2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

  • 2011627
無料ブログはココログ

« 最終ランナー | トップページ | ‘場’違い。 »

2008年8月26日 (火)

「仏果を得ず」

本屋や図書館で うろうろするのが好き。 これ、私のこと。 本bookがずらーーーっと並んでるのを見るのが たまりませんnotes。 なんでかね。

ところが、実際 本を読み始めると・・・・・・ あきません。 気が拡散する、って言うんでしょうか。 ひとつの言葉や文から いろんなことを思い出したり想像したりしてるうちに、 別ワールドへ行ってしまうsweat01。 だから、1冊の本がなかなか読み終わらない。

そんな私が2日で完読scissors。 すごいことだよ、これはっ。 一日中ずっと 本読んでるわけじゃないし。

三浦しをんの「仏果を得ず」。 文楽のお話。 今の大阪弁が、 ‘ノリ’と‘ツッコミ’が、 ドラマ見てるようにスムーズに頭の中を流れました。 

「おまえ、亀冶を穏やかでようできた三味線弾きや思うてんちゃうやろな?」

「せやからおまえは甘い言うねん。亀冶は自分の芸のためなら、家族旅行なんか投げ捨てるで。師匠の夫婦仲がどうなろうと、知ったこっちゃない。師匠と義太夫できれば、ほかはどうでもええ、と考える男やで」

「なにを他人事みたいに。おまえかて、亀治と同門の兎一郎と組んどるやないか。あいつらは芸の鬼や。ボーッとしとったら食われるで」

なーんてね。 会話以外の文は大阪弁じゃないから、 これ‘読む’時は 会話のところと 地の文と ごっちゃになって難しいやろなあ・・・・なんて、・・・いかんいかん、すぐに物語からはみ出てしまう。

兎一郎が、 カッコよかったりなんか。 この話をドラマとか舞台でするなら、 誰が この兎一郎をするんやろう。 知ってる俳優さんの顔を思い浮かべたり・・・・・、あーーいかんいかん。 「仏果・・・・」にもどろ。

読むのが遅いこんな私が2日で読めてしまった理由は、大阪弁の他にもうひとつ。 それは、文楽。 

20歳前後の頃、じゃり研というサークルで 私は主に人形劇を楽しんでいました。 昔の‘人形劇’は いったいどんなもんやろか。 とまあ軽い興味で見に行ったら・・・・、 生きてたんですよsign01、人形が。 木や布で できている人形は、 ‘動く’と言っても限りがあるし、顔も微妙な動きができるわけじゃあないのに、 怒ったり笑ったり神妙になったり悲しんだり。 その色っぽいこと。 話の筋は全くわからないんですが、 人形に目が釘づけ状態。 何回か、友達を誘っては見に行きました。 偶然にも 2月に私が立たせてもらった あの舞台に。

ミラちゃんがいる。真智さんがいる。食い入るように本舞台を見ている。だがこの場内で本当に生きているのは、不思議なことにいま死にゆかんとする早野勘平ただ一人だ。命をもたぬはずの勘平の人形だけが輝きを放つ。 おれが語る声も、兎一郎さんの三味線も、人形を遣う十吾の息づかいも、客席からの熱気も、すべてが勘平という人物のための糧にすぎない。

・・・・・という最後のあたりは、別世界へ行くことなく「仏果を・・・」の世界に浸れました。

おりしも、文芸会館からDMが。 来年の朗読劇出演者の募集案内でした。 おしっ。 この秋冬も やってみるかーーーっ。

 

« 最終ランナー | トップページ | ‘場’違い。 »

本・映画・ドラマ」カテゴリの記事

コメント

fufufuさん ありがとう。  今「おひとりさま・・・」を読んでるもんで、図書館への予約検索はまだでした。 ちょうどよかった♪ 

すみませんthink 今、気がついた <文学鑑賞>ではなく 文楽鑑賞ーでした 仏果ーの前に書かれてた本で もちろん 文楽の話ですcoldsweats01

ほうほうeye そんなのも あるんやね。 11月に行く前に、ってことは これも文楽に関係あり?  さっそく図書館に予約しますー。book

仏果を得ずーおもしろかったねbleah 文楽の事 もっとしりたくて <あやつられ文学鑑賞>三浦しをんーもつづけて借りて読みました 11月に行く前にぜひ読んでみて book

ネットで調べてみたら、 大阪国立は11月に文楽やるそうですー。 ずーっと毎日やってるわけじゃあないんだね。 仕事予定を確認して、またメールするね。

いざ国立文楽劇場へ。
いつ行くぅ^^
暑い夏が過ぎ、いよいよ芸術の秋だね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425845/23271452

この記事へのトラックバック一覧です: 「仏果を得ず」:

« 最終ランナー | トップページ | ‘場’違い。 »