2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

  • 2011627

« 新インフルエンザ | トップページ | 大文字山から。 »

2009年5月23日 (土)

「蜂蜜パイ」

村上春樹の短編集を読んでいます。

豊島由香さ村上春樹全作品 1990〜2000 〔2〕−7  約束された場所で 村上春樹、河合隼雄に会いにいく/村上春樹/著 [本]ん演じる「かえるくん、東京を救う」とは、どんな話か。 6月に観に行くまで楽しみにとっとけばいいものを、 いま、最後まで知りたくなって、図書館で借りました。 なんだか少々ブラックなラスト。 当日、豊島さんがどんなふうに語り演じられるのか、 わくわくnoteたのしみ。 

「目に見えるものがほんとうのものとは限らない。」というかえるくんの言葉。 「ほんとうのことはね、目には見えないんだよ。」と言った 星の王子様を思い出しました。 イコールではないですが。。。。

今ンところ、この短編集の中にある「蜂蜜パイ」という話が お気に入り。 長い年月かけて すこしずつ動いていく3人の心が素敵でした。 

« 新インフルエンザ | トップページ | 大文字山から。 »

本・映画・ドラマ」カテゴリの記事

コメント

おーーー、拾得! 私はロックにあまり磁力を感じませんが、この店(?)一度行ったことがあります(^0^)/。 あの頃、いろんな店のマッチを集めるのがはやってたもんで・・・・。 え? 話、合ってるよねsweat01

昔、伝説のロックバンドに
「はちみつぱい」というのがあって
僕も何回か見に行った覚えがあります。
拾得にもけっこう来てたなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425845/29761372

この記事へのトラックバック一覧です: 「蜂蜜パイ」:

« 新インフルエンザ | トップページ | 大文字山から。 »