« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月30日 (土)

あした天気になぁれ。

あした天気になぁれ。

都は八瀬ちょっと南あたりの 18時半頃、 西の空です。

ここんとこ 

梅雨に逆戻り?

と空に問いたくなるような雨つづきでしたが、

ここらで雨雲もひと休みかな。

ふぁ~~、や・・・・・っと 洗濯物がぱらりと乾くnote

なんていうのは、 

1時間に100ミリ以上の大雨で 不安・不便な人達がいるときに使う言葉じゃない、かな。

洗濯物の心配ができるってことは、

しあわせなことですthink。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月29日 (金)

初・春巻き

Photo 春巻き っちゅうもんを初めて作りましたーpaper。 

しかも揚げ物。

昨夕の残りの‘牛肉酢醤油づけ’ と 先日食べた‘豆サラダ’ と ‘カニカマの大葉巻き’ を 市販の 春巻きの皮でくるくると。 目印をつけてなかったもんで、三種のうち中に何が入ってるかは 食べてからのお楽しみってなことで。

おいしかったわーnote。 やっぱ自分で作らんとあかんなあ。

けどな、

めっちゃ時間かかったわ。 今日のプレートに色がたりないのは、 揚げるのに疲れてしもて 野菜切るリキが残ってなかったからやねん。 赤とか黄色とかのもんをつけ合わせたかったとこやけどな。 余った春巻きは、弁当用に冷凍庫へー。Photo_3

で、

春巻きって、ほんまは 中になに入れて巻くん?

penメインは、生節と山菜の煮物。 写真左上。 ちょっとしかうつってへんし、ようわからんね。 ホンマは蕗と炊き合わせるんやけど、 季節がら 蕗が なかってん。 あと味噌汁もあるで。

penついでに、右の写真は、 豆サラダ作った日のプレート。 メインは冷しゃぶ。 あと、揚げた小芋まんじゅうのあんかけ。 あと味噌汁もあるで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月28日 (木)

‘場’違い。

「別途の採用なので、提出書類を取りに来てください。」と、学校から連絡を受けたので、 久しぶりに小学校へ。 

夏休み前までは‘2年生の担任補助’だったが、今度は‘支援員’。 実際の仕事としては ほぼ同じになる見込み。 労働時間も同じ。 (なのに、収入は半分以下annoy) 提出書類というのは、履歴書・誓約書・通勤届・給与振込依頼書・結核診断書。  これ、4月にも一式 提出したんですけど。 結核診断書以外は、もう一つの学校(理科支援をしている学校)ででも提出した。 なので、今回 同じ書類を出すのは(書くのは)3回目、なのだ。

えーーーっ、また書くんですかぁーーsign01  このコンピューターの時代に 手書きで何回も書類書いて登録するって、おかしくないですかーsign03  デリバリーでも一回注文したら、 次からは電話番号を電話口で言うだけで 住所・名前はもちろん それまでに何をいつ注文したかまで把握したはるんですよーー。

と、何人かの方に言うと、みんながみんな 声をひそめてマアマアとでも言うように「管轄がちがうからな。」とか「そういうことになってるし。」とか。 私は話題のひとつということで 同意をもとめたんだけど。 大きい声で そーゆー話題はタブーなのかーっsign02

と、 思っていると、 チャイムが鳴った。 どうやら中間休みになったらしい。 ‘中間休み’とは言っても、‘休み’なのは児童の学習。 先生方の‘休み’(休憩)は、5時過ぎまで なし。 昼食は、‘給食指導の時間’ということで りっぱに仕事中。 ということでこの時間、 デスクはあるけど座ってるのは私達だけだ。 ある先生は、 サーーっと職員室に入ってきて 歩きながらマイカップをデスクからすくいあげ冷水器に直行。 ひとくちふたくち お茶飲んで、その合間に「また 来られるんですね。」と私達に声をかけて下さる。 職員室に戻ってきた(偶然会えた)先生仲間と 直近の仕事の打ち合わせ。 なにかしら訴えにきた子どもの話を聞き、またまたタッタッタッと教室へdash

なるほど。 

そんな職員室の中で 「また書くんですかぁーーー。」は 場違いだったというものだ。 ヒンシュクもんだsweat01。 「また書くんですかぁ。」と文句言ってる間に とっとと書いてしまった方が 次の仕事にはやくかかれる。 することあるなら 先にまとめて言ってしまってよー、そのほうが片づけやすいから。 そんな世界だったな。 そうだったそうだった。 体の隅々までしみこんでしまってたのに、もう忘れてる。

おじゃまにならぬよう、5枚の書類を持って学校を出た。

化粧品がなくなりかけてたので、 家を出たついでに高島屋へ。 河原町通り。 いろんな新しい店がたくさんできてるなあ、と マネキンの来ている服に見とれていたら前の車にぶつかりそうになったsweat01。 ふ~、あぶないあぶない。

高島屋1Fで スタッフの方に化粧してもらいながら、 通り過ぎる人達を 鏡の中からのぞき見。 ‘おしゃれ’が歩いてる。 あちらにスタスタ。 こちらにシャナリ。 さっきまでいた学校では 私ちょっとチャラチャラしすぎてるかなあ、と反省気味だった。  これまた場違いなフワフワチュニックが今日のいでたち。 なのにここでは わ~もうちょっとキレイにしてきたらよかった・・・・と思えてくる。 日焼け止めとパウダーを買うつもり。 だけど、シャドウも 買って帰ろうかshine。 そんな気になる。

学校ではみんな シャドウのカケラもなく、 今も 時間の流れの上を全力疾走してるんだろうな。 そう思いながら、安全運転で帰宅した。 

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火)

「仏果を得ず」

本屋や図書館で うろうろするのが好き。 これ、私のこと。 本bookがずらーーーっと並んでるのを見るのが たまりませんnotes。 なんでかね。

ところが、実際 本を読み始めると・・・・・・ あきません。 気が拡散する、って言うんでしょうか。 ひとつの言葉や文から いろんなことを思い出したり想像したりしてるうちに、 別ワールドへ行ってしまうsweat01。 だから、1冊の本がなかなか読み終わらない。

そんな私が2日で完読scissors。 すごいことだよ、これはっ。 一日中ずっと 本読んでるわけじゃないし。

三浦しをんの「仏果を得ず」。 文楽のお話。 今の大阪弁が、 ‘ノリ’と‘ツッコミ’が、 ドラマ見てるようにスムーズに頭の中を流れました。 

「おまえ、亀冶を穏やかでようできた三味線弾きや思うてんちゃうやろな?」

「せやからおまえは甘い言うねん。亀冶は自分の芸のためなら、家族旅行なんか投げ捨てるで。師匠の夫婦仲がどうなろうと、知ったこっちゃない。師匠と義太夫できれば、ほかはどうでもええ、と考える男やで」

「なにを他人事みたいに。おまえかて、亀治と同門の兎一郎と組んどるやないか。あいつらは芸の鬼や。ボーッとしとったら食われるで」

なーんてね。 会話以外の文は大阪弁じゃないから、 これ‘読む’時は 会話のところと 地の文と ごっちゃになって難しいやろなあ・・・・なんて、・・・いかんいかん、すぐに物語からはみ出てしまう。

兎一郎が、 カッコよかったりなんか。 この話をドラマとか舞台でするなら、 誰が この兎一郎をするんやろう。 知ってる俳優さんの顔を思い浮かべたり・・・・・、あーーいかんいかん。 「仏果・・・・」にもどろ。

読むのが遅いこんな私が2日で読めてしまった理由は、大阪弁の他にもうひとつ。 それは、文楽。 

20歳前後の頃、じゃり研というサークルで 私は主に人形劇を楽しんでいました。 昔の‘人形劇’は いったいどんなもんやろか。 とまあ軽い興味で見に行ったら・・・・、 生きてたんですよsign01、人形が。 木や布で できている人形は、 ‘動く’と言っても限りがあるし、顔も微妙な動きができるわけじゃあないのに、 怒ったり笑ったり神妙になったり悲しんだり。 その色っぽいこと。 話の筋は全くわからないんですが、 人形に目が釘づけ状態。 何回か、友達を誘っては見に行きました。 偶然にも 2月に私が立たせてもらった あの舞台に。

ミラちゃんがいる。真智さんがいる。食い入るように本舞台を見ている。だがこの場内で本当に生きているのは、不思議なことにいま死にゆかんとする早野勘平ただ一人だ。命をもたぬはずの勘平の人形だけが輝きを放つ。 おれが語る声も、兎一郎さんの三味線も、人形を遣う十吾の息づかいも、客席からの熱気も、すべてが勘平という人物のための糧にすぎない。

・・・・・という最後のあたりは、別世界へ行くことなく「仏果を・・・」の世界に浸れました。

おりしも、文芸会館からDMが。 来年の朗読劇出演者の募集案内でした。 おしっ。 この秋冬も やってみるかーーーっ。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

最終ランナー

今日は片づけてしまいたいこともあって‘薬草の会’は不参加。 マラソンrunを見たい、ということもあってね。

残念や。

今日の北京で行われたマラソンのこと。 

入賞しなかったことじゃなく、 イキオイある‘走り’が見られなかったこと。 私は特に、佐藤敦之のドドドドドォーーーrunrunrunrunrunrunと、ぐんぐん楽しそうに(本人は苦しいのかもしれないけど)走ってゆく姿が好きなんです。 けど、今日は一回も そういうのがTVの中になかった。 

だから残念。

オリンピックで結果を出せなかった者への批評penは、きびしいねえ。 「日本は入賞が目標。調整できなかった佐藤は論外。」なんて書いてたのもあったよ。 日本代表で2人走ったってことは、現時点での日本のトップ2だということじゃないの? 言うなら自分が走ってみなさい、と私は言いたい。 星野ジャパンへの批評もしかり。 ま、‘自分勝手にシビアに批評する’というのが その方の お仕事なのかもしれないけど。

しかし、走り終わってサングラスをとったときの佐藤の表情が良かったと思ったのは 私だけか・・・・? 「4年後のロンドンへ向けてまた頑張って下さい。」というインタビュアーの言葉が終らないうちに、佐藤の顔が「YES。」と応えてた気もした。

オリンピック最後の種目で 最終にゴールしたということは、 今回のオリンピックで 一番最後まで競技していた選手、 ということだよね。 実際、TV映像で、 先にゴールした選手たちよりも 長い時間 その走る姿が映し出されていました。 ‘鳥の巣’に入る前から ゴールするまで。 本人としては不本意かなあ? いや、私が運動会でビリになるのとは 大分ちがう。 ちがうからこそ、やっぱ不本意かなあ。

いつものように 走ってきた長い道のりと観客席にお辞儀してレースを終えた最終ランナーへ、 私はエールを送りたい。  

これでまた、これから4年間の楽しみができたというもんだnote。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月21日 (木)

うち、鹿が谷カボチャどす。

うち、鹿が谷カボチャどす。

はじめまして。 うち、 瓢箪と違います。 鹿(しし)ケ谷カボチャって言いますねん。 今 話題の京野菜どすえ。 市場で売られてたんを 風さんが買(こ)うてくれはりましてん。 もう見たらわかったはるとは思いますけど、 目ェは カボチャと違いますえ。 こないだ高知から送られてきはったブシュ柑さんですわ。 口も、カボチャと違います。 玉ねぎの切れ端どっせ。 ブログの写真撮影のためにコラボしましてん。 どうどす? ええ顔になりましたやろ? 

うちら 鹿ケ谷カボチャは、 上の小さなとこと 下のぶっといとことは 味がちがいますねん。 下の方は、 もっちりしてて煮崩れしにくおす。 普通のカボチャと同じように 煮物・蒸し物・焼き物・揚げ物にして食べられます。 美味しおすえ。  このカタチをいかして 縦にわり、 中のワタをとっったところに詰め物をして蒸しても ええかもしれまへんなぁ。

Photo 今日の京都は、涼しィて気持ちええ日ィどした。 暑い暑い夏やったけど、 大文字の送り火がすんだら、やっぱり秋が近づいてくるんやねえ。 

あ、そや。 今日は風さん、 冬瓜と干しエビのスープをつくったはりました。 そろそろあったかいおかずも よろしおすなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

おいしい時間。

1 「信じられへん!」という人もいるかもしれませんが、

子ども時代の私は、ぼーーーーッとした子ォでした。 え? 今もぼーーーっとしてる、ってか?

理科の実験ででも、目の前のアルコールランプやビーカーや試験管が見せてくれる火や熱のパフォーマンスに 見とれていた子ォでした。 きれいやな~~、とか、おっ動いてる、とか。

友達に無視されていても、ハズレていても、あんまり気にせず ひとりで遊べる子ォでした。 っていうか、たとえ仲間外れになっていたとしても 気がついてなかったんかなあ。

この話、写真とどう関係あるのか?・・・・って? まあまあ。 もうちょっと 我慢して読んでくだされ。

それでね、中学で部活を辞めたあたりで、気づいたんですよ。 な~んかおもしろくないなあ、しゃべる人 いいひんなあ、って。 遅いでしょ? でね、その頃、私に話しかけて2_2来た人達が いました。 

そ・れ・が、 何をかくそうっ、今日いっしょにランチした君たちですー。 どうだっ。 これで写真とつながったやろ? 

実はね、あの頃、とっても嬉しかった。 休み時間に話する友ができて。 会うと言えないから、 ブログで書いときましょかねえ。 

おもしろかったねえ、あの頃。 箸が転がっても可笑しい、とはまさにあの頃のこと。 交換日記っちゅうもんを してたのもあの頃やし、初めてのバイトも一緒にしたし、 別々の高校に進んでも一緒に旅行に行ったねえ。 あの交換日記、今、誰が持ってるん?

「あ、見てみー。 ‘巫女アルバイト募集’やってー。 久しぶりに私もアルバイトしよかなあ。」

「なにゆうてんの。 あかんあかん。 ‘**才まで’って書いたあんで。」

「ほんまやー。 この年齢制限、倍にしといてくれたらええのに。Garden_oriental_1_2

「歳が倍やったら、 時給 半分にされるんちゃう?」

「それでもあかんわ。 お金払わな、雇うてもらえへんで。 はっはっはー。」

などという おバカな会話も 未だに健在。 

あ、そやそや。 今日のランチや。 

美味しかったなあ。 八坂にあるGARDEN  Oriental。

ごっつい家やったんやなあ、ここ。 掃除たいへんやったやろなあ。って言うてたけど、あそこ もとは日本画家・竹内栖鳳のお宅やったんやね。 帰りに、門番のおにいさんに聞いてGarden_orientsal ん。 あの店内の雰囲気、私、好きやわ。 

まだ1~2年にいっぺんぐらいしか集まれへんけど、また美味しいもん、食べに行こな。

pen今日のブログのカテゴリー、「食」で よかったんかな?  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月18日 (月)

田圃の空域

朝 窓を開けて (clip昨夜は 窓しめて布団かぶって寝てました。) 田圃の方を見ると、 ツバメがたくさん飛びかっていました。 なんか虫でもいるんかなあ。

時間たって、 曇ってた空が明るくなってくると、 今度は 赤とんぼ。 今年は、 赤とんぼが多いような気がします。 風もあるのに、器用にホバリング。 ササッと 位置をかえ、またそこでホバリング。 

昼は、 雀が・・・・・sign01 そろそろお米も重さを増し、穂がこうべをたれてきています。 おいしそうに見えるんでしょうな。

一乗寺あたりの田圃では、日暮れると、 なんだか黒いのがひらひらとんでいる。 たっくさん。 もう暗いから 雀じゃない。 ツバメでもない。 チョウチョでもない、でしょ? 蛾だと街灯に群がってるはずだけど、そうじゃない。 羽(翼?)は 先がとんがっているみたいなんだけど、 飛ぶスピードが速くて よくわからないsweat01  ケータイカメラのシャッター押してみたけど、うつったのは ただの暗闇。

これ・・・・・って、コウモリだと思うんだけどflair。 そう思わない? かなりの大群でした。 不気味な感じは 不思議となし。 めずらしいほうが先に立ってね。

田圃の上空には、いろんなもんが 飛んでるもんですねえ。 

時間や天気によって やって来るものが違う ってえのが、面白いですーpaper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月15日 (金)

○○県特産品展とか通販とかで、最近は、家にいながら全国のものが食べられるようになって、旅行してても 「へえーーー。」とか「まあーー。」なんていう驚きがへってきた今日この頃ですが・・・・。 ワタクシ、今回 旅行して思いましたpaper。 ‘地方ならでは’のもんも 旅した時の感動も まだまだ残っていると。

Photo_2 高知で初めて見た食べ物、けっこうありました。

まずはタイガーメロン。 どーです、このりっぱなシマシマ。 まるで阪神タイガースbaseballのために あるようなもんじゃないですかっ。 このメロンがあるから 阪神の春のキャンプ地が高知ということに決まったんやろかー、と言うと、「それは ないやろー。」とmkgさん達。 味はね、メロンとウリのあいだのよう。 甘いです。

緑色は、ブシュ柑。 カボスに似てるね。 

オレンジ色は、みかん。 山北というところで採れる早生みかんです。 小さい小さいみかんなんですが、味はギューっと濃い。 おいしいです。 ホテルの朝バイキングにも出てきました。

後ろの青いビンは、地ビールbeer。 辛口淡麗&フルーツ風味&鰹風味 の3種類。 私は、フルーツ風味が好き。

写真とるのを忘れPhoto_3たんだけど、かりかり桃こっていう桃はmkgさんち特製栽培(?)の桃。 リンゴのような歯ごたえなんだけど、味は しっかり桃。 「いっぱい食べてや。」と言うお言葉に甘えてしまい、パクパクたらふく食べ ましたー。 あんなに桃をたくさん食べたのは初めて。 満足heart04

ご存じ‘魚のたたき’。 高知と言えば‘鰹のたたき’ですが、 よ~く見て下さい。 左側。 白身魚のたたき、でしょ? な~んと、これはウツボです。 ウツボなんて、食べたことないよ。 あの顔のイメージとは違い、意外と あっさりとしてなかなかイケます。 ‘意外と’は、ウツボに失礼かしら。 顔で判断したら あかんよねえ。

Photo_4 これは、なた豆というのだそう。 キヌサヤの 超でっかい版。 15cmぐらいあったかなあ。 厚みもある。 「これはな、包丁を こう持って、斜めに切るんや。」と、mkgさんの母上が調理の実演をしてくださいました。

これも写真ないんですが、ハス芋の茎。 高知ではリューキューと言います。 ズイキの緑色したやつ、と言えば わかるでしょうか。 皮をむいてきざみ、お刺身のツマにしたり、白身魚といっしょに酢の物に。 ちなみに、 京都でいつも食べてる赤いズイキは あまり食べないんだとか。 ところ変われば・・・・ですよね。

Photo_5 お土産に・・・・と、冷凍庫から出していただいたイタドリの塩漬け。 

塩抜きしてから炒め物にしてみました。 本日の我が家の逸品です。 歯ごたえシャキシャキ、酸味もあって、夏のビールにいいかも。 

イタドリを‘生’以外で、それも塩漬けで保存して食べるというのが、 私にとっては ちょっとした‘食カルチャーショック’です。 

市場では、イタドリの他に、タケノコの塩漬けも売られていました。 そっかー、タケノコも塩漬けにしとけば いいわけやね。

Photo_7 えーー、これは よさこいの合間に入った市場で見つけたエガ二。 これは食べてません。 次 高知に行ったときのお楽しみ、ということで、とっておきましょ。

タイガーメロン・かりかり桃こ・ブシュ柑・なた豆・リューキューは、すべてmkgさんちで採れたもの。 新鮮さも抜群note。 

ごちそうさまでしたーhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月14日 (木)

ない。 

ないっ。 

ないsweat02ないsweat02sweat02ないsweat02sweat02sweat02ないsweat02sweat02sweat02sweat02、ないよーーsweat01

スケジュールを書き込んだ手帳。 いつものバッグ、旅行バッグ、中のポケット、お土産の紙袋、服と服の間、どこ捜しても 何回捜しても ないんや。

どーしよう。 あれに全部書き込んである。

塾。 誰が何日の何時から来るか。 

学校。 打ち合わせや研修の日時。

プライベート。 ヨガ・美容院・整体・友達とのランチ・行ってみたい朗読会。 いつやったっけー。何時やったっけー。 

よし。 こういうときは、まず深呼吸。 よ~く考えてみよう。 手帳を最後に見たのは いつやったか。

・・・・   ・・・・   ・・・・    。  

そや。 高知空港やflair。 今後の予定を確認してるとき、「伊丹へのお客様は、ご搭乗ください。」のアナウンスがあって、手帳を手に持ったまま飛行機に入ったんやった。 で、 めっちゃ冷房きいてたから毛布をもらって・・・・・、そしたら手帳がじゃまになるわな。 じゃまになった手帳を どうしたか??? そーやそーや、座席前のポケットに入れたんやったーーー。

飛行機の中に 忘れてきたんや。。。。。。shock

ANAの遺失物係(?)にTEL。 のこってるやろか。

「水色の手帳ですね。」

そーーーーです、そーですsign01

「銀色のシャープペンシルがついた・・・・・。」

あ、そーーーーです、それですsign03。 あ~、よかったーdash

というわけで、 

宅急便で送っていただくことにしました。 ANAの方にも丁寧に対応していただきました。

ほんま よかったわぁ。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月13日 (水)

昨晩は、mk2gさんちに一泊。 

家族団欒の仲間入りをさせていただき、高知のこと・mkgさんの子どもの頃のこと・亡くなられたお父さんのこと・などなど、たくさん話をききました。 私も、「せっかく来たのに虎電車が見られないかも~。」と、前日の話を。

一夜明けまして、

今日はmkgさんの運転でドライブ。

海がすぐ近くにあって、ぱっと見たら海。 で、しばらく目線を別のところにおき 海が油断したころにィ~、 急にぱっと見る。 つまり、海にフェイントかけるわけですな。 それでもやっぱり海。 海は、ず・・・・・とそこにある。 なんていう安心感でしょ。 いいなあ、海の近くに住めて。 「海=旅行」の私としては、もうこの安心感が うらやましい限りです。Photo

海と 私たちが走ってる道路との間に、 くろしお鉄道。  でね、今朝は 私たちを 虎電車が追い抜いて行ったんですよ。 急に現れたから、あーーーーっ、 おーーーーーっ。 全く届きもしないと しっかりわかっているのに、 車の中から 虎電車に手をのばす。 確かに届きませんsweat02

と、そこへケータイの着信。 mkgさんのお母さんから。 「今、虎電車が そっちに走って行ったでーー。」  私があまりにも昨晩 くやしそうに 見られなかった見られなかったと言ってたから、気にとめていて下さったんやね。

Photo_3 これは あこう’という名の木。 海岸に多くありました。 気根という長い根っこで 岩をつかんで立っていました。 南国ならではの木ですよねえ。 沖縄でも これによく似た木が ありますよね。

帰り道も 海・海・海。

堪能いたしました。

 1_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月12日 (火)

虎
虎

高知と言えば、阪神タイガースの春のキャンプ地。ここまで来て行かないテはない。

あのォ~、虎電車が何時頃走るのか知りたいんですけど~。フロントで尋ねると、くろしお鉄道に電話で問い合わせてくれた。くろしお鉄道は、ごめん駅 から なはり駅まで。たまに、黄色と黒のあの‘阪神タイガースしましま’ボディの電車が走るのだとか。

「この2日間は、車両整備のため運休だそうです。」

えっ、えーっsign02 高知に来たのは、半分はよさこいのため、半分は虎電車のためやったのにーー。

お察しします。m(u_u)m

しょうがない。スパッと諦めよ。そしたら、安芸の球場で写真でも。小さいドームもありますぞ。 この‘安芸ドーム’の向こうにグランドがふたつ。 試合は、一番奥のグランドでするようだ。 

‘球場前’駅にある店。地場の特産品を売っている。そこに こんな焼酎が――。 ええもん売ってるやんnote これ飲んで、せっせと応援やbaseball

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月)

祭
祭

幸子さんが、よさこいを躍るというので、見に行きました。

京都で言うなら、新京極とか寺町のような通りから  御池のような大通りまで、あちこちで、蒸発していきそうな暑さの中、 晩まで何回も躍りながらねり歩く、いや ねり躍る。 前祭・本祭・全国大会と4日間もsign02

地方(じかた)車という飾り付けたトラックが、大音量の節と歌で先導。音の振動(これをビートと言うのか!?)が 心臓にガンガン響く。 歌ってる人も よう声が嗄れへんなあ。

みな、この4日間で心をスパークさせてる。

ひとチームごとの人数がまた多い。それが今年は190組以上参加しているというのだからすごい。 観ている人数より、躍ってる人数のほうが多いんじゃないか。 そんな気がする。

特に若者。 こんなに楽しんで躍ってる若者が、こんなにたくさんいた、というのが感激でした。

テレビでも、ひとチームごとに紹介していく生中継番組を長い時間 やってます、今も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

FRIGHT
FRIGHT

南国・高知に来ましたー。南国だからさぞかし灼熱?と思ってたんですが、気のせいかしら、京都の方が暑かったような。

心配してた私の座席もちゃんとあり、何年ぶりかのflight。 子どもみたいに、円い窓に顔をはりつけて 空の景色を堪能しましたnote

飛行機の速度はやっぱすごい!  「今落ちたら死ぬ~。」という高さまで、あっという間に上昇。

あの雲の上へ、あの雲の上へ....。  雲を見下ろし、白い半月を横に見る。 気分いいもんです。 地上から飛行機雲を見るように、 雲の底の海に 船がすうっと白い線を描くのが見えます。 積乱雲は、さしずめ雲の森か。

空港での荷物チェック。 買ったばかりの‘生茶’と顔剃り用カミソリが ひっかかりました。 なんでこんなもんがひっかかんねんannoy。 何でも訊いてみることにしている最近の私。 係の方によると、ペットボトルは、中に可燃物が入ってたらあかんから。 カミソリは刃渡りが 5㎝だったかの長さをこえると ダメ。 武器、ということでしょうか。 ペットボトルは、中身を確かめられてから、手元に無事ご帰還。 カミソリの方は、黄色く分厚い封筒(大)の中に 入れられて、 大きな預け荷物でもない 機内持ち込みでもない、 別件の荷物となりました。 高知空港で 係の方に引換証を渡すと・・・・・、黄色い封筒から カミソリが一本、 ポロリと出てきました。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 9日 (土)

北京奥林匹克

昨晩、ブログ投稿しながらTVでオリンピック開会式を見てました。

壮大shine。 きれいやshine。 

ブログ書く手が 何回も止まりました。

あんなにたくさんの人間が 一糸乱れぬパフォーマンスをするのには、いったいどれだけ練習しはったんやろか。 いったいどこで 練習しはったんやろか。 

あんなに大きな‘華麗さ’を創るには、 たくさんの費用がかかったやろな。 私は、中国のことも経済のことも ド素人ですが、 国内には、そのお金の一部でいいからこの地域にかけてほしいとか、 一部でいいから人件費アップにつなげてほしいとか、 思う人、いるやろな。 タイヘンな時期やのに、こんなお金の使い方して ええんかな、と 余計な心配してしまいます。 

ド素人の 素朴な疑問です。

| | コメント (0)

2008年8月 8日 (金)

ネットで旅支度

以前、皮炎平を中国からネットで購入したと書きました。 無事 品物も到着し 支払いも終了。 今ンところ支障なしなので、 味をしめて(?)今度は 航空券airplaneを クレジットで。 

ドキドキheart01。 「航空券は、当日 空港で」ってメールが届いたきりだけど、大丈夫かなあ。 飛行機に乗るのはあさってなんやけど。 ちゃんと 機内に私の席が確保されてるんやろか・・・・。心もとないとは、まさにこのこと。 明後日さァ、わくわくして空港でチェックインしようとしたら「え? 予約されてませんよfull。」ってなことになったら どーしようheart03

と、心配しててもしょうがない。 信じて旅することにしましょ。

とにかく、 一人旅で飛行機利用は 初めてなのだ。 でもって、 飛行機に乗るのは何年ぶりかしら。 少なくとも、 ケータイ持つようになってからは初めてだー。 わくわくするなあheart04

気がつけば もう明後日のことなんで、 リムジンバスbusの時刻とか 空港までの所要時間や料金、 向こうの空港とホテルの位置関係とかを これまたネットで検索。 プリントアウト。

ほんにほんにパソコンpcって 便利。 これだけのことをパソコンなしでやろうとしたら、結構な時間と労力が要るよなあ。 旅行社へ出向いたり 人に聞いたり、この酷暑の中sun。 

ついでに 図書館に 借りたい本の予約もしときましたー。

さ、明日は ホントの旅支度。 荷物bagをまとめましょかあ。 

さてさて 私、今年はどこを旅するんだと思います?  向こうに到着してから 投稿しますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 6日 (水)

1位は1位や!

病院に行く途中の信号待ちcar。 ケータイをチェックしたら、メールが2件入ってました。 息子の陸上仲間のお母さんたちからやー。 久しぶりやなぁ。 

2件とも内容はいっしょ。

〈○○君(うちの子の名前)、新聞に名前のってるよ~。 おめでとう。〉

と、ここで信号が 青に。

え? おめでとう? なんやなんや なにごとやsweat01。 誕生日はもうとっくに過ぎたしなぁ。  

次の信号待ち。

〈一位だったんだね。 今はじめて新聞で知ったよ。 だいぶ前やのに知らなくてごめんね~。〉

ぬあにっ? いちい? なじみのない言葉やん。 私も、このメールで初めて知ったよ~。

病院の待合室で___あかんのやろなあ、病院でのケータイ___返信メール。

《それ、何新聞に載ってたん?》

〈読売〉

よみうりかー。 京都新聞やったら、ばあちゃんちで見せてもらうんやけどなぁ。 よみうりよみうり よみうり、ね。 ついでに息子にも‘オメデトウメール’を。 来院の方々、すんませんsweat02。 めったにないことなんで。

帰り道、コンビニに立ち寄り 買いました、読売新聞。 もう昼近かったもんで、最後に残ってた一部でした。 セーフdash

なるほど。 載ってますなあ、息子の名前、漢字4文字。 ふっふっふ。 うれしいなあ。 記念に残しとこ。 こんなこと、もうないかもわからん。

クラスの仲間と楽しく1泊して帰宅した息子。 「メール見たかー?」と聞くと、

「え? メールしたん?」

こないだ1位やってんてなあnote

「ん? ・・・  ああ、それ、もうだいぶ前のことやん。」

もーー、なんで言うてくれへんかったんup

「言わんでもええかな?・・・・っと思って。 ま、記録会やから。 試合やないし。」

あ、そ。 

な、1位やったら、近畿大会とかに出れへんの?

「そやから、試合やなかったら 出られへんねんannoy

えぇーーーーーっ。 その1位な、こないだの試合の結果と変えてもらえへんの?

・・・・   ・・・・   ・・・・

返事してもらえませんでした。

しか~~~~し、 

一位は一位や。 金メダルやshine。 やっぱ、うれしいなーhappy01

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 5日 (火)

お か ず

お か ず

restaurant左上 ・・・・・ ピーマン・シメジ・竹輪の炒め煮

restaurant右下 ・・・・・ ジャガイモの梅しそ和え

3人分の副菜です。 ピーマンは ばあちゃんが「畑で作ったからあげる。」やったし、ジャガイモは 隣の畑からいただいたものだし、 大葉(しそ)は 近所の農家から大量に買ってきた一部だし、 梅干しは 去年 自分で漬けたものだし、 竹輪は一袋100円!のうちの2本だし、 シメジはひとパック198円の半分。  調味料も入れて、 材料費は全部で150円ぐらいかな。

我ながら 上出来happy01上出来happy01

あっさりしてて、夏にも食がすすみます。 これだと ビールも‘飲める’beerでしょ? 

ちなみに、 メインは お刺身、 それと 豆腐とナメコの味噌汁をしましたー。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

一挙涼得

あの物凄い雷雨thunderの後しばらくは、けっこう涼しい夜が続いていました。 物騒にも窓を開けて寝ると、3~4時ぐらいには「お、さむっ。」てなことで目が覚め、布団ちょっとひっかけて寝直すってなぐあい。 昼はやっぱり暑いんですけど。

ところが今晩は、暑さ逆戻り。 

こーゆー時は、 保冷剤にかぎりますpaper。 保冷剤をタオルにくるみ、それを首に巻きます。 これは、起きてるとき。 まさに今。 寝るときは、まくら代わりに。 あんまり冷たすぎるとキンキンして 体に良くないから、 あ~ひんやりconfidentと感じるぐらいに タオルの重ね具合を調節します。 後頭部を冷やすと、暑さをあまり感じなくなるのだそうです。 化粧する前に これで顔の汗を引かせると、 化粧しやすいのだそう。 

もうひとつ、涼しさをくれるもの。 それは、用水路です。

うちの前には用水路が流れているんです。 流れる水の音が涼しげですpaper。 最近、水量が多いようで、今も とうとうと ざぶんざぶんと流れております。 いいですねえ。 水の音って。 気持ちがゆったりします。 海の近くなら、これが波の音になるんでしょう。 これって、ほんとにそこに 何歩か歩いたところに水が流れてるnotesって思うから涼しいんでしょうけど、でも、BGMで聴いても気持がやすらぐかも、ね。

夏の日暮れには、家の周りに打ち水をしますpaper。 この水も、前の用水路から失敬bleah  ほんとはね、用水路の水は 水利組合に入ってないと使えないんだそうです。 だから、ナイショ。 「この水は、高野川からひっぱってきて 高野川に帰って行くんやから、 水の多い時に 庭に水やるぐらいは 使たらええんやで。」と、言うてくださる方もおられて、それに甘えてます。 すっごく夏の水代、助かります。 それに、打ち水をすると、やっぱり夜が涼しい。 ま、水道からホースで撒くのと比べたら けっこう時間がかかるので、 これは忙しい時は不可。 マンションやアパートなんかでも、ベランダに水を撒くと 少しちがうそうですよ。

てな具合で、私は今夏、夜にエアコン使わずにすんでまーすhappy01 

お、今日も そろそろ涼しい風が窓から入ってきましたー。 

  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月 1日 (金)

走行距離 21.5km

「月桂樹の葉っぱ、干せた~? そろそろ夏野菜のカレー作るよー。」

っていうメールが来たのは、何日前だったか? 

あ・・・・・・・・・・・、そやっ、忘れてたーーーーー。 Lucyさんに 月桂樹の葉っぱをあげるって約束してたんだったsweat02。 さっそく若い葉を枝ごと切って、きPhoto れいに洗って干した。 

これは、キャンプするとき洗った食器を乾かす道具。 これに入れて木の枝なんかにぶら下げておくと、次の食事までに風で乾いてる。 まあ、自然食器乾燥機、というところか。 虫も枯れ葉も入ってこない便利グッズである。 シイタケや開いたアジなんかを入れて、日の当たるところに干しておくと、自家製干物のできあがり、なんてことになるのだ。 

今回、 このピーカン天気sunが、 月桂樹をカラッカラにしてくれた。 カラッカラになりすぎて、 店で売ってるようなきれいな平たい葉っぱを通り越し、 気がつけばクルックルに。 パキッと葉を折れば、うん、月桂樹の あの香り。 ほっdash

「できたから、行くよ~。」

とメールを送り、 今日は、Lucyさんのお店へ 月桂樹のデリバリーcar

川端通りをひたすら南下。 墨染通りを横切り 観月橋を渡るあたり、なんだか涙が出そうになる。 ここら辺は、私のかつての縄張り、あ いや、生活圏だったもんで。 

しか~し、 向島ニュータウンを横目で見てさらに南下すると、未知の世界wobblyって 大げさかぁ。 頼りの24号線が途中で折れ曲がったりなんかして、 まよいそうになったけど、 とにかく到着。 

Lucyさんが、心配して 道に出てきてくれていた。

開店中のお店で 久々の話をいくつも咲かせ、 お店に売っていた赤い花模様のチュニックと黒のピアスを買う。 

あーーーー、楽しかった。 

片道走行距離21.5km。 約1時間のドライブ。

さてさてLucyさんのお店、 いったいどこにあるのか、

わかります?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »