« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月30日 (土)

おしゃべり朗読会

務川氏提案・おしゃべり朗読会の1回目。 読みたい本(文章)・読んでほしい本(文章)を持ち寄っての3時間。 朗読のあいまにワイワイやる。 いや、ワイワイのあいまに朗読を聴く。 

京町家・さいりん館にて。 今日も蒸暑い日でしたが、町家の中はけっこう涼しい。 込み合った街中の家なのにね。 家のなかに 風の通り道があるのです。 

何年か前までどなたかが実際に住んでおられた古い家の広い和室で、中庭や蔵を見ながら、 風に吹かれて、 様々な世界に立ち寄る心地よさ。 その不思議。 日常からすこ~し離脱したヘンな感覚。

‘字’で書かれた文章に ‘声’をのせることによって、 ‘世界’ができる。 目で見ているものはいつもと同じでも、 耳から入って来た文章や言葉(そのとき偶然に起こった音も)で、私は、別の世界へ行くことができる。 先に いろんな世界に入ってしまったので、私は今日‘読む’気がなくなってしまったのだけれどcoldsweats01、 私が読むときも、 私が読み出す世界に入り込んでくれる人がいると嬉しい。 おとなでも 子どもでも。 だから、私は、‘声を出して読む’ことが好きなのかもしれないなあ。

さいりん館は、京都の町家をいろんな人の集まる場所にしようとしてはります。 今日は、1階では私達・おしゃべり朗読会。 2階では、デコ・スイーツ体験を。 開始時間より30分ばかし早く到着した私は、 入口そばのネイルサロンで ネイルのカラーリングをしてもらいましたーshine。 初ネイルだよん。  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月27日 (水)

エスタンピーダ

エスタンピータ ごらんのとおり、

4月上旬の写真です。Photo_2

宝が池のジョギング・スタート地点(梅林園の前)にある木彫りの馬3頭。 

エスタンピーダESTAMPIDA。  

       ホルへ・デ・ラ・ペーニャ作。 

京都市&グアダラハラ市姉妹都市提携10周年を記念して、グアダラハラ市より送られたものだとか。 グアダラハラ市は、メキシコかな? 

この馬達の動きが いいじゃないですか~。

桜の季節以来、宝が池へも とんと御無沙汰です。

.

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年5月25日 (月)

茶色メニュー

茶色メニュー むしょうに‘おからの炊いたん’を食べたくなってHELPに行ったら、 蕨(わらび)がおいしそうに並んでいましたhappy01

で、今日の夕食は、、、、

①.おからの炊いたん・・・人参・こんにゃく・油揚げ と それから私は絹ごし豆腐を入れます。 ご存じのように、おからは豆腐を作るときにできたしぼりカスなんだけど、 これをまたおからといっしょに炊くんです。 すると、のどごしがよくなって美味しいですよ。 おからを炊いてから すり鉢でなめらかにした豆腐をまぜたらもっとイケルかもしれない。 ‘おからの白和え’なんて命名したりしてconfident。 おから・豆腐・油揚げ と、3つも大豆の加工品が入ってますねー。 上にのってるのは、竹輪です。

②.蕨と油揚げの煮物・・・最初に蕨を茹でてアク抜きします。 お湯には重曹を入れて。これ、茹ですぎると蕨がとろとろになるので注意。 重曹は「蕨のアク抜きに使うんですけど~。」と言って、薬局で買ってきました。 サッと茹でた後、水にさらします。 で、食べやすい長さに切って、油揚げといっしょに煮ます。

③.カレースパゲティ・・・・昨晩のシーフード&大豆カレーを、茹でたスパゲティにからめました。 シメジが冷蔵庫の中にあまってたので入れることに。 

④.味噌汁・・・具は、豆腐&わかめ。 味噌は「こだわってます」という信州味噌を使っています。

というわけで、

食べたいモノ・残ってるモノで おかずを作っていったら、 こんな茶色系統の食卓restaurantになってしまいましたーcoldsweats01。 だから、茶色メニュー。 あとで、トマトを添えました。

それと気がついたら、メインデイッシュがないsweat01。 なので、つきだしメニュー とも言えますねえ。 大学生にはちょっと申し訳なかったか・・・・・。

お、それから、おかず4品全部に大豆が入っているから、大豆メニュー(イソフラボン・メニューshine) でもありますーー。 あしたの私を見ておくれhappy01。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年5月24日 (日)

大文字山から。

曇り空もなんとかもって、薬草に親しむ会。

いつもながら、この、‘大’の3つの画が交わるところ(火床)までがいちばんしんどいbearing。 運動不足の足や心臓が 慣れるまで。 京都市の小学3年生は、たいがい遠足でここまでやってきます。 社会科の勉強(京都市の様子)を兼ねて。

大文字山から。 ではここで、写真の中の緑(木々)の多いところの説明をばさせていただきます。 オッホンdash。 これは、西を向いて撮った写真です。 

中央に一番大きく写っているのが吉田山。 この山の向こう側に京大schoolがあります。 吉田山までまっすぐ続いている(右の方)が、今出川通。 哲学の道の一部ですな。 吉田山の向こう側にある緑は、御所。  御所の手前に 横むきににうっすらと並んでいるのは、賀茂川の並木。 向こうの右の方にあるのは、左大文字であります。 ここには写っていませんが、この写真の左の方には 京都タワーが見えました。 空気の澄んだ日なら、はるか大阪はツインビルまで見えるのだとか。 残念ながら私、見るチャンスがまだ来ません。

Photo_2.

リョウブの木。 食べ物の少なかった戦時中は、この若葉を乾燥させて米といっしょに炊いたのだそうです。 リョウブご飯。 

生でも食べられるで、ということなので さっそく試食。 んーーーーーー、おいしい、とは、言えない。でも、‘食べられる’ことはワカル味でした。

.

Photo_8 ウラジロの群生。 新しい茎芽が、空に向ってたくさんのびていました。 

これを、12月に採りに来たら街角で売れるなあ、、、、なんて ここに来るたびに思うのだけれど、寒いときにここまでわざわざ登って来ようとはなかなか思いつきませんね。 朗読の稽古や家の大掃除なんかで 忘れてるんでしょうね。 気がついたら 春になってます。

. 

. 

Photo_10白川の水源。 小屋の横に もうひとつ小さな小屋があって、そこに‘水神’と書いてありました。 

ここから下の街まで水が流れているのですねえ。 今日は、地上には水ありませんでしたけど。

.

.

.

Photo_12 .

クレソンの群生。 

晩のカレーライスにつけるサラダに入れることにしよう。 少し摘んで持って帰りました。

.

.

.

Photo_14 .

帰ってきたら、ペットボトルがこんなふうにひしゃげていました。 大文字山ぐらいの山でも 気圧が違うんですかねえ。

銀閣寺から大文字山三角点を経て池ノ谷薬草園まで、往復約10kmあるのだそうです。 少しは、体内カロリーを消費できたかしら。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月23日 (土)

「蜂蜜パイ」

村上春樹の短編集を読んでいます。

豊島由香さ村上春樹全作品 1990〜2000 〔2〕−7  約束された場所で 村上春樹、河合隼雄に会いにいく/村上春樹/著 [本]ん演じる「かえるくん、東京を救う」とは、どんな話か。 6月に観に行くまで楽しみにとっとけばいいものを、 いま、最後まで知りたくなって、図書館で借りました。 なんだか少々ブラックなラスト。 当日、豊島さんがどんなふうに語り演じられるのか、 わくわくnoteたのしみ。 

「目に見えるものがほんとうのものとは限らない。」というかえるくんの言葉。 「ほんとうのことはね、目には見えないんだよ。」と言った 星の王子様を思い出しました。 イコールではないですが。。。。

今ンところ、この短編集の中にある「蜂蜜パイ」という話が お気に入り。 長い年月かけて すこしずつ動いていく3人の心が素敵でした。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月22日 (金)

新インフルエンザ

昨夜、

『京都市の小学生がひとり、新インフルエンザに感染していることがわかりました。』というニュース速報tvが流れた数時間後、 

京都市の学校では℡緊急連絡がまわりました(たぶん)。 夜の10時半~11時ぐらいでしょうか。 一部の小学校(患者君の住む区と その隣の区) & 高校 & 特別総合支援校は、27日まで休校です。 大学も休校らしく、わが息子も朝寝sleepy。 他の小中学校・保育園・図書館などの公共施設が いつもどおりあったのは、賢明。

インフルエンザの一種やのになんでこうも連日マスコミでとりあげられているのか、いまひとつ、私には意味不明です。 

そしてみんなが‘動いて’しまう。

京都に修学旅行に来た子ども達全員が、大きなマスクして金閣寺を囲んでながめる図は、とても不自然で滑稽です。 関西の学生が、就活で敬遠されているのは、悪くすれば差別につながらないのでしょうか? ‘豚インフルエンザ’の‘豚’がいつのまにか消えたのは、やはり企業(産業?景気?)に不利益になるからでしょう。 やはり‘若者の就職’より‘企業利益’優先ですか。 『マスクが売り切れています』なんてニュースを聞くと、石油ショック時のトイレットペーパー売り切れパニックを思い出してしまいます。

インフルエンザを発症して苦しい思いをしている人たちには悪いのですが、 別の、たとえば、今 国民に注意をむけてほしくないニュースがあって、そこから意識をそらすためのこの報道なのじゃないかと勘ぐってしまいそうになります。

1957年より前に生まれた人達は、このインフルエンザに対する免疫をもっているかも、なんていうのも聞きました。 ということは、なんだか、今の地球環境にも関係していそうだし。。。。 

だいたいが、ウイルスなんてそこらじゅうにいるのだし、新型もどんどん出現するんだから、 感染しても 負けて発症しない‘からだ’であればいいんです。 マスク・手洗い・出歩かないetc.が不必要だとは決して思いませんが、十分な睡眠をとれる生活サイクルの保持(個人努力だけじゃなく)だとか 汚染されていない(添加物も含めて)食べ物を摂ることだとか そういう土台となることを マスコミが連日とりあげないのは、、、、、、?  やはり、不利益をこうむる方々が力をもっておられるからでしょうか???

勘ぐりすぎsign02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月21日 (木)

何人?

算数の問題。

『公園で子どもが15人遊んでいました。 7人帰りました。 公園に残っているのは、何人ですか?』

「えーーーーーっsign02  この問題、意味わからへ~んsweat02。」

と言うたのは塾の子。

そしたらな、この問題を 声出して読んでごらん。

「声出して 読まんとあかんのー? 国語とちゃうで。算数やで。」

うん。 そやけど、声出して読んでや。 声出して読んだら、なんでわからへんのかが わかるかも。

で、 しぶしぶ

「こうえんで こどもが15にんあそんでいました。 7にんかえりました。 こうえんにのこっているのは、なにじんですか?」

ほらな。  

そら わからんわ。  

‘なにじん’と違って‘なんにん’って読むんやで。 ‘なにじん’って読む時もあるんやけどな。 国語とちゃうしな。 算数やからな。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月18日 (月)

めざしたい! しかし、

見ましたsign02 

金曜日21時からののTVtv「森光子 独占密着533日 放浪記200回secret舞台裏」。

女優森光子 大正・昭和・平成-八十八年激動の軌跡-   [本] もうすごいですー、森光子さん。 びっくりsign03  尊敬shine

89才。

普段は 手をひいてもらって歩いているときもある彼女が、、、、、、舞台あとなどでコメントするときは ゆっくりと89才の話ぶりの彼女が、、、、、出番が来たとたん大きくくっきりと声をあげ、舞台袖からとび出すんですよーーー。 でもって、楽屋ではスクワットするんですよーーーーー。 って、あの番組見た人は ご存じか。 

それでなくともあのスケジュール。 舞台の合間に講演もある。 もちろん稽古もあるし、それも真剣。 私はこないだ、たった2回の公演で、たった4ヶ月の稽古で、あのあとひと月も呆けてしまった。幕が降りたとたんに 腑抜けてしまった。

彼女はあの過密な日々の中、主役2000回というプレッシャーの中、スタッフへの気遣いもある。 で、いまどきのジョークも言う。 どんだけこころ&からだの幅がひろいねん!

なんぼ健康でも元気でも、89才ともなれば きっとしんどいやろうになあ。

私は89才までまだまだた・・・・・っぷりとあるのだから、  「しんどい。歳や。」ばっかり言ってないで 彼女をめざそうrockとは 思うのだけれど、 ゲンに肩こりが腰痛が頭痛が疲れがっ・・・・・・・down。 あかんよなあ。

彼女は、舞台人の鑑! エイジングの鑑!やねえ。

彼女を、いまもささえているものは、 

                いったいなんなんだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月16日 (土)

10年目の花たち

Photo_2  クレマチス。

.

.

.

.

.

.

Photo_3  うきつりぼく。

.

.

.

.

.

.

Photo_5  おだまき。.

.

.

.

.

.

.

Photo_6  サギ草?。

.

.

.

.

.

.

Photo_8  ****ベリー。

.

.

.

.

.

.

Photo_10  琉球月見草。

.

.

.

.

.

.

Photo_11  イロハモミジ?。      下は、その実(種)。Photo_13

   

.

.

.

.

.

.

10年前、いっしょに引っ越してきた花たちです。

たいして世話もしてないのに、毎年 忘れずに 花を咲かせて、 目を楽しませてくれています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年5月14日 (木)

かがやくこころ

かがやくこころ 何日か前、 角掃きをしていると、用水路のきわにしゃがみ込んで じーっと動かない子がいました。 私が落ち葉を掃き終えるまでじーーっと。 15分ぐらいでしょうか。 学童保育の帰り道。 はよ帰らないと いくら日が長くなってきたとはいえ、心配やなあ。

と思ってると、つと立ちあがったので 聞いてみることに。 ちょうど落ち葉もなくなったことだし。 なあ、なに見てたん?

「あんな、鳥がな、死んでてん!」

えーー(+o+)、どこどこ? (単純に 野次馬根性。)

見てみると・・・・・、まだ産毛も生えてないようなヒナ鳥でした。 ツバメか、スズメか、、、、、。 私は、羽の色や模様を見ないと 鳥の種類がわかりませんsweat01。 巣から落ちたのでしょうね。

「かわいそうやから、葉っぱでお墓を作ってあげたん。」

そこはアスファルトなので埋めてやることができません。その子は、アスファルトをわって生えていたカタバミの葉っぱをいっぱいちぎって土の代わりにし、まるはだかのヒナを覆ってやっていたのでした。 

私が見に行った時には__少ししか時間が経ってないのに__ 比叡降ろしの風が ヒナからカタバミの葉をはぎ取っていました。 落ちたヒナを見て、伏見稲荷の屋台で売ってる‘雀の丸焼き’を思い出してしまった不謹慎なわたし。。。。sweat02

カタバミの花言葉は、‘かがやく心shine’。

今日の昼には、教室で鳥が死んでるー!と子ども達が大騒ぎで職員室にかけこんできました。 メジロでした。 朝の健康観察のときにはいなかったのに、 校区探検から帰ってきたら、メジロが落ちていたのだそうです。 教室に紛れ込んできたんでしょうか??

先生の手のひらにのったメジロを、子ども達が無言で取り囲んでいました。 木々を飛び回っているときは そうは思わないけれど、 こんなして手のひらで動かなくなったメジロ、 とても小さく感じるもんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月13日 (水)

見てみたい?

「なあ、せんせい、みてみたい?」

え?

「な、な、見てみたいか?」

・・・・・    ・・・・・    ・・・・・。

「見・て・み・た・い・か、って聞いてるんやで! 見てみたい?」

み、見てみたい。

二マァ~~happy01。 「ほらっ。これな、ボクがぜんぶ作ってんshine。 24匹もあるんやで。」

Photo 折り紙やあまったプリントで作ったカエルでした。 おしりのところをグッと押えると、ぴょ~んと跳ぶのです。 今、クラス内ブームなのです。 作り方を 子ども達がよってたかって(?) あーでもない こーでもないと教えてくれました。

「せんせい、へたやなgawk。」

しょうがないやろ。初心者なんやから。家に帰って、いっぺん落ち着いて作ってみるわ。 これを、先生の宿題にするわな。

と言うたら、大喜びの子ども達。

「おーーーーい! これな、カエルな、せんせいの宿題やでーー。」

「せんせい、ちゃ~んと作ってこなあかんで。真四角の紙やないと作れへんねんで。 よう跳ぶカエルやないとあかんで。」

ま、挑戦してみますpaper

      ***     ***     ***     ***     ***

こないだテレビ見たで! 上手やったわあ。 テレビの前で拍手してたんやで。 聞こえてたか?

にこっと笑いつつ、「この、算数の問題、意味がわからへんcoldsweats02。」

どうやら今は、紋次郎よりも算数のほうが気がかりな様子。 でも、何回かやってるうちにクリア。  何分か後の休憩時間、一冊の本bookを持ってきました。

「せんせ、コワイ本、読んであげるconfident。」

かわい~い声の怪談でした。

  ***     ***     ***     ***     ***

Photo_3 「あんな、ボクもうペンギンになるの やめてんthink。」

へ~~、なんで?

「お坊さんになるねんthink。」

へ~~、お坊さんもいいかもしれへんなあ。

「まえな、おばあちゃん(たしか)のお葬式の時 すごい悲しかってんけどな、お坊さんが来てくれはってん。それで、ボクも お坊さんになりたいねん。」

    ***     ***     ***    ***     ***

        「このおかず(野菜の和えもの)、残していいですか?」

担任先生: まだほとんど減ってへんよー。もうちょっと食べてみよかぁ。

        「けど、、、、ちょっとは食べたもん。」

担任先生: それぐらい食べられへんかったら、阪神タイガースの選手baseballになれへんで。

       「えーーーーーーっ!」

私:     そうそう。 金本選手やったら 食べはると思うで。

       「そーかなあ。・・・・・・・。」  ふたりの先生の前で うつむく彼。

担任先生: 新井選手やったらもっともっと食べはるわ。だから新井選手はツヨイんやなあ。

        「・・・・・・・。」 すごすごと自席へ引き返す彼。

新井選手のファンだったのね。

   ***     ***     ***     ***     ***

          かれらの未来、応援しますrock

 

   

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

あねさんろっかくたこにしき♪

あねさんろっかくたこにしき♪  Photo_2 釜座(かまんざ)通りやったと思う。 すてきなステンドグラス窓の家を発見! なに屋さんやろうと思って近づいてみると・・・・・「歴史的意匠造形物」と書いてありました。 だあれも住んだはらへんのかなぁ。

釜座通りを 御池通りから四条通りまで南へ歩きました。 

京都は、南北を通る道も 東西を通る道も 覚えるための童歌があります。 

♪まるたけえびすに おしおいけ♪ の‘おいけ’から

♪あねさんろっかくたこにしき しあやぶったか まつまんごじょう♪ の‘し’まで Photo_4

歩いたわけやね。 ハァ、暑かったわあsun。 

とちゅう、三条通は 若かりし頃の通勤路pc。 懐かしいので、三条通は ちょっと ぶらぶら。 烏丸通りまで東へ(左へ)曲がりました。  どこの道もそうやけど、店や建物、だいぶんと変わりましたえ。

.

.

. Photo_6

三条烏丸西入る(いる)のjapaneseteaIYEMON  SALONjapanesetea。 その名のとおり、 メニューのほとんどが日本茶です。 

私は、、、、、えーーっと、なんやったっけーー、、、、冷抹茶ソーダ(たぶん)を注文。 ほんのり甘くて、かわいたのどにさわやかやった。 こんなん、だれが考えはんの やろねえ。

.

. 

Photo_8烏丸通りを南下したら、ゴールは ココン烏丸3Fのbeerサラbeer。 ここ面白いよ。 昼も夜もバイキング。 種類が多くて、味もまあまあ。 カクテルも酎ハイも自分で調合して作る。 ソフトクリームも。 

ええ運動になりましたわ。 ああしんどfoot

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月10日 (日)

「斬念」

「斬念」  中田達幸氏によるひとり芝居「斬念」を、人間座へ観に行きました。 人間座は、北大路高木町にありました。 高木町にこういうスペースがあったとは・・・! 

幕末の土佐。 岡田以蔵(人斬り以蔵)の話。 

私はけっこう‘幕末’が好きでして・・・・・。 いや。 いろんな激しい‘思い’‘念’が交錯し沈んでいった時を‘好き’とくくることは、ヒンシュクをかうでしょうか。 いや。 どの時代も、さまざまな‘念’の集まりなのですが。 いや。 いま、も そうなのだけれど。

などと考えながら、 頭の別のところでは「走れメロス」がふと浮かんだり。

暗転の闇のなかに 直前に出ていた人物の残像がうきあがったのが、初めての視覚体験。 その残像も劇のうちflair

芝居おわって、外に出ると初夏の真昼。 あ~~~、今の世界にもどってきたーーーというかんじでした。

Photo_2 午後は、同志社大学の第三劇場へ。 「キミとボク」。 一日に二つも芝居を観たら、 ふたつの話が 自分の中でミックスされるんじゃなかろうか、 後の劇に以蔵が残ってしまったら せっかくの二つの劇がもったいないなあ。 なんて、 思っていたのですが、 なんのことはない。 ふたつの劇は、まったく違う世界(ワールド)でした。 いまどきの学生サークル活動内での恋愛コメデイ、といったところでしょうか。 楽しく入っていけた世界。

はい。 今日は観劇デイ、だったのだよ。 心のどこでもドアを、フル使用できた休日でしたnote

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年5月 9日 (土)

マロニエ

マロニエ

.
           マロニエの花が

                                 今年は

                                               よう咲いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 7日 (木)

いまどきの強盗

真夜中。

強盗が入ったらしい。

私の、小学校の時の、担任の先生の、お宅。 先生は、78才。 ご主人とふたりで一軒家に住んでおられる。

YKKAP 引違い窓 クレセント(ピッチ45) HH-J-0455 熟睡していると、懐中電灯で顔を照らされ「おいっ、起きろっ。」と言ったかどうか、、、、とにかく2人組の男に起こされた。  2人組は、サッシ窓をわって(切って)入ったらしい。 今よくある手口ではある。

「自分で 自分の口をふさげっ!」 

ATM貯金箱【新型ATM貯金箱 コンビニATM】ATM貯金箱、貯金箱 atm、貯金箱 新型atm、コンビニ atm、コンビニatm 貯金箱 先生ご夫婦は、2人組からガムテープを投げられた。 男達は、現金とキャッシュカードを奪う。 暗証番号もききだしたのは言うまでもない。 男1人は先生方を見張り、 もうひとりはキャッシュカードを持ってATMへ。 まずは50万円を引き出してみる。 ATM男が見張り男へケータイ連絡。 このカードは‘使える’ぞと。 そして、見張り男も先生宅から退散。  2人して再度ATMへ行き、もう50万円を引き出した。最初に1人残ったのは、カードが使えなかったり暗証番号が違ったりした場合に 家人をおどすためだ。

最近の強盗は、行き当たりばったりに やみくもに建物に入らない。 事前に人を雇い、 各家の生活状況__つまり__何人暮らしか。 何時に帰宅するのか。 寝静まるのは何時頃か。 どの部屋で寝るのか。 防犯の様子。 貯金はありそうか。等々__を調べさせる。 とは、警察の言。

ああいう時は、犯人に逆らわん方がええ。 犯人の言うようにしてた方がええ。 肉を切らせて 骨を守る。 お金より命や。 とは、我が恩師の言。

この犯人達、 はたして捕まったのかどうか。 聞くのを忘れた。 チャーム 手錠

現在、先生宅には警備会社が入り、 毎朝 新聞をとりにいこうと玄関を開けるたび「なにか ありましたかっ?」の電話がくるとかこないとか。。。。。。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

語り舞台by浅野温子

平野神社で 女優・浅野温子さんの語り舞台浅野温子「日本神話への誘い」「日本神話への誘い」がありました。
浅野温子「日本神話への誘い」  新聞の京都欄で知り、女優をプロの仕事とする方の‘語り’とは、どんなものだろうと思わず℡予約。 

社殿の前。 大きな木々の取り囲む境内にしつらえた客席。 夕。 曇天。 新しい木の葉の匂い。 鳥の声。 生のヴァイオリンとパーカッション奏でるメロデイーのなか、浅野温子の語りがスーーーっと始まったとたんにぱらぱら雨。。。。。  恋しい人が天からの矢で射抜かれ朝がきたところで、偶然にも空が明るくなり鳥が鳴き始めたような。。。。。 

今日の語りは、耳と目と鼻と皮膚で感じた世界。 ‘語り’を聞くときの‘場’によって、入っていく世界が変わるもんなんだと実感。 湿度や温度・風・匂い。 あ、それと、聞く人達それぞれの経験・その時の心と体の調子。 夜の部を聞いた人達はまた別の世界を感じたのでしょう。

浅野温子という人が語るときの手や体の動き・舞台での動線・顔の表情など、見ておこうと思ってるうちに、神話の中へ入ってしまっていました。 なんだかもったいないような気もしたけれど、 別の世界へ行けて満足でもあります。 Photo_2

この浅野温子の語り舞台、 平成15年(西暦だと・・・・う~ん いつっ?)の伊勢神宮や出雲大社などから始まり、以後 全国のいろんな神社で開催されて いるそうです。 このGWは京都。 石清水八幡宮や城南宮のあと、ここ平野神社。

何度も車やバスで横を通ってる平野神社ですが、中に入ったのは今日が初めて。 ショウブ?アヤメ?カキツバタ? たくさん咲いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 5日 (火)

  祭

みこし巡幸  今日は、上高野・崇道(すどう)神社の大祭です。

Photo_213時に里堂(さとんど)の御旅所(おたびしょ)を出発。 上の写真は、花園橋の交差点。 信号をすべて赤にして、車を停め、 何度も(しんどくなるまで) ホイットホイットーッ と言って神輿をあげます。 その間約10分(そのときによりますが、今日は短かかった)。 どの方向も、車は停まっておかなくてはなりません。 琵琶湖や北陸へ帰る(帰って来た)人達は「おっ!なにごと!」と思うのかもしれませんねえ。 ま、そこは祭ということで。 この‘車とめて神輿かつぎ’は、近くの三宅橋でもやります。

行列の順番は、あんまりよくは知らないのですけれど、 おPhoto_3稚児さん →かご(箱?)。なにが入ってるんやろう。 →幟(?)これは中学生とか小学6年生とか大きい男子が何人かで持ちます。 →榊(?)。 台に乗ったものを、これも年嵩の男子。 →囃子太鼓。 これは、おっちゃんの役目。 →幼児・女子。 この子達がかわいい声で「さ~んよーれ さんよーれ。」と言いながら、道をねり歩きます。 →子ども神輿。小学生男子(右下の写真)。 大人神輿の前に「ホイットホイットー」とやります。 →大人神輿。移動時は台車を使ったはりました。 →馬。背中に小さな木がくくりつけられている。。。といったところでしょうか。 女子で神輿かつぎたい人もいるんでしょうねえ。 昔の‘女は不浄’の感覚は、こういっPhoto_5たところでは、変えちゃいけないんでしょうか。

前に出て写真とってたら、「もーちょっと後ろに下がっといてや!馬に蹴られるでimpact。」と怒られてしまいましたーcoldsweats01

ところで、 子どもの日は、祭が多いですねえ。 

午前にヨガに行ったら、となり街の修学院・一乗寺界隈も 法被きて神輿担ぐ人達があちこちに。 家々の前には 提灯。 Photo_6

実家近くの藤森神社では、流鏑馬(やぶさめ)。 小さい頃、 屋台のたくさん出たこのお祭りが大好きでした。 りんご飴・はっかパイプ・水飴細工・風船釣り・ひよこ釣り・わたがし・たこ焼き・当てもんetcetc.  お化け屋敷なんてのもあったなあ。 かなり大きな小屋でした。 ついに、入ることがなかったのがざんねん。 

先日、上賀茂神社ででもありましたね、流鏑馬。 

Photo_7でね、祭ではたいがい鯖寿司を食べる。 地元の家では、年末におせち料理を作るのと同じように、祭では朝早くから鯖寿司を作るのだそうです。 おばあちゃんが同居してはるようなお宅。 どーして、‘祭に鯖寿司’なんでしょうか? これって、京都だけなのかなあ? 日本海から京都までの道_鯖街道と関係あるのかもしれません。

ちなみにうちの晩御飯は、鯖寿司じゃあありません。 生協が来るもんで。。。。。鉄火丼かな。 なんかそーゆーのを注文した気がする。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 4日 (月)

なんでまた?!

ずっと陸上競技部に在籍していた我が子。 ついに全国区デビューにはおよびませんでしたが、彼の走歴はちょっとしたもの。 

京都市には小学生の駅伝大会で 大文字駅伝というのがあります。 「ぼくも6年生になったら大文字駅伝に出たい!」と 走り始めたのは、2年生ぐらいのときだったかしら。 星飛雄馬のような♪思い込んだら試練の道♪ではなかったにせよ、少しずつ、ずーーーーっと‘走り’続けておりました。 「前ばっかりむいて決められたコースを走り続けて、なにがオモロイねん。」と、他部の友達につっこまれながらも。

先日、 

「もう、陸上はやめとく。 しんどなってきた。」

と言ってた彼。

今、合宿中です。 GW合宿とかいうのだそうで。

なに部に入ったと思います?

.

それが、

意外な選択で・・・・・・、

.

なんと、

.

トライアスロンwobbly

.

えーーーーーーーっ、 そっちにいくかーーーーーーーっ。

陸上がしんどいから、トライアスロン。  え?え?え? しんどいから、トライアスロン???  

やつの価値観が、不思議や。 

私は、 私だったら、 ぜ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ったい おもいもつかない‘活動’やsign03   ままま、事故のないように 願うのみ。  どんな顔して合宿から帰って来るんやろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 2日 (土)

「木枯し紋次郎」

【DVD】木枯し紋次郎 市川崑劇場 木枯し紋次郎編 DVD-BOXI/中村敦夫 ナカムラ アツオ 「5月ついたちの木枯らし紋次郎に、私が出ていますpaper。見て下さい。」

と、学校の子にまえまえから聞いていたので、昨夜は忘れずTVをontv

どんな役なんやろう。 何回か聞いたんやけどね、その子にcoldsweats01。 またすぐ忘れてしまってて・・・(って、これ、内緒wink)。 一瞬の出演やったら見逃すかもしれないし、ちゃんと見ておかないと・・・・。

と、思っていたら、なんとなんと けっこうな要(かなめ)の役でした。 

目や顔の表情が とても上手でした。 私は素人なんで、表現の上手下手はわからないんだけど。 TVは顔や声の微妙な動きが大きくクローズアップされるんだなと、あらためて。 死んだ母(ともさかりえ)の上に ヤクザ(渡辺いっけい)が倒れ込むように死んだのを 父のかげから見ていた彼女(役の名前がーーー思い出せないsweat01)。 まだ乳飲み子の弟(妹?)が泣き出したので、泣き出しそうな自分もおさえながら 赤ん坊をなだめるようにトントンしながら子守唄を唄ってやる場面は、最高でした。

と、彼女に言うつもりなんですが、なんせ連休。 つぎ彼女に会うのはまだまだ先なんで、とりあえず ここに書いておこう。 こないだ「算数が、なかなかわからない。」と泣きべそかいてたけど、きっと算数の方が簡単だと、私は思うなあ。 太秦で、おとなの間で何ヶ月もお仕事できたんだもの、すぐにできるようになるよ。  ま、ひとそれぞれですけどねえ、得意不得意って。  

お、そうやflair。 江口洋介という人は、どんなおじさんだった? なんてきいてみようかしらnote。 江口洋介も素敵だけれど、渡辺いっけいも いいなあshine。 今回、悲しく淋しい悪役。 こんな役もやったはるんやなあと思いながら見てました。 朝の連ドラのときや、映画(えーっとなんやったっけー。ラストエンペラーふうの話。)のときとはまた違う。 特別出演の中村敦夫をさがすのも楽しかった久しぶりの時代劇でした。

で、きのう。

「ボクなぁ。きのう(つまり、おととい)、TVドラマに出てて~ん。 え・・・・・っと、京都で殺人事件があるやつ。」

おーーーーっ、君もかい? もーちょっと早うに言うてくれたら、おとといもTVにかじりついたのにィーーー。 彼は、どんな役やったんやろう。 エキストラやったんやろかあ。 近所の子ども役やったんやろかあ。 それとも、やっぱり要?

私もいっぺん言うてみたかったりして。

あんなあ。 わたし、きのう、TVに出てて~ん。 

井戸端会議してるおばちゃん役paperなんて いかがなもんでしょう。 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 1日 (金)

めずらしや〜。

めずらしや〜。   理科の学習で、校区を歩きました。

これ、なんやと思います? 3年生達が桜の木に集まって 幹をじい・・・・・・っと(何人もが微動だにせず)見つめていたので、なになになにっ?と 木と子ども達の間にわりこみ、撮った写真です。  脱皮中でした。 

「これな、カメムシの一種やで。」

という子もいたのですが。 なんでしょう? この、脱皮前の 毒々しい‘真赤’な殻が気になります。 今日は‘脱皮デイ’らしく、どの木も毒々しい赤の抜け殻と 抜けたばかりの黒い虫で にぎわっておりました。

毛虫・クマン蜂・つるつるの丸い川原石・落ちたばかりの八重桜・川に浮かんだ大根・落ちていた長~い木の棒・日本タンポポetc.etc.

「おもしろいもんが いっぱいあるなあ。」

と、満足そうな子も。Photo_2

もちろん、

「はあ~~。 あつい~~。 もー歩くのいや~。うちに帰りたい~~。」

と言う子も。

白い藤もありました。 これもめずらしや~。

| | コメント (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »