2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

  • 2011627
無料ブログはココログ

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月27日 (土)

マイケルジャクソン像。

 Michael Jackson/More Maximum Michael Jackson  「せんせ、マイケルジャクソンが死なはってんで。知ってた?」

 知ってたで。 へーー、マイケルジャクソンを知ってるの?(逆に、私のほうから、聞こう。)

 「そら知ってるわー。 朝から、テレビのどのチャンネルつけても、マイケルジャクソンばっかしや。 ニュースにも出てるんやで。 あんだけテレビに出てたら知らん人いいひんやろー。」

それ・・・・・・って、知ってる、って言う・・・・・・んやわな、やっぱし。 

アメリカで死んだ有名な歌手、ということやねんね。 当然のことながら、ジャクソン・ファイブは、頭にうかんできいひんわけやね。  coldsweats01 

  きのう、小学3年生との会話でしたーー。

2009年6月26日 (金)

カブトエビ

食玩 チョコエッグ 日本の動物 第4弾 115 カブトエビ(フルタ) 田植え直後の田んぼには、オタマジャクシとアメンボ・そしてカブトエビ。 カブトエビは、ここに引っ越して来て初めて見た生き物のうちのひとつです。 小さい頃は 野山を冒険して遊んでた私ですが、 実家のある伏見あたりでは見たことない生き物が ここにはたくさんあります。 ただ 興味がなかっただけなのかもしれませんが、気候が違うということもあるのでしょう。

近所の子が砂場用スコップでカブトエビを採っていたので、ネット検索で調べてみることに。 ま、ここに書かなくてもいいようなもんですが、今日は私自身のメモがわりとさせていただきまする。

カブトエビは恐竜時代からいるという‘生きた化石’なのだとか。 その卵は乾燥・低温に強いので、水を抜いた後の田んぼ・稲刈り後の土の中でも生きています。(まるで卵の干物!) そして、田植えで水が入ってきたら孵化し おとなになり 卵を産んで 死ぬ。 孵化から死ぬまで約一か月。

雑食性で、田んぼの中の雑草や 自分より小さい生き物を食べます。 なので、 このカブトエビがたくさんいると、田んぼの除草をしなくてもすむ。 つまり、農薬汚染されない米を収穫できる、というわけですね。【送料無料】大崎平野に位置する県内有数の米どころ涌谷町黒澤農場のカブトエビ田んぼで育てた、農薬や化学肥料を一切使わない安心でおいしいお米「豊穣米(5kg)」新米(20年度産) 合鴨と同じ働きです。

カブトエビの天敵は、オタマジャクシや水鳥。 どーりで、この時期だけサギが来【生きた化石飼育セット】エビ伝説 ディノ伝説たりするわけだ。 今日は、セグロセキレイがいました。

このカブトエビ、 他の生き物と同じように、売られている! ‘栽培セット’  なんてのが あるそうです。 びっくり!  

2009年6月25日 (木)

洗濯物マジック

Photo は~~~いみなさん、お待たせしました~~~。 風マジックショーのじかんです~。 司会karaokeを担当いたしますのはわたくし、 京都は岡崎動物園のシマウマでございます。 どうか最後までおたのしみください。

♪ちゃらららららーーーーー、ちゃららららら~んららー♪

ここは風さん宅の物干場。 干しておいたTシャツが 朝とちがうところにあったのであります~。 はて、これはいったいどうしたことか? 風さん、首をひねっております。 さては、、、、、洗濯バサミで止め忘れて、風で飛びそこね、となりの竿にひっかかったのかーーーっ。 

しかし、なんだかへんなふくらみを保って竿の上にひっかかっておるのであります。

ささ、ここから。 ここからですぞー。 みなさん、目を離しちゃあいけませんぞ。 

はてさて、 なぜこんなふくらんだかたちで物干し竿の上にTシャツがひっかかっているのか。 なぜ・・・・・・と不思議に思った風さん、 おもむろに右手でTシャツをとったーーー そのしゅんかんーーーーっ。 

♪ダラダラダラダラダラダラダラダラ・・・・・・・・・・・(ドラム)、ジャーーーーン(シンバル)♪

なーんとなんとっ。 中から茶色いノバトが飛び出したーーーーーっ。

いっしゅんカタマッタ風さん、カタマリがとけたあと

「なんで、こんなとこに いるんやぁ~~~!」

と、もう遥か彼方を飛んでしまっているハトに 言ったとか言わないとPhoto_2か。

は・は・は。 とんだオチでsweat01

.

.

.

.

さてみなさんっ。 Tシャツの位置を変えたのは、はたして、風だったのかハトだったのか、それともっ? 

というところで、本日の風マジックショーは終わりです。 またお目にかかれる日をたのしみにーーーー。 岡崎動物園のシマウマでしたー。

2009年6月24日 (水)

「読み聞かせ」講座

豊島由香さんの「読み聞かせ」講座に行ってきましたpaper。 

まず、からだほぐし。 声ほぐし。

次は、自己紹介。 ここで私、あほやってん。 お話会のことや 先日の「かえるくん・・・・・」のことを、ながながとしゃべって、自己紹介を終わっってから気がついたsign01 かんじんの名前、言うのを忘れてたんやぁー。 

そして、例の(?) 五感を使って‘周り’をキャッチし 自分の声・音・体で返していくというのをしました。 これ、なんて言うんやろう? 去年の冬に初めて体験した時よりも とまどいがかなり減って、 すーーーーっと入っていけました。 これが、後、けっこうな爽快さでして、、、、、なんだかクセになりそうー。

で、二人ひと組になって絵本を読み合い、感想などを伝え合いました。

豊島さんが たくさん話をして下さったなかで、印象に残った言葉は‘正直な声’。 それと‘声を自由にする’。  言葉だけその場でササッとメモしただけなので、これってどーゆーことなん?と聞かれても、たぶん答えられへん。 けどなんか 私にとっては新鮮な発想なんです。 

それから、

自分の気持ちが変わると読みも変わる、ということ。

人の読むのを聞いたときに自分がどう思ったかが財産になる、ということ。 たとえ、なんと思ったのかを忘れてしまっても、それはストックされているのだから、自然と自分の読みに反映される、ということ。

私とペアになった方が、私の読みを聞いた後で、「絵本の絵は見られなかったけれど、 話の中の景色とか人物の動きが 頭の中に現れた」って言って下さったのが、とてもとてもとてもとても嬉しかったsign03 

豊島由香さんからは、 今度はいちど、抑揚や工夫など取り払って地味に読んでみるといい、とアドバイスいただきました。 これなら家で練習する前に、家じゅうの窓を閉めてまわらなくてすむやんnote  このことを、講座が終わってから もすこし深く訊こうと思ってたのに、 他の話してるうちに忘れてしもてんsweat02 今度 お会いする機会があれば 尋ねることにしよう。Photo_2

.

         .

.

なた豆 その5

 

2009年6月23日 (火)

ちょっと緑色メニュー

ゴーヤのおひたし。Photo 

チャンプルーだけじゃなく、おひたしもいいですよ。

さっと塩茹でして水にさらし、かたくしぼって、醤油・かつおぶし・すりごまで和えます。

.

.

.

.

春雨の煮物。 Photo_3 

おでんだった残り汁を沸騰させ、  かたいままの春雨&きざんだ人参をバチャンと投入するだけ。

火をとめてからそのまましばらく冷ましてから盛り付けた方が、味がしみ込んで美味しいです。 

塩ゆでした三度豆をのせてます。

2009年6月22日 (月)

ウコンの花

ウコンの花

ウコンの花が咲きました。生まれて初めて見ました。

肝臓の友になったり カレー粉のなかに入ったりしているウコンは、こんなに優雅に花をさかせるんですねえ。

ピンクの方が先に咲き、黄色はあとから咲きましたが、 黄色はほぼ一日でしぼんでしまいます。 そして、また別の場所から 黄色い小さなこんな花が咲きました。 なんでこんな色の違う大小の花が咲くんでしょうか。 花、ですよねえこれ。

このウコン、去年の秋、美山町へ行ったときにいただいたものです。 暖かい地方で育つウコンが、京都の冬をのりきれるのか心配でした。 地上の茎や葉は枯れているし、土の中の根ははたして生きているのだろうかと。 様子も分からず、冬の間、ときどき水をやり続けました。

その甲斐あっての開花✿  うれしいなあ。 

あとは地下の根をふとらせて、私の肝臓の友beerになる日を待つのみです。

2009年6月19日 (金)

落(ダウン) (T_T)

ひさしぶりの手強い腰痛で、ダウンdownしておりました。 

思い返せば日曜日。 あれ? ヘンやなあ・・・・・と思いながらもチャリぶっとばして、国際会館へ造形芸大へと動きまわったんがアダになったんやなあ。 学校でも「せんせ、きのうピンクの自転車でぼーそーしてたやろ。見たで。( ̄ー ̄)ニヤリ」と耳打ちされる始末。 なんとか水曜日の遠足までと頑張ってはみたものの・・・・・・、木曜日、きのう、ついに寝込んでしまうという事態に陥ってしまったのだーーー。

整体に鍼灸で約1万円(パーキング代も入ってますが)。昨日欠勤して失ったパート代6千円。 このにっくき腰痛がなかったならば、計1万6千円を失わずに済んだものを (´・ω・`)ショボーン。 バス代440円を節約したばっかりに、 ちょっとばかし調子がいいからと言ってカロリー消費を目論んだばっかりに・・・・・。

いやいや。そう考えられるのは、腰痛メがおさまってきた今だからこそ言えるというもの。 

病気でしんどいというのでもないのに動けない、というのはツライもんでした。 なんせ、寝返りうっても痛い。 くしゃみしても痛い。 下に置いた洗濯物を取ろうとするとクワワーーーーンキーーンと痛みがっ。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。。 痛い痛いと思っていると、呼吸が浅くなって息苦しくなってくるし。。。。。  

おまけに、体がしんどいと、心の方までまいってくるらしい。 ちょっとしたひと言で 折れてしまう心をかかえつつ。。。 ひとり家で横になってると、 自分で勝手にどんどん下降していく思いや想像に落ち込み、 涙まで出てくるんですよこれが。 もう、真剣に、アドレス知っている人全員に‘Help!’とメールを送信しようかとさえ思いこみました。

しかしなんですな。 こういうとき、子ども達は敏感です。 月曜・火曜・水曜は出勤しましたから、 子ども達はいつもどおり 周りにうわぁ~~っと集まってくるわけです。 あーもー、腰いたいし仕事は思うようにはかどらへんし、、、今日ぐらい そっとしといてほしい話しかけんといてほしいなどと 自分勝手なコトを思ってる私に、「せんせ、腰、痛いんか? 肩(なにゆえに?)もんだげよかぁ?」「荷物もったげよかあ?」なんてやさしい言葉をかけてくれましてねえ。 (u_u。) 

今日、理科支援の方の学校に行くと、「腰、大丈夫ですかっ?」「筋肉の小さい断裂かもわからんで。」「ええ医者紹介しょうか?」とまあ 皆さん声をかけて下さって。 みーーーんなに伝わり広まっていたんやね、私の腰痛(汗)。 嬉しくもあり、恥ずかしくもあり。 いえ、嬉しいです、はい。落(ダウン)

メダカを飼っているコンクリートの水槽に、ウォーターリリー(ひつじぐさ・睡蓮)が1輪 咲いていました。 よかった、咲いてる日に出勤が間に合って      

(o^-^o)。

 

2009年6月14日 (日)

「たけくらべ」

「たけくらべ」 後藤加代。 

名前は聞いていたけれど、その語りは聞いたことがなかった。 

樋口一葉「たけくらべ」。 造形芸術大学内Studio 21にて。 2時間半ほども、おひとりで滔々と語り続ける そのパワー・勢いに圧倒され続けた。

‘地の文’と‘言葉(台詞)’との‘言説の織物’ とパンフのなかで渡邊守章氏は書いておられる。 後藤加代による‘言葉’が、なじみのない文語調‘地の文’にPhoto_2も私をひきこんでくれたような気がする。Photo_4  

.

.

.

.

.

.

いつもは 白川通を通るとき車窓から横目で見ていた造形芸大へ、初めて。 

4才まで住んでいた借家は、たしかこの辺り。 

むか~~しね。 たけくらべほどではないにしろ。

2009年6月13日 (土)

かわゆっス。

かわゆっス。  今日はひとつ アイドルブロガーみたいなひとことで。 

友人に ベリーの実を写メしたら、 こんな写メが返ってきましたー。

見た瞬間、頭ンなかにやってきた言葉がこれ。 

かわゆっスheart04  

季節がらぴったしなので、ケータイの待ち受け画面に採用6_2

.

ちなみに、私が送った写メはこれ。

きっとこれも、彼女にかかったら、趣味細工のモデルになるのでありましょう。 

2009年6月11日 (木)

すご〜い☆

さて、理科支援のお仕事。

今、小学校3年生は 昆虫調べを、 小学校4年生は 光電池の実験を しています。  

今日は4年生のヘルプをする日なので、 3F教室と1F理科準備室・中庭を 光電池や電子メロデイーを持って 上がったり降りたり。 小さな電子メロデイーは、今日のようなうす曇りの光でも しっかりnotesハッピィバースデイトウーユーnotesnotesエリーゼのためにnotesを 奏でてくれます。 

「エコやな。 けーざいてきィーup。」

「もしも光を食べられたら、光はタダやから、おなかいっぱいになるで。食べ放題やshine。」

「手で光電池をふさいだり離したりしたら、この電子メロデイー、音痴になるでflair。」

なーんて言いながら、4年生が実験しております。 

階段を降りようとすると・・・・校舎階段のとちゅうで オニヤンマ発見!  先日のメジロと同じく、校舎のなかに紛れ込んで出られなくなってた様子すご〜い☆。 なんとか外に脱出しようと 曇りガラスに何度も体当たりimpact。  なんぼ体当たりしたって出られへんやん。 わからんのかなあ。 

おりしも3年生は、昆虫探しの真っ最中。 担任の先生から「ひとり一匹、昆虫をつかまえてきなさ~い。」とのお達しが出た模様。 こういうことに得意な子は、テントウムシの幼虫なんてのを どこからか探してきます。 苦手な子は、、、、仕方がない、アリですね。

よーし、ここは いっちょ このオニヤンマをゲットして3年生の‘生きた教材’にするぞーーrock。 このオニヤンマ、逃げんように見といてや! 近くにいた3年生に見張りをたのんで 捕虫網とりに。 で、捕まえたのが写真のオニヤンマなのだーー。 

Mushi_24年生の実験も終わり3Fにもどってくると・・・・・・、こんどは見たこともないヘンな虫がsign01 しっぽのような針のようなものが何本か。 胴は、黄色と黒のシマシマ。(阪神タイガースやあ~。) 足6本、ハネ4枚。 よし、昆虫や。 と、これもゲットscissors。 オオホシオナガバチというのだそうです。(子ども達が後で図鑑で調べました。)

たてつづけに2匹もオオモノをしとめた私に、

「せんせい、すっご~い☆」

と、3年生達からの尊敬をこめた称賛がふりそそいだのでした。  ふっふっふ。 どんなもんだいgood。 実のところ、 仕事で、しかもキミ達の目が周りにあるからなしえたことなのだよ。

.

Photo_2

  ナタ豆4。 学校園に移植しました。(横の白いのはシロツメクサの花。大きさの比較用に。)

2009年6月 8日 (月)

3つの「あ」ダイエット

「あーーもー最近太ってきてあかんわー。」

「わたしもやねん。ま、食べてばっかしやからなあ。しゃーないわ。」

「ダイエットする、いうてもなあ。」

「あんな、ええか。 3つの‘あ’に気ィつけたらええねんで。」

「あ、そやそや。 なんかわたし聞いたことあるわ。 で、3つの‘あ’て、なんえ?」なんやろ?confident

「‘あ’ぶらァ、‘あ’まいもん、‘ア’ルコール。 この3つや。」なるほど。confident

「あぶらと あまいもんは ええねんけど、わたし、アルコール・・・・は・・・・、あかんわー。」 (同感!bleah

「なんも止めんでもええねんで。 止めたらストレスたまるしな。 ちょ・・・・・・・・・・・・っとだけにしとくねん。 ちょ・・・・・・・・・っとだけ食べるねんで。 完全に止めるから続かへんのや。」ほうほう。think

「そやなあ。 野菜ばっかし食べたって、美味しないやんなあ。」

「ほんまほんま。 小松菜! あれ、あかんわー。 栄養あるって言うけどなあ、あ・・・・・・・・んなヘンな味のもん、どーやって食べてる?」

「お揚げと炊くぐらいしか、考えつかへんわ。」

「あーそれ、美味しいなあ。」同感!happy01

「そやけど、若いモンは そんなんあんまり食べへんやろ?」

「炒めるとか。」

「そんなことしたら、ひとつの野菜で何種類も作らんならん。 こ・れ・が、じゃまくさいんやなあ。」同感!think

「うちの死んだおじいさんな、冬瓜の葛ひき、喜んでよう食べてくれはったわー。冬瓜を見るたびに、おじいさんを思い出すねんわ。」

「何才まで生きたはったん?」

「100才や。」

へーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!」へーーっ。wobbly

.

と、まだまだ続いてたもよう。 いつもながらなぜか元気のでるオバサマ会話。 ヨガの化粧室にて。

マスカラ塗りながら仕入れたブログネタでありんすわいなぁpaper。 

ところで・・・・・、ダイエットの話、どうなった?

 

2009年6月 7日 (日)

「かえるくん、東京を救う」

「かえるくん、東京を救う」  豊島由香さんの朗読劇「かえるくん、東京を救う」を観てきました。 「かえるくん、東京を救う」は、村上春樹原作、です。  京都府立文化芸術会館3階和室にて。

昨秋、ワークショップで この「かえるくん・・・」を最初だけ見せていただく機会がありました。 今日と同じ場所だったかしら。 そして先日、村上春樹の「かえるくん・・・」を読んで、豊島さん____演出や振り付けなどスタッフの方々がおられるので実際には 豊島さん達によって____いったいどんなふうに‘かえるくんワールド’ができあがるのか、楽しみでした。

おもしろかった!

東京のビルを模した黒い窓つきの箱。 その使い方。 暗転時の音。 役柄の転換(出演者は豊島さんひとりなので)。 顔・体の向き、表情。 照明の角度。 何も語らない‘時’。 

劇や芝居については(朗読も そんなに違わないけれど)ド素人の私にとって、 どれもこれもが新鮮でオドロキで楽しい。 あっという間に1時間が経過していました。 

そのあいだに、東京は、大地震による壊滅から逃れられたのでした。 めでたし! といきたいところだけれど、、、、、かえるくんやみみずくん、そして主人公(名前わすれた)は、 その後 どーしてるのか?  ちりぢりになって、たぶん、 この世の人間達のなかへー。 もちろん、私の中にも。

Photo_2

                                         なた豆 その3

2009年6月 5日 (金)

絵の具遊び♪

       絵の具遊び♪ きれいでしょう?

あじさい。 虹。 花畑。 バブルバス。 こんぺいとう。 しゃぼんだま。 3年生達のつくる模様をみて、いろんなものを連想しました。

Photo_2 しゃぼんだま。 そ、 しゃぼんだまでつくりました。

紙コップに入れたしゃぼんだまの液に 絵具をすこし ぽちゃ~ん。 かきまぜて絵具を溶かしたら、 太めのストローで ブクブクブク。 ブクブク 息を吹き続けると、 色付きしゃぼんの泡が紙コップの上まで てんこ盛りになります。 その泡を ストローで画用紙の上にそーっと置きます。 泡が画用紙の上ではじけたら、こんな模様に♪

絵具としゃぼん液の量によって偶然できた色。 その組み合わせ。 息の入れ方やストローの角度によって偶然できた泡の数と大きさ。 泡の置き具合。

偶然の重なりによって生まれた一枚の世界のようで なんだか素敵です。

私も 泡を置くのをさせてもらいましたが、 これが結構むずかしい。 画用紙に置かれる前に 泡が消えてしまったり。

このなかに クレパスなどでこびとなどの絵を描き足しても、 かわいい世界になるでしょうね。 舞い上がる蝶とか鳥とか。 龍・蜘蛛・魚。 そよ風にもなびく花々とか。 動きのあるものが よさそうに思うなあ。

関係ないけど、、、、ナタ豆のその後です。Photo_4

2009年6月 2日 (火)

おーい浦島花子よ~。

Photo_2  わしか?

 わしはな、ウンモンスズメという名じゃ。

 いわゆる蛾じゃな。

 かわった模様じゃろ? 色はな、写真よりももすこし鮮やかなグリーンじゃ。 光の加減でこんなモスになったのじゃろうな。

 きのう、、、そう、 きのうの夕方。

 わしとしたことが・・・・不覚じゃったよのう。 学校の渡り廊下で小学生に見つけられてしもうた。 5人。 いや、もっといたやもしれん。  わしは、ぐるりとまわりを囲まれてなあ。 

「蛾や! 毒蛾や! 殺さんとあかん。」

言うてなぁ。 石を投げるわ、足でけるわ。  さんざんじゃ。 逃げようと思うのじゃけど、飛べん。 むかし・・・・・同じように 海辺でいじめられてたカメがいたと聞いたが。 その時のカメの気持ち、 わかる気がするのう。 カメは、このあたりで浦島太郎が助けてくれたっちゅうことじゃったが。 だれか、 この子ども達からわしを助けてくれんもんか。 

そう思うていたら、

来た!

風さんが、 浦島太郎よろしくさっそうと歩いてきた、、、かどうかは、わからん。 なんせ その時のわしはもうフラフラじゃったからのう。 しかし わしは助かった! そう思うたよ。 お、そうじゃ。 風さんは女性じゃから ‘太郎’じゃのうて‘花子’じゃな。

いやぁ~~、みんな、なにしてんの~? あ、めずらしい蛾やねえ。 きれいや~ん。 あ、こらっ、石投げたらダメ! え? 毒? あんな、なんぼ毒あっても、こんだけふらついてたら もう なんもしいひん。 毒があっても 命があるんやで。 逃がしてやり。 ほら、 もう ほっといたり。 

さすが風さん。 毒があっても 命がある。 もののわかった御仁じゃ。

あ、ちょっと待って! 写真とるし。 もォ~、石投げたらあ・か・ん、言うてるのに! 逃がすのもちょっと待ってや。

パシャ。

「せんせい、うまいこと撮れたな。」

と、ケータイを囲む子ども達。

そやな。 よっしゃ! ほなら、あとは、よろしくー。

と、助っ人は 立ち去ってしもうた。 

おーい、浦島花子よ~~。 助けてくれるンとちがうんかいっ! 竜宮城へのチケットはいらんのじゃなぁーーーーーーーーっ。 

 

2009年6月 1日 (月)

でかっ!

でかっ!  わかります? 

発芽しました。

去年、高知から送ってもらったナタ豆です。 

横に写ってるのは、私の指。 としたら・・・・・・、でかいでしょう? 

もらった種(豆)からしてデカかった。 

ナタ豆って、最近ちょくちょくテレビとか新聞広告とかで出てますよねえ。 

お茶とか、歯磨き粉とか。 なた豆歯磨き 125g高味園 ナタ豆茶(なたまめ茶) 100%体によいそうですよ。

プ ランターに蒔いたので、全部が発芽したらとっても密になりそうです。 全部が元気に出てきたら、 学校の花壇の、あの、空いてるところ、あのエリアに移植しようかななんて もくろんでるんですが・・・・・・、豆って苗の移植しても育つのかなあ。 ま、やってみよう♪

白い種と 茶色の種。 2種類あったので、どう違うのか、それも楽しみ楽しみ。

調理の仕方も、もうすでに去年 友達のお母上に聞いておいた。 育つのを待つのみ。 楽しみ楽しみ。

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »