« うち、鹿が谷カボチャどす。 | トップページ | 「仏果を得ず」 »

2008年8月24日 (日)

最終ランナー

今日は片づけてしまいたいこともあって‘薬草の会’は不参加。 マラソンを見たい、ということもあってね。

残念や。

今日の北京で行われたマラソンのこと。 

入賞しなかったことじゃなく、 イキオイある‘走り’が見られなかったこと。 私は特に、佐藤敦之のドドドドドォーーーと、ぐんぐん楽しそうに(本人は苦しいのかもしれないけど)走ってゆく姿が好きなんです。 けど、今日は一回も そういうのがTVの中になかった。 

だから残念。

オリンピックで結果を出せなかった者への批評は、きびしいねえ。 「日本は入賞が目標。調整できなかった佐藤は論外。」なんて書いてたのもあったよ。 日本代表で2人走ったってことは、現時点での日本のトップ2だということじゃないの? 言うなら自分が走ってみなさい、と私は言いたい。 星野ジャパンへの批評もしかり。 ま、‘自分勝手にシビアに批評する’というのが その方の お仕事なのかもしれないけど。

しかし、走り終わってサングラスをとったときの佐藤の表情が良かったと思ったのは 私だけか・・・・? 「4年後のロンドンへ向けてまた頑張って下さい。」というインタビュアーの言葉が終らないうちに、佐藤の顔が「YES。」と応えてた気もした。

オリンピック最後の種目で 最終にゴールしたということは、 今回のオリンピックで 一番最後まで競技していた選手、 ということだよね。 実際、TV映像で、 先にゴールした選手たちよりも 長い時間 その走る姿が映し出されていました。 ‘鳥の巣’に入る前から ゴールするまで。 本人としては不本意かなあ? いや、私が運動会でビリになるのとは 大分ちがう。 ちがうからこそ、やっぱ不本意かなあ。

いつものように 走ってきた長い道のりと観客席にお辞儀してレースを終えた最終ランナーへ、 私はエールを送りたい。  

これでまた、これから4年間の楽しみができたというもんだ。 

« うち、鹿が谷カボチャどす。 | トップページ | 「仏果を得ず」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最終ランナー:

« うち、鹿が谷カボチャどす。 | トップページ | 「仏果を得ず」 »