2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« マロニエ | トップページ | あねさんろっかくたこにしき♪ »

2009年5月10日 (日)

「斬念」

「斬念」  中田達幸氏によるひとり芝居「斬念」を、人間座へ観に行きました。 人間座は、北大路高木町にありました。 高木町にこういうスペースがあったとは・・・! 

幕末の土佐。 岡田以蔵(人斬り以蔵)の話。 

私はけっこう‘幕末’が好きでして・・・・・。 いや。 いろんな激しい‘思い’‘念’が交錯し沈んでいった時を‘好き’とくくることは、ヒンシュクをかうでしょうか。 いや。 どの時代も、さまざまな‘念’の集まりなのですが。 いや。 いま、も そうなのだけれど。

などと考えながら、 頭の別のところでは「走れメロス」がふと浮かんだり。

暗転の闇のなかに 直前に出ていた人物の残像がうきあがったのが、初めての視覚体験。 その残像も劇のうちflair

芝居おわって、外に出ると初夏の真昼。 あ~~~、今の世界にもどってきたーーーというかんじでした。

Photo_2 午後は、同志社大学の第三劇場へ。 「キミとボク」。 一日に二つも芝居を観たら、 ふたつの話が 自分の中でミックスされるんじゃなかろうか、 後の劇に以蔵が残ってしまったら せっかくの二つの劇がもったいないなあ。 なんて、 思っていたのですが、 なんのことはない。 ふたつの劇は、まったく違う世界(ワールド)でした。 いまどきの学生サークル活動内での恋愛コメデイ、といったところでしょうか。 楽しく入っていけた世界。

はい。 今日は観劇デイ、だったのだよ。 心のどこでもドアを、フル使用できた休日でしたnote

« マロニエ | トップページ | あねさんろっかくたこにしき♪ »

コメント

人間座が稽古場だったとは、、、、素敵ですね。 シニアは、またフッカツするんですか? 。。。 はい~、最近はinput三昧でござんす。

ここはシニアの稽古場所でもあり、
なじみ深い小屋です。

同志社のも見にいったんだねぇ。
僕も春先の卒業公演の時期に、龍谷、立命館、京大と
ハシゴしたなぁ。
彼らの初々しくも必死の舞台っていうのも、
それなりに得るものがあるもんねぇ。

芝居三昧でしたね!

「デモクラシー」と叫んだ志士達の思いが子ども達に伝わるような朗読! 難しそうです。が、新たな階段登るために 題材さがし・読む場さがしから。。。。 機会あればまた いろいろあれこれ吸収させて下さい。

風さま、御来場まことにありがとうございました。
「幕末好き」だったのですね。より楽しんで戴けたのでは?
未来を担う子供たちに「デモクラシー」と叫んだ志士達の
思いが伝わるような朗読もやってみてくださいネ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425845/29554746

この記事へのトラックバック一覧です: 「斬念」:

« マロニエ | トップページ | あねさんろっかくたこにしき♪ »