるヨガ。 よっしゃあ。 いっちょ ガンバッテみますかー。 これからは、スケジュール帳にまず‘ヨガ’と書くぞー。  と、 今までは回数券会員だったのを、思い切って月会員になりましたpaper。 月会員は、毎月 決まった額が銀行からチャリンチャリ~ンと引き落とされます。 月4回は行かないと もと取れません。

がんばってみますわよ~rock。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月11日 (土)

五感を使う朗読ワークショップ

室町御池下がったところにある‘遊子庵’という町家で、星野祐美子さんによる朗読ワークショップに行ってきました。 ‘五感を使う’というフレーズに魅かれて。 星野祐美子さんは、もとアナウンサー・もと保育士の朗読家(?)です。 私は、朗読お茶会や 文芸会館での「銀河鉄道の夜」朗読で その朗読を聴かせていただいたことがあります。

今日はまず、体操から。 体を横たえての呼吸体操から始まって、 顔体操も。 これらは発声練習も兼ねてます。 

それから、頭の体操。 五感ゲームです。 表現された言葉や文を聞いて思い浮かべるものは、人それぞれ。 表現者の頭の中にある物が そのまま伝わるとは限らない。 ということを、ゲームで体験しました。 

最後に、 星野祐美子さん持参のテキスト4つのなかから一つを選び、朗読しました。 聴いてくれる人達は、ほとんど初対面だったので、読んでるうちに なんだかあたふたしてしまいました。 心がふわふわし、頭は先に先にと急ぎ、 読みが雑にはしってしまいました。 修行が、まだまだ足りませんsweat02

星野祐美子さんによると、朗読の魅力は、読み手の人となりが表現できること。 読み手の人生・人柄・経験…すべてが朗読に表れ生かされるということ。 心のスクリーンに情景を思い浮かべながら読むと、 聴いている人の心のスクリーンにも その人独自の情景が映し出される。 自分の心・自分らしさを 文章にのせましょう、と言っておられました。 なるほどなあ。

帰り際に「ほっこり朗読会」なるものがあると知り、次はいつですか?参加してみたいなあと言うと、 「う~ん今月は いろいろあるからできるかなあ。 決まったらメールします。」との御返事。 いろんな活動を調整されて、あるとしても まあ何週間か後にメールが来るのだろうと思っていたら・・・・・・・、なんと晩御飯中に メールが来ました! 

‘さらっとまっすぐな誠実さ’を、星野祐美子さんのお人柄に あてはめてみました。 それで、あの‘読み’になるのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月10日 (金)

もうじき夏どすぇ。

Photo今年こそ ・・・・、 うちの無花果を取られんようにィ 思て、 ほら、こんなんしてみま した。もうすぐ食べごろやわぁ、いうときに キッチンペーパーと輪ゴムでくるんでます。 

もうすぐ美味しなる、もうじき食べ頃や、あと一日 木ィに生(な)らしとこォ、 思てると、 いっつもヒヨドリに先に食べられてるんです。 

今年はたぶん、大丈夫やろ。 ヒヨドリなんかに 負けまへんぇ。

.

Photo_4 近所の方が、 祭の粽(ちまき)作りをしたはります。 祇園祭のんは 先日もう出荷しはったんやけど、 今 作ったはるのんは 滋賀県のお祭に使う分ややとか。

ササを乾かして、 中に藁を入れて、 粽の形にするのやそうです。

.

.Photo_3

河原町あたりに行くと ♪コンコンチキチン コンチキチン♪のBGMが流れてたりします。 あと1週間で 山鉾巡行やねえ。

.

.

.

 

200979 ぼちぼち蝉も 鳴き始めました。 まだよわよわしい音ですけど。 この蝉は、 かわいそうに、片羽が取れてたんです。 せ・・・っかく地上に出てきたのになあ。 

夕方、 マイ・イチジクが無事か見に行ったら、 遠くの方からヒグラシの声(?)が聞こえてきました。 ちょ・・・・っと そのヒグラシ、 気ィ早い気がしますけど。  

もうじき夏どすぇ。 なんか、夏の足音が近づいてきてます。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

七夕かざり

学校の渡り廊下に、七夕のササ飾りが立ててありました。

どんなこと、書いてるのかなあ。

『おかしやさんに なれますように』

『サッカー選手になりたい』

『おとうとが ほしいです』

『むずかしい漢字が 読めますように』

なるほどーー。

『*クンとの両想いがつづきますように』

へーー。 ええなああぁ。

『おばあちゃんが 長生きしますように』

えらいっ。

『日本が ふけいきから 出られますように』

んんんーーーーーーー。

4年生は今日、星座版をつかって デネブ、ベガ、アルタイルetc.なんてのをさがしました。 今年の七夕も 天の川は見られませんでしたねsweat02Photo

.

.

.

.

                                       なた豆 その6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 8日 (水)

高橋尚子、って?

朝。 担任の先生が、なかなか教室に来られない。 仕事の打ち合わせとか 保護者との連絡とか、、、、が 長引いたんでしょうね? 担任も体はひとつ。 大変です。 そこで、学級文庫の本を読み語りすることにしました。 たまに、こうして子ども達の前で本を読ませてもらうことにしているんです。

 激走!高橋尚子 シドニーを駆け抜けた青春 ぱっと手にとった本が「心をうたれる本当の話」とかなんとかいう本で、今日は、そのなかの高橋尚子の一節を読むことに・・・・・。

高橋尚子。 知ってるかなあ。 ほら、オリンピックのマラソンで金メダルをとった人。

「?????」  ぽっか~~~~~ん。

高橋尚子は、2000年のシドニーオリンピックで金メダルをとらはったんですよ~shine。 すごいねえ。 

「・・・・・・・・・・・・・。」 し~~~~~ん。

sweat01えーーーーーーっと、2000年だからァ、、、、今から9年前やね。 おーーーっflair、 あれからもう9年もたつのかーーー。 

「せんせ・・・・・・い。」paper

はい、なに? あ、もしかして計算まちがってた? 今年って、たしか2009年やねえ。。。。

「じゃなくって。 あの・・・・、ボクたち、7歳か8歳なんやけど・・・・・。」

・・・・・・。 あーーーーーーっsign03。 そっかーーー。 そのときまだ、2年生は、生まれてなかったんやねえ。 そーなんや、そーなんや。 あのね、今の2年生が生まれる1年前に 高橋尚子っていう人が オリンピックで金メダルをとらはったんです。 一生懸命 あきらめずに練習したから 世界一になれたんだそうですよ。

「へーーーーーーぇ。」 

.

かくして、時代はどんどん進んでいくのだね。 チョンッ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

マイム見学

昨日、比叡平から下りた後、上終(かみはて)町にある造形芸大へ行った。 パントマイムのワークショップがあったから。 だけども参加はせずに、 ワークショップの見学、ということで。 ひさびさ山歩きで疲れてたァ~し、それにどんなレベルのコトするのかも不明だったし。

よかったのかも、見学で。 最初のストレッチからしてかなりハードなかんじ。 ハードなストレッチ、ってわかるかなあ。 学生たちの中で無理してがんばったら、明朝、もしかしたら、首とか肩とか腰とかのスジがカタマッテまたしても動けなくなるかも 仕事行けなくなるかもという思いが、見ているとちゅうで頭をかすめるようなストレッチ。

けども、 

見学だけでもかなり楽しめた。

パントマイムに必要なことは、ふたつ。 

1つは、想像力。 周りに何があるのか。 その材質は?大きさは?位置は? で、自分はそこで どう動いているのか。  なんと感じているのか。

2つめは、観察力。 周りのものへの観察だけじゃなく、自分の体への観察も。 かたい壁を手のひらでさわった時、自分の体のどの筋肉に力が入るか、というような。

それにしても、 

若い人達の習得力というのは、すごい。 乾いた地面が水を吸収するように、どんどん新しいことを会得していくのが、見学してるとわかる。 それはもう、分刻みで。

それから、

自分の動きだけじゃなく、周りのモノも体で表せるのだという新鮮さ。 ちょっとした手の動きや速度で 壁が消えたり 見えてきたりする。  

さらに、

私は場外にいて眺めているだけなのだけれど、1時間もすると、ワークしている人達の‘個’‘つぶ’が みえてくる、というのも 面白い経験だった。 楽しみ方とか、戸惑い方とか。

で、

一度 わたしも やってみたいなあ。 中高年版パントマイムワークショップなんて ないのか? そして、 体で表現することを‘語り’に生かせないものかと思う。

帰ろうとして稽古場を出たとたん、どこかで見た顔とすれちがった。   演フェス実行委員のおひとりであるI氏でしたー。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

トラへ___。

大文字山を歩き、薬草園に着いて、さがす。 

犬小屋はある。 しかし、トラがいない。

トラがいない!

そう言うと、

「ひと足先に、行った。」

天を指さして、薬草の会スタッフの返事。 

「もう2週間ほど前になるかなあ。 老衰で。 そんなに苦しまなかったらしい。」

トラぁ。 おまえの笑う顔に会いに来たのに。 先月来たとき、かなりしんどそうやったもんなぁ。 頭、なでといたったらよかった。

阪神タイガースは、今年もヤバイわ。 阪神優勝!ともうひとつ、願いがあるって、言うたことあったやろ? あれ、叶うかなあ。 ・・・・・・・・・って、 話しかける相手が、いいひんようになったやん。 

しかとはわからなかったが、 トラを埋めたというあたりに手を合わす。

トラぁ。 天国がええとこやったら、ええなあ。 天国にも、山道があるか? そっちでも笑っときやぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土)

遥かなるタスコ

若い頃、メキシコに行ったことがある。

 Photo

成人式の着物は要らない。そのかわり、着物を買ったと思ってその分のお金をちょうだい。そう言って親にもらった30万円で日本を初脱出したひと月あまりの旅。 そのうちの3泊4日がメキシコだった。

メキシコシティーのホテルにスーツケースを置き、小旅行グッズのみショルダーバッグに詰めて タスコという街へ行った。 つまり、同じ日に二重に宿泊代を払うというゼイタクをしたわけだ。 当時、この国でパン1個が1ペソ。 記憶が確かなら、1ペソは10円ほどだったと思う。そんなときだから、学生の貧乏旅行でも こんなゼイタクができたのだろう。シティからガタガタ道をバスに揺られること数時間(だったと思う)、着いたところがこの赤屋根の街_タスコである。

ハァ~、帰って来た、、、、、竹富島の他に、そう思えたもう一つの場所がここ。

乾いた熱い空気。 石の道。 銀。 牛皮製の煙草ケース。 光と影。

Photo_2 広い間取りのホテルの部屋で熟睡し、 鐘の音で目が覚めた。  前の日には気付かなかったが、ホテルの前が教会だった。 私を起こしたアラームは、そのサンタプリスカ教会の鐘の音だったのだ。 窓を開けると、目を開けていられないくらいの光。 見下ろすと、光の向こうの教会入口から花嫁花婿が出てくるところだった。 参列者達がふたりに投げる祝福の米と ふたりの笑顔と 光が まじりあっていた。 私も思わず降りていって参列し、 拍手をしたものだ。

タスコ。

もう一度。 帰ることができるだろうか。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »