2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

  • 2011627

« 見てみたい? | トップページ | 10年目の花たち »

2009年5月14日 (木)

かがやくこころ

かがやくこころ 何日か前、 角掃きをしていると、用水路のきわにしゃがみ込んで じーっと動かない子がいました。 私が落ち葉を掃き終えるまでじーーっと。 15分ぐらいでしょうか。 学童保育の帰り道。 はよ帰らないと いくら日が長くなってきたとはいえ、心配やなあ。

と思ってると、つと立ちあがったので 聞いてみることに。 ちょうど落ち葉もなくなったことだし。 なあ、なに見てたん?

「あんな、鳥がな、死んでてん!」

えーー(+o+)、どこどこ? (単純に 野次馬根性。)

見てみると・・・・・、まだ産毛も生えてないようなヒナ鳥でした。 ツバメか、スズメか、、、、、。 私は、羽の色や模様を見ないと 鳥の種類がわかりませんsweat01。 巣から落ちたのでしょうね。

「かわいそうやから、葉っぱでお墓を作ってあげたん。」

そこはアスファルトなので埋めてやることができません。その子は、アスファルトをわって生えていたカタバミの葉っぱをいっぱいちぎって土の代わりにし、まるはだかのヒナを覆ってやっていたのでした。 

私が見に行った時には__少ししか時間が経ってないのに__ 比叡降ろしの風が ヒナからカタバミの葉をはぎ取っていました。 落ちたヒナを見て、伏見稲荷の屋台で売ってる‘雀の丸焼き’を思い出してしまった不謹慎なわたし。。。。sweat02

カタバミの花言葉は、‘かがやく心shine’。

今日の昼には、教室で鳥が死んでるー!と子ども達が大騒ぎで職員室にかけこんできました。 メジロでした。 朝の健康観察のときにはいなかったのに、 校区探検から帰ってきたら、メジロが落ちていたのだそうです。 教室に紛れ込んできたんでしょうか??

先生の手のひらにのったメジロを、子ども達が無言で取り囲んでいました。 木々を飛び回っているときは そうは思わないけれど、 こんなして手のひらで動かなくなったメジロ、 とても小さく感じるもんですね。

« 見てみたい? | トップページ | 10年目の花たち »

こども」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425845/29614828

この記事へのトラックバック一覧です: かがやくこころ:

« 見てみたい? | トップページ | 10年目の花たち »