« 10年目の花たち | トップページ | 何人? »

めざしたい! しかし、

見ました 

金曜日21時からののTV「森光子 独占密着533日 放浪記200回舞台裏」。

女優森光子 大正・昭和・平成-八十八年激動の軌跡-   [本] もうすごいですー、森光子さん。 びっくり  尊敬

89才。

普段は 手をひいてもらって歩いているときもある彼女が、、、、、、舞台あとなどでコメントするときは ゆっくりと89才の話ぶりの彼女が、、、、、出番が来たとたん大きくくっきりと声をあげ、舞台袖からとび出すんですよーーー。 でもって、楽屋ではスクワットするんですよーーーーー。 って、あの番組見た人は ご存じか。 

それでなくともあのスケジュール。 舞台の合間に講演もある。 もちろん稽古もあるし、それも真剣。 私はこないだ、たった2回の公演で、たった4ヶ月の稽古で、あのあとひと月も呆けてしまった。幕が降りたとたんに 腑抜けてしまった。

彼女はあの過密な日々の中、主役2000回というプレッシャーの中、スタッフへの気遣いもある。 で、いまどきのジョークも言う。 どんだけこころ&からだの幅がひろいねん!

なんぼ健康でも元気でも、89才ともなれば きっとしんどいやろうになあ。

私は89才までまだまだた・・・・・っぷりとあるのだから、  「しんどい。歳や。」ばっかり言ってないで 彼女をめざそうとは 思うのだけれど、 ゲンに肩こりが腰痛が頭痛が疲れがっ・・・・・・・。 あかんよなあ。

彼女は、舞台人の鑑! エイジングの鑑!やねえ。

彼女を、いまもささえているものは、 

                いったいなんなんだろう。

« 10年目の花たち | トップページ | 何人? »

えとせとら」カテゴリの記事

コメント

なぜ、人に‘見せる’ことに命をかけられるのだろう? なぜ? それをも知りたいから、私もまた素人ながらも‘舞台’という台に立ちたいなあ。 所帯を消す。 それはとても勇気のいることでもあります。

奇しくも、我が駄母とタメ年。
それを思えば、この人はたしかに怪物です。
テレビでの心もとないしゃべりや震える手などを
プロとしてはいかが?などと言うもんなら
総スカン喰うほどに、
今や、老いたるものたちのヒロイン。
このモチベーションは、人に“見せる”ことに
命をかけてきた人ならではのものです。
所帯臭さが無いのもまた、この道に邁進できた
理由かも知れませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: めざしたい! しかし、:

« 10年目の花たち | トップページ | 何人? »

無料ブログはココログ