2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« ちょっと緑色メニュー | トップページ | 洗濯物マジック »

2009年6月24日 (水)

「読み聞かせ」講座

豊島由香さんの「読み聞かせ」講座に行ってきましたpaper。 

まず、からだほぐし。 声ほぐし。

次は、自己紹介。 ここで私、あほやってん。 お話会のことや 先日の「かえるくん・・・・・」のことを、ながながとしゃべって、自己紹介を終わっってから気がついたsign01 かんじんの名前、言うのを忘れてたんやぁー。 

そして、例の(?) 五感を使って‘周り’をキャッチし 自分の声・音・体で返していくというのをしました。 これ、なんて言うんやろう? 去年の冬に初めて体験した時よりも とまどいがかなり減って、 すーーーーっと入っていけました。 これが、後、けっこうな爽快さでして、、、、、なんだかクセになりそうー。

で、二人ひと組になって絵本を読み合い、感想などを伝え合いました。

豊島さんが たくさん話をして下さったなかで、印象に残った言葉は‘正直な声’。 それと‘声を自由にする’。  言葉だけその場でササッとメモしただけなので、これってどーゆーことなん?と聞かれても、たぶん答えられへん。 けどなんか 私にとっては新鮮な発想なんです。 

それから、

自分の気持ちが変わると読みも変わる、ということ。

人の読むのを聞いたときに自分がどう思ったかが財産になる、ということ。 たとえ、なんと思ったのかを忘れてしまっても、それはストックされているのだから、自然と自分の読みに反映される、ということ。

私とペアになった方が、私の読みを聞いた後で、「絵本の絵は見られなかったけれど、 話の中の景色とか人物の動きが 頭の中に現れた」って言って下さったのが、とてもとてもとてもとても嬉しかったsign03 

豊島由香さんからは、 今度はいちど、抑揚や工夫など取り払って地味に読んでみるといい、とアドバイスいただきました。 これなら家で練習する前に、家じゅうの窓を閉めてまわらなくてすむやんnote  このことを、講座が終わってから もすこし深く訊こうと思ってたのに、 他の話してるうちに忘れてしもてんsweat02 今度 お会いする機会があれば 尋ねることにしよう。Photo_2

.

         .

.

なた豆 その5

 

« ちょっと緑色メニュー | トップページ | 洗濯物マジック »

コメント

いろんなところでワークショップしたはるんやねえ。 きのうも、M氏、いはりました。 きのうは主催者側として。

僕もこないだ、芸術センターでの豊島さんの
ワークショップに参加してきました。
っと、教室に入ると、そこに居たのはM氏…
なんでも豊島さんが“詰まった”時のヘルパーで参加。
結局10人の定員に僕も入れて6人…男性僕一人…
1時間半の短さだったけど、やっぱり豊島さん、性格いい!
人の話をしっかり聞いて、しっかり応える。
とても謙虚なんだけど、そうでない彼女も見たいなぁ。
やっぱ舞台ですか!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425845/30263101

この記事へのトラックバック一覧です: 「読み聞かせ」講座:

« ちょっと緑色メニュー | トップページ | 洗濯物マジック »